メインページ 主要記事とカテゴリ 各種依頼 PJ:サッカー PJ‐ノート


Soccer.svg
ウィキポータル サッカーにようこそ

Portal:サッカーサッカー関係のポータルです。Category:サッカー、またウィキプロジェクト サッカーウィキプロジェクト サッカークラブウィキプロジェクト サッカー選手ウィキプロジェクト 女子サッカーもあわせてご利用下さい。このポータルは、手動で更新されるため、現在の状況と合わない場合があります。各項目の説明書は記事末尾にあります。

編集
 Icône 特集 - 国際大会
Finale Coupe de France 2010-2011 (Lille LOSC vs Paris SG PSG).jpg
UEFA EURO 2016は、15回目のUEFA欧州選手権であり、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。この大会から本大会の出場枠がこれまでの16か国から24か国に拡大される。優勝チームには、2017年にロシアで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップの出場権が与えられる。
編集
 Icône 特集 - アジア

中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、日本サッカー選手である。ポジションはミッドフィールダーJ1横浜F・マリノス所属。元日本代表イタリアレッジーナスコットランドセルティック等で活躍し、2006年2010年FIFAワールドカップに出場した。

2000年JリーグMVPを日本人選手として最年少の22歳で獲得、ほかにアジアカップ2004MVP、2006-07スコティッシュ・プレミアリーグMVPなどの受賞がある。…
編集
 Icône 特集 - 南米
James Rodriguez.jpg

ハメス・ロドリゲスJames David Rodríguez Rubio, 1991年7月12日 - )は、コロンビアククタ出身のサッカー選手プリメーラ・ディビシオンレアル・マドリードに所属し、コロンビア代表にも選出されている。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーウイングを務めることができる。若手選手の中で世界でもベストな選手の一人と評価されており、テクニックと視野の広さ、試合を組み立てる能力について賞賛され、同胞のカルロス・バルデラマの後継者と言及されることも多い。

2014 FIFAワールドカップではゴールデンブーツを獲得し、大会のベストイレブンに選出された。
編集
 Icône 特集 - ヨーロッパ
Lewes 0 BHA 0 18 July 2015-1173 (19874711811).jpg

クリス・ヒュートンChristopher William Gerard "Chris" Hughton, 1958年12月11日 - )は、イングランドニューハム区フォレスト・ゲート出身の元サッカー選手、元アイルランド代表。現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(サイドバック)。

左サイドバックとして、20歳の時にトッテナム・ホットスパーFCでプロキャリアを開始すると、キャリアの大半である1990年までの13年間を同クラブで過ごしたが、その後のウェストハム・ユナイテッドFCブレントフォードFCでは、それぞれ短期間の在籍に終わり、1993年に34歳で現役引退をした。アイルランド代表としては、1979年に初の黒人との混血の選手として初出場を飾って以来、53試合に出場しており、UEFA欧州選手権1988では全3試合に先発した。

1999年から2007年までを古巣トッテナムでコーチと助監督として研鑽を積んだ後、ニューカッスル・ユナイテッドFCで2度の監督代行を経て、チャンピオンシップ (2部) 降格後に正式に同クラブのトップチームの監督に就任する。チャンピオンシップでは、最優秀監督賞を受賞する程の手腕で優勝共にプレミアリーグ (1部) 復帰に導いたが、翌2009-10シーズンの12月に苦戦をしていたところでマイク・アシュリー会長によって解任された。その後、バーミンガム・シティFCで指揮を執り、4位でシーズンを終えると、2012年6月からノリッジ・シティFCの監督に就任し、解任される2014年4月まで指揮をした。
編集
 Icône 新着記事

完全新規の記事を探す - リダイレクトを解消して作成された記事を探す 提案:新規投稿は1000バイト以上を目安にしましょう。

投稿の際、要約欄に記事の概要を書くと、新着記事を見つけやすくなります。
新規記事作成後は索引にも追加してください。
過去の新着記事についてはこちらを御覧下さい。
インラインフレームを使用していますのでスクロールして見てください。

2020-10-27: ジョージ・マーシュ, マラチ・フェイガン=ウォルコット, ニコラ・ヴァレンテ, ジェレミー・ブロー, ステファノ・モレオ, フアン・マヌエル・グティエレス, シモーネ・ジュリアーノ, ルーカ・フィオルディリーノ

