メインメニューを開く
ポルノグラフィティ > PORNO GRAFFITTI BEST RED'S

PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』(ポルノグラフィティ・ベスト・レッズ)は、ポルノグラフィティベスト・アルバム2004年7月28日に『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』と同時にリリースされた。

PORNO GRAFFITTI BEST RED'S
ポルノグラフィティベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
プロデュース 田村充義
本間昭光
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン)
  • 2004年8月度月間2位(オリコン)
  • 2004年度年間10位(オリコン)
  • 登場回数86回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • ポルノグラフィティ アルバム 年表
    WORLDILLIA
    2003年
    PORNO GRAFFITTI BEST RED'S
    PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S
    2004年
    THUMPχ
    2005年
    テンプレートを表示

    概要編集

    • Tamaの脱退表明直後のリリースであるが、2004年9月にデビュー5周年を迎えることを記念するとともに、3人体制でのポルノグラフィティの総決算[1]ともいうべきベストアルバムである。アルバムタイトルの「RED'S」には『HOT(情熱)』の意味が込められている。
    • 『BLUE'S』とともに「シングル7曲+ライブでの人気曲5曲(『ロマンチスト・エゴイスト』2曲『foo?』1曲『雲をも摑む民』2曲『WORLDILLIA』2曲)[2]+新曲1曲」という構成で、シングル曲とカップリング曲は全てシングルバージョンが収録されており、収録曲は全曲リマスタリングされている。
    • 新曲として「フィルムズ」が収録された。
    • 『BLUE'S』とともにオリコンチャート1位2位を独占した。同一アーティストによる3週連続のオリコンアルバムチャート2作同時TOP3入りは、イエロー・マジック・オーケストラが記録して以来24年2ヵ月ぶりの快挙となった。
    • 当初はレーベルゲートCD2 (LGCD2) 規格でリリースされたが、同年11月にソニーがCCCD(LGCD2も含む)からの撤退を発表。その後2005年7月にCD-DA規格(通常のCD)で再リリースされ、現在店頭で販売されているものはほとんどがCD-DAになった[3]。後に台湾や香港でも発売されたが、現地盤はCD-DA仕様にて発売された。
    • 初回仕様限定盤はデジパック仕様。ジャケットのタイトル部分は、内側に凹むエンボス加工により立体的になっている。
    • ジャケットや歌詞カードはリンゴをモチーフとしており、リンゴの赤色を基調としている。初回限定盤の歌詞カードの写真は通常盤とは異なり、表はカットされていないリンゴ、裏は半分にカットされたリンゴとなっている。歌詞カード内のメンバー3人の写真は、それぞれがリンゴを持って撮影したものが使用されている。
    • 昭仁の「アキヒト」名義での曲はない。
    • ポルノグラフィティにとって、2016年現在カップリング曲が収録されている最後のアルバム[4]。また、カップリング曲が収録されているベストアルバムはこのベストアルバムのみ。
    • ポルノグラフィティにとってベストアルバム最初の販売記号(SECL)。

    収録曲編集

    曲情報の詳細、及び作詞・作曲者などについてはそれぞれの内部リンク(曲名の青い文字)を参照。 Tr.欄はトラック(曲)番号の略。

    Tr. 曲名 備考
    1 ミュージック・アワー 3rdシングル。「ポカリスエットCMソング。シングルバージョンでのアルバム収録は今作が初。
    2 Century Lovers 『ロマンチスト・エゴイスト』収録曲。ライブの定番曲。詞のテーマは100年(世紀)と1000年の恋である。
    3 愛が呼ぶほうへ 13thシングル。『末っ子長男姉三人』主題歌。アルバム初収録。
    4 サウダージ 4thシングル。「ポカリスエット」CMソング。シングルバージョンでのアルバム収録は今作が初。
    5 ヴォイス 7thシングル。
    6 ラック 14thシングル。Tama在籍時最後のシングル。アルバム初収録。
    7 幸せについて本気出して考えてみた 8thシングル。シングル作品の中では二番目に長いタイトルである。シングルバージョンでのアルバム収録は今作が初。
    8 Go Steady Go! 9thシングルのカップリング曲。『FIFA ワールドカップ2002 日韓大会』イメージソング。
    9 6thシングルのカップリング曲。「アゲハ蝶」同様、ラテンナンバー。アルバム初収録。
    10 ヴィンテージ 『WORLDILLIA』収録曲。『foo?』の時期に既に存在していた。
    11 ジレンマ 2ndシングルのカップリング曲。ライブのアンコールの定番曲。シングルバージョンでのアルバム収録は今作が初。
    12 Mugen 9thシングル。『FIFA ワールドカップ2002 日韓大会』テーマソング。
    13 フィルムズ 作詞:新藤晴一 / 作曲:ak.homma
    未発表の新曲。今作で初音源化された。
    Tamaが参加した最後の新曲。外部ミュージシャンとして飯田高広シンセサイザー)、松永俊弥ドラムス)、本間昭光(その他音源)が参加。

    脚注編集

    1. ^ リリース当時の公式サイトInformationには「これまでの三人の作品ですので、雑誌掲載等は三人の写真とさせて頂きます。」との断りがあった。
    2. ^ 「foo?」と「雲をも摑む民」のアルバム曲は、本作には収録されていない。
    3. ^ レンタルについては、店舗にもよるがLGCD2のまま。
    4. ^ なお、「THUMPχ」に収録されている「プッシュプレイ」は、「ネオメロドラマティック/ROLL」のカップリングにも入っているが、こちらはライブ音源であるため含まれない。