メインメニューを開く

PRODUCE 48

韓国のオーディション番組

PRODUCE 48: 프로듀스 48、プロデュース フォーティーエイト)は、韓国の音楽専門チャンネルMnet企画・AKB48グループ協力による日韓同時放送の公開オーディション番組である。Mnet並びにBSスカパー!2018年6月15日から2018年8月31日まで放送された[2]。日韓参加者96人(日本側はAKB48グループ所属者39人、韓国側は中国籍、米国出身者を含む57人[3])のうち合格者12人がグローバルガールズグループ「IZ*ONE」として2018年10月29日にデビューした[2]

PRODUCE 48
ジャンル オーディション番組、リアリティ番組
企画 大韓民国の旗 MnetCJ E&M
監修 ハン・ソンス秋元康
オープニング NEKKOYA (PICK ME)
国・地域 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
話数 全12回
プロデューサー アン・ジュニョン
製作 AKATV
放送
放送チャンネル 大韓民国の旗Mnet
日本の旗スカチャン1、BSスカパー!
映像形式 16:9
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国
日本の旗 日本
香港の旗 香港
マカオの旗 マカオ
 台湾
マレーシアの旗 マレーシア
シンガポールの旗 シンガポール
 インドネシア
フィリピンの旗 フィリピン
ミャンマーの旗 ミャンマー
タイ王国の旗 タイ
カンボジアの旗 カンボジア
放送期間 2018年6月15日 - 8月31日(初回)
放送時間 金曜 23:00 - 翌土曜 2:00 (KST/JST)
放送分 180分
回数 12
PRODUCE 48
番組年表
前作 PRODUCE 101 (Season 2)
続編 PRODUCE X 101

特記事項:
8月31日放送の最終回のみ20:00 - 翌0:00までの生放送。Mnetおよびスカチャン1で全編を生放送。BSスカパー!では22:00以降の生放送を行い、終了直後から全編を放送した[1]
テンプレートを表示

解説編集

2017年11月29日横浜アリーナで開催され、AKB48と前身番組『PRODUCE 101』出身のI.O.Iの元メンバーらが共演した『2017 Mnet Asian Music Awards in Japan』の舞台上でAKB48グループ総合プロデューサー秋元康から企画が発表された[4]。ただし、AKB48グループ発の企画ではなく、Mnet側が秋元に協力を依頼して実現したプログラムである[2]

当初の報道では、視聴者が直接メンバーを選抜する『PRODUCE 101』のシステムと、専用劇場を持つAKB48グループのシステムを統合したサバイバルオーディション番組であるとされたが[5]、その後は具体的な日本側のシステムの導入は示されておらず、番組の作りも『PRODUCE 101』に準じた韓国側主導のものになっている。また、番組開始前にアン・ジュニョン番組プロデューサーから「日韓対決を目的にしたものではない」と説明があり、合格メンバーの内訳に日本人枠は存在せず、投票も韓国内のみ有効であることが明らかにされた[6][7]。また、参加した芸能事務所と協議した結果、結成されるグループの活動期間が2年6か月と定められた[2]

参加条件は日本側はAKB48グループ所属者のみ(正規・研究生は問わず)。韓国側は『PRODUCE 101』と同様に、国籍は不問で、芸能事務所の練習生以外にもメジャーデビュー経験者の参加も認められた[2]。また、練習生に1回当たり10万ウォン(約1万円)の出演料を支払い、音源を発売する練習生には、1曲当たり歌唱費100万ウォン(約10万円)ずつ支払うことを決定した[8]

ボーカル・ダンスなどのトレーニング合宿の撮影は、京畿道坡州市にある国営校外学習施設のパジュ英語村の韓流トレーニングセンターで行われた[9]

略歴編集

2017年編集

2018年編集

  • 4月11日、『PRODUCE 48』の撮影開始(練習生はこの日から1週間の合宿を開始)[11]
  • 4月18日、番組テーマ曲「NEKKOYA (PICK ME)」のレコーディング終了[12]。同日に番組側から司会(国民プロデューサー代表)が歌手で俳優のイ・スンギに決定したと発表[13]
  • 4月22日、韓国の音楽番組『M COUNTDOWN(エムカウントダウン)』(Mnet)出演のため、「NEKKOYA (PICK ME)」を映像収録[14]
  • 5月8日、番組リハーサル中に撮影用ドローンが落ちる事故が発生。練習生2人がドローンの破片に当たってかすり傷を負った[15]
  • 5月10日、ソウル市CJ E&Mセンター前にてファンとの交流イベントを開催[16]。同日に『M COUNTDOWN』放送。「NEKKOYA (PICK ME)」がiTunesなどで配信開始。
  • 6月8日、『PRODUCE 48』の制作発表会開催[17]日本での放送が「BSスカパー!」で韓国と同時放送されることが決定[18]
  • 6月15日、番組放送開始。
  • 7月14日、番組コンセプト評価曲のマッチング投票開始(7月21日まで)[19]
  • 8月4日、番組公式サイトにて、デビューするグループのグループ名の公募を開始。期間は2018年8月4日から8月31日まで(掲示板に公募名を書き込むシステム)[20]
  • 8月16日、制作側より、番組最終回を2018年8月31日午後8時から生放送することを発表した。これは最終回の特別公演及び観客として参加する10代の練習生たちに配慮し、番組開始時間を繰り上げたもの[21]
  • 8月18日、番組のコンセプト評価のオリジナル課題曲を収録したデジタルアルバム「PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts」がiTunesなどで配信開始[22]
  • 8月23日、コンセプト評価に参加した練習生30人(6グループ)が『M COUNTDOWN』に出演し、バトル時に披露した各オリジナル課題曲を再びパフォーマンス[23]
  • 8月26日、日本の幕張メッセで開催されたAKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」握手会に、第3回投票で1~20位の練習生がサプライズ登場し「NEKKOYA (PICK ME)」を披露[24]
  • 8月31日、番組最終回にて、デビューするグループ名が「IZ*ONE」(アイズワン)に決定したと発表され、デビューする12人が決定した。
  • 9月1日、番組のデビュー評価のオリジナル課題曲を収録したデジタルアルバム「PRODUCE 48 - FINAL」がiTunesなどで配信開始。

放送日程編集

BSスカパー!で韓国Mnetと同時放送され、スカパー!オンデマンドでも視聴可能。2018年10月12日から2019年1月11日まで、Mnet Japanオリジナルの日本語字幕付きでアンコール放送される[25]

2018年12月19日AbemaTVのK WORLDチャンネルでも日本語字幕付きで配信開始[26]

PRODUCE 48 放送日程
放送回 放送日 放送時間 放送内容
エピソード0(プロローグ) 2018年6月15日 20:00 - 21:00 参加メンバーの紹介、本放送の見どころ他
エピソード1(第1回) 23:00 - 01:40 A-Fクラス分け審査(前半)
エピソード2(第2回) 2018年6月22日 23:00 - 01:40 A-Fクラス分け審査(後半)
エピソード3(第3回) 2018年6月29日 23:00 - 01:40 NEKKOYA (PICK ME)のセンターバトル、テレビ収録
グループバトル(前半)
エピソード4(第4回) 2018年7月6日 23:00 - 01:40 グループバトル(後半)
エピソード5(第5回) 2018年7月13日 23:00 - 01:40 ビジュアルセンタートップ11発表、ドッキリコーナー
第1回投票発表式
エピソード6(第6回) 2018年7月20日 23:00 - 01:40 ポジション評価(前半)
エピソード7(第7回) 2018年7月27日 23:00 - 01:40 ポジション評価(後半)
エピソード8(第8回) 2018年8月3日 23:00 - 02:30 コンセプト評価曲発表、仮グループ決め
第2回投票発表式
エピソード9(第9回) 2018年8月10日 23:00 - 01:40 コンセプト評価グループ再編、レコーディング
エピソード10(第10回) 2018年8月17日 23:00 - 01:40 コンセプト評価発表
エピソード11(第11回) 2018年8月24日 23:00 - 01:40 運動会、第3回投票発表式 
エピソード12(第12回) 2018年8月31日 20:00 - 00:00 特別公演、最終選抜者発表(生放送)

トレーニングチーム編集

  • 国民プロデューサー代表 - イ・スンギ
  • 特別司会 - ボラ(Bora)(イ・スンギのスケジュールの都合でポジション評価時に代役として司会[27]
  • ボーカルトレーナー
  • ラップトレーナー
  • ダンストレーナー

参加メンバー編集

日本側編集

日本側メンバー
メンバー名 韓国語表記 出生年 出身地 身長 血液型 所属事務所 チーム名 兼任他 芸歴
(練習生期間)
クラス 最終結果 最終順位
後藤萌咲 고토 모에 (2001-05-20) 2001年5月20日(18歳) 愛知県 168cm O AKS AKB48 Team A 044年077ヵ月 F→C 02第3回発表脱落 24位
佐藤美波 사토 미나미 (2003-08-03) 2003年8月3日(16歳) 神奈川県 153cm O AKS AKB48 Team A 研究生 011年088ヵ月 D→F 03第2回発表脱落 39位
下尾みう 시타오 미우 (2001-04-03) 2001年4月3日(18歳) 山口県 161cm A AKS AKB48 Team 8 AKB48 Team A 044年022ヵ月 D→D 01最終発表脱落 18位
篠崎彩奈 시노자키 아야나 (1996-01-08) 1996年1月8日(23歳) 埼玉県 155cm B AKS AKB48 Team A   066年099ヵ月 F→F 04第1回発表脱落 91位
千葉恵里 치바 에리이 (2003-10-27) 2003年10月27日(15歳) 神奈川県 160cm 不明 AKS AKB48 Team A   033年011ヵ月 F→F 03第2回発表脱落 33位
宮崎美穂 미야자키 미호 (1993-07-30) 1993年7月30日(26歳) 東京都 160cm O ホリプロ AKB48 Team A   1010年088ヵ月 D→D 01最終発表脱落 15位
市川愛美 이치카와 마나미 (1999-08-26) 1999年8月26日(20歳) 東京都 157cm A AKS AKB48 Team K   055年055ヵ月 F→C 04第1回発表脱落 81位
小田えりな 오다 에리나 (1997-04-25) 1997年4月25日(22歳) 神奈川県 165cm A AKS AKB48 Team 8 AKB48 Team K 044年022ヵ月 C→F 04第1回発表脱落 64位
小嶋真子 코지마 마코 (1997-05-30) 1997年5月30日(22歳) 東京都 160cm O サンミュージック AKB48 Team K   066年00 C→B 03第2回発表脱落 34位
中野郁海 나카노 이쿠미 (2000-08-20) 2000年8月20日(19歳) 鳥取県 166.7cm 不明 AKS AKB48 Team 8 AKB48 Team K 044年022ヵ月 D→B 04第1回発表脱落 59位
武藤十夢 무토 토무 (1994-11-25) 1994年11月25日(24歳) 東京都 156cm B AKS AKB48 Team K   077年044ヵ月 D→D 03第2回発表脱落 38位
茂木忍 모기 시노부 (1997-02-16) 1997年2月16日(22歳) 千葉県 162cm AB AKS AKB48 Team K   066年099ヵ月 F→D 04第1回発表脱落 63位
岩立沙穂 이와타테 사호 (1994-10-04) 1994年10月4日(25歳) 神奈川県 157cm B AKS AKB48 Team B   066年099ヵ月 B→D 03第2回発表脱落 40位
高橋朱里 타카하시 쥬리 (1997-10-03) 1997年10月3日(22歳) 茨城県 158cm A AKS AKB48 Team B   077年044ヵ月 B→A 01最終発表脱落 16位
竹内美宥 타케우치 미유 (1996-01-12) 1996年1月12日(23歳) 東京都 154cm O オー・エンタープライズ AKB48 Team B   088年099ヵ月 A→B 01最終発表脱落 17位
中西智代梨 나카니시 치요리 (1995-05-12) 1995年5月12日(24歳) 福岡県 160cm O AKS AKB48 Team B   066年1111ヵ月 D→C 03第2回発表脱落 37位
本田仁美 혼다 히토미 (2001-10-06) 2001年10月6日(18歳) 栃木県 158.1cm A AKS AKB48 Team 8 AKB48 Team B 044年022ヵ月 C→A 00最終発表選抜 099位
浅井七海 아사이 나나미 (2000-05-20) 2000年5月20日(19歳) 神奈川県 166cm O AKS AKB48 Team 4 011年088ヵ月 F→D 03第2回発表脱落 42位
永野芹佳 나가노 세리카 (2001-03-27) 2001年3月27日(18歳) 大阪府 155cm O AKS AKB48 Team 8 AKB48 Team 4 044年022ヵ月 F→F 04第1回発表脱落 77位
浅井裕華 아사이 유우카 (2003-11-10) 2003年11月10日(15歳) 愛知県 160cm O AKS SKE48 Team E 033年033ヵ月 F→D 04第1回発表脱落 85位
松井珠理奈 마츠이 쥬리나 (1997-03-08) 1997年3月8日(22歳) 愛知県 163cm B アービング SKE48 Team S 099年1111ヵ月 B→B 99降板 98-
植村梓 우에무라 아즈사 (1999-02-04) 1999年2月4日(20歳) 大阪府 157.5cm O Showtitle NMB48 Team BII 033年044ヵ月 F→降板 99降板 99-
梅山恋和 우메야마 코코나 (2003-08-07) 2003年8月7日(16歳) 大阪府 157cm O Showtitle NMB48 Team N 022年00 F→降板 99降板 99-
加藤夕夏 카토 유우카 (1997-08-01) 1997年8月1日(22歳) 大阪府 164cm A Showtitle NMB48 Team M 066年066ヵ月 C→B 04第1回発表脱落 74位
白間美瑠 시로마 미루 (1997-10-14) 1997年10月14日(22歳) 大阪府 160cm B Showtitle NMB48 Team M 077年099ヵ月 B→D 01最終発表脱落 20位
内木志 나이키 코코로 (1997-04-06) 1997年4月6日(22歳) 滋賀県 163.5cm A Showtitle NMB48 Team N 044年077ヵ月 D→C 04第1回発表脱落 87位
村瀬紗英 무라세 사에 (1997-03-30) 1997年3月30日(22歳) 大阪府 159cm A Showtitle NMB48 Team BII 077年011ヵ月 D→C 02第3回発表脱落 22位
荒巻美咲 아라마키 미사키 (2001-01-28) 2001年1月28日(18歳) 福岡県 160.5cm 不明 AKS HKT48 Team TII 044年1010ヵ月 F→F 03第2回発表脱落 49位
今田美奈 이마다 미나 (1997-03-05) 1997年3月5日(22歳) 福岡県 168cm O AKS HKT48 Team KIV 066年1111ヵ月 D→C 04第1回発表脱落 76位
栗原紗英 쿠리하라 사에 (1996-06-20) 1996年6月20日(23歳) 福岡県 164m O AKS HKT48 Team TII 044年1010ヵ月 F→D 04第1回発表脱落 83位
田中美久 타나카 미쿠 (2001-09-13) 2001年9月13日(18歳) 熊本県 151cm B AKS HKT48 Team H 044年1010ヵ月 F→C 99降板 99-
月足天音 츠키아시 아마네 (1999-10-26) 1999年10月26日(19歳) 福岡県 153cm O AKS HKT48 Team TII 011年1111ヵ月 F→F 99降板 99-
松岡菜摘 마츠오카 나츠미 (1996-08-08) 1996年8月8日(23歳) 福岡県 161cm A AKS HKT48 Team H 066年1111ヵ月 F→C 04第1回発表脱落 67位
宮脇咲良 미야와키 사쿠라 (1998-03-19) 1998年3月19日(21歳) 鹿児島県 163cm A AKS HKT48 Team KIV 066年1111ヵ月 A→A 00最終発表選抜 022位
村川緋杏 무라카와 비비안 (1999-12-03) 1999年12月3日(19歳) 福岡県 157cm O AKS HKT48 Team TII 033年011ヵ月 F→F 03第2回発表脱落 45位
本村碧唯 모토무라 아오이 (1997-05-31) 1997年5月31日(22歳) 福岡県 155cm A AKS HKT48 Team KIV 066年1111ヵ月 D→B 03第2回発表脱落 52位
矢吹奈子 야부키 나코 (2001-06-18) 2001年6月18日(18歳) 東京都 150cm 不明 AKS HKT48 Team H 044年1010ヵ月 F→A 00最終発表選抜 066位
山田野絵 야마다 노에 (1999-10-07) 1999年10月7日(20歳) 埼玉県 158cm A AKS NGT48 Team NIII 022年1111ヵ月 C→F 03第2回発表脱落 41位
長谷川玲奈 하세가와 레나 (2001-03-15) 2001年3月15日(18歳) 新潟県 158cm O AKS NGT48 Team NIII
→Team G
022年1111ヵ月 D→F 04第1回発表脱落 71位

