Wallet

デジタルマネーを管理するアプリケーション
Passbookから転送)

Apple Wallet(通称:Wallet、旧名称:Passbook)とは、クーポン搭乗券学生証、イベント入場券、映画入場券公共交通機関乗車券小売カード、そしてiOS 8.1からはApple Payを介してクレジットカードデビットカードプリペイドカードポイントカードを利用するためのiOS対応モバイルアプリケーションである[1][2]

Wallet
Wallet App icon iOS 12.png
開発元 アップル
対応OS iOSwatchOS
サポート状況 サポート中
種別 モバイルアプリケーション
公式サイト developer.apple.com/wallet/
テンプレートを表示

概要編集

 
Walletに追加

アップルが開発し、2012年6月11日開催の2012 Worldwide Developers Conferenceで発表され[3]、同年9月19日にiOS 6と同時にリリースされた。iOS 9Apple PayとPassbookが統合したWallet Appに移行し、Passbookは廃止された。Walletは、Appleが開発したクレジットカードApple Cardアプリケーションでもある。

Walletが利用できる場合「Walletに追加」が表示している場合もある。

沿革編集

Passbookは2012年6月11日に発表された[4]2015年6月WWDCで名称変更が発表され、同年9月16日iOS 9がリリースされるまでの3年3ヶ月5日の間、Passbookという名称が使われていた[5][6]

機能編集

Walletには、Aztec英語版PDF417QRコードが表示される。iOS 9からはCODE128も表示されるようになった[7]。各デジタルクーポンまたはチケットは「パス」でまとめて表示される[8]。ユーザーが初めてWalletを起動すると、簡単な紹介画面が表示され、ユーザーはWalletでApp StoreでWallet対応Appを表示できる。パスは、Safari経由でオンラインで配布したり、電子メールでユーザーに送信したり、Walletの内蔵スキャナーでスキャンしたりすることも可能。

パスはiCloudを使ってiOS端末間で同期され、OS X 10.8.2以降ではiOS端末に送信するオープニングパスにも対応している。iOS 6以降に対応しているが、iPhoneiPod touchでのみ利用可能で、iPadでは利用できない[9]

Walletには以下のような特徴がある。

  • アズテック、PDF417QRタイプの2次元バーコードを表示する。
  • iOS 9以降は、CODE128タイプの1次元バーコードを表示する。
  • 位置によって自動的に起動される。各パスには最大10カ所追加することができる。GPS座標(経度、緯度、高度)および/またはiBeacon UUIDとして位置をプログラムする。
  • パスの時刻によって自動的に起動する。
  • パスのローカリゼーション。パスごとに最大35カ国語をWalletに保存することができる[10]
  • パスの変更は、パス発行元がApple Push Notification Serviceを通してプッシュすることも、ユーザー自身が手動で更新することもできる。

サードパーティの開発者の中には、Pass2U WalletやPassWallet for AndroidBlackBerryなど、他のオペレーティングシステム向けに同様のアプリを作成しているところもあり、Walletパスのインポートと表示に対応している。Windows Phone 8.1では、Appleのパス形式も対応している[11]。また、パスの発行元によっては、ウェブブラウザから閲覧することも対応している。

エコシステム編集

パスはパッケージとして作成されるため、より大きなエコシステムに存在している。パッケージはパスのテンプレートで、関連データと秘密鍵とともにパスの署名者と一緒に作成される。PassKit API を使用していつでも更新することができ、iOSアプリはWalletに保存されたパスと直接やりとりすることができる[12]

2014年後半には、iBeacon無線ジオフェンスを利用した既知の最初の実装が、アメリカ合衆国小売店で登場し始めた。iBeaconにより小売店は、Bluetooth範囲内のスマートフォンのロック画面に通知を出すことができる[13]

2015年、Walletに保存しているポイントカードをNFC経由でPOS端末に提示する機能を取り入れた[14]

Apple Pay編集

アメリカ合衆国では、iOS 9リリース時から利用できたが、日本でのサービス開始はiOS 10.1以降である。乗車カードモバイルSuicaも利用可能になった。JR東日本からSuicaを管理、チャージできるAppがリリースされているが、Wallet内でチャージすることもできる。2020年10月6日からモバイルPASMOApple Payに対応した[15]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Wallet” (英語). Apple Developer. 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ Use Wallet on your iPhone or iPod touch - Apple Support”. Apple Support. Apple Inc. (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ Trew, James (2012年6月11日). “Apple unveils iOS 6 at WWDC, launch apps with Siri, Facebook integration, Maps”. Engadget. AOL. 2012年9月22日閲覧。
  4. ^ Trew, James (2012年6月11日). “Apple unveils iOS 6 at WWDC, launch apps with Siri, Facebook integration, Maps”. Engadget. AOL. 2012年9月22日閲覧。
  5. ^ Brandom, Russell (2015年9月9日). “iOS 9 will be released on September 16th”. The Verge. Vox Media. 2016年11月10日閲覧。
  6. ^ Apple replaces Passbook with Wallet as Apple Pay expands to U.K.” (英語). Macworld (2015年6月8日). 2020年8月4日閲覧。
  7. ^ What's new with Passbook/Wallet - PassSource - Create passes for Apple Wallet (formerly Passbook) and manage your own custom iOS passes for Pass Kit for your business for free for iPhone and Apple Watch using PassSource”. www.passsource.com. 2020年8月4日閲覧。
  8. ^ “Apple Passbook and its potential impact on the travel industry”. Phocuswire. (2012年6月19日). https://www.phocuswire.com/Apple-Passbook-and-its-potential-impact-on-the-travel-industry 
  9. ^ iOS What's New: Passbook”. Apple Inc.. 2012年9月26日閲覧。
  10. ^ PassLocales”. 2014年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月4日閲覧。
  11. ^ Apple's Passbook passes are being used by Windows Phone 8.1 and Microsoft Wallet”. iMore (2014年4月14日). 2020年8月4日閲覧。
  12. ^ Apple Developer Documentation”. developer.apple.com. 2020年8月4日閲覧。
  13. ^ “Beacon marketers have new ways around app download requirement - Marketing Land” (英語). Marketing Land. (2016年4月19日). https://marketingland.com/beacon-market-matures-marketers-drop-173651 2018年4月16日閲覧。 
  14. ^ Caldwell, Serenity. “How to use rewards cards with Apple Pay and the Wallet app” (英語). iMore. https://www.imore.com/how-use-rewards-cards-apple-pay-and-wallet-app 2018年4月16日閲覧。 
  15. ^ PASMOがApple Payに対応 iPhoneで支払いや定期券購入” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月6日閲覧。