2020-10-26: ドラゴシュ・ペネスク, クリスティアン・オリベラ, ダリオ・ヂュミッチ

2020-10-25: キーパー ある兵士の奇跡, マウリシオ・ドゥアルテ, 小野忠史, ダニエル・ベントレー, アレクサンデル・イェレメイェフ, イヴァン・ミトレフ, アンゲル・リャスコフ, ストイチョ・アタナソフ, アレクサンダル・ジュルゲロフ, ルメン・ルメノフ, アナトリ・ゴスポディノフ, ヤイデン・オーステルヴォルデ, アフメド・アフメドフ, マルティン・スモレンスキ, キリル・ディンチェフ, ミレン・キカリン

2020-10-24: フェリックス・トーレス・カイセド, ルイス・ミゲル・ガルセス, ラウール・アルメイダ, ジャイメ・アルヴェス, ラスムス・クリステンセン, アヴド・スパヒッチ, ヒクメト・チフチ

2020-10-23: ダラ・オシェイ

2020-10-22: Jリーグ所属クラブと前身チームの通算成績, ポール・マクヴェイ, ホセ・アンヘル・ポソ, イケル・ポソ, ヤニス・ミハイリディス, コパ・エクアドル, アドハム・マハドメ

2020-10-21: 河野匠哉, ティモシー・エヨマ, ジョナタン・パンゾ, デルフィンSC, L・リーグカップ1996, L・リーグカップ1997, L・リーグカップ1998, L・リーグカップ1999

2020-10-20: サムエル・シャショウア, カルム・ブッチャー, ブレンデン・アーロンソン, AFCクラブコンペティションランキング

2020-10-19: ジョシュ・ダシルヴァ, ブライアン・ムベウモ, 1923年のサッカー日本代表, 1925年のサッカー日本代表, 1927年のサッカー日本代表, 1930年のサッカー日本代表, 1934年のサッカー日本代表, 1936年のサッカー日本代表, 1940年のサッカー日本代表, 1951年のサッカー日本代表, 1954年のサッカー日本代表, 1955年のサッカー日本代表, 1956年のサッカー日本代表, 1958年のサッカー日本代表, 1959年のサッカー日本代表, 1960年のサッカー日本代表, 1961年のサッカー日本代表, 1962年のサッカー日本代表, 1963年のサッカー日本代表, 1964年のサッカー日本代表, 1965年のサッカー日本代表, 1966年のサッカー日本代表, 1967年のサッカー日本代表, 1968年のサッカー日本代表, 1969年のサッカー日本代表, 1970年のサッカー日本代表, 1971年のサッカー日本代表, 1972年のサッカー日本代表, 1973年のサッカー日本代表, 1974年のサッカー日本代表, 1975年のサッカー日本代表, 1976年のサッカー日本代表, ラザロス・ランプルー, 1977年のサッカー日本代表, 1978年のサッカー日本代表, 1979年のサッカー日本代表, 1980年のサッカー日本代表, 1981年のサッカー日本代表, 1982年のサッカー日本代表, 1983年のサッカー日本代表, 1984年のサッカー日本代表, 1985年のサッカー日本代表, 1986年のサッカー日本代表, 1987年のサッカー日本代表, 1988年のサッカー日本代表, 1989年のサッカー日本代表, 1990年のサッカー日本代表, 1991年のサッカー日本代表, 1992年のサッカー日本代表, 1993年のサッカー日本代表, 1994年のサッカー日本代表, 1995年のサッカー日本代表, 1996年のサッカー日本代表, 1997年のサッカー日本代表, 1998年のサッカー日本代表, 1999年のサッカー日本代表, 2000年のサッカー日本代表, 2004年のサッカー日本代表, 2005年のサッカー日本代表, 2007年のサッカー日本代表, 2008年のサッカー日本代表, 2009年のサッカー日本代表