※芸歴(練習生期間)は番組参加当初(2018年6月)のもの。

このうち、田中美久、月足天音、植村梓、梅山恋和は第1次選抜に当たるグループバトル前に番組出演を辞退した[28]

松井珠理奈は体調不良による活動休止に伴い、第5回放送をもって降板した[29](順位発表式は欠席)。

韓国側編集

韓国側メンバー
メンバー名 韓国語表記 出生年 出身地
(国籍)
身長 血液型 所属事務所 他所属グループ  芸歴
(練習生期間)
クラス 最終結果 最終順位
キム・チョヨン 김초연 2001年   韓国 164cm B A team - 011年066ヵ月 A→C 第2回発表脱落 50位
キム・ナヨン 김나영 2002年   韓国 155cm O バナナカルチャー - 011年077ヵ月 C→A 第3回発表脱落 21位
キム・ダヘ[注 1] 김다혜 2002年   韓国 165cm O バナナカルチャー - 011年011ヵ月 A→C 第1回発表脱落 75位
コ・ユジン 고유진 (2000-09-23) 2000年9月23日(19歳)   韓国 162cm B Block Berry Creative - 022年088ヵ月 C→A 第2回発表脱落 31位
キム・ダヨン 김다연 2003年   韓国 158cm B CNC - 000年088ヵ月 B→B 第1回発表脱落 70位
キム・ユビン 김유빈 2002年   韓国 166cm A CNC - 011年00 B→D 01第1回発表脱落 88位
ユン・ウンビン 윤은빈 2004年   韓国 154cm O CNC - 000年1111ヵ月 B→B 第1回発表脱落 65位
イ・ユジョン 이유정 (2004-06-14) 2004年6月14日(15歳)   韓国 160cm AB CNC - 000年066ヵ月 C→C 第2回発表脱落 51位
ホン・イェジ 홍예지 2002年   韓国 162cm A CNC - 000年1111ヵ月 B→F 第1回発表脱落 78位
キム・ヒョナ 김현아 (1995-09-29) 1995年9月29日(24歳)   韓国 171cm A COLLAZOO Company - 055年066ヵ月 B→B 第2回発表脱落 46位
ハン・チョウォン 한초원 (2002-09-16) 2002年9月16日(17歳)   韓国 168cm O CUBE - 011年1010ヵ月 D→B 最終発表脱落 13位
シン・スヒョン 신수현 (1996-02-27) 1996年2月27日(23歳)   韓国 163cm B FAVE - 000年1111ヵ月 D→F 第1回発表脱落 61位
キム・ドア 김도아 2003年   韓国 163cm O FENT - 011年022ヵ月 A→C 第3回発表脱落 23位
パク・ヘユン 박해윤 (1996-01-10) 1996年1月10日(23歳)   韓国 157cm A FNC - 033年1010ヵ月 A→D 最終発表脱落 19位
チョ・アヨン 조아영 2001年   韓国 157cm B FNC - 011年077ヵ月 C→B 第1回発表脱落 72位
キム・ミンソ 김민서 2002年   韓国 166cm AB HOW - 000年077ヵ月 C→C 第2回発表脱落 44位
ワン・クー 왕크어 (2000-11-05) 2000年11月5日(18歳)   中国湖北省 165cm O HOW - 000年088ヵ月 B→D 第2回発表脱落 56位
ユ・ミニョン 유민영 2000年   韓国 163cm O HOW - 000年066ヵ月 A→B 第2回発表脱落 54位
ソン・ウンチェ 손은채 1999年   韓国 154cm A Million market - 000年066ヵ月 C→B 第2回発表脱落 32位
チョ・サラン 조사랑 2003年   韓国 155cm AB Million market - 000年066ヵ月 B→F 第1回発表脱落 89位
ウォン・ソヨン 원서연 2000年   韓国 167cm AB MMO - 000年077ヵ月 C→F 第1回発表脱落 92位
パク・ミンジ 박민지 (1999-03-31) 1999年3月31日(20歳)   韓国 164cm B MND17 - 022年044ヵ月 B→B 第2回発表脱落 53位
パク・チャンジュ 박찬주 1999年   韓国 163cm B MND17 - 022年011ヵ月 C→D 第1回発表脱落 68位
イ・チェジョン 이채정 1999年   韓国 164cm AB MND17 - 033年066ヵ月 C→C 第1回発表脱落 79位
イ・ハウン 이하은 (2004-10-30) 2004年10月30日(14歳)   韓国 153cm O MNH - 022年044ヵ月 A→A 第2回発表脱落 48位
ユン・ヘソル 윤해솔 (1997-12-27) 1997年12月27日(21歳)   韓国 172cm AB Music Works - 033年044ヵ月 B→D 第2回発表脱落 35位
チェ・ソウン 최소은 2001年   韓国 163.5cm B Music Works - 000年1010ヵ月 B→C 第1回発表脱落 90位
イ・カウン 이가은 (1994-08-24) 1994年8月24日(25歳)   韓国 169cm AB Pledis AFTERSCHOOL 066年1111ヵ月 A→A 最終発表脱落 14位
ホ・ユンジン 허윤진 2001年   韓国 171cm B Pledis - 000年066ヵ月 C→F 第3回発表脱落 26位
ナ・ゴウン 나고은 (1999-09-03) 1999年9月3日(20歳)   韓国 160m B RBW - 011年00 A→A 第3回発表脱落 29位
パク・ジウン 박지은 1997年   韓国 166cm A RBW - 044年011ヵ月 C→F 第1回発表脱落 80位
アン・ユジン 안유진 (2003-09-01) 2003年9月1日(16歳)   韓国 169cm A STARSHIP - 011年044ヵ月 B→A 最終発表選抜 055位
チャン・ウォニョン 장원영 (2004-08-31) 2004年8月31日(15歳)   韓国 169cm O STARSHIP - 011年022ヵ月 B→B 最終発表選抜 011位
チョ・ガヒョン 조가현 2003年   韓国 161.8cm B STARSHIP - 011年088ヵ月 B→B 第2回発表脱落 57位
ペ・ウニョン 배은영 (1997-05-23) 1997年5月23日(22歳)   韓国 163cm B STONE MUSIC - 000年099ヵ月 C→B 第2回発表脱落 36位
イ・シアン 이시안 (1999-02-25) 1999年2月25日(20歳)   韓国 171cm A STONE MUSIC - 000年099ヵ月 C→D 第3回発表脱落 30位
チャン・ギュリ 장규리 (1997-12-27) 1997年12月27日(21歳)   韓国 168cm B STONE MUSIC fromis_9 000年099ヵ月 B→F 第3回発表脱落 25位
チョ・ユリ 조유리 (2001-10-22) 2001年10月22日(17歳)   韓国 160cm AB STONE MUSIC - 000年099ヵ月 A→F 最終発表選抜 033位
キム・ミンジュ 김민주 (2001-02-05) 2001年2月5日(18歳)   韓国 166cm AB Urban Works - 022年1010ヵ月 D→C 最終発表選抜 11位
カン・ダミン 강다민 (2004-03-24) 2004年3月24日(15歳)   韓国 162.5cm AB wellmade yedang - 000年1111ヵ月 B→A 第1回発表脱落 62位
ファン・ソヨン 황소연 2000年   韓国 165cm AB wellmade yedang - 011年00 A→A 第1回発表脱落 60位
イ・スンヒョン 이승현 2001年   韓国 171cm B WM - 022年055ヵ月 B→C 第1回発表脱落 73位
イ・チェヨン 이채연 (2000-02-10) 2000年2月10日(19歳)   韓国 165cm A WM - 044年011ヵ月 A→A 最終発表選抜 12位
チョ・ヨンイン 조영인 2001年   韓国 166cm A WM - 000年1010ヵ月 B→C 第1回発表脱落 84位
クォン・ウンビ 권은비 (1995-09-27) 1995年9月27日(24歳)   韓国 160cm A woollim Ye-A(イェア)[30] 055年066ヵ月 A→C 最終発表選抜 077位
キム・ソヒ 김소희 (2003-08-14) 2003年8月14日(16歳)   韓国 159cm A woollim - 000年088ヵ月 C→B 第2回発表脱落 43位
キム・スユン 김수윤 (2001-03-17) 2001年3月17日(18歳)   韓国 170cm A woollim - 000年099ヵ月 C→C 第2回発表脱落 47位
キム・チェウォン 김채원 (2000-08-01) 2000年8月1日(19歳)   韓国 164cm B woollim - 000年1111ヵ月 B→B 最終発表選抜 10位
アン・イェウォン 안예원 (2001-02-10) 2001年2月10日(18歳)   韓国 172cm O YG K Plus - 000年044ヵ月 F→F 第1回発表脱落 86位
チェ・ヨンス 최연수 1999年   韓国 170cm O YG K Plus - 000年044ヵ月 D→F 第1回発表脱落 66位
キム・シヒョン 김시현 (1999-08-05) 1999年8月5日(20歳)   韓国 168cm B YUE HUA - 022年022ヵ月 B→A 第3回発表脱落 27位
ワン・イーレン 왕이런 (2000-12-29) 2000年12月29日(18歳)   中国 163cm AB YUE HUA - 011年044ヵ月 B→C 第3回発表脱落 28位
チェ・イェナ 최예나 (1999-09-29) 1999年9月29日(20歳)   韓国 163cm A YUE HUA - 033年055ヵ月 A→B 最終発表選抜 044位
アレックス・クリスティーン 알렉스 크리스틴 1996年   アメリカ合衆国 150cm 不明 ZB Label - 022年1111ヵ月 B→C 第1回発表脱落 82位
カン・ヘウォン 강혜원 (1999-07-15) 1999年7月15日(20歳)   韓国 163cm B 8D Creative - 000年099ヵ月 F→F 最終発表選抜 088位
パク・ソヨン 박서영 1999年   韓国 162cm B 個人練習生 - 088年00 C→D 第2回発表脱落 55位
パク・ジニ 박진희 1998年   韓国 164cm B 個人練習生 - 055年 C→F 第1回発表脱落 69位

このうち、キム・シヒョンとパク・ミンジは『PRODUCE 101』のシーズン1にも参加していた(シーズン1の最終順位はシヒョンが40位、ミンジが71位)。

他のオーディション経験者は、fromis_9を生み出したサバイバル式オーディション番組『アイドル学校』(Mnet)に参加したペ・ウニョン、イ・シアン、チャン・ギュリfromis_9)、チョ・ユリTWICE を生み出した『SIXTEEN』(Mnet)に参加したイ・チェヨンがいる。

※個人練習生は芸能事務所に所属していない練習生(番組放送開始時)。

ゲスト出演編集

  • エピソード0(プロローグ放送)
    • 髙田健太 - 『PRODUCE 101 シーズン2』では視聴者投票で最終順位が24位となり、番組の最終選考から脱落したが、その後、K-POPグループJBJの一員としてデビュー[31]
    • チョン・セウン - 『PRODUCE 101 シーズン2』では視聴者投票で最終順位は12位。2017年にソロデビュー。
    • ユ・ソンホ - 『PRODUCE 101 シーズン2』では視聴者投票で最終順位は17位。その後、俳優としてデビュー。
    • イ・ソクフン - 『PRODUCE 101 シーズン2』ではボーカルトレーナーを務めた。
  • エピソード1(第1回放送)
  • エピソード5(第5回放送)
    • チョン・ソミキム・チョンハ - ダンスクイーンの選抜戦コーナーのスペシャルMCとして出演。キム・チョンハは元I.O.I[32]
    • 髙田健太[33]
    • 有吉りさ[34] - 『PRODUCE 101 シーズン1』では最終順位が55位となり、番組から脱落。現在は韓国を拠点に、通販サイト運営やモデルをしている[35]
  • エピソード8(第8回放送)、エピソード9(第9回放送)
    • イ・デフィ - コンセプト評価の課題曲「다시 만나(また会おう)」の作詞・作曲者としてVTR出演。『PRODUCE 101 シーズン2』では最終順位が3位となり、Wanna Oneとしてデビュー。
  • エピソード11(第11回放送)
    • ボラ - 韓国のガールズグループSISTARの元メンバー。練習生の悩み相談コーナー「ひそひそ悩み解決喫茶店」のカウンセリング役として出演[36]
  • エピソード12(第12回放送)
    • I.O.I
    • Wanna One
    • カン・ドンホ(ベクホ)NU'EST) - デビュー評価曲「We Together」の作詞者としてレコーディング場面に登場。『PRODUCE 101 シーズン2』では練習生として参加し、最終順位は13位。その後、元々所属していたグループNU'ESTに復帰し、現在はユニットNU'EST Wとして活動中。

審査方法等編集

能力ごとのクラス分け編集

事前に練習生のパフォーマンスや歌唱力などをトレーナーが審査し、A・B・C・D・Fの5つのクラスに分類し、レッスンを受けた。 レッスン後、再度評価を受けて再びA~Fクラスに仕分けし直す(Aクラスに分類された練習生は「NEKKOYA (PICK ME)」のセンター候補となる)。

クラス分けの審査単位は、日本側はAKB48グループごと(AKB48は複数のグループにさらに分かれた)、韓国側は所属事務所ごとにそれぞれ異なる歌とダンスを披露し、トレーナーの評価を受けた。

グループバトル編集

8曲の女性アイドル曲が用意され、各曲ごとに2グループが挑戦し、勝った方のチームメンバー全員に対して1,000票が視聴者投票の結果に加算される。 グループの分け方はランダム抽選で行われ、抽選で選ばれた練習生はグループを組みたい練習生を指名する(最後まで選ばれなかった練習生はその練習生同士で組む)。

第1回順位発表編集

4週目までの合計投票数で1位~93位までを発表(グループバトル前に辞退した練習生は除く)。59位以下の練習生はこの時点で脱落となる。4週目までの投票数は一度リセットされ、5週目以降に再度投票が行われる。

