Popteen

日本の10代女性向けファッション雑誌

Popteen』(ポップティーン)は、角川春樹事務所から発行されているティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌。月刊誌。1980年昭和55年)10月1日創刊(1980年11月号)。

Popteen
(ポップティーン)
愛称・略称 POP
PT(旧略称)[1]
ジャンル ファッション雑誌
読者対象 10代女性
刊行頻度 月刊(毎月1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 富士見書房飛鳥新社角川春樹事務所
発行人 角川春樹
編集長 和田知佐子 → 馬場麻子(旧姓:新野) → 矢部信子 → 南澤朝子 → 森茂穂 → 塚谷恵
雑誌名コード 18085
刊行期間 1980年昭和55年)10月1日(1980年11月号) - 現在
姉妹誌 PopSisterBLENDA
ウェブサイト http://www.galspop.jp/
テンプレートを表示

創刊時は富士見書房から発行されていた。その後、同誌の編集を手がけていた飛鳥新社が2億円で買い取り、さらに1994年平成6年)になって6億円で角川春樹事務所へ譲渡。

概要編集

Popteenは発行会社の変遷や編集長の方針により紙面構成やターゲット層が大きく異なっており、令和時代となった現在ではSeventeenと並ぶティーンズファッション雑誌となっている。競合雑誌と比較してYouTubeAbemaTVなどの動画配信に積極的であり、在籍モデルの中にはYouTuberとして活躍する者も多い。

平成初期においては、『パステルティーン』や『エルティーン』等と並ぶティーンエイジャーの過激なセックスの体験談やテクニック等の情報、またいじめ問題の人生相談等メインコンテンツとした雑誌であった。

平成中期から後期においては、女子高生ブームの人気の訪れとともに、猥褻バイオレンス要素を払拭したギャル向けファッション雑誌であった。

1996年平成8年)頃から多数の芸能人を表紙に起用しており、表紙に登場した事のある人物は神田うのSPEED吉川ひなの梅宮アンナ安室奈美恵浜崎あゆみブリトニー・スピアーズAvril Lavigne中島美嘉小池栄子上戸彩松浦亜弥hitomi市原隼人BoA大塚愛倖田來未リア・ディゾンゴリエ若槻千夏西野カナEXO-CBX[2]、など。その中でも浜崎あゆみは表紙に19回登場し、舟山久美子と並びカバークイーンとなっている。EXO-CBXは海外男性グループ初の単独表紙を飾った[2]

1997年平成9年)6月号では、当時女子高生の間でブームとなっていたハローキティの特集を組み、35万部を完売した[3]

2008年平成20年)2月号では、当時の在籍モデルであった益若つばさ梅田直樹の結婚式の模様を紹介し、過去最大の売上(41万部突破)を記録した[4]

2009年平成21年)3月号で舟山久美子が初めて表紙を飾り、2010年平成22年)7月号まで17ヶ月連続表紙の記録を作った(8月号で西野カナが表紙に登場し記録ストップ)[5]。通算表紙起用回数は37回。2014年平成26年)10月号で卒業。

活動モデル編集

専属モデル編集

名前 ニックネーム 生年月日 専属初掲載 備考
浪花ほのか ほのばび (2001-05-10) 2001年5月10日(19歳) 2017年10月号
生見愛瑠 めるる (2002-03-06) 2002年3月6日(18歳) 2016年1月号[6]
莉子 リコリコ (2002-12-04) 2002年12月4日(17歳) 2018年11月号[7]
ちぃたん☆ ちぃたん 0歳 2018年10月号
平野夢来 ゆぴぴ (2005-02-03) 2005年2月3日(15歳) 2018年11月号[8]
古田愛理 あいりる (2002-06-30) 2002年6月30日(18歳) 2018年1月号[9]
香音 のんのん (2001-04-20) 2001年4月20日(19歳) 2019年5月号
筒井結愛 ゆあてぃー (2004-01-18) 2004年1月18日(16歳) 2019年5月号
福山絢水 あやみん (2002-11-02) 2002年11月2日(17歳) 2019年10月号
ゆな ゆなたこ (2004-11-07) 2004年11月7日(15歳) 2019年10月号
湯上響花 きょうきょう (2001-04-12) 2001年4月12日(19歳) 2019年10月号
福富つき タルちゃん (2002-09-21) 2002年9月21日(18歳) 2020年4月号
権隨玲 れあぱぴ (2005-03-18) 2005年3月18日(15歳) 2020年4月号
長谷川美月 みちゅ (2002-09-16) 2002年9月16日(18歳) 2020年10月号
樽井みか みかん (2004-01-18) 2004年1月18日(16歳) 2020年10月号
小泉のん のんち (2005-09-27) 2005年9月27日(15歳) 2020年10月号
川端結愛 ゆめぽて (2004-04-14) 2004年4月14日(16歳) 2020年10月号

