メインメニューを開く

Phantasmagoria(ファンタスマゴリア)は、日本ヴィジュアル系ロックバンドKISAKIを中心に結成。所属事務所はKISAKIが主宰するUNDER CODE PRODUCTION。バンド名は幻影、走馬灯の意。略称は「」、「マゴマゴ」、「ファンタス」など。

Phantasmagoria
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
メタルコア[1]
プログレッシブ・メタル[1]
活動期間 2004年 - 2010年
レーベル UNDER CODE PRODUCTION
事務所 UNDER CODE PRODUCTION
メンバー ボーカル
JUNギター
伊織ギター
KISAKIベース
(ドラムス)
旧メンバー 熾苑(ドラムス)

メンバー編集

旧メンバー編集

  • 熾苑(シオン、Drums) - 失踪。

概要編集

  • 戮は「先導者」、KISAKIは「神」と呼ばれている。
  • 2006年夏に行われたKISAKI プロデュースのレーベルツアー日本制圧TOURFINALの横浜BLITZにて、2007年2月11日~14日に行われるライブイベント「深絆」をもって、Phantasmagoria、ヴィドール12012が所属事務所UNDER CODE PRODUCTIONを卒業することを発表。
  • 当時Phantasmagoriaのメジャーデビューの話が持ち上がっていたが、伊織と纏の脱退が決定し、このメンバーでデビューしなければ意味がないと言うKISAKIの判断により、メジャーデビュー寸前で白紙にした。そして2007年2月に行われるワンマンライブ「at the end of the rest period…」(2007年2月18日なんばHatch/2月22日名古屋E.L.L/2月23日SHIBUYA-AX)ワンマン公演をもって、活動を休止することを発表した。
  • なお、メジャーデビューの際にデビュー曲として発表する予定だった「神歌」は、同年の7月18日にPhantasmagoriaのラストシングルとして発売され、オリコンインディーズチャート1位を記録。
  • KISAKIの引退によって伊織、纏が2007年8月(Phantasmagoria封印)まで復帰する事が決まった。
  • 2007年8月31日、大阪国際交流センターにてラストワンマンライブを開催。チケットは即日完売。約3年の活動に幕を下ろした。
  • 2008年5月3日、味の素スタジアムにて行われた、hide十周忌追悼ライブ『hide memorial summit』に出演。
  • 2008年8月31日、SHIBUYA-AXにおいて「forbidden-INSANITY of the UNDER WORLD」と銘打った復活ライブを行う。チケットは即日完売。司会にVersailles のボーカルで、KISAKIと親交のKAMIJO、元MASKのギターでLoop Ashの社長でもある未散を起用した。
  • 2009年12月31日に突如期間限定活動を発表。
  • 2010年4月5日、 大阪BIG CATにて「Diamond Dust in Truth~新たな約束~」を開催、解散。