なお、結果発表直前にSKE48松井珠理奈の休養が発表されたが、投票順位は発表され(結果は13位)、司会のイ・スンギから「必ず本人には結果を伝えます」との説明が加えられた(松井の休養に伴う辞退による繰り上げ当選はなし)。

ポジション評価バトル編集

ボーカルグループ6組とダンスグループ5組に分かれ、観客の前で披露しチーム内で1位のメンバーに5,000票、ボーカル総合1位とダンス総合1位の練習生に10万票が視聴者投票の票に加算される。

第2回順位発表編集

5週目から6週目までの合計投票数で1位~58位までを発表し、31位以下の練習生はこの時点で脱落となる。先に29位から順に1位を発表し、最後の30位を発表する。なお、第2回順位発表前の投票は任意の練習生12人を選んで投票するが、以降は練習生2人を選んで投票する。

コンセプト評価バトル編集

6曲のオリジナル曲が課題曲として与えられ、「コンセプト評価マッチング投票」と呼ばれる、任意の課題曲を歌わせたいメンバーを選ぶ視聴者(国民プロデューサー)投票が2018年7月14日午前2時~7月21日午前1時までの期間で実施された。なお、チーム分けは第2回順位発表前に行われるため、脱落者も含めた57人で一旦暫定的に行われ、第2回順位発表後に1曲あたり5人に再編される。 再編成の際は、最初に割り振られたチーム内で匿名で投票し、結果下位になったメンバーが定員に満たない他のチームに移動する。

最終的なメンバー構成を決めた後に、公開放送の形で観客の前でステージを披露する。観客の投票によりチーム順位が決定され、1位のチームには13万票が視聴者投票の票に加算される。1位のチームでチーム内1位の練習生には5万票、それ以外の1位チームのメンバーには2万票が加算される。

第3回順位発表編集

9週目から10週目までの合計投票数で1位~30位までを発表し、21位以下の練習生はこの時点で脱落となる。先に19位から順に1位を発表し、最後の20位を発表する。20位以内に入った練習生はデビュー評価へ進む。

デビュー評価バトル編集

2曲のオリジナル曲(「We Together」、「好きになっちゃうだろう?」)が課題曲として与えられ、20位から下位の練習生がメインボーカル、サブボーカルのポジションを選択する。上位の練習生が下位の練習生とポジションが重複した場合は、他の曲への移動も含めて下位練習生のポジションを変更する権利を持つ(最終的にはレコーディングで作曲者たちの意見も踏まえて確定する)。センターについては各チームのメンバーの投票により決定されるが、全員がそれぞれセンターポジションを担当した個別練習動画を公開し、視聴者投票の参考とされる。

全員歌唱のバラードのオリジナル曲「꿈을 꾸는 동안 (夢を見ている間)」と合わせて生放送となった最終回で披露され、番組内視聴者投票の対象となった。

審査・課題での使用楽曲編集

A-Fクラス分け段階編集

各グループにて披露された主なパフォーマンス曲は以下の通り。なお、個々のパフォーマンスの大部分の動画は公式サイトで公開されている(本放送で放送されなかったグループも含む)。

A-Fクラス評価楽曲
  日本側メンバー
楽曲名 原曲
歌唱者
原曲
発表国
原曲
発表年
メンバー 所属先 本放送 番組
公式動画
備考
ダンシング・ヒーロー
(Eat You Up)
荻野目洋子  
日本
1986年 竹内美宥 AKB48 ep.1
(第1回放送)
番組で竹内がオリジナルのジャズアレンジに編曲した。
後藤萌咲
岩立沙穂
投げキッスで撃ち落せ! AKB48  
日本
2007年 千葉恵里 AKB48 ep.2
(第2回放送)
佐藤美波
浅井七海
PLAYING WITH FIRE BLACKPINK  
韓国
2016年 武藤十夢 AKB48 ep.2
(第2回放送)
小嶋真子
高橋朱里
ミスター KARA  
韓国
2010年 下尾みう AKB48 未放送
永野芹佳
本田仁美
Get you! AKB48
(サシニング娘。)
 
日本
2017年 小田えりな AKB48 ep.1
(第1回放送)
AKB48のアルバム
「サムネイル」収録
中野郁海
What's Your Name? 4minute  
韓国
2013年 小田えりな AKB48 ep.1
(第1回放送)
4minuteのアルバム
「Name is 4minute」収録
中西智代梨
宮崎美穂
茂木忍
篠崎彩奈
市川愛美
Dear J 板野友美  
日本
2011年 松井珠理奈 SKE48 ep.2
(第2回放送)
ワロタピーポー NMB48  
日本
2017年 内木志 NMB48 ep.2
(第2回放送)
村瀬紗英
白間美瑠
加藤夕夏
植村梓
止まらない観覧車 HKT48  
日本
2017年 本村碧唯 HKT48 ep.1
(第1回放送)
「シュートサイン」
Type C収録
今田美奈
松岡菜摘
月足天音
村川緋杏
荒巻美咲
栗原紗英
となりのバナナ AKB48  
日本
2013年 矢吹奈子 HKT48 未放送 - ひまわり組 2nd Stage
「夢を死なせるわけにいかない」
収録
田中美久
黒い天使 AKB48  
日本
2009年 宮脇咲良 HKT48 ep.2
(第2回放送)
チームA 5th Stage
「恋愛禁止条例」
収録
Gee 少女時代  
韓国
2009年 山田野絵 NGT48 ep.1
(第1回放送)
長谷川玲奈
KNOCK KNOCK
-Japanese ver.-
TWICE  
韓国
2017年 梅山恋和 NMB48 ep.1
(第1回放送)
アルバム『#TWICE』に収録
浅井裕華 SKE48
  韓国側メンバー
楽曲名 原曲
歌唱者
原曲
発表国
原曲
発表年
メンバー 所属先 本放送 番組
公式動画
備考
Move リトル・ミックス  
イギリス
2013年 キム・シヒョン YUE HUA ep.1
(第1回放送)
ワン・イーレン
チェ・イェナ
セレブファイブ
(セレブになりたい)
セレブファイブ  
韓国
2018年 キム・ミンソ HOW ep.1
(第1回放送)
「Eat You Up」の韓国語カバー。
ワン・クー
ユ・ミニョン
Shower Becky G  
アメリカ
2014年 イ・スンヒョン WM ep.1
(第1回放送)
Becky G はアメリカのラッパー。同曲はビルボードチャートインに16位にランクインしたヒット曲。
イ・チェヨン
チョ・ヨンイン
Wings リトル・ミックス  
イギリス
2012年 アン・ユジン STARSHIP ep.1
(第1回放送)
アルバム
「DNA」収録。
チャン・ウォニョン
チョ・ガヒョン
너랑 나 (YOU & I) IU  
韓国
2011年 カン・ヘウォン 8D Creative ep.1
(第1回放送)
アルバム
「Last Fantasy」収録。
Havana カミラ・カベロ  
アメリカ
2017年 イ・カウン Pledis ep.1
(第1回放送)
ホ・ユンジン
예쁘다(Pretty U) SEVENTEEN  
韓国
2016年 ナ・ゴウン RBW ep.1
(第1回放送)
アルバム
「LOVE&LETTER」に収録。
パク・ジウン
우리집(僕の家) 2PM  
韓国
2015年 キム・ヒョナ COLLAZOO
company
未放送 アルバム
「My House」に収録。
Only You miss A  
韓国
2015年 アン・イェウォン YGkplus 未放送 アルバム
「Colors」に収録。
チェ・ヨンス
Rollar Coaster キム・チョンハ  
韓国
2018年 パク・ソヨン 個人練習生 未放送
パク・ジニ
I don't like your girlfriend Weki Meki  
韓国
2017年 キム・ナヨン バナナ
カルチャー
未放送
キム・ダヘ
Burn Break Crash Snakehips  
イギリス
2016年 イ・ハウン MNH ep.2
(第2回放送)
Snakehips(スネイクヒップス)はロンドンのダンスポップデュオ。
No Matter What BoA
Beenzino
 
韓国
2016年 キム・ミンジュ Urban works ep.1
(第1回放送)
韓国のラッパー、ビーンジノ(Beenzino)とのコラボ曲
So Hot Wonder Girls  
韓国
2008年 キム・ドア FENT ep.1
(第1回放送)
Ah-Choo LOVELYZ  
韓国
2015年 クォン・ウンビ woollim ep.1
(第1回放送)
キム・ソヒ
Bad INFINITE
キム・スユン
キム・チェウォン
Breathe miss A  
韓国
2010年 カン・ダミン wellmade
yedang
ep.1
(第1回放送)
ファン・ソヨン
주인공(Heroine) SUNMI  
韓国
2018年 ウォン・ソヨン MMO ep.1
(第1回放送)
빨개요(RED) HyunA  
韓国
2014年 ハン・チョウォン CUBE ep.1
(第1回放送)
Team イギー・アゼリア  
オーストラリア
2016年 イ・ユジョン CNC ep.2
(第2回放送)
ユン・ウンビン
ホン・イェジ
キム・ダヨン
キム・ユビン
Lip & Hip HyunA  
韓国
2017年 キム・チョヨン A team ep.2
(第2回放送)
Gasina SUNMI  
韓国
2017年 アレックス・
クリスティーン
ZB LABEL 未放送
Chewing Gum NCT  
韓国
2016年 ペ・ウニョン STONE
MUSIC
ep.2
(第2回放送)
チャン・ギュリ
イ・シアン
チョ・ユリ
Lip & Hip HyunA  
韓国
2017年 コ・ユジン Block Berry
Creative
ep.2
(第2回放送)
Humble ケンドリック・ラマー  
アメリカ
2017年 チョ・サラン Million market 未放送
아잉♡(アイン♡) Orange Caramel  
韓国
ソン・ウンチェ
?(물음표) Primary Feat.
최자 Of 다이나믹듀오,
Zion.T
 
韓国
2012年 ユン・ヘソル Music Works ep.1
(第1回放送)
물음표(ムルムピョ)はクエスチョンマークの意。
チェ・ソウン

グループバトル編集

グループバトル楽曲
楽曲名 原曲
歌唱者
原曲
発表国
原曲
発表年
本放送 番組
公式動画
備考
단발머리 (Short Hair) AOA  
韓国
2014年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
日本盤アルバムAce of Angelsでは原曲の日本語Ver.が収録。
붐바야 (BOOMBAYAH) BLACKPINK  
韓国
2016年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
日本盤アルバム「Re: BLACKPINK」(2018年)では原曲の日本語Ver.が収録。
너무너무너무
(Very Very Very)
I.O.I  
韓国
2016年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
原曲はミニアルバム「miss me? 」(2016年)収録。
피카부 (Peek-A-Boo) Red Velvet  
韓国
2017年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
原曲はアルバム「Perfect Velvet」(2017年)収録。
Like OHH-AHH
-Japanese ver.-
TWICE  
日本
2017年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
原曲はベストアルバム「#TWICE」(2017年)収録。
マンマミーア! KARA  
日本
2014年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
日本語ver.で披露された。
귀를 기울이면
(LOVE WHISPER)
GFRIEND  
韓国
2017年 ep.3
(第3回放送)
1班:
2班:
原曲はミニアルバム「PARALLEL」(2017年)収録。
2018年にはアルバム「今日から私たちは」に日本語ver.収録。
ハイテンション AKB48  
日本
2016年 ep.4
(第4回放送)
1班:
2班:
グループ評価のステージでも日本語ver.で披露された。

ポジション評価バトル編集

ポジション評価バトル楽曲
ボーカル&ラップ
楽曲名 原曲
歌唱者
原曲
発表国
原曲
発表年
本放送 番組
公式動画
備考
에너제틱 (Energitic) Wanna One  
韓国
2017年 ep.6
(第6回放送)
Wanna Oneデビューアルバム「1X1=1 (TO BE ONE)」収録。
널 너무 모르고
( (Don't know you)
Heize  
韓国
2017年 ep.6
(第6回放送)
Heize(ヘイズ)は韓国のラッパー。
メリクリ BoA  
韓国
2004年 ep.6
(第6回放送)
日本語ver.で披露された。
다시 만난 세계
(Into The New World)
少女時代  
韓国
2007年 ep.7
(第7回放送)
少女時代のデビューシングル。
뚜두뚜두
(DDU-DU DDU-DU)
BLACKPINK  
韓国
2018年 ep.7
(第7回放送)
原曲はアルバム「SQUARE UP」(2018年)収録。
전하지 못한 진심
(The Truth Untold)
BTS(防弾少年団)
(feat. Steve Aoki)
 
韓国
2018年 ep.7
(第7回放送)
原曲はアルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」(2018年)に収録。
ダンス
楽曲名 原曲
歌唱者
原曲
発表国
原曲
発表年
本放送 番組
公式動画
備考
Side to Side アリアナ・グランデ  
アメリカ
2016年 ep.6
(第6回放送)
Sorry Not Sorry デミ・ロヴァート  
アメリカ
2017年 ep.6
(第6回放送)
原曲はアルバム「Tell Me You Love Me」(2017年)に収録。
HandClap Fitz and the Tantrums  
アメリカ
2016年 ep.7
(第7回放送)
フィッツ・アンド・ザ・タントラムズ(FITZ AND THE TANTRUMS)はアメリカのネオ・ソウルグループ。
Touch リトル・ミックス  
イギリス
2016年 ep.7
(第7回放送)
原曲はアルバム「Glory Days 」(2016年)収録。
Instruction ジャックス・ジョーンズ  
イギリス
2017年 ep.7
(第7回放送)
イギリスのDJ/プロデューサー。原曲はデジタル配信曲。

コンセプト評価バトル編集

当番組のオリジナル曲。この6曲はデジタルアルバム「PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts」に収録されており、2018年8月18日iTunesなどで配信された。

デビュー評価バトル編集

当番組のオリジナル曲。これらの楽曲はデジタルアルバム「PRODUCE 48 - FINAL」に収録されており、2018年9月1日にiTunesなどで配信された。

  • 「We Together」 - ハン・ソンスプロデュースによる作品。作詞は『PRODUCE 101 シーズン2』の練習生だったカン・ドンホ(最終順位13位)。
  • 「好きになっちゃうだろう?(반해버리잖아?)」 - 秋元康プロデュースによる日本語曲。
  • 「꿈을 꾸는 동안(夢を見ている間)」 - 番組では1番は韓国語、2番は日本語で披露された。