2020-10-18: スタニスラフ・ショポフ, リコ・ヘンリー

2020-10-17: マルロン・ロドリゲス・シャヴィエル, パウロ・ルーカス・サントス・ジ・パウラ, ミゲル・シルヴァ・レイジーニョ, ファビアーノ・レイスマン, ジェリエル・デ・サンティス, ヌーノ・ミゲル・ヴァレンテ・サントス, ジョー・ロドン, FKホジェンド, ヤン・ポール・ファン・ヘッケ, ウリセス・ジャネス, ヘンク・フェールマン, マーカス・エドワーズ, パヴェウ・ボフニェヴィチ

2020-10-16: ケイデン・クラーク, RSベルカンヌ, マルコス・マウロ, ヨニー・ヤンセン

2020-10-15: イドリッサ・ドゥンビア, 石川令

2020-10-14: 2020年のザスパクサツ群馬, ヨルゲン・ストランド・ラーセン, ディノ・ホティッチ, ヨハンナ・オモロ, シャフリ・ホドロFC

2020-10-13: ベンジャミン・ニグレン, イヴ・マリオット, ルカ・ザホヴィッチ

2020-10-12: アルカディウシュ・ラドムスキ, フェヘール・チャバ, ボビー・アデカニェ, ハイロ・イスキエルド

2020-10-11: 蓮川壮大, AFCチャンピオンズリーグ2020 決勝トーナメント, ペドロ・ゴンサウヴェス, イバン・アレホ

2020-10-10: ミハル・フリドリフ, カミル・ヴォイトコフスキ, ビルキル・ヴァルル・ヨーンソン, ダニーリョ・ドゥーヒ, エイドゥル・シグルビェルンソン, クリスティアーン・フローキ・フィンボガソン, ガストン・ヒメネス, 真瀬拓海, 高木友也, 角田涼太朗, 辻勇

2020-10-9: ミケル・ベスガ, ミッチェル・ファン・ローイェン

2020-10-8: オリー・ワトキンス, テデン・メンギ, マティ・キャッシュ

2020-10-7: オマル・アルデレーテ, 薩長ダービー

2020-10-6: アレクサンダル・シュシュニャル (1995年生のサッカー選手), マッカーサーFC, トマス・シュヴェドカウスカス, ヴィキンタス・スリヴカ, ナウエル・ブストス, ヨシップ・トマシェヴィッチ (1993年生のサッカー選手), ヨシップ・トマシェヴィッチ (1994年生のサッカー選手), ネヴェン・ジュラセク, マテイ・ヴク, ジョアン・リベイロ・オリヴェイラ, ダリオ・チャナジア, クリスティアン・カフリナ, マルコ・ブラト, マリアン・チャブラヤ, ダミアン・チェハノフスキ

2020-10-5: ペタル・ブルレク, マルコ・テシア, マルチン・コシュチャール, ダニエル・ピク, カロル・ニェムチツキ, ミッケル・ダムスゴー, マリオ・エンゲルス

2020-10-4: ダリオ・デル・ファブロ, ステファン・サヴィッチ (オーストリアのサッカー選手), 杭州オリンピック・スポーツ・エキスポセンター, ブランドン・オニール, ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ, ティボル・ハリロヴィッチ

2020-10-3: ベズヴァル・ベズヴァルソン, ヒェルトゥル・ロギ・ヴァルガルズソン, ヴィクトル・カール・エイナルソン, ダヴィド・クドワ, 濱口功聖, セラフィン・ショタ, ヤン・ソボチンスキ, バルトシュ・スリシュ, サンテリ・ホスティッカ, ナウエル・エステベス, パトリク・プレフカ, コジョ・フォ=ドー・ラバ, ライアン・クリスティー, テリー・アントニス, アンドレイ・カドレツ, マテウシュ・リス

2020-10-2: ミハ・グレゴリッチ, マクス・バリシッチ, マルティン・ノヴァコヴィッチ, ニェゴシュ・クプソヴィッチ, ケルヴィン・ボアテング, モル・エンディアイェ, イナシオ・カルネイロ・ドス・サントス, ギジェルモ・コトゥーニョ, ティモ・レツヘルト, ブルガリア・スーパーカップ, リッカルド・カラフィオーリ, ニコス・ダビザス, マテウシュ・シュヴォフ, ジョゼ・フランシスコ・ドス・サントス・ジュニオール, エミリアーノ・マルコンデス

