メインメニューを開く

概要編集

PlayStationが発売となった翌年の1995年に第1回が開催。ゴールドディスクのシステムを元に、前年下半期~今年の累計出荷本数に応じて年末に表彰が行わる。

賞は50万本突破で「ゴールドプライズ」、100万本達成で「プラチナプライズ」、200万本達成で「ダブルプラチナプライズ」、300万本達成で「トリプルプラチナプライズ」、400万本達成で「クアッドプラチナプライズ」となる。なお、表彰基準は累計出荷本数なので、ゴールドプライズを受賞した後も出荷本数を伸ばしてプラチナプライズを受賞した例も存在する(『バイオハザード』、『THE 麻雀』など)。また、廉価版は同一のソフトでも別タイトルとして集計するため、『モンスターハンターポータブル 2nd G』のように通常版とBEST版が両方受賞した例もある。

第18回の2012年はPlayStation陣営のハードに100万本以上出荷されたタイトルが一本も無かったため、第1回以来17年ぶりにプラチナプライズが存在しない事態となった[1]。第19回(2013年)では、SCEジャパンがSCEアジアと再編されSCEジャパンアジアとなったのを受け、これまでの「日本国内の出荷本数」から「アジア地域の出荷本数」へと基準が変更となった[2]。この年は『グランド・セフト・オートV』がプラチナプライズを受賞したが、日本国内での売り上げは100万本未満のため、基準が変わらなければこの年もプラチナプライズは存在しなかったことになる。なお、日本以外の企業が開発したゲームがプラチナプライズを獲得したのはこれが初めてである[3]。2014年、2016年は、新基準でもプラチナプライズに相当するソフトは存在しなかったため、3度目・4度目のプラチナプライズ無しとなった[4][5]

2009年からはPlayStation Storeで発売されているダウンロード専用タイトルのうち、ダウンロード数上位5作品に「PlayStation Store特別賞」、2010年からは一般ユーザーからのネット投票の上位10作品に「ユーザーズチョイス賞」が与えられている。また、新ハード発売の翌年にはそのハードで出荷数上位だがゴールドプライズ未満だったソフトに「特別賞」が出る。2014年はPlayStationの誕生20周年記念賞として、過去19回でゴールドプライズ・プラチナプライズを受賞した212タイトルからのネット投票が行われ、ベスト5が「20周年記念ユーザーズチョイス賞」に選出された[4]

プラチナプライズ歴代受賞作編集

クアドルプルプラチナプライズ獲得タイトル編集

2018年現在3作

2001年
2011年
2018年

トリプルプラチナプライズ獲得タイトル編集

2012年現在3作

1997年
1999年
2005年

ダブルプラチナプライズ獲得タイトル編集

2017年現在8作

1998年
2001年
2002年
2003年
2006年
2008年
2017年

プラチナプライズ獲得タイトル編集

2018年現在51作

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2009年
2010年
2013年
2015年
2017年
2018年
2019年

20周年記念ユーザーズチョイス賞(2014年)編集

出典編集

外部リンク編集