審査・投票結果編集

A-Fクラス分け編集

A-Fクラス分け結果
クラス 国別 当初評価 再評価後
赤文字はクラス昇格、青文字はクラス降格。
Aクラス
  日本 宮脇咲良、竹内美宥 宮脇咲良、矢吹奈子高橋朱里本田仁美
  韓国 クォン・ウンビ、チェ・イェナ、キム・チョヨン、イ・カウン、パク・ヘユン、ファン・ソヨン、キム・ドア、チョ・ユリ、ユ・ミニョン、イ・ハウン、ナ・ゴウン、イ・チェヨン、キム・ダヘ ナ・ゴウン、イ・カウン、ファン・ソヨン、イ・チェヨン、イ・ハウン、コ・ユジンキム・ナヨンカン・ダミンキム・シヒョンアン・ユジン
Bクラス
  日本 高橋朱里、松井珠理奈、岩立沙穗、白間美瑠 松井珠理奈、中野郁海本村碧唯加藤夕夏小嶋真子竹内美宥
  韓国 チャン・ギュリ、キム・チェウォン、ワン・クー、チョ・ヨンイン、イ・スンヒョン、キム・ユビン、チョ・サラン、カン・ダミン、ホン・イェジ、ユン・ウンビン、キム・ダヨン、パク・ミンジ、キム・シヒョン、アレックス・クリスティーン、チョン・ウォニョン、アン・ユジン、チョ・ガヒョン、ワン・イーロン、キム・ヒョナ、ユン・ヘソル、チェ・ソウン キム・チェウォン、ユン・ウンビン、キム・ダヨン、パク・ミンジ、チョン・ウォニョン、キム・ヒョナ、チョ・ガヒョン、チョ・アヨンハン・チョウォンペ・ウニョンソン・ウンチェキム・ソヒチェ・イェナユ・ミニョン
Cクラス
  日本 本田仁美、小嶋真子、加藤夕夏、小田えりな、山田野絵 中西智代梨田中美久村瀬紗英内木志松岡菜摘今田美奈市川愛美後藤萌咲
  韓国 ペ・ウニョン、コ・ユジン、イ・シアン、ウォン・ソヨン、イ・チェジョン、ソン・ウンチェ、パク・チャンジュ、キム・ミンソ、キム・ソヒ、ホ・ユンジン、キム・スユン、パク・ソヨン、キム・ナヨン、パク・ジニ、イ・ユジョン、パク・ジウン、チョ・アヨン イ・チェジョン、キム・ミンソ、イ・ユジョン、キム・スユン、キム・ミンジュクォン・ウンビチョ・ヨンインイ・スンヒョンアレックス・クリスティーンワン・イーロンキム・チョヨンキム・ドアキム・ダヘチェ・ソウン
Dクラス
  日本 中野郁海、本村碧唯、中西智代梨、今田美奈、内木志、村瀬紗英、武藤十夢、宮崎美穂、下尾みう、佐藤美波、長谷川玲奈 武藤十夢、宮崎美穂、下尾みう、茂木忍浅井七海浅井裕華栗原紗英白間美瑠岩立沙穂
  韓国 キム・ミンジュ、ハン・チョウォン、シン・スヒョン、チェ・ヨンス キム・ユビンパク・ソヨンパク・チャンジュパク・ヘユンワン・クーユン・ヘソルイ・シアン
Fクラス
  日本 梅山恋和、植村梓、矢吹奈子、後藤萌咲、市川愛美、松岡菜摘、田中美久、茂木忍、浅井七海、栗原紗英、浅井裕華、永野芹佳、篠崎彩奈、千葉恵里、村川緋杏、荒巻美咲、月足天音 永野芹佳、篠崎彩奈、千葉恵里、村川緋杏、荒巻美咲、月足天音、佐藤美波小田えりな山田野絵長谷川玲奈
  韓国 カン・ヘウォン、アン・イェウォン カン・ヘウォン、アン・イェウォン、パク・ジウンパク・ジニシン・スヒョンウォン・ソヨンチャン・ギュリチョ・サランチョ・ユリチェ・ヨンスホ・ユンジンホン・イェジ
途中辞退
・降板
  日本 (なし) 梅山恋和、植村梓
  韓国 (なし) (なし)
  • このクラス分け(再評価後)の結果を受けて、韓国の音楽番組『M COUNTDOWN』(Mnet)で披露した「NEKKOYA (PICK ME)」のパフォーマンスはAクラスを前列に、B~Dクラスはステージ後方、Fクラスはステージ下の位置で行うこととなった。

グループバトル編集

以下、IZ*ONEメンバーについては太字で表記する。

グループバトル結果
表題曲 班別 メンバー 所属 パート・ポジション 会場内
個人別
投票数
平均
得票数
勝利による
加算票込
得票数
「귀를 기울이면
(LOVE WHISPER) 」
GFRIEND
1班 ワン・クー HOW メインボーカル 28 55.7 -
武藤十夢 AKB48 52
ソン・ウンチェ Millon Market リーダー 88
永野芹佳 AKB48 22
山田野絵 NGT48 106
市川愛美 AKB48 センター 38
2班
(勝者)
矢吹奈子 HKT48 メインボーカル 330 81.3 1,330
ユン・ウンビン CNC 42 1,042
キム・ナヨン バナナカルチャー リーダー 32 1,032
荒巻美咲 HKT48 30 1,030
栗原紗英 HKT48 18 1,018
カン・ダミン Wellmade Yedang センター 36 1,036
「피카부 (Peek-A-Boo)」
Red Velvet
1班 チャン・ギュリ Stone Music メインボーカル 78 58 -
アレックス・クリスティーン ZB Labal 4
イ・カウン Pledis 74
ぺ・ウニョン Stone Music リーダー 28
松井珠理奈 SKE48 110
ワン・イロン YUE HUA センター 54
2班
(勝者)
ホン・イェジ CNC メインボーカル 92 79 1,092
キム・ダヘ バナナカルチャー 26 1,026
イ・ユジョン CNC 98 1,098
下尾みう AKB48 116 1,116
加藤夕夏 NMB48 102 1,102
キム・ユビン CNC センター
リーダー
40 1,040
「단발머리 (Short Hair) 」
AOA
1班
(勝者)
チョ・ユリ Stone Music メインボーカル 152 73.7 1,152
高橋朱里 AKB48 センター 52 1,052
キム・シヒョン YUE HUA リーダー 64 1,064
小嶋真子 AKB48 120 1,120
ユン・ミンヨン HOW ラッパー 28 1,028
キム・ミンソ HOW ラッパー 26 1,026
2班 イ・シアン Stone Music メインボーカル 148 68.0 -
長谷川玲奈 NGT48 50
松岡菜摘 HKT48 90
アン・イェウォン YG K Plus ラッパー 16
今田美奈 HKT48 ラッパー 36
「マンマミーア!」
KARA
1班
(勝者)
パク・ミンジ MND17 メインボーカル 66 84.4 1,066
パク・ジウン RBW 32 1,032
中西智代梨 AKB48 48 1,048
村瀬紗英 NMB48 138 1138
キム・ヒョナ COLLAZOO Company センター
リーダー
138 1,138
2班 チョ・サラン Million Market メインボーカル 18 61.3 -
シン・スヒョン FAVE 88
宮崎美穂 AKB48 リーダー 92
村川緋杏 HKT48 86
篠崎彩奈 AKB48 28
チェ・ソウン Music Works センター 56
「ハイテンション」
AKB48
1班 ユン・ヘソル Music Works メインボーカル 40 46.3 -
キム・ダヨン CNC 46
岩立沙穂 AKB48 センター 56
チョ・ヨンイン WM リーダー 28
茂木忍 AKB48 ラッパー 58
中野郁海 AKB48 ラッパー 50
2班
(勝者)
竹内美宥 AKB48 リーダー 84 101.2 1,084
小田えりな AKB48 60 1,060
ホ・ユンジン Pledis センター 188 1,188
チョ・アヨン FNC ラッパー 160 1,160
キム・スユン Woollim ラッパー 12 1,012
「붐바야
(BOOMBAYAH) 」
BLACKPINK
1班 イ・チェジョン MND17 リーダー
メインラッパー
54 65.2 -
コ・ユジン Blockberry Creative サブラッパー 198
パク・チャンジュ MND17 センター
サブラッパー
22
ウォン・ソヨン MMO ボーカル 22
キム・ソヒ Woollim ボーカル 30
2班
(勝者)
カン・ヘウォン 8D Creative メインラッパー 44 74.7 1,044
千葉恵里 AKB48 サブラッパー 102 1,102
佐藤美波 AKB48 サブラッパー 86 1,086
ハン・チョウォン CUBE センター
リーダー
42 1,042
浅井七海 AKB48 ボーカル 144 1,144
浅井裕華 SKE48 ボーカル 30 1,030
「Like OHH-AHH
-Japanese ver.-」
TWICE
1班
(勝者)
パク・へユン FNC リーダー
メインボーカル
50 73.7 1,050
キム・チェウォン Woollim 104 1,104
後藤萌咲 AKB48 172 1,172
イ・スンヒョン WM センター 26 1,026
ファン・ソヨン Wellmade Yedang ラッパー 10 1,010
キム・ドア FENT ラッパー 80 1,080
2班 イ・ハウン MNH メインボーカル 86 57 -
チョ・ガヒョン STARSHIP 14
内木志 NMB48 86
パク・ソヨン 個人練習生 センター
リーダー
72
パク・ジニ 個人練習生 ラッパー 38
チェ・ヨンス YG K Plus ラッパー 46
「너무너무너무
(Very Very Very) 」
I.O.I
1班
(勝者)
チェ・イェナ YUE HUA メインボーカル 64 73.3 1,064
ナ・ゴウン RBW リーダー 42 1,042
白間美瑠 NMB48 112 1,112
本田仁美 AKB48 70 1,070
アン・ユジン STARSHIP ラッパー 62 1,062
チャン・ウォニョン STARSHIP ラッパー 90 1,090
2班 イ・チェヨン WM メインボーカル 34 59.3 -
クォン・ウンビ Woollim リーダー 24
宮脇咲良 HKT48 164
本村碧唯 HKT48 46
キム・ミンジュ Urban Works ラッパー 34
キム・チョヨン A team センター
ラッパー
54

ビジュアルセンタートップ11編集

エピソード5(第5回放送)にて練習生内の投票により、ビジュアルセンターだと思う上位11位の練習生を発表。なお、このランキングの結果は練習生の当落とは関係しない。

ビジュアルセンタートップ11
順位 メンバー 所属 視聴者投票順位(推移)
1位 ワン・イーレン YUE HUA 11位→7位→9位→8位→14位→28位→26位→28位(第3回発表で脱落)
2位 キム・ミンジュ Urban Works 13位→17位→19位→15位→6位→22位→20位→15位→11位(IZ*ONE選抜)
3位 ホ・ユンジン Pledis 19位→15位→21位→22位→11位→26位→27位→28位(第3回発表で脱落)
4位 チャン・ウォニョン STARSHIP 3位→4位→4位→3位→1位→8位→8位→7位→1位(IZ*ONE選抜)
5位 アン・ユジン STARSHIP 2位→2位→2位→2位→4位→17位→10位→14位→5位(IZ*ONE選抜)
6位 キム・チェウォン Woollim 21位→21位→30位→28位→15位→12位→15位→19位→10位(IZ*ONE選抜)
7位 宮脇咲良 HKT48 1位→5位→3位→4位→7位→1位→2位→1位→2位(IZ*ONE選抜)
8位 クォン・ウンビ Woollim 25位→3位→5位→5位→5位→11位→11位→12位→7位(IZ*ONE選抜)
9位 白間美瑠 NMB48 9位→22位→13位→16位→13位→14位→14位→8位→20位(最終発表で脱落)
10位 キム・ミンソ HOW 62位→39位→47位→53位→44位(第2回発表で脱落)
11位 イ・カウン Pledis 5位→1位→1位→1位→8位→5位→5位→14位(最終発表で脱落)

ポジション評価バトル編集

ポジション評価結果
種目別 課題曲 メンバー 所属 パート・
ポジション
チーム内順位
(会場内投票)
全体順位 会場内
得票数
ボーカル&ラップ 「에너제틱 (Energitic) 」
Wanna One
チョ・ユリ Stone Music センター 1位 ボーカル
総合5位
511
キム・シヒョン YUE HUA リーダー 3位 376
ナ・ゴウン RBW 2位 382
浅井七海 AKB48 5位 273
山田野絵 NGT48 4位 356
ボーカル&ラップ 「널 너무 모르고
(Don't know you) 」
Heize
パク・ミンジ MND17 リーダー
センター
4位 360
ハン・チョウォン CUBE 1位 ボーカル
総合1位
585
カン・へウォン 8D Creative 3位 400
ユ・ミニョン HOW 2位 499
ダンス 「Side to Side」
アリアナ・グランデ
イ・シアン Stone Music センター 5位 358
イ・カウン Pledis リーダー 3位 411
チャン・ウォニョン STARSHIP 2位 446
ワン・イーレン YUE HUA 4位 391
白間美瑠 NMB48 1位 ダンス
総合2位
469
ボーカル 「メリクリ」
BoA
パク・ヘユン FNC センター 1位 ボーカル
総合4位
543
キム・ナヨン バナナ・カルチャー 3位 -
キム・ソヒ Woollim 6位 -
ユン・ヘソル Music Works リーダー 2位 -
荒巻美咲 HKT48 4位 -
佐藤美波 AKB48 5位 -
ダンス 「Sorry Not Sorry」
デミオ・ロヴァート

結果的に5人中4人がIZ*ONEという「死のグループ」となった。

クォン・ウンビ Woollim リーダー
センター
1位 ダンス
総合3位
450
アン・ユジン STARSHIP 2位 403
チェ・イェナ YUE HUA 4位 364
イ・チェヨン WM 3位 397
コ・ユジン Blockberry Creative 5位 337
ボーカル 「다시 만난 세계
(Into The New World) 」
少女時代
ホ・ユンジン Pledis センター 2位 537
後藤萌咲 AKB48 4位 239
矢吹奈子 HKT48 3位 511
千葉恵里 AKB48 5位 287
キム・チェウォン Woollim リーダー 1位 ボーカル
総合3位
550
ダンス 「HandClap」
Fitz and the Tantrums
本村碧唯 HKT48 センター 6位 312
小嶋真子 AKB48 3位 442
武藤十夢 AKB48 5位 313
村瀨紗英 NMB48 1位 ダンス
総合1位
477
キム・チョヨン A Team リーダー 2位 446
キム・ミンソ HOW 4位 387
ボーカル 「전하지 못한 진심
(The Truth Untold)」
BTS(防弾少年団)
(feat. Steve Aoki)
チャン・ギュリ Stone Music センター 2位 298
竹内美宥 AKB48 リーダー 4位 289
宮崎美穂 AKB48 1位 ボーカル
総合2位
559
岩立沙穂 AKB48 3位 294
ダンス 「Instruction」
ジャックス・ジョーンズ
ソン・ウンチェ Million Market センター
リーダー
1位 ダンス
総合4位
438
イ・ハウン MNH 6位 267
中西智代梨 AKB48 3位 358
ワン・クー HOW 5位 313
キム・ヒョナ COLLAZOO Company 2位 382
キム・スユン Woollim 4位 335
ダンス 「Touch」
リトル・ミックス
下尾みう AKB48 センター 3位 369
本田仁美 AKB48 2位 395
キム・ミンジュ Urban Works 1位 ダンス
総合5位
423
ペ・ウニョン Stone Music リーダー 4位 329
イ・ユジュン CNC 5位 304
ボーカル&ラップ 「뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU) 」
BLACKPINK
キム・ドア FENT センター 1位 ボーカル
総合6位
488
パク・ソヨン 個人練習生 リーダー 4位 352
宮脇咲良 HKT48 3位 384
高橋朱里 AKB48 2位 432
村川緋杏 HKT48 5位 311
チョ・ガヒョン STARSHIP 6位 176

