PowerBook G4(パワーブックジーフォー)は、Appleが2001年から発売していたノート型Macintoshで、モトローラフリースケール・セミコンダクタ)のPowerPC 74xx シリーズ(PowerPC G4)を搭載した、PowerBook最後のシリーズ。後継機種として2006年にMacBook Proが発売され、販売終了となった。

PowerBook G4
PowerBook redjar.jpg
PowerBook G4 15インチモデル
開発元 Apple
種別 ノートパソコン
発売日 2005年10月19日
ウェブサイト サポート - PowerBook G4

特徴編集

PowerBook G4シリーズはCPUにPowerPC G4を採用したPowerBookである。2001年から2006年まで販売されたことから、前期(チタニウムPowerBook G4)と後期(アルミニウムPowerBook G4)では素材とデザインが異なり、また、チタニウム系列とアルミニウム系列がある。PowerPC G5を搭載した後継機の登場が期待されたが、結局発売されることなくインテルアーキテクチャに移行したことから、最後のPowerBookシリーズとなった。

PowerBookシリーズとしては初めて金属製の筐体を採用したシリーズである。初代の15インチモデルのチタニウム合金から、17インチと12インチモデルの発表以降順次アルミニウム合金へと変わったものの、一貫して金属筐体を採用した。PowerBookシリーズは伝統的に灰色〜黒の曲線的なプラスチック筐体を採用していたため、直線的な金属筐体はこれまでのイメージを一新することとなった。

全てのモデルがスロットローディングの光学ドライブを搭載している。

歴史編集

チタニウムPowerBook G4編集

筐体は、東陽理化学研究所によるチタン合金の外装[1]マグネシウム合金のフレームという構造である[2]

 
チタニウムモデル
  • 2001年
    • 1月9日 - 初代のPowerBook G4(Ti) 400MHz, 500MHzモデル (Mercury) が発表される[3]
    • 8月27日 - 価格改定で約40,000円の引き下げが発表される[4]
    • 10月15日 - PowerBook G4(Gigabit Ethernet)550MHz,667MHzモデル (Onyx) が発表される[5]
  • 2002年
    • 4月28日 - 解像度1,280×854ピクセルとなったPowerBook G4 (DVI) 667MHz, 800MHzモデル (Ivory)が発表される[6]
    • 11月5日 - PowerBook G4 867MHz, 1GHzモデル (Antimony) が発表される[7]Mac OS 9で起動出来る最後のPowerBookとなった。