メンズモデル編集

  • 伊藤広基 ぴろきち
  • 黒田昊夢 ひろむん
  • 羽田慎之介 はだしん
  • 大岡泰三 たいぽん
  • 佐藤颯 はーくん
  • 西原竜平 りゅーくん
  • 伊地知頼統 らいつん
  • 大島海 うみくん

レギュラーモデル編集

2期生編集

4期生編集

  • 熊谷真里 まりくま
  • 福田一華 いちきゃん
  • キムシユン シユン

5期生編集

  • 黒江心温 こはるん
  • 菅井純愛 ありぽん

6期生編集

  • こあさひまり こあきゅん
  • 佐藤楓恋 れんれん

7期生編集

  • 矢野桜 さくてぃん
  • 山口るあ るあきゅう
  • 堀越琉音 るねちょ
  • 利藤陽菜 ひなぴ
  • 下山碧夢 あむあむ
  • 川西莉子 りこぱ
  • 岡本一花 いっちー
  • 久保瑚波 こにゃち
  • 林姫奈妙 ひなちゃる
  • 瓜生優菜 ゆなちゃ

トップティーンズ編集

  • 大伴侑愛 (ゆらぴん)
  • 北川満萌 (まほたん)
  • 高橋ルイ(るいちゃる)
  • 和田心優 (みーこ)
  • 中條凜 (りんちゅぴ)
  • まお(まお子)
  • 下岡梨妃果 (りひたん)
  • 木村諒優 (おりょう)
  • りり (りり)
  • あおい (あ〜ちゃん)
  • 加藤歩(ゆみる)
  • 杉山瑠菜 (るーたん)
  • 谷川夢奈(ゆなり)
  • 大森千萌(ちいもも)
  • 野村柚心(ゆらちぃ)
  • 竹内胡乃華(たけこの)
  • 大野瑞希(みー)
  • 飯田蓮(える)
  • 野添 葉音(はのはの)
  • 小野寺陽菜(ぴぃな)
  • 椚原礼良(れいれい)
  • 本間ラミス(ラミちゃん)
  • 伊藤愛依海(あいみん)
  • 今里あすか(あすちぃ)

歴代モデル編集

関係者編集

  • 哀川翔 - 飛鳥新社編集時代に、飛鳥新社に出入りしていたアルバイトのライターとして創刊に携わった。ただし、創刊当時の『ポップティーン』はティーンエイジャーの男子向け雑誌だった。
  • 松浦ゴリエ - (テレビ番組『ワンナイR&R』キャラクター)

オーディション編集

2006年平成18年)、2007年平成19年)、2008年平成20年)、2012年平成24年)、2014年平成26年)に行われたPopteenモデルオーディション。

脚注編集

  1. ^ popteen_jpのツイート(520145499479756800)
  2. ^ a b 早くも日本で大活躍!EXO-CBX、今度は人気ファッション誌「Popteen」の表紙を飾る”. kstyle.com (2017年5月20日). 2017年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月6日閲覧。
  3. ^ キャラクターブームがやってきた!! キティちゃんパワーが炸裂 キャラクターが大ブレイク、『日経エンタテインメント!』1997年10月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 益若つばさ4年ぶり、Milky Bunny名義でPopteen表紙登場 アーカイブ 2014年2月3日 - ウェイバックマシン、モデルプレス、2012.02.29 12:53。
  5. ^ 『舟山久美子、「Popteen」連続表紙記録ストップについてコメント』 アーカイブ 2014年8月3日 - ウェイバックマシン 2010年7月5日 モデルプレス
  6. ^ 編集長「中学生とは思えないオーラ」 生見愛瑠が満を持して『Popteen』専属デビュー!”. Otajo -オタ女- (2015年12月1日). 2020年8月3日閲覧。
  7. ^ 莉子(リコリコ)、唯一抜てき「Popteen」専属入りで大号泣 影の努力と苦労…目指すのは?”. モデルプレス (2018年10月17日). 2020年8月3日閲覧。
  8. ^ 最年少「Popteen」専属モデル平野夢来(ゆぴぴ)を直撃 “平成最後のシンデレラ白ギャル”の過去と素顔「学校に入れてもらえませんでした」”. モデルプレス (2018年11月3日). 2020年8月3日閲覧。
  9. ^ 古田愛理「Popteen」専属モデル復帰で決意 レギュラー降格は「悔しくて泣いた」”. モデルプレス (2019年6月4日). 2020年8月3日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集