コンセプト評価編集

コンセプト評価
グループ
順位
(票数)
曲目 ジャンル メンバー 所属 ポジション チーム内
順位
会場内
個人別票数
(加算票除く)
備考 個人チッケム

番組公式動画

1位
(266票)
Rollin'Rollin' トロピカル・ハウス
ポップダンス
チャン・ウォニョン STARSHIP センター 2位 53 2万票加算
キム・ドア FENT 4位 46 2万票加算
本田仁美 AKB48 3位 50 2万票加算
キム・ナヨン バナナ・カルチャー メインボーカル 5位 30 2万票加算
白間美瑠 NMB48 1位 79 個人総合2位(加算票除き)。5万票加算
2位
(242票)
너에게 닿기를
(君に届くように)
ニュージャック
スウィング
チャン・ギュリ Stone Music 5位 16
ナ・ゴウン RBW メインボーカル 4位 27
矢吹奈子 HKT48 1位 78 個人総合3位(加算票除き)
キム・チェウォン Woollim センター 2位 63 個人総合5位(加算票除き)
チョ・ユリ Stone Music 3位 59
3位
(241票)
Rumor ムーンバートン
トラップ
ハン・チョウォン CUBE 4位 41
村瀬紗英 NMB48 2位 56
キム・シヒョン YUE HUA センター 5位 35
イ・シアン Stone Music 3位 44
クォン・ウンビ Woollim メインボーカル 1位 65 個人総合4位(加算票除き)
4位
(222票)
다시 만나
(また会おう)
ポップダンス カン・ヘウォン 8D Creative 4位 23
ワン・イーレン YUE HUA センター 5位 10
竹内美宥 AKB48 3位 35
パク・ヘユン FNC メインボーカル 2位 55
宮脇咲良 HKT48 1位 99 個人総合1位(加算票除き)
5位
(138票)
1000% コンテンポラリー
ガールズポップ
宮崎美穂 AKB48 1位 42
後藤萌咲 AKB48 3位 28
イ・チェヨン WM メインボーカル 4位 18
下尾みう AKB48 2位 37
キム・ミンジュ Urban Works センター 5位 10
6位
(89票)
I AM ヒップホップ
R&Bポップ
チェ・イェナ YUE HUA 1位 26
アン・ユジン STARSHIP センター 2位 22
ホ・ユンジン プレディス メインボーカル 5位 9
高橋朱里 AKB48 4位 13
イ・カウン プレディス リーダー 3位 17


デビュー評価編集

デビュー評価
曲目 メンバー 所属 ポジション 最終
順位
最終投票数 最終当落
We Together
(앞으로 잘 부탁해)
竹内美宥 AKB48 メインボーカル 17位 158,052票 ×
本田仁美 AKB48 サブボーカル 9位 240,418票
宮崎美穂 AKB48 サブボーカル 15位 184,765票 ×
チョ・ユリ STONE MUSIC サブボーカル 3位 294,734票
チャン・ウォニョン STARSHIP サブボーカル 1位 338,366票
アン・ユジン STARSHIP サブボーカル 5位 280,487票
キム・ミンジュ Urban Works サブボーカル 11位 227,061票
パク・ヘユン FCN サブボーカル 19位 96,612票 ×
矢吹奈子 HKT48 サブボーカル 6位 261,788票
イ・チェヨン WM サブボーカル・センター 12位 221,273票
好きになっちゃうだろう?
(반해버리잖아?)
クォン・ウンビ woollim メインボーカル 7位 250,212票
チェ・イェナ YUE HUA サブボーカル・センター 4位 285,385票
宮脇咲良 HKT48 サブボーカル 2位 316,105票
イ・カウン Pledis サブボーカル 14位 209,252票 ×
白間美瑠 NMB48 サブボーカル 20位 94,386票 ×
カン・ヘウォン 8D Creative サブボーカル 8位 248,432票
キム・チェウォン woollim サブボーカル 10位 238,192票
下尾みう AKB48 サブボーカル 18位 129,113票 ×
高橋朱里 AKB48 サブボーカル 16位 164,285票 ×
ハン・チョウォン CUBE サブボーカル 13位 213,259票 ×

視聴者投票編集

Mnetと、公式グッズも販売しているGmarket(ジーマーケット)のオンライン投票や、グループ評価等の収録現場観覧者の投票を合算したものが投票結果として発表される。 第1回投票発表、第2回投票発表終了後にそれぞれリセットされるため、当初からの票数は累積されない。 投票は韓国国内のみ有効となっている。その理由として、Mnetチャンネルのディレクターからは「日本から投票を受付した場合、日本の練習生たちに投票が集まり、まだ韓国で比較的無名の練習生にとって不利な状況に陥ることを防ぎ、0からのスタートをきるため」と説明が行われた[42]

  • 対象投票期間
    • 第1回投票 2018年6月15日 23:05 ~ 2018年7月7日 11:00(韓国の現地時間。任意の練習生12名を選び投票)
    • 第2回投票 2018年7月14日 1:00 ~ 2018年7月28日 11:00[43](任意の練習生12名を選び投票)
    • 第3回投票 2018年8月4日 2:00 ~ 2018年8月18日 8:00[44](任意の練習生2名を選び投票)
    • ファイナル投票 2018年8月25日 1:00 ~ 2018年8月31日 1:00[45](任意の練習生1名のみを選び投票)
    • ファイナル投票(生放送時SNS投票) 2018年8月31日 20:10~22:00 視聴者が携帯・スマートフォンで1人1票のみ投じられる。なお、この投票は1票の価値が7票とみなし前日までのファイナル投票の投票数に加算された。
視聴者投票・練習生ランキング
順位 エピソード1時点
(第1回放送)
エピソード2時点
(第2回放送)
エピソード3時点
(第3回放送)
エピソード5時点
(第5回放送)
第1回順位発表
エピソード8時点
(第8回放送)
第2回順位発表
2018年8月7日
午前10時時点
(第9回放送前)
中間順位発表[46]
エピソード9時点
(第9回放送)
エピソード11時点
(第11回放送)
第3回順位発表
エピソード12時点
(第12回放送)
最終順位発表
1 宮脇咲良 イ・カウン イ・カウン イ・カウン チャン・ウォニョン 宮脇咲良 宮崎美穂 宮脇咲良 チャン・ウォニョン
2 アン・ユジン アン・ユジン アン・ユジン アン・ユジン 矢吹奈子 カン・ヘウォン 宮脇咲良 宮崎美穂 宮脇咲良
3 チャン・ウォニョン クォン・ウンビ 宮脇咲良 チャン・ウォニョン カン・ヘウォン 宮崎美穂 カン・ヘウォン イ・チェヨン チョ・ユリ
4 松井珠理奈 チャン・ウォニョン チャン・ウォニョン 宮脇咲良 アン・ユジン 竹内美宥 竹内美宥 カン・ヘウォン チェ・イェナ
5 イ・カウン 宮脇咲良 クォン・ウンビ クォン・ウンビ クォン・ウンビ イ・カウン イ・カウン イ・カウン アン・ユジン
6 チャン・ギュリ チェ・イェナ 後藤萌咲 後藤萌咲 キム・ミンジュ 下尾みう 下尾みう 竹内美宥 矢吹奈子
7 チェ・イェナ ワン・イーレン チェ・イェナ 矢吹奈子 宮脇咲良 矢吹奈子 矢吹奈子 チャン・ウォニョン クォン・ウンビ
8 イ・シアン 後藤萌咲 竹内美宥 ワン・イーレン イ・カウン チャン・ウォニョン チャン・ウォニョン 白間美瑠 カン・ヘウォン
9 白間美瑠 山田野絵 ワン・イーレン チェ・イェナ ハン・チョウォン 本田仁美 本田仁美 矢吹奈子 本田仁美
10 チョ・ユリ イ・チェヨン イ・チェヨン イ・チェヨン チョ・ユリ イ・チェヨン アン・ユジン 下尾みう キム・チェウォン
11 ワン・イーレン 竹内美宥 山田野絵 竹内美宥 ホ・ユンジン クォン・ウンビ クォン・ウンビ 本田仁美 キム・ミンジュ
12 小嶋真子 松井珠理奈 松井珠理奈 本田仁美 本田仁美 キム・チェウォン イ・チェヨン クォン・ウンビ イ・チェヨン
13 キム・ミンジュ キム・シヒョン 白間美瑠 松井珠理奈 白間美瑠 ハン・チョウォン ハン・チョウォン ハン・チョウォン ハン・チョウォン
14 矢吹奈子 チャン・ギュリ チャン・ギュリ 山田野絵 ワン・イーレン 白間美瑠 白間美瑠 アン・ユジン イ・カウン
15 キム・シヒョン ホ・ユンジン 宮崎美穂 キム・ミンジュ キム・チェウォン 高橋朱里 キム・チェウォン キム・ミンジュ 宮崎美穂
16 後藤萌咲 宮崎美穂 矢吹奈子 白間美瑠 チェ・イェナ チョ・ユリ チョ・ユリ チェ・イェナ 高橋朱里
17 宮崎美穂 キム・ミンジュ キム・シヒョン チャン・ギュリ イ・チェヨン アン・ユジン 高橋朱里 高橋朱里 竹内美宥
18 ペ・ウニョン イ・シアン チョ・ユリ 高橋朱里 パク・ヘユン チェ・イェナ パク・ヘユン チョ・ユリ 下尾みう
19 ホ・ユンジン チョ・ユリ キム・ミンジュ チョ・ユリ イ・シアン パク・ヘユン チェ・イェナ キム・チェウォン パク・ヘユン
20 高橋朱里 ナ・ゴウン 高橋朱里 キム・シヒョン 高橋朱里 キム・ナヨン キム・ミンジュ パク・ヘユン 白間美瑠
21 キム・チェウォン キム・チェウォン ホ・ユンジン 宮崎美穂 キム・ナヨン キム・ドア キム・ナヨン キム・ナヨン
22 中西智代梨 白間美瑠 本田仁美 ホ・ユンジン 下尾みう キム・ミンジュ キム・ドア 村瀬紗英
23 武藤十夢 小嶋真子 千葉恵里 イ・シアン キム・ドア チャン・ギュリ 村瀬紗英 キム・ドア
24 コ・ユジン 岩立沙穂 岩立沙穂 千葉恵里 キム・シヒョン 村瀬紗英 後藤萌咲 後藤萌咲
25 クォン・ウンビ キム・ドア 小嶋真子 カン・ヘウォン 村瀬紗英 後藤萌咲 チャン・ギュリ チャン・ギュリ
26 浅井七海 パク・ソヨン コ・ユジン コ・ユジン チャン・ギュリ ホ・ユンジン ワン・イーレン ホ・ユンジン
27 千葉恵里 矢吹奈子 イ・シアン 岩立沙穂 後藤萌咲 ナ・ゴウン ホ・ユンジン キム・シヒョン
28 村川緋杏 武藤十夢 ナ・ゴウン キム・チェウォン 宮崎美穂 ワン・イーレン ナ・ゴウン ワン・イーレン
29 イ・チェヨン 高橋朱里 村川緋杏 ナ・ゴウン ナ・ゴウン イ・シアン キム・シヒョン ナ・ゴウン
30 本田仁美 ペ・ウニョン キム・チェウォン 村川緋杏 竹内美宥 キム・シヒョン イ・シアン イ・シアン
31 キム・ドア 村川 緋杏 キム・ドア 小嶋真子 コ・ユジン
32 村瀬紗英 ユ・ミニョン 武藤十夢 ソン・ウンチェ ソン・ウンチェ
33 イ・ユジョン ワン・クー イ・ハウン 武藤十夢 千葉恵里
34 パク・ソヨン コ・ユジン ペ・ウニョン キム・ドア 小嶋真子
35 松岡菜摘 パク・ヘユン パク・ソヨン イ・ハウン ユン・ヘソル
36 ナ・コウン チョ・ガヒョン 本村碧唯 下尾みう ペ・ウニョン
37 本村碧唯 中西智代梨 キム・チョヨン ペ・ウニョン 中西智代梨
38 カン・ヘウォン 千葉恵里 チョ・ガヒョン キム・ナヨン 武藤十夢
39 竹内美宥 キム・ミンソ 下尾みう 中西智代梨 佐藤美波
40 ユン・ヘソル カン・ヘウォン 中西智代梨 村瀬紗英 岩立沙穂
41 下尾みう 浅井七海 カン・ヘウォン キム・チョヨン 山田野絵
42 シン・スヒョン 本村碧唯 浅井七海 パク・ソヨン 浅井七海
43 中野郁海 村瀬紗英 パク・ヘユン パク・ヘユン キム・ソヒ
44 茂木忍 キム・ソヒ ワン・クー 本村碧唯 キム・ミンソ
45 山田野絵 下尾みう 村瀬紗英 ワン・クー 村川緋杏
46 岩立沙穂 ファン・ソヨン ユ・ミニョン 浅井七海 キム・ヒョナ
47 チェ・ヨンス 本田仁美 キム・ミンソ ハン・チョウォン キム・スユン
48 キム・ソヒ イ・ユジョン キム・ソヒ チョ・ガヒョン イ・ハウン
49 パク・ミンジ パク・ジニ イ・ユジョン イ・ユジョン 荒巻美咲
50 荒巻美咲 ユン・ヘスル 中野郁海 キム・ソヒ キム・チョヨン
51 イ・ハウン キム・スユン ファン・ソヨン ユ・ミニョン イ・ユジョン
52 パク・ジニ チェ・ヨンス 松岡菜摘 ユン・ヘスル 本村碧唯
53 今田美奈 中野郁海 ソン・ウンチェ キム・ミンソ パク・ミンジ
54 ユン・ウンビ 長谷川玲奈 キム・スユン パク・ミンジ ユ・ミニョン
55 キム・ナヨン 松岡菜摘 茂木忍 キム・ヒョナ パク・ソヨン
56 小田えりな パク・ミンジ ユンヘスル[47] 荒巻美咲 ワン・クー
57 佐藤美波 シン・スヒョン チェ・ヨンス キム・スユン チョ・ガヒョン
58 キム・スユン イ・ハウン キム・ナヨン 佐藤美波
59 パク・ヘユン 茂木忍 佐藤美波 中野郁海
60 キム・ダヨン イ・スンヒョン パク・ミンジ ファン・ソヨン
61 長谷川玲奈 荒巻美咲 パク・ジニ シン・スヒョン
62 キム・ミンソ チョ・ヨンイン シン・スヒョン カン・ダミン
63 田中美久 キム・ナヨン 長谷川玲奈 茂木忍
64 ハン・チョウォン 今田美奈 キム・ヒョナ 小田えりな
65 チョ・ガヒョン キム・ダヨン ユン・ウンビン ユン・ウンビン
66 イ・スンヒョン 佐藤美波 荒巻 美咲 チェ・ヨンス
67 キム・ヒョナ 小田えりな 今田美奈 松岡菜摘
68 キム・チョヨン ユン・ウンビン イ・スンヒョン パク・チャンジュ
69 浅井裕華 パク・チャンジュ 小田えりな パク・ジニ
70 カン・ダミン パク・ジウン キム・ダヨン キム・ダヨン
71 加藤夕夏 田中美久 パク・チャンジュ 長谷川玲奈
72 永野芹佳 キム・ヒョナ 田中美久 チョ・アヨン
73 栗原紗英 加藤夕夏 加藤夕夏 イ・スンヒョン
74 チョ・ヨンイン カン・ダミン チョ・ヨンイン 加藤夕夏
75 内木志 キム・チョヨン カン・ダミン キム・ダヘ
76 ホン・イェジ ホン・イェジ 永野芹佳 今田美奈
77 パク・ジウン ウォン・ソヨン 篠崎彩奈 永野芹佳
78 月足天音 チョ・アヒョン キム・ダヘ ホン・イェジ
79 市川愛美 ハン・チョウォン パク・ジウン イ・チェジョン
80 キム・ダヘ 浅井裕華 ホン・イェジ パク・ジウン
81 ウォン・ソヨン 永野芹佳 栗原紗英 市川愛美
82 アン・イェウォン 内木志 内木志 アレックス・
クリスティーン
83 チョ・アヨン 市川愛美 浅井裕華 栗原紗英
84 篠崎彩奈 栗原紗英 アン・イェウォン チョ・ヨンイン
85 パク・チャンジュ ソン・ウンチェ アレックス・
クリスティーン
浅井裕華
86 ユ・ミニョン アレックス・
クリスティーン
チョ・アヨン アン・イェウォン
87 チョ・ソウン 篠崎彩奈 市川愛美 内木志
88 アレックス・
クリスティーン
アン・イェウォン ハン・チョウォン キム・ユビン
89 チョ・サラン キム・ダヘ チェ・ソウン チョ・サラン
90 キム・ユビン チョ・サラン ウォン・ソヨン チェ・ソウン
91 ファン・ソヨン 月足天音 チョ・サラン 篠崎彩奈
92 ワン・クー チェ・ソウン イ・チェジョン ウォン・ソヨン
93 植村梓 キム・ユビン キム・ユビン
94 梅山恋和 イ・チェジョン
95 ソン・ウンチェ 梅山恋和
96 イ・チェジョン 植村梓