アルミニウムPowerBook G4編集

 
アルミニウムモデル
  • 2003年
    • 1月7日 - PowerBook G4 (17"-1GHz, Hammerhead), PowerBook G4 (12.1" - 867MHz, Thresher)が発表される
      • MacBook Proへと続く平面的なデザインのアルミニウム製ボディを採用(略称「Al」)。以降のAl全モデルでBluetoothを内蔵し、Apple Wireless Mouse等の利用が可能。以降のPowerBookではMac OS 9はClassic環境としてのみ利用可能となる(単独起動不可)。17インチモデルには12インチモデルではオプションのAirMac Extremeを標準装備。Gigabit Ethernet、PCカードスロット、USB1.1x2、FW400およびFW800、そして世界初のバックライトキーボードを備える[8]。12インチモデルは当時Appleのポータブル製品をしては最小の2.09kgで登場。Ethernetは100BaseTXまでで、拡張性はPCカードスロットを持たず、USB1.1x2とFireWire 400を装備していた[9]。PowerBook 2400c以来のパワーユーザ向けの可搬性の高いモデルであったが、iBookとの機能的な違いはデュアルディスプレイおよびクラムシェルモード程度であった。
    • 9月16日 - PowerBook G4 (17"-1.33GHz), PowerBook G4 (15"-FireWire 800), PowerBook G4 (12.1"-DVI) が発表される
      • USBが全機種2.0に。このときから15インチモデルもAlとなり、上位機種のみバックライトキーボード装備。12インチモデルはビデオ出力がmini-DVIになる。
  • 2004年4月19日 - PowerBook G4 (17"-1.5GHz), PowerBook G4 (15"-1.33/1.5GHz), PowerBook G4 (12.1"-1.33GHz) が発表される
    • すべての機種にAirMac Extremeが標準装備となった。
  • 2005年
    • 1月31日 - PowerBook G4 (17"-1.67GHz), PowerBook G4 (15"-1.5/1.67GHz), PowerBook G4 (12.1"-1.5GHz) が発表される
      • ハードディスクに緊急モーションセンサーが搭載される。Bluetoothは2.0+EDRに。15インチモデルも全機種バックライトキーボードとなる。12インチモデルはこのモデルが最終モデルである。
    • 10月19日 - PowerBook G4 (17"-Double Layer Super Drive), PowerBook G4 (15"-Double Layer Super Drive) が発表される[10]
      • DDR2メモリ (PC2-4200) を採用し、CPUは省電力化を計った1.67GHzを採用。より明るく解像度の高い液晶ディスプレイ、1,680×1,050ピクセル(17インチモデル)、1,440×960ピクセル(15インチモデル)、ATI Mobility Radeon 9700, Dual Link DVI, Double Layer(2層記録)SuperDrive等を採用。12インチモデルはSuper Drive搭載モデルのみとなる(Double Layerではない)。

スペック一覧編集

Titanium モデル編集

コンポーネント PowerPC G4
モデル Mercury Onyx
(Gigabit)
Ivory
(DVI)
Antimony
リリース日
2001年1月7日
2001年10月16日
2002年4月29日
2002年11月6日
機種ID
PowerBook3,2
PowerBook3,3
PowerBook3,4
PowerBook3,5
ディスプレイ
15.2", 1152×768
15.2", 1280×854
GPU ATI Rage Mobility
AGP 2X
ATI Radeon
AGP 4X
ATI Radeon 7500
AGP 4X
ATI Radeon 9000
AGP 4X
VRAM 128MB SDRAM 16MB SDRAM 32MB DDR SDRAM 32/64MB DDR SDRAM
HDD 10/20GB, 4200RPM
BTOで30GB
20/30GB, 4200RPM
BTOで48GB
30/40GB, 4200RPM
BTOで60GB, 5400RPM
40/60GB, 4200RPM
Ultra ATA(66.6MB/s)
CPU 400/500MHz

PowerPC G4 (7410)

1MB L2キャッシュ(2:1)

550/667MHz

PowerPC G4 (7450)

256KB L2キャッシュ(1:1)

667/800MHz

PowerPC G4 (7455)

256KB L2および1MB L3キャッシュ(1:1)

867MHz/1GHz

PowerPC G4 (7455)

256KB L2および1MB DDR L3キャッシュ(1:1)

Nitro
Voyager
Apollo 6
メモリ
PC100 SDRAM
PC133 SDRAM
128MB (64MB ×2) もしくは 256MB (128MB×2)
256MB (128MB ×2) もしくは 512MB (256MB×2)
最大1GB
FSB
100MHz
100MHz (550MHz)
133MHz (667MHz)
133MHz
光学ドライブ
DVD-ROM 2倍速読込
DVD-ROM 2倍速読込
BTOで Combo drive
Combo drive Combo drive もしくは SuperDrive
スロットローディング
有線接続
10/100 BASE-T
10/100/1000 BASE-T
56k V.90
56k V.92
AirMac
802.11b(オプション)
802.11b(オプションまたは標準装備)
初期導入OS
9.1
10.1 / 9.2.1 10.1.4 / 9.2.2 10.2.1 / 9.2.2
最終サポートOS 10.4.11 / 9.2.2 10.5.8 / 9.2.2
重さ
2.4 kg
サイズ
34cm × 24cm × 2.5cm