略歴編集

2004年
  • 11月1日、KISAKIを中心に結成。
  • 12月7日、Y2K ROPPONGIにて初ライブを行う。この日を皮切りにイベント東名阪集中TOUR ♯1「with Moonlight Revival」を開催。
  • 12月21日、音楽誌SHOXXに付録特典として初音源「Material pain」をリリース。
  • 12月22日、1st MAXI-SINGLE「Moonlight Revival」リリース。オリコンインディーズチャート1位。
  • 12月26日、東京BAY NK HALLにて開催されたFOOL'S MATE主催フェス「Beauti-fool's Fest 04」に出演。
2005年
  • 1月7日、渋谷O-WESTにてKISAKI BAND活動10周年イベント「REMAIN OF THE 1OTH YEARS HISTORY PART.1」を開催。
  • 2月1日、熾苑が脱退する。
  • 2月19日、KISAKI&桜井青cali≠gari)プロデュース ビジュアル活性化イベント「四次元友好条約」を開催。ライブ会場限定オムニバスCDに「神歌」で参加。
  • 4月6日、1st DVD CLIPS「幻影像1〜after the Moonlight Revival〜」をリリース。
  • 6月1日、2nd MAXI-SINGLE「NEVER REBELLION」をリリース。
  • 6月4日、ESAKA MUSEを皮切りにPhantasmagoria&Rentrer en Soiカップリング全国TOUR「混血-PR ASSOCIATION-」を開催。
  • 7月1日、FOOL'S MATE誌上限定盤MAXI-SINGLE「NEVER REBELLION-FOOL'S MATE edition-」をリリース。
  • 7月14日、渋谷O-WESTにてPhantasmagoria&Rentrer en Soiカップリング全国TOUR「混血-PR ASSOCIATION-」TOUR FINALを開催。
  • 7月21日、KISAKIプロデュースによるLAREINE 10周年記念トリビュートアルバム「アナモルフォシス」発売。
  • 8月11日、SHIBUYA-AXを皮切りにEVENT TOUR ♯2「SIN SCREEN FILM」を開催。
  • 10月19日、3rd MAXI-SINGLE-「未完成とギルト」をリリース。
  • 10月21日、CD発売記念アメリカ公演「SURVIVOR'S GUILT」をアメリカHouston,Texas Park Plaza Hotel Reliant Center(2DAYSワンマン)を開催。
  • 10月22日、CD発売記念アメリカ公演「SURVIVOR'S GUILT」をアメリカHouston,Texas Park Plaza Hotel Reliant Center(2DAYSワンマン)を開催。
  • 12月14日、3rd DVD CLIPS-「幻影像3〜for degradation crowd〜」をリリース。
  • 12月27日、OSAKA MUSEにてD'espairsRayとのツーマン公演「Degrade to Maniac」を開催。チケットは完売。
  • 12月31日、カウントダウンをHOLIDAY OSAKA〜大トリをHOLIDAY NAGOYAにて務める。
2006年
  • 3月22日、SHIBUYA-AXにて日本国内初ワンマン公演「Territory of Divine」を開催。
  • 7月1日、YES FMのラジオ番組『Neo I.D.』のDJを戮が毎週金曜日に担当。
  • 7月16日、「Glitter」がアニメ『MUSASHI -GUN道-』の第2期オープニングに用いられる。
  • 12月22日、約4600万円を脱税したとして、KISAKIが大阪国税局所得税法違反の疑いで和歌山地検に告発され有罪判決。
2007年
  • 8月27日、和歌山県民文化会館にてKISAKI&Phantasmagoria LAST STAGE「CRYSTAL FINALE」を行う。
  • 8月28日、代々木公園野外ステージにてLimited 60 minutes guerrilla missa 「TOKYO REQUIEM」と銘打ちフリーライブを行う。4000人動員。ライブ終了後KISAKIはニッポン放送『ミューコミ』に生出演。
  • 8月31日、大阪国際交流センターにてKISAKI&Phantasmagoria LAST STAGE「ECLIPSE of MYTH」を行う。
2008年
  • 5月3日、味の素スタジアムで開催された「hide memorial summit」にてPhantasmagoria奇跡の限定復活公演を果たす。
  • 8月2日、大阪アメリカ村三角公園にて「GUERRILLA LIVE」を決行。
  • 8月20日、復活記念写真集付メモリアルベスト盤『Dejavu~Sanctuary of Revival~』発売。(2枚組仕様-14曲入+SPECIAL DVD-/完全限定盤)
  • 8月30日、大阪城野外音楽堂にて開催された「SHOCK WAVE in 大阪城野音」にてメインアクトを務める。
  • 8月31日、SHIBUYA-AXにてPhantasmagoria復活&解散ライブ「forbidden -INSANITY of the UNDERWORLD-」を開催。
  • 11月20日、LIVE DVD『forbidden -INSANITY of the UNDERWORLD-』発売。(200分以上収録/初回限定5000枚)
  • 12月24日、HISTORY DVD『HISTORY OF Phantasmagoria 2004~2008』発売。(DVD4枚組/完全限定盤)
2009年
2010年
  • 3月19日、東京JCB HALLにて、「目黒鹿鳴館30th Anniversary 鹿鳴館伝説~LEGEND OF ROCK MAY KAN~」に出演。(共演:MUCC/MERRY/Versailles)
  • 4月5日、大阪BIG CATにて、「Diamond Dust in Truth~新たな約束~」を開催。解散。