番組の反響編集

※所属グループは2018年時点

日本側編集

  • HKT48指原莉乃は、番組企画が公表された際に「売れるチャンスがあるなら(『PRODUCE 48』に)応募した方がいいということですね」とコメントした[48]。また、『PRODUCE 48』に出演し「NEKKOYA (PICK ME)」を踊っている矢吹奈子(現IZ*ONE)について、自身のTwitterで「この子は本当に器用だなあ。 スーパースターになったらステーキおごってくれ。」とエールを送っている[49]。2018年5月10日放送の韓国の音楽番組『M COUNTDOWN』(Mnet)で「NEKKOYA (PICK ME)」のセンターを務めた宮脇咲良(現IZ*ONE)に対しても、その日の指原のTwitterで「宮脇咲良ちゃん1000点」と賞賛した[50]
映像外部リンク
竹内美宥
  Dancing Hero(Produce 48 ver.)/cover by Miyu Takeuchi
(2018年11月20日)
  • 番組出演の影響により、これまでAKB48選抜総選挙では下位もしくは圏外だったAKB48グループメンバーが、当番組内のパフォーマンスやキャラクターを見た視聴者からその能力を再評価する動きが出ている[51]
    • 2018年AKB48選抜総選挙では圏外だったAKB48の竹内美宥は作詞・作曲の能力を生かし、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」を自らジャズアレンジに編曲[52][53]。番組の出演により、2017年時点では15,605人であった自身のYouTube公式チャンネル登録者数[54]が、番組終了後の2018年10月時点では16万人を超えた[55]
    • NMB48村瀬紗英は、2018年AKB48選抜総選挙では90位であったが、第4回で放送されたダンスパフォーマンスが日韓両国のインターネットで反響を呼んだ[56]
    • AKB48の下尾みうは、第4回で放送されたポジション評価バトルで披露したリトル・ミックスの「Touch」のダンスパフォーマンス個別公式動画が、宮脇咲良に次いで2位の再生回数を記録した[57]。また、これまでのAKB48選抜総選挙では圏外であったが、『PRODUCE 48』の最終順位は18位と健闘し、番組終了後にはAKB48の54thシングル「NO WAY MAN」の選抜メンバーに初選出された。
    • AKB48研究生の佐藤美波は、グループバトルで同じグループになるなどした韓国人練習生のカン・へウォン(現IZ*ONE)と互いに支え合う姿が日韓両国のファンから人気を受けた[58]。ボーカルトレーナーのソユ曰く、「(へウォンと佐藤は)母と娘のような感じがある」とのこと[59]
  • AKB48グループの参加メンバーの番組出演時と日本でのメイクの違いにも注目が集まった。日本では肌のメイクは比較的自然な色に仕上げる傾向があるが、韓国ではオルチャンメイクに代表されるように、肌を白く艶やかに他のパーツが際立つようにメイクをする。宮脇咲良、白間美瑠、竹内美宥、宮崎美穂中西智代梨らも『PRODUCE 48』では韓国のトレンドに合わせた白い肌に仕上げたメイクで登場し、視聴者からは「可愛くなった」などの反応が見られた[60]。タレントのざわちんも「(『PRODUCE 48』での)宮脇咲良さんのメイクはかなり洗練された韓国メイク。なのでとても韓国うけはあると思うし、韓国好きな方にもうける。」と自身のTwitterでコメントしている[61]。なお、参加したメンバーの一人である村瀬紗英によれば、番組でのベースメイクは1時間かけて仕上げていたとのことで、自身も韓国ブランドのコスメを愛用しているとのこと。韓国コスメブランドの一つであるクリオ(Clio)のリキッドファンデーションも『PRODUCE 48』の番組収録のメイク時に知って愛用していると語っている[62]
  • 番組放送期間中は番組参加メンバーのSNS発信は大きく制限されたが、番組放送日には、『PRODUCE 48』不参加のAKB48メンバーである谷口めぐ向井地美音らによるSHOWROOM実況配信が行われた[63][64]。谷口は自身のTwitterにて「感情移入しすぎて、なんか、もう…頑張ってる姿に感動、刺激、パワー沢山沢山感じました!」と番組の感想を述べている[65]

韓国側編集

  • 韓国のTV話題性分析会社であるグッドデータコーポレーションが放送中や放送予定の非ドラマ190番組と出演者を対象に実施した調査によれば、7週連続で非ドラマ部門の話題性1位(占拠率23.7%)を記録した[66]
  • CJ ENMニールセンコリアが共同で実施したコンテンツ影響力及び話題性の調査では、影響力のある番組の1位となった[67]
  • 番組の課題曲として使用された「귀를 기울이면 (LOVE WHISPER) 」を歌っているGFRIENDのメンバーは、インタビューの中でグループ評価バトルの矢吹奈子らのパフォーマンスについて触れ、メンバーのソウォンは「何度も練習したので、この難しさを知っている。練習生の子達が、カバーしてくれて誇らしく思いました」とコメントした。また、同じくメンバーのイェリンユジュも「自分たちも先輩たちの曲をカバーしていたので、練習生らの気持ちが分かります。本当に感心しました」と称賛した[68]
  • TWICEのジヒョとサナは動画配信V LIVEの配信にて、『PRODUCE 48』をよく見ているとした上で、番組の練習生として参加していたAKB48の千葉恵里について触れ、千葉がBLACKPINKの「BOOMBAYAH」が課題曲に決まった際に泣きながら「無理です」と発言したシーンを真似したり、番組中にしゃがんでいる姿がとても可愛いとコメントした[69][70]
  • ソウル市内には宮崎美穂の韓国人ファン運営のカフェ「CAFE MYAO」が設置され、番組最終回で多くのファンが結果を待つ様子が、2018年9月8日放送のAGARUTV(アガるTV)『Premium Korea 韓流Lab』で紹介された。また、ファンが独自に作成した宮崎の似顔絵イラスト入りオリジナルグッズ(コップ等)も番組中に宮崎へ手渡されている[71]
  • 番組終盤になると、視聴者投票の投票権を持つ韓国の視聴者に対する各練習生のファン主導の投票呼びかけも過熱化していった。練習生の電光掲示板、地下鉄駅広告[72]に加えて、投票すれば抽選で景品を支給するファングループが登場した。中には、AirPodsiPadプレイステーション、高級掃除機など100万ウォン(日本円で約10万円)を超える景品を出す事例も現れた。主な事例は下記の通り[73][74]
ファン有志による視聴者投票へ抽選の景品(事例)
メンバー 主な景品 視聴者投票
最終順位
チャン・ウォニョン * iPad
* プレイステーション
* 商品券10万ウォン(日本円で約1万円)
1位(IZ*ONE選抜)
宮脇咲良 * 福岡往復航空券+福岡市内ホテル(当選者+同伴者1名)
* 商品券10万ウォン(日本円で約1万円)
* フライドチキン50羽
* ピザ10枚
* 映画観覧券10枚
2位(IZ*ONE選抜)
チェ・イェナ * 商品券5万ウォン(日本円で約5万円) 4位(IZ*ONE選抜)
矢吹奈子 * iPad
* プレイステーション
* ニンテンドースイッチ
* 商品券10万ウォン
6位(IZ*ONE選抜)
クォン・ウンビ * Bluetoothスピーカー 7位(IZ*ONE選抜)
カン・ヘウォン * iPad
* AirPods
* 商品券10万ウォン(日本円で約1万円)
8位(IZ*ONE選抜)
本田仁美 * AirPods
* iPad
* 商品券7万ウォン(日本円で約7千円)
9位(IZ*ONE選抜)
キム・チェウォン * AirPods 10位(IZ*ONE選抜)
キム・ミンジュ * AirPods
* 商品券5万ウォン
11位(IZ*ONE選抜)
イ・チェヨン * 商品券5万ウォン(日本円で約5千円) 12位(IZ*ONE選抜)
ハン・チョウォン * 商品券5万ウォン 13位
イ・カウン * 高級掃除機 GMARKET(最安値 97万1,290ウォン相当)
* iPad
* AirPods
* 商品券10万ウォン
* フライドチキン100羽
14位
宮崎美穂 * 商品券250万ウォン(日本円で約25万円) 15位
高橋朱里 * AirPods
* プレイステーション
16位
竹内美宥 * MacBook
* サムスンUHDテレビ
17位
白間美瑠 * AirPods
* 商品券5万ウォン
* ハンバーガーセット
20位

番組関連のエピソード編集

※所属グループは2018年時点

日本側編集

  • AKB48の宮崎美穂は自身のラジオ番組『ON8+1』で、『PRODUCE 48』のレッスンは1日18時間にも及んだとし、「NEKKOYA (PICK ME)」の練習時は3日間睡眠を取らなかったと話した。AKB48の小嶋真子、SKE48の松井珠理奈らと「NEKKOYA (PICK ME)」を練習していた時にめったに泣かない松井が泣いていたことを明かした上で、「本当にキツイことをやっているんだ」と実感したという。また、日本と韓国のアイドルの違いについては「日本は基本ができなくてもみんなで楽しく踊る、それが個性と受け取ってもらえるが、韓国では基礎があって綺麗に見せる線引きがある」と語った[75]。番組収録中は携帯電話や財布も所持してはいけなかったため、唯一の楽しみが、番組のスポンサーであるサブウェイが1か月に1回のペースで差し入れするサンドイッチだったとのこと[76]
  • 番組内における課題曲のセンター・メインボーカル争いについては、AKB48の竹内美宥や下尾みうは共に「嫌だった」と回想しつつも、下尾はあえて「明るくセンターに立候補するように振る舞っていた」とし、竹内は「『ここは取りにいかないと、目立つ役職を』って闘争心はあった。バランスを考えると別の子がセンターという思いもあったが、余裕がなかった」と後の雑誌「EX大衆」の座談会で述べている。一方で、宮崎美穂は「歌で頑張りたい、自分はセンターに立つ人間ではなく周りを固める人間だ」という思いからあえて立候補はしなかったと明かした[77]
  • 竹内美宥はグループバトルの「The Truth Untold」の時を振り返り、自信がない状態だったが、ボーカルトレーナーのイ・ホンギソユに褒められたり、リハーサルで番組スタッフから大きな拍手が起こったことがすごく嬉しかったと語った。また、グループバトルの選曲時には、同曲か自身がiPhoneに入れるほど好きだった「널 너무 모르고 (Don't know you)」にするか迷っていたことも明かした。コンセプト評価の「다시 만나(また会おう)」では当初ラップ担当を希望していたが、結局サブボーカルになったとのこと[78]
  • AKB48の高橋朱里(現Rocket Punch)は、番組への参加の打診に対し「絶対に出ます」と即答し、オーディションではIUの「Dear Name」を韓国語で歌ったと語った。「NEKKOYA (PICK ME)」の再評価ではスケジュールの都合で他の練習生より早く収録した再評価映像は「ボロボロの出来」だったとのこと。その後、新潟県でのコンサートのために宮崎・小嶋・中西智代梨と共に日本に一時帰国したが[79]、プロデューサーから「韓国にいる子たちと同じ時間に撮ること」「絶対撮り直さない」という条件つきで新潟で再評価映像を撮ることを許された。高橋が語るところでは「長くても韓国にい続けたのは1週間くらい。握手会に帰ってきて、また4日間行って、またこっちでイベントや歌番組があって、また韓国に行った。」とその過密スケジュールを語った[80]。番組のコンセプト評価で自身が歌った「I AM」の評価が伸び悩んだことについては、「コンセプトがハッキリしていなかった」と自己分析した。IZ*ONEチェ・イェナとはよく連絡を取り合う仲とのこと[81]
  • NMB48の村瀬紗英はグループバトルで「マンマミーア!」を披露した際に、日韓のファンから絶賛されたウインクや下唇を噛む仕草などのカメラアピールについて「最後の表情がすごく大事というのを聞いてたので、『自分だけの何かをやろう!』と思ってずっと考えていました」と振り返った。また、1番の思い出として、コンセプト評価の課題曲がアルバム「PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts」になり、自身の声が入った楽曲「Rumor」がリリースできたことを挙げた[82]
  • NGT48の山田野絵はラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』で、A-Fクラス分け評価の収録当時について触れ、山田らNGT48メンバーが日本人で最初にクラス評価を受ける順番だったが、特に緊張することはなく、同じNGT48メンバーである長谷川玲奈と「日本に帰ったら韓国料理を食べようね」と話していたと振り返った。クラス再評価について、スケジュールの都合(コンサート出演)で山田は再評価自体受けることができず、自動的にFクラスに下げられたと明かした[83][84]
  • HKT48の村川緋杏は2018年8月7日の自身のSHOWROOMで、『PRODUCE 48』を「AKB48の韓国支店をつくる企画」だと勘違いしていたと語った。AKB48グループメンバーの『PRODUCE 48』への参加は立候補制で、番組出演前に日本で1次審査・2次審査があり落選したメンバーもいたこと、現地スタッフは韓国人で日本人はメンバーのみであったことを明かした。その上で「辞退する手もあったけど、辞退したくなかった。自分が出来るところまで頑張ろうと思っていた。でも想像の3000倍きつかった。」と振り返り、韓国の練習生たちは本当に優しく笑顔で、ダンスを教えてくれたとのこと[85]
  • HKT48の宮脇咲良(現IZ*ONE)は2018年9月5日放送のラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』の中で、レッスンが夕方5時・6時から翌々日の朝10時までということが普通にあり、ダンストレーナーのペ・ユンジョンが「めちゃくちゃ怖かった」と語り、最終回で「夢を見ている間」を歌唱していた時に会場に自身の母親と祖母を見つけ泣いたことを明かした[86][87]
  • 2018年12月2日放送の『ホンギの本音BAR』(AbemaTV)にゲスト出演したAKB48の高橋朱里、宮崎美穂、NMB48の村瀬紗英は、ボーカルトレーナーを務めたイ・ホンギが指導する際に、例えとして「目の前にアイスクリームを落とされた気分だよ、悲しい」「牛丼を頼んだのに白米しかない」という表現をしていたと明かした。また、番組で学んだこととして「鼻声などの発声の違いが分かるようになり、他の人が鼻声を使っているのが判別できるようになった」ことを挙げた[88]