Alminium モデル編集

コンポーネント PowerPC G4
モデル Rev A Rev B Rev C Rev D Rev E
リリース日
2003年1月7日
2003年9月16日
2004年4月19日
2005年1月31日
2005年10月19日
機種ID
PowerBook6,1 (12")
PowerBook5,1 (17")
PowerBook6,2 (12")
PowerBook5,2 (15")
PowerBook5,3 (17")
PowerBook6,4 (12")
PowerBook5,4 (15")
PowerBook5,5 (17")
PowerBook6,8 (12")
PowerBook5,6 (15")
PowerBook5,7 (17")
PowerBook5,8 (15")
PowerBook5,9 (17")
ディスプレイ
12.1", 1024×768
N/A
N/A
15.2", 1280×854
15.2", 1440×960
17", 1440×900
17", 1680×1050
GPU NVIDIA GeForce4 Go 420 with 32 MB of DDR SDRAM (12")
NVIDIA GeForce4 Go 440 with 64 MB of DDR SDRAM (17")
AGP 4X
NVIDIA GeForce FX Go 5200 with 32 MB of DDR SDRAM (12")
ATI Mobility Radeon 9600 with 64 MB of DDR SDRAM (15",17")
AGP 4X
NVIDIA GeForce FX Go 5200 with 64 MB of DDR SDRAM (12")
ATI Mobility Radeon 9700 with 64 MB of DDR SDRAM (15",17")
BTOで ATI Mobility Radeon 9700 with 128 MB of DDR SDRAM
AGP 4X
NVIDIA GeForce FX Go 5200 with 64 MB of DDR SDRAM (12")
ATI Mobility Radeon 9700 with 64 MB or 128 MB of DDR SDRAM (15",17")
AGP 4X
ATI Mobility Radeon 9700 with 128 MB of DDR SDRAM
AGP 4X
HDD 40GB (12")

60GB (17")

(All 4200RPM)

40GB 4200 RPM(12")
60GB 5400 RPM(15")
80GB 5400 RPM(17")
60GB (12")
80GB (15")
100GB (17")

(All 5400RPM)

80GB (12")
100GB (15")
120GB (17")

(All 5400RPM)

100GB (15")
120GB (17")

(All 5400RPM)

Ultra ATA(100MB/s)
CPU 867MHz PowerPC G4 (7455)

256KB L2キャッシュ(12")
1GHz 1MB L3キャッシュ(17")

1GHz PowerPC G4 (7447) (12"&15")
1.25GHz (15")
1.33GHz 512 KB L2キャッシュ(17")
1.33GHz PowerPC G4 (7447a) (12"&15")
1.5GHz 512 KB L2キャッシュ(15"&17")
1.5GHz PowerPC G4 (7447a) (12")
1.67GHz (15"&17") 512KB L2キャッシュ
1.67GHz PowerPC G4 (7447a) 512KB L2キャッシュ
Apollo 6
Apollo 7
メモリ 256MB (128MB ×2)(12")
最大1152MB
512MB (256MB ×2)(17")
最大2GB
256MB (128MB ×2)(12")
最大1.25GB
256MB (128MB ×2)(15")
512MB (256MB ×2)(17")
最大2GB
256MB (128MB ×2)(12")
最大1.25GB
512MB (256MB ×2)(15"&17")
最大2GB
512MB (256MB ×2)(12")
最大1.25GB
512MB (256MB ×2)(15"&17")
最大2GB
512MB (256MB ×2)
最大2GB
266MHz PC2100 DDR SDRAM (12")
333MHz PC2700 DDR SDRAM (17")
266MHz PC2100 DDR SDRAM (12")
333MHz PC2700 DDR SDRAM (15"、17")
333MHz PC2700 DDR SDRAM (12")
333MHz PC2700 DDR SDRAM (15"、17")
333MHz PC2700 DDR SDRAM 533MHz