2020-10-1: ダニー・バイス, UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 グループリーグ, 1981年のサッカー日本女子代表, 1984年のサッカー日本女子代表, 1986年のサッカー日本女子代表, 1987年のサッカー日本女子代表, 1988年のサッカー日本女子代表, 1989年のサッカー日本女子代表, 1990年のサッカー日本女子代表, 1991年のサッカー日本女子代表, 1993年のサッカー日本女子代表, 1994年のサッカー日本女子代表, 1995年のサッカー日本女子代表, 1996年のサッカー日本女子代表, 1997年のサッカー日本女子代表, 1998年のサッカー日本女子代表, 1999年のサッカー日本女子代表, 2000年のサッカー日本女子代表, 2001年のサッカー日本女子代表, 2002年のサッカー日本女子代表, 2003年のサッカー日本女子代表, 2004年のサッカー日本女子代表, 2005年のサッカー日本女子代表, 2006年のサッカー日本女子代表, 2007年のサッカー日本女子代表, 2008年のサッカー日本女子代表, 2009年のサッカー日本女子代表, 2010年のサッカー日本女子代表, 2011年のサッカー日本女子代表, 2012年のサッカー日本女子代表, 2013年のサッカー日本女子代表, 2014年のサッカー日本女子代表
編集
 Icône 最近大幅加筆された記事

前の版より2000バイト以上加筆された記事をみつけましたら、こちらにご紹介下さい。自己申告も歓迎致します。強化記事としてメインページに掲載された記事は太字で記載してあります。Wikipedia:最近大幅加筆された記事、および利用者:Asanagi-bot/最近の大幅加筆もご参照下さい。

2019-10: アフリカネイションズカップ2023, スリマ・ワンダラーズFC, ヒバーニアンズFC, U-17サッカー日本代表, 2020年東京オリンピックのサッカー競技・オセアニア予選

2019-9: 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選, レギア・ワルシャワ, タラサFC, UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 予選 (メイン・パート), 第34回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会, 第33回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会, ビジャレアルCFの選手一覧, クリスティアーノ・ロナウド, フランク・ランパード, UEFAヨーロッパリーグ 2019-20, 1994 FIFAワールドカップ, アーズFC, ルイス・アルベルト・スアレス, カディスCF, レスター・シティFC, UEFAランキング, AFCチャンピオンズリーグ2018 グループリーグ, 2019年のJリーグ, FKゼタ・ゴルボヴツィ, フロリアーナFC, 2018年のアルビレックス新潟

編集
 Icône サッカーニュース

詳細は2020年のサッカーを参照

  • 9月27日 - 2020年シーズンのJリーグ参加資格となるJ1・J2クラブライセンスの審査結果が発表。町田・鹿児島・琉球が施設基準の例外適用申請により新たにJ1ライセンスを取得。また水戸は前年に続いて条件付きJ1ライセンスを取得。
  • 9月28日 - AFC U-16女子選手権2019決勝がタイチョンブリーチョンブリー・スタジアムで行われ、日本北朝鮮に2 - 1で勝利し、3大会ぶり4回目の優勝。
  • 10月4日 - Jリーグは湘南ベルマーレの曺貴裁監督のパワーハラスメント行為を認定。曺監督をけん責(始末書をとり、将来を戒める)と公式試合5試合への出場資格停止(消化済)を発表。
  • 10月8日 - J1・湘南ベルマーレは曺貴裁監督の退任を発表。
  • 10月10日 - J1・湘南ベルマーレは新監督に浮嶋敏ベルマーレフットボールアカデミーダイレクターが就任することを発表。
編集
 Icône サッカーカレンダー

説明書

このポータルへの参加を歓迎します。ご要望、ご提案はノートへ。

  • 特集記事: 不定期更新。今のところ選出方法は決まっておらず、ある程度充実した項目を任意に紹介します。
  • ニュース: サッカーニュースを書きます。書き方はWikipedia:ニューススタイルメインページの「最近の出来事」欄を参考に。ニュース、訃報とも5件程度を目安にしてください。
  • サッカーカレンダー:サッカーに関する行事を書きます。
  • 新着記事: サッカー関連の新着記事があったときに更新します。自分で投稿した場合や見落としがあった場合はどうぞご自由に追加してください。ここに掲載するかどうかは、各一覧を見て載せるのが適切か否かを判断して下さい。