韓国側編集

  • ボーカルトレーナーを務めたソユは、自身のアルバム「RE:FRESH」発売記念インタビューの中で、トレーナーのオファーを受けた時は悩んだとしながら、「わたしが持っているノウハウを伝えられるかもしれないと、(自分の時は)サバイバルではなかったが、わたしも事務所内の競争を経てデビューしたから、練習生たちの気持ちが分かる。わたしの経験で聞いて良かったと思うアドバイスを伝え、後悔しないようにしてあげたかった。」と語った[89]
  • ボーカルトレーナーを務めたイ・ホンギは、自身の2ndソロアルバム「Cheers」発売記念インタビューの中で、日韓の練習生たちの成長について、「やっぱり最初は韓国の子たちの方が実力は高かったけれど、日本の子たちはそういうレッスンを受けたことがなくて、“色が付いていない真っ白な状態”だったんです。しっかりレッスンを受けて色を付け始めたら、成長の速度は絶対的に速い。人によって違いはあるけれど、本当に速かったですよ。」と語った[90]
  • 練習生として参加したイ・カウンAFTERSCHOOL)、ホ・ユンジンは番組終了後の2018年9月6日に所属事務所PledisのインターネットライブV LIVEに生出演し、番組を振り返った。印象に残ったステージとして、カウンはデビュー評価の「好きになっちゃうだろう?」、ユンジンはグループ評価の「ハイテンション」をそれぞれ挙げている。また、番組中に仲が良かった日本人について、カウンはNMB48の白間美瑠、AKB48の高橋朱里らの名を挙げ、ユンジンはAKB48の竹内美宥、後藤萌咲、千葉恵里らの名を挙げた。生放送中に竹内がリアルタイムで視聴していることを知ると、ユンジンが「美宥、愛してるよ、会いたい。いつも愛しています」と竹内に向けてメッセージを送った[91]。また、プライベートでカウンが大阪を訪問した際に白間と会うなど、番組終了後も交流は続いている[92]
  • ユン・へソル(現AQUA)は、『PRODUCE 48』の中で一番記憶に残ったステージとしてポジション評価バトルの「メリクリ」を選び、「歌だけで自身の魅力を見せなければならないというプレッシャーも大きくて、すごく緊張していたので記憶に残っています」と語った。また、「番組を通してIZ*ONEでデビューしたカン・ヘウォンをはじめ、シン・スヒョンお姉さんなどたくさんの友だちに会うことができました。今もヘウォンとメッセンジャーでお互いを応援しています」と親交を表した[93]

参加メンバーのその後編集

日本側編集

  • 2018年11月28日に発売されたAKB48の54thシングル「NO WAY MAN」において、IZ*ONEに選ばれた宮脇咲良・矢吹奈子・本田仁美、番組の最終選考に残った宮崎美穂・高橋朱里・竹内美宥・下尾みう・白間美瑠が表題曲「NO WAY MAN」選抜メンバーに選ばれた。また、同曲のカップリング(Type A)には『PRODUCE 48』の最終順位21位~57位にランクインしたAKB48グループメンバー(村瀬紗英・後藤萌咲・千葉恵里・小嶋真子・中西智代梨・武藤十夢・佐藤美波・岩立沙穂・山田野絵・浅井七海・村川緋杏・荒巻美咲・本村碧唯)が「PRODUCE 48選抜」として「わかりやすくてごめん」の選抜メンバーに選ばれた[94]。最終順位59位~92位にランクインしたAKB48グループメンバーも、同曲のカップリング(劇場盤CD)に収録されている「耳を塞げ!」の選抜メンバーとして選ばれている。
  • 高橋朱里(最終順位16位)は、AKB48からの卒業および韓国の芸能事務所Woollimエンターテインメントへ移籍の上で韓国デビューすることを2019年3月4日に発表し、同年5月6日にAKB48としての全活動を終了[95][96]。移籍先のWoollimから、2019年8月7日にガールズグループ「Rocket Punch」のメンバーとしてデビューした[97]
  • 竹内美宥(最終順位17位)は、AKB48からの卒業を2018年9月4日に発表した後[98](2019年5月6日に全活動終了[99])、韓国の芸能事務所MYSTIC Entertainment(現MYSTIC STORY[100])と専属契約を結んだことを2019年3月8日に発表[101]、2019年10月16日にユン・ジョンシンの音楽プロジェクト「月刊ユン・ジョンシン」10月号で韓国デビュー曲「私のタイプ」を配信することが発表された[102]
  • 千葉恵里(最終順位33位)は、2019年5月からMnetで放送されたバラエティ番組『留学少女』に出演した。世界各国から集まったK-POPを愛する10人の少女たち「留学少女(UHSN)」として2019年7月4日に「Popsicle」をリリースした。

韓国側編集

  • イ・カウン(最終順位14位)は、2019年7月に契約満了によりPledisエンターテインメントを退社しAFTERSCHOOLを脱退、同時にPledisへの恩を込めたソロ曲「기억할게キオッハルケ」をリリース。同年7月16日に、Highエンターテインメントと専属契約を結んだ[103]
  • パク・ヘユン(最終順位19位)は、所属事務所のFNCエンターテインメントから、2019年1月21日にガールズグループ「Cherry Bullet」のメンバーとしてデビューした[104][105][106]
  • キム・ドア(最終順位23位)は、所属事務所のFENTから、2018年11月26日に「FANATICS」の最初のユニット「FLAVOR」のメンバーとしてデビューした[107][108]
  • チャン・ギュリ(最終順位25位)は番組参加以前から所属していたグループ「fromis_9」に復帰し、2018年10月10日発売の1stシングル「From.9」でカムバックした[109]
  • キム・シヒョン(最終順位27位)とワン・イーレン(最終順位28位)は、所属事務所のYUE HUA Entertainmentから、2019年3月18日にガールズグループ「EVERGLOW」のメンバーとしてデビューした[110][111]
  • ユン・ヘソル(最終順位35位)は、2018年11月18日にJLAB COSMETICのブランドNUMYNKの専属モデルに抜擢。その他にも、韓国初のeスポーツプロジェクトグループ「AQUA」のメインボーカルとして活動[112]
  • キム・ソヒ(最終順位43位)とキム・スユン(最終順位47位)は、所属事務所のWoollimエンターテインメントから、高橋朱里を含むガールズグループ「Rocket Punch」のメンバーとして2019年8月7日にデビューした[97]
  • キム・ミンソ(最終順位44位)とワン・クー(最終順位56位)は、NHN Bugs!から、新ガールズグループのメンバーとして2019年上半期にデビュー予定であることが同年1月30日に発表された[113]

公式グッズ編集

韓国のソウル市にあるMnet本社が入居しているCJ E&Mセンターの公式グッズ店[114]か、Gmarket(ジーマーケット)などで購入可能[115]

  • ベーシックTシャツ・ベスト - 2018年6月14日放送の韓国の音楽番組『M COUNTDOWN』(Mnet)で練習生が着用したものと同じデザイン[116][117]
  • 1次評価Tシャツ・ベスト(A~Fランク評価時) - Tシャツが25,000ウォン、ベストが35,000ウォン。
    • ピンク  - Aランクの練習生が着用[118][119]
    • オレンジ - Bランクの練習生が着用[120]
    • イエロー - Cランクの練習生が着用[121]
    • グリーン - Dランクの練習生が着用[122]
    • グレー  - Fランクの練習生が着用[123]
  • ワッペン - 「PICK ME」の文字のデザインと王冠のデザインの2種類ある。
  • 王冠バッジ
  • 王冠クッション - 「国民プロデューサーの庭園」のプレゼントの一つになっていた[124]
  • Produce48応援棒(ペンライト)[125]

関連企画編集

  • 国民プロデューサーの庭園(국프의정원) - 番組公式サイトで視聴者が応援ボタンを押すごとに、その応援状況に合わせて5段階に分けて練習生にプレゼントが贈られる[126]。この企画に関しては日本からの参加も可能であり、参加するにはFacebook経由の登録が必要である。視聴者からの応援により、レベルが達成されるごとに練習生からのお礼の動画が公式サイトに掲載される。
    • 練習生へのプレゼント内容
      • 1段階:CALOBYEウォーターゼリー - CALOBYE(カロバイ)は韓国のダイエットサプリメントメーカーで、番組の公式スポンサー[127]
      • 2段階:MYCT王冠セット(『PRODUCE 48』公式グッズ) - 公式王冠クッションはGmarket(ジーマーケット)などで日本円にして約1,800円前後で購入可能[128]
      • 3段階:memebox(コスメ) - MEMEBOX(ミミボックス)は韓国で若い女性を中心に人気のオンラインコスメメーカー [129]
      • 4段階:mobiFrenのイヤホーン - Wanna Oneが広告モデル(2018年時点)。
      • 5段階:おやつ差し入れカー(ケータリングカー) - 練習生の中で唯一5段階を達成したHKT48 宮脇咲良の顔写真入りのラベルのドリンクなどが、2018年8月31日生放送時の番組来場者に振る舞われた[130]

国民プロデューサーの庭園での結果は以下の通り[131]

国民プロデューサーの庭園の応援結果
段階 国別 メンバー(赤文字はIZ*ONE選抜、青文字はファイナル選考進出者
5段階
おやつ差し入れカー
  日本 宮脇咲良
  韓国 (なし)
4段階
mobiFrenのイヤホン
  日本 矢吹奈子竹内美宥本田仁美下尾みう白間美瑠、後藤萌咲、宮崎美穂高橋朱里
  韓国 アン・ユジンチャン・ウォニョンイ・カウンクォン・ウンビチェ・イェナチョ・ユリ
3段階
memebox(コスメ)
  日本 村瀬紗英、千葉絵里
  韓国 カン・ヘウォン、チャン・ギュリ、キム・チェウォンイ・チェヨンキム・ミンジュ、キム・ナヨン、ワン・イーレン、ホ・ユンジン、キム・ドア、キム・シヒョン、ハン・チョウォンパク・ヘユン、ナ・ゴウン、イ・シアン
2段階
MYCT王冠セット
  日本 小嶋真子、松井珠理奈、村川緋杏、中西智代梨、浅井七海、武藤十夢、山田野絵、岩立沙穂、佐藤美波、荒巻美咲
  韓国 コ・ユジン、ペ・ウニョン、イ・ユジョン
1段階
CALOBYEウォーターゼリー
  日本 本村碧唯、中野郁海、小田えりな、松岡菜摘、茂木忍、長谷川玲奈、
  韓国 イ・ハウン、キム・スユン、ソン・ウンチェ、キム・チョヨン、キム・ソヒ、ユン・ヘソル、キム・ミンソ、パク・ミンジ、パク・ソヨン、ワン・クー、キム・ヒョナ、カン・ダミン、シン・スヒョン、ユン・ウンビン、チョ・ガヒョン、ユ・ミニョン

関連項目編集

  • IZ*ONE - 当番組によって結成された日韓グローバルガールズグループ。
  • PRODUCE 101 - 当番組の前身番組。
  • PRODUCE X 101 - 当番組の直接の後身番組(PRODUCE 101シリーズのシーズン4に当たる)。
  • NEKKOYA (PICK ME) - 当番組のテーマ曲[132]宮脇咲良がセンターを務める。日本語バージョンもあり、2018年5月10日にiTunesなどで配信開始。
  • PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts - 当番組のコンセプト評価で使用されたオリジナル課題曲を収録したミニアルバム。
  • PRODUCE 48 - FINAL - 当番組のデビュー評価で使用されたオリジナル課題曲を収録したミニアルバム。

