メインメニューを開く
メインページ 主要記事とカテゴリ 各種依頼 PJ:サッカー PJ‐ノート


Soccer.svg
ウィキポータル サッカーにようこそ

Portal:サッカーサッカー関係のポータルです。Category:サッカー、またウィキプロジェクト サッカーウィキプロジェクト サッカークラブウィキプロジェクト サッカー選手ウィキプロジェクト 女子サッカーもあわせてご利用下さい。このポータルは、手動で更新されるため、現在の状況と合わない場合があります。各項目の説明書は記事末尾にあります。

編集
 Icône 特集 - 国際大会
Finale Coupe de France 2010-2011 (Lille LOSC vs Paris SG PSG).jpg
UEFA EURO 2016は、15回目のUEFA欧州選手権であり、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。この大会から本大会の出場枠がこれまでの16か国から24か国に拡大される。優勝チームには、2017年にロシアで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップの出場権が与えられる。
編集
 Icône 特集 - アジア
Keisuke Honda CSKA.jpg
本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府出身のプロサッカー選手ロシアリーグCSKAモスクワ所属。ポジションは主にミッドフィールダーOHCHST)。摂津市出身。両親は、兄が小学5年、圭佑が2年の春、離婚。幼少時は鳥飼さつき園に通っていた。市立鳥飼北小学校2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めた。…
編集
 Icône 特集 - 南米
Lionel Messi at Bernabeu.jpg

リオネル・メッシ(Lionel Andrés Messi, 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手リーガ・エスパニョーラFCバルセロナ所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード

13歳でFCバルセロナに入団し17歳でトップチームデビューして以降、10度のリーガ・エスパニョーラ優勝、4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献。自身も2009年から2012年まで4年連続で世界最優秀選手賞FIFAバロンドールを受賞し、2009年はFIFA年間最優秀選手バロンドールが統合される前だが、メッシは両賞を受賞している。2008-09シーズンから2011-12シーズンまで4季連続のチャンピオンズリーグ得点王を獲得するなど、クリスティアーノ・ロナウドと共に2000年代後半から現在にかけて世界最高のサッカー選手とされている。
編集
 Icône 特集 - ヨーロッパ
Stoichkov in 2011.JPG

フリスト・ストイチコフ(Hristo Stoichkov、1966年2月8日-)はブルガリア出身のサッカー選手指導者。選手時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー

1990年代FCバルセロナの中心選手の一人としてリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献。ブルガリア代表としても1994年に行われたワールドカップ・アメリカ大会において6得点を挙げ得点王となり同国のベスト4進出(最終成績は4位)に貢献し、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞。現役引退後はブルガリア代表などで監督を務めた。…
編集
 Icône 新着記事

完全新規の記事を探す - リダイレクトを解消して作成された記事を探す 提案:新規投稿は1000バイト以上を目安にしましょう。

投稿の際、要約欄に記事の概要を書くと、新着記事を見つけやすくなります。
新規記事作成後は索引にも追加してください。
過去の新着記事についてはこちらを御覧下さい。
インラインフレームを使用していますのでスクロールして見てください。

2019-12-4: レアル・カシミールFC, エステバン・オム・リー, ASオリンピアコス・ヴォル1937

2019-12-3: パンジャーブFC, レオナルド・バカ, ノア・ラング, UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09 決勝, ミェンダーレンIF, ランハイム・フォトバル

2019-12-2: チェンナイ・シティFC

2019-12-1: 羽田健人, 第22回日本フットボールリーグ

2019-11-30: 田中聡 (サッカー選手), 第68回全日本大学サッカー選手権大会, 成岡輝瑠, ウリエル・アントゥナ, ガブリエウ・ヴェロン・フォンセカ・ジ・ソウザ

2019-11-29: 東北フットサルリーグ, 藤田善浩, 岩本三郎

2019-11-28: アイゾールFC

2019-11-27: エドウイン・ペルニア, ホルヘ・モレイラ, イサカ・ゼイン, 牧田有史, 柄谷典宏, 神谷凱士, 上田勲, 宮城天, 石浦大雅, 高安孝幸

2019-11-26: ユルドゥルム・メルト・チェティン, カルロス・イグナシオ・ラモス

2019-11-24: 鈴木海音, 2020年のJリーグカップ, 2020年のJ2リーグ

2019-11-23: 木村誠二, 山内翔, 松江シティFCの選手一覧

2019-11-22: ヴォロスNPS, ルーマー・アグベニュー, 荒木大輔 (サッカー選手), 森永卓, 山田幹也, 2019 FIFAビーチサッカーワールドカップ, 唐山翔自, リサンドロ・ペレス

2019-11-21: PASラミア1964, 塚原真也

2019-11-20: ジョゼフ・スカリー

2019-11-19: フェデ・ビコ

2019-11-18: イバン・パランコ・サンチアゴ, 名取武, アレランドロ・バラ・マンサ・ヘアリーノ・ジ・ソウザ, ターレス・マグノ・バセラール・マルチンス, チアゴ・ホドリゲス・ドス・ヘイス, マロニー・ダ・シウヴァ・リベラート, フェリピ・メギオラーロ・アウヴェス, ジュリオ・セザール・ジャコビ, ヴェウドン・サントス・ジ・アンドラージ, ヴァウシ・ダ・シウヴァ・コスタ・フィーリョ, パウロ・コスチーニャ, アレックス・マルティネス, 河野孝汰, 石ヶ森荘真