ディスコグラフィ編集

マキシシングル編集

No. 発売日 タイトル 曲名 備考
1st 2004年12月22日 Moonlight Revival
2nd 2005年6月1日 NEVER REBELLION
2005年7月1日 NEVER REBELLION -FOOL'S MATE edition-
3rd 2005年10月19日 未完成とギルト
4th 2006年1月25日 神創曲 ~Variant Jihad~
5th 2006年2月22日 狂想曲 ~Cruel Crucible~
6th 2006年3月22日 幻想曲 ~Eternal Silence~
7th 2006年12月13日 under the veil
8th 2007年2月14日 Vain
9th 2007年7月18日 神歌
10th 2007年8月31日 Vanish... (豪華盤) ライブ会場限定販売
Vanish... (通常盤)
11th 2010年3月10日 Diamond Dust
12th 2010年4月5日 actuality (TYPE-A) ライブ会場限定販売
actuality (TYPE-B)

ミニアルバム編集

No. 発売日 タイトル 曲名
1st 2006年9月20日 Synthesis Songs
2nd 2006年12月20日 signs of fragment
3rd subjective or ideal
4th 2010年3月10日 Seeds of Brain

ベストアルバム編集

No. 発売日 タイトル 曲名 備考
1st 2005年10月21日 Splendor of Sanctuary アメリカ限定発売

ライブ会場限定販売

2nd 2007年9月5日 REQUIEM~FUNERAL EDITION~
3rd REQUIEM~FLORAL EDITION~
4th 2007年10月31日 No Imagination
5th 2008年8月20日 Dejavu~Sanctuary of Revival~ 豪華写真集特殊使用
6th 2011年10月20日 Wailing Wall 2004~2010

シングル編集

発売日 タイトル 曲名 備考
2004年12月21日 Material pain Material pain SHOXX』 2005年2月号の付録CD

トリビュート・アルバム編集

発売日 タイトル 曲名 備考
2007年10月17日 Tribute to Phantasmagoria UNDER CODE PRODUCTIONに所属するバンドによるトリビュートアルバム
2008年8月20日 Past New Phase 『Tribute to Phantasmagoria』 DELUXE EDITION

chariotsを追加し再発

DVD編集

発売日 タイトル 曲名 備考
2005年4月6日 幻影像1 after the~moonlight Revival~ 1st DVD CLIPS
2005年8月10日 幻影像2~SIN SCREEN FILM~ 2nd DVD CLIPS
2005年12月14日 幻影像3 ~for degradation crowd~ 3rd DVD CLIPS
2006年6月21日 SURVIVOR'S GUILT 1st LIVE DVD
2006年7月26日 TERRITORY OF DIVINE 2nd LIVE DVD
2006年9月27日 Japanesque Rock Collectionz Cure DVD Vol.01 SPECIAL DVD
2006年10月18日 幻影像4~chronology revelation~ 4th DVD CLIPS
2006年11月15日 creatures in imagination 3rd LIVE DVD
2007年2月21日 Black-Veil Before Christmas 4th LIVE DVD
2007年2月28日 幻影像5~under the veil~ 5th DVD CLIPS
2007年4月25日 at the end of the rest period... 5th LIVE DVD
2007年4月29日 幻影美人館・特別夜 6th LIVE DVD
2007年9月5日 REINCARNATION~幻影像完全盤~ Best DVD CLIPS
2007年10月31日 CRYSTAL FINALE 7th LIVE DVD
ECLIPSE OF MYTH 8th LIVE DVD
2008年12月24日 forbidden -INSANITY of the UNDERWORLD- 9th LIVE DVD
HISTORY OF Phantasmagoria 2004~2008 HISTORY DVD BOX
2010年6月23日 Diamond Dust in Truth 10th LIVE DVD

脚注編集

  1. ^ a b c Phantasmagoria reviews, music, news - sputnikmusic・2015年2月27日閲覧。
  2. ^ 「シュミレーション」は原文ママ

外部リンク編集

メンバーの公式サイト