注釈編集

  1. ^ 父親が韓国人、母親が日本人のハーフで、練習時のゼッケンには韓国名キム・ダヘのハングル表記と平仮名で「しまづ ここあ」という日本名が記載されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “「PRODUCE48」最終回へ 日韓同時生放送”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年8月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1786493 2018年9月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “「PRODUCE48」“丸わかりガイド”<システム・今後のスケジュール・出演メンバー等>”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年6月15日). https://mdpr.jp/k-enta/detail/1773204 2019年9月2日閲覧。 
  3. ^ “「PRODUCE48」注目の韓国メンバーは?美貌にネット騒然…“チェック必須”の練習生5人<プロフィール>”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年5月15日). https://mdpr.jp/k-enta/detail/1766523 2019年9月2日閲覧。 
  4. ^ “TWICEが楽曲賞「MAMA in Japan」でAKB48×I.O.I、SEVENTEEN×NU'EST Wも”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2017年11月30日). https://natalie.mu/music/news/258916 2019年9月2日閲覧。 
  5. ^ 「PRODUCE 48」の輪郭が明らかに…「AKB48」現メンバー含め立候補制で参加者が決定wowkorea 2017年12月11日
  6. ^ [현장 '프로듀스 48' 안준영 PD, "꿈·성장 집중, 한일전만으로 보지 않았으면"]ソウル経済 2018-06-11
  7. ^ “AKB高橋朱里ら日韓ユニット結成へ韓国番組参加”. 日刊スポーツ. (2018年6月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806110000650.html 2019年9月2日閲覧。 
  8. ^ 「1回1万円」練習生に出演料の支払いを約束…「PRODUCE48」の型破りな待遇が話題OSEN 20184月17
  9. ^ 韓国英語村パジュ英語プログラムブログ2018年8月7日
  10. ^ 「PRODUCE 48」の輪郭が明らかに…「AKB48」現メンバー含め立候補制で参加者が決定 WoW!Korea 2017年12月11日
  11. ^ 「PRODUCE 48」、4月11日より撮影スタート=練習生らは1週間合宿 WoW!Korea 2018年4月4日
  12. ^ 「PRODUCE 48」、新シグナルソングの収録終了…「Wanna One」デビュー曲手掛けた作曲チームの作品 WoW!Korea 2018年4月19日
  13. ^ 歌手兼俳優イ・スンギ、Mnet「PRODUCE 48」MCに確定 WoW!Korea 2018年4月18日
  14. ^ 「PRODUCE 48」、22日にMnet「エムカウントダウン」を初撮影 ”96人で初”お披露目ステージ WoW!Korea 2018年4月20日
  15. ^ 「PRODUCE 48」、ドローン撮影中に参加者2人がケガ…Mnet側が謝罪 WoW!Korea 2018年5月8日
  16. ^ 「PRODUCE 48」出演の日韓練習生、「エムカウントダウン」放送前にファンと交流 WoW!Korea 2018年5月10日
  17. ^ Mnet「PRODUCE 48」側、番組は「日韓戦ではない」と説明 WoW!Korea 2018年6月11日
  18. ^ AKBグループ参加で話題のMnet「PRODUCE 48」、「BSスカパー!」で同時放送へ WoW!Korea 2018年6月8日
  19. ^ Mnet「PRODUCE 48」コンセプト評価マッチング投票
  20. ^ 公式HP告知2018年8月4日。2018年8月9日閲覧。
  21. ^ 異例のラスト放送!「PRODUCE48」最終回8/31は夜8時に時間変更…10代出演者を考慮 2018年5月16日
  22. ^ PRODUCE48 - 30Girls 6 Concepts - EPApple Music Preview 2018年8月18日
  23. ^ “「PRODUCE48」日韓30人の練習生、8/23に「M COUNTDOWN」に出演決定…6曲を披露”. Kstyle (LINE). (2018年8月21日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2099367 2018年12月13日閲覧。 
  24. ^ 「PRODUCE48」1位~20位生存メンバー、AKB48握手会にサプライズ登場でファン熱狂 モデルプレス 2018年8月27日
  25. ^ 「PRODUCE 48」Mnet Japanアンコール放送が決定! 10月12日(金)23:30 より待望のオリジナル字幕版を放送へkpopmonster 2018年9月3日
  26. ^ PRODUCE 48”. AbemaTV「韓流・華流チャンネル」公式サイト (2018年11月22日). 2018年12月5日閲覧。
  27. ^ 「PRODUCE 48」側、ボラ(元SISTAR)をイ・スンギの代打でスペシャルMCに抜てきWoW!Korea 2018年7月24日
  28. ^ “「PRODUCE48」日本人練習生4人が出演を辞退?…Mnetがコメント”. kstyle. (2018年5月31日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2094147 2018年7月28日閲覧。 
  29. ^ “松井珠理奈「PRODUCE48」降板が決定…活動休止発表に韓国ファンも衝撃”. kstyle. (2018年7月8日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2096541 2018年7月28日閲覧。 
  30. ^ クォン・ウンビ、ガールズ・グループ”イェア(Ye-A)”で2014年にデビューの過去 2018年7月15日。2014年にKaZoo (カジュ)名義でメンバーの一人として一度デビューしたが、1年後にグループ自体自然消滅した。
  31. ^ Wanna One、JBJ、RAINZ…“プデュ勢”が注目集める理由は? 『PRODUCE 101』生んだ新潮流 2018年3月16日
  32. ^ 「PRODUCE 48」、チョン・ソミ&チョンハが特別MCで登場…ダンスバトルで松井珠理奈が涙? WoWKorea2018年7月13日
  33. ^ 「PRODUCE 48」公式動画エピソード5 スペシャル授業 2018年7月13日
  34. ^ 「PRODUCE 48」公式動画エピソード5 スペシャル授業 2018年7月13日
  35. ^ 韓国情報サイトmanimani 有吉りさ独占インタビュー2018年1月14日
  36. ^ 「PRODUCE 48」、ボラ(元SISTAR)がヒーリングメンターとして登場WoWKorea2018年8月24日
  37. ^ PRODUCE 48公式動画ep.82018年8月3日
  38. ^ PRODUCE 48公式動画ep.82018年8月3日。なお、特撮ヒーローの仮面ライダーとは全くの無関係である。
  39. ^ PRODUCE 48公式動画ep.82018年8月3日
  40. ^ PRODUCE 48公式動画ep.82018年8月3日
  41. ^ PRODUCE 48公式動画ep.82018年8月3日
  42. ^ 「PRODUCE 48」に投票できるのは韓国の視聴者のみであることが判明! その理由とは・・?2018年6月12日
  43. ^ PRODUCE 48公式Instagram2018年7月27日
  44. ^ PRODUCE 48公式Instagram2018年8月17日
  45. ^ Gマーケットファイナル投票の案内(2018年8月28日時点のアーカイブ
  46. ^ PRODUCE 48公式動画ep.92018年8月6日
  47. ^ ※同率で55位。
  48. ^ AKB48が「PRODUCE48」に参加したい理由とは?…指原莉乃も言及“韓国ではすごい番組” OSEN 2017年12月13日
  49. ^ 指原莉乃ツイッター(345_chan) 2018年6月29日
  50. ^ 指原莉乃ツイッター(345_chan) 2018年5月10日
  51. ^ “「PRODUCE48」日韓で話題席巻 無名から世界的人気へ…千葉恵里・本田仁美など“見つかった”48メンバー9人”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年7月5日). https://mdpr.jp/news/1777131 2019年9月2日閲覧。 
  52. ^ 珠理奈・宮脇の韓国での評価は?日韓プロジェクト『PRODUCE48』に注目2018年6月25日
  53. ^ 『PRODUCE48』公式動画「ダンシング・ヒーロー荻野目洋子」竹内美宥、後藤萌咲、岩立沙穂2018年6月15日
  54. ^ 吉田朱里、永尾まりや、ゆうこす…YouTuberになるAKB48現役&卒業生たち<特徴と傾向>モデルプレス2017年3月21日
  55. ^ 竹内美宥YouTube公式チャンネル2018年10月7日閲覧
  56. ^ “「PRODUCE48」村瀬紗英の“破壊的美貌”に日韓が騒然「こんな逸材がいたとは…」”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年7月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1778180 2019年9月2日閲覧。 
  57. ^ . モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年7月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1781958 「PRODUCE48」AKB48下尾みう、韓国で異例の注目度 妖艶ダンス動画の再生数が話題に 2019年9月2日閲覧。 
  58. ^ IZ*ONE カン・ヘウォン、日本にいるAKB48 佐藤美波に言及…ビルボード・コリアのインタビューが話題(動画あり)”. Kstyle (2018年11月26日). 2018年12月3日閲覧。
  59. ^ 2018年8月17日放送『PRODUCE 48』(MnetBSスカパー!)エピソード10より
  60. ^ “「PRODUCE48」韓国メイクで印象が変わったAKB48グループメンバー5人”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2018年7月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1766887 2019年9月2日閲覧。 
  61. ^ ざわちん公式Twitter 2018年5月11日
  62. ^ 韓国コスメがお役立ち! 人気アイドルが教える崩れないメイク【Vol.2 NMB48村瀬紗英】 VOGUEGIEL 2018年9月12日
  63. ^ AKBスタッフ公式Twitter 2018年7月7日
  64. ^ AKBスタッフ公式Twitter 2018年8月30日
  65. ^ 谷口めぐ公式Twitter 2018年7月14日
  66. ^ 「PRODUCE 48」、7週連続で話題性1位! 宮脇咲良(HKT48)&下尾みう(AKB48)が話題の中心にWoWKorea 2018年8月1日
  67. ^ 「PRODUCE 48」、4週連続コンテンツ影響力+話題性で1位獲得!WoWKorea 2018年7月24日
  68. ^ [fn★인터뷰② 여자친구 “‘프듀48’ 커버 무대 1등, 대견하고 기분 좋았죠” (韓国語インタビュー)] 2018年7月19日
  69. ^ あのTWICEも絶賛! 「PRODUCE 48」出演中の千葉恵里がダンスも歌も苦手なのに、なぜか大人気 2018年7月5日、2018年8月7日閲覧。
  70. ^ TWICE「Dance Tha Night Away 」 2018年7月1日配信 29:30頃
  71. ^ AGARUTV(アガるTV)「Premium Korea 韓流Lab」2018年9月8日
  72. ^ AKB48劇場支配人細井孝宏公式Twitter 2018年8月4日
  73. ^ 「Mac Book、TV差し上げます」プロデュース48 加熱するファン心 度を越えた金権選挙に変質」 (朝鮮語) スポーツ朝鮮 2018年8月29日。2018年10月9日閲覧。
  74. ^ [이슈IS '프로듀스48' 끝까지 불공정한 경쟁으로 남을까 (朝鮮語)] 2018年8月29日。2018年10月9日閲覧。
  75. ^ 『ON8+1』2018年9月5日より
  76. ^ #7 Premium Korea 韓流Lab #072018年9月8日
  77. ^ 「EX大衆」11月号P22「AKB48日本と韓国とアイドルと」2018年10月15日
  78. ^ 宮崎美穂SHOWROOM「みゃおの部屋」2018年11月29日
  79. ^ 宮崎美穂SHOWROOM「みゃおの部屋」2019年2月8日
  80. ^ 『PRODUCE 48』最終回でデビューを逃した高橋朱里がいま思うこと現代ビジネス 2019年1月21日
  81. ^ 高橋朱里が『PRODUCE 48』で痛感した「日本と韓国の違い」現代ビジネス 2019年1月22日
  82. ^ “破壊的美貌”村瀬紗英「情けなさで泣いた」PRODUCE48を語る 山本彩卒業後のNMB48にかける決意<モデルプレスインタビュー>モデルプレス 2018年11月17日
  83. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2018年9月5日より
  84. ^ 宮脇咲良 宮崎美穂ら、ANNで「PRODUCE 48」を語り尽くすdwango.jp news 2018年9月4日
  85. ^ 村川緋杏、”プデュ48″を語る ‐「想像の3000倍きつかった」「最初、AKBの韓国支店の企画だと思った」デバクニュース 2018年8月9日
  86. ^ 宮脇咲良が韓国での“地獄のレッスン”告白「2日間寝ず」しかも「すごく怒られた」東スポWEB 2018年9月3日
  87. ^ [Produce48 IZOneの宮脇咲良、”夢を見ている間”で泣いた理由を明かす] デバクニュース 2018年9月9日
  88. ^ AbemaTV「ホンギの本音BAR」2018年12月2日(2018年12月8日時点のアーカイブス)
  89. ^ 歌手ソユ、「PRODUCE 48」の講師について「自身も事務所内の競争を経たから練習生の気持ちが分かる」 Wow!Korea 2018年10月2日
  90. ^ “イ・ホンギ、IZ*ONE宮脇咲良らへの思い「PRODUCE 48」トレーナー陣の秘話も<「Cheers」モデルプレスインタビュー>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月5日). https://mdpr.jp/k-enta/detail/1808646 2018年12月14日閲覧。 
  91. ^ Pledis「キリンズのVLIVE」 Pledisvlive2018年9月6日
  92. ^ 白間美瑠instagram2018年9月18日
  93. ^ “「PRODUCE48」出身ユン・ヘソル“IZ*ONEメンバーとお互いを応援している””. Kstyle. (2019年1月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2107186 2019年1月5日閲覧。 
  94. ^ 「わかりやすくてごめん」Short ver.〈PRODUCE 48選抜〉/ AKB48 2018年11月2日
  95. ^ “AKB48高橋朱里、グループ卒業発表 韓国デビューへ<コメント全文>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年3月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1825522 2019年3月5日閲覧。 
  96. ^ “타카하시 쥬리, 울림과 전속계약 체결..걸그룹 재데뷔(공식입장)” (朝鮮語). Newsen. (2019年3月5日). https://www.newsen.com/news_view.php?uid=201903051116170710&code=100200 2019年3月5日閲覧。 
  97. ^ a b “Rocket Punchがついにデビュー!元AKB48 高橋朱里が韓国で再始動「新たな挑戦」”. Kstyle. (2019年8月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2123238 2019年8月7日閲覧。 
  98. ^ “AKB48竹内美宥、卒業を発表 「PRODUCE48」終え世界中からエール”. モデルプレス. (2018年9月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1790506 2018年9月4日閲覧。 
  99. ^ 竹内美宥の2018年10月5日のツイート2018年12月20日閲覧。
  100. ^ “MYSTICエンターテインメントが「MYSTIC STORY」に社名変更を発表…コンテンツ創作中心企業へ”. Kstyle. (2019年3月25日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113773 2019年3月25日閲覧。 
  101. ^ “【公式】MYSTICエンタ、竹内美宥(AKB48)との専属契約を発表「トレーニングからサポートしていく」”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2019年3月8日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0308/10230812.html 2019年3月8日閲覧。 
  102. ^ 元AKB48 竹内美宥、韓国で本格始動!「月刊ユン・ジョンシン」の主人公に抜擢…10月16日に「私のタイプ」をリリース MYDAILY 2019年10月11日
  103. ^ “イ・カウン、Highエンターテインメントと専属契約を締結…チョ・ヨジョンらと同じ所属に”. Kstyle (LINE). (2019年7月16日). http://news.kstyle.com/m/article_amp.ksn?articleNo=2121621&articleNo=2121621&__twitter_impression=true 2019年7月16日閲覧。 
  104. ^ FNC、「AOA」以来6年ぶりに新人ガールズグループをローンチ=来年デビューへWoW!Korea 2018年11月22日。
  105. ^ “FNC初の日本人メンバーも…Cherry Bullet、遂に本日(1/21)デビュー!「目標は新人賞&ビルボートランクイン」”. Kstyle (LINE). (2019年1月21日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2109590 2019年3月4日閲覧。 
  106. ^ Cherry Bullet公式Twitter2018年11月22日。
  107. ^ 「PRODUCE 48」出演のキム・ドア、ユニット「Flavor」で11月にデビュー決定WoW!Korea 2018年11月5日閲覧。
  108. ^ “「PRODUCE 48」出身のキム・ドアが所属するユニットFlavor…26日にデビュー!”. もっと!コリア (O2CNI). http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=78735 2019年3月4日閲覧。 
  109. ^ 「PRODUCE 48」出演のチャン・ギュリ合流「fromis_9」、10日に完全体でカムバックWoW!Korea 2018年10月10日閲覧。
  110. ^ “「PRODUCE 48」出演のシヒョン&イーレン、ガールズグループ「EVERGLOW」としてデビューへ!”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2019年2月18日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0218/10229561.html 2019年2月18日閲覧。 
  111. ^ “「EVERGLOW」、3月18日にデビュー確定=プロモーションスケジュールポスターを公開”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2019年3月7日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0307/10230731.html 2019年3月7日閲覧。 
  112. ^ 「PRODUCE48」出身ユン・ヘソル、コスメブランドのモデルに抜擢!“夢かと思った”Kstyle 2018年11月21日
  113. ^ “「PRODUCE48」出演キム・ミンソ&ワン・クオ、今年上半期にガールズグループでデビューへ”. Kstyle (LINE). (2019年1月30日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2110251&categoryCode=PU 2019年1月30日閲覧。 
  114. ^ PRODUCE 48公式動画ep.02018年6月15日
  115. ^ Gmarket(ジーマーケット)PRODUCE48の公式グッズ 特設ページ2018年8月11日閲覧。
  116. ^ MYCT Produce48 Basic T-shirt2018年10月7日閲覧。
  117. ^ MYCT Produce48 Jersey Vest2018年10月7日閲覧。
  118. ^ MYCT Produce48 Basic Short Sleeve T-Shirt Pink 2018年10月7日閲覧。
  119. ^ MYCT Produce48 1St Evaluation Jersey Vest Pink 2018年10月7日閲覧。
  120. ^ MYCT Produce48 First Evaluation T-shirt Orange2018年10月7日閲覧。
  121. ^ MYCT Produce48 MYCT Produce48 First Evaluation T-shirt Yellow 2018年10月7日閲覧。
  122. ^ MYCT Produce48 First Evaluation T-shirt Green2018年10月7日閲覧。
  123. ^ MYCT Produce48 First Evaluation T-shirt Gray2018年10月7日閲覧。
  124. ^ MYCT Produce48 Crown Cushion Gmarket2018年10月7日閲覧。
  125. ^ MYCT Produce48 Support rods 応援棒 Gmarket2018年10月7日閲覧。
  126. ^ 国民プロデューサーの庭園 公式ホームページ 2018年8月3日閲覧。
  127. ^ CALOBYEJAPAN 公式Twitter2018年7月7日
  128. ^ Gmarket(ジーマーケット)PRODUCE48公式王冠クッション 2018年8月3日閲覧。
  129. ^ MEMEBOX(ミミボックス)公式ページ2018年8月11日閲覧。
  130. ^ PRODUCE48公式インタグラム2018年8月31日。
  131. ^ 国プの庭園の応援状況2018年9月28日閲覧
  132. ^ PRODUCE48 [최초공개] 프로듀스48_내꺼야(PICK ME) Performance 180615 EP.0Mnet Officialチャンネル, YouTube

外部リンク編集