2019-11-17: マーク=アンソニー・ケイ, ミゲル・リナレス, アルベルト・プッチ・オルトネダ, アレハンドロ・グイド, ウォーカー・ジマーマン, ロドルフォ・セラヤ

2019-11-16: ロバート・エイトキン (サッカー選手), マーヴィン・アレン (サッカー指導者), ジョーダン・ハーヴェイ, モハメド・エル・モニル

2019-11-14: FKカイサル・クズロルダ

2019-11-13: 角昂志郎

2019-11-12: 野澤大志ブランドン, OFCチャンピオンズリーグ2017, エラコー・ゴールデンスターFC, 浮田健誠

2019-11-11: 佐々木雅士, 酒井潤, ハミルトン・ワンダラーズAFC, マランパ・リバイバース

2019-11-10: クリスティン・シンクレア, アリー・アーマー, クレイトン・アダムス, 矢村健

2019-11-9: ジェフ・カニンガム, ラファーエル・ヴィッキー

2019-11-7: ビルヘル・フェルストラーテ

2019-11-6: エル・ハッジ・バ

2019-11-4: 塩谷仁, ファビアン・レーゼ

2019-11-3: アバハニ・リミテッド・ダッカ, ローレンス・オルム, ロビン・ロド, ロマン・メタニール, ペア・カールション

2019-11-2: イケ・オパラ, オスヴァルド・アロンソ, 金有成, ケヴィン・モリノ

2019-11-1: ズラトコ・ダリッチ, FAカップ2019-2020, ジェームズ・ガーナー (サッカー選手), ダルウィン・キンテロ
編集
 Icône 最近大幅加筆された記事

前の版より2000バイト以上加筆された記事をみつけましたら、こちらにご紹介下さい。自己申告も歓迎致します。強化記事としてメインページに掲載された記事は太字で記載してあります。Wikipedia:最近大幅加筆された記事、および利用者:Asanagi-bot/最近の大幅加筆もご参照下さい。

2019-10: アフリカネイションズカップ2023, スリマ・ワンダラーズFC, ヒバーニアンズFC, U-17サッカー日本代表, 2020年東京オリンピックのサッカー競技・オセアニア予選

2019-9: 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選, レギア・ワルシャワ, タラサFC, UEFAヨーロッパリーグ 2019-20 予選 (メイン・パート), 第34回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会, 第33回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会, ビジャレアルCFの選手一覧, クリスティアーノ・ロナウド, フランク・ランパード, UEFAヨーロッパリーグ 2019-20, 1994 FIFAワールドカップ, アーズFC, ルイス・アルベルト・スアレス, カディスCF, レスター・シティFC, UEFAランキング, AFCチャンピオンズリーグ2018 グループリーグ, 2019年のJリーグ, FKゼタ・ゴルボヴツィ, フロリアーナFC, 2018年のアルビレックス新潟

編集
 Icône サッカーニュース

詳細は2019年のサッカーを参照

  • 9月27日 - 2020年シーズンのJリーグ参加資格となるJ1・J2クラブライセンスの審査結果が発表。町田・鹿児島・琉球が施設基準の例外適用申請により新たにJ1ライセンスを取得。また水戸は前年に続いて条件付きJ1ライセンスを取得。
  • 9月28日 - AFC U-16女子選手権2019決勝がタイチョンブリーチョンブリー・スタジアムで行われ、日本北朝鮮に2 - 1で勝利し、3大会ぶり4回目の優勝。
  • 10月4日 - Jリーグは湘南ベルマーレの曺貴裁監督のパワーハラスメント行為を認定。曺監督をけん責(始末書をとり、将来を戒める)と公式試合5試合への出場資格停止(消化済)を発表。
  • 10月8日 - J1・湘南ベルマーレは曺貴裁監督の退任を発表。
  • 10月10日 - J1・湘南ベルマーレは新監督に浮嶋敏ベルマーレフットボールアカデミーダイレクターが就任することを発表。
編集
 Icône サッカーカレンダー

説明書

このポータルへの参加を歓迎します。ご要望、ご提案はノートへ。

  • 特集記事: 不定期更新。今のところ選出方法は決まっておらず、ある程度充実した項目を任意に紹介します。
  • ニュース: サッカーニュースを書きます。書き方はWikipedia:ニューススタイルメインページの「最近の出来事」欄を参考に。ニュース、訃報とも5件程度を目安にしてください。
  • サッカーカレンダー:サッカーに関する行事を書きます。
  • 新着記事: サッカー関連の新着記事があったときに更新します。自分で投稿した場合や見落としがあった場合はどうぞご自由に追加してください。ここに掲載するかどうかは、各一覧を見て載せるのが適切か否かを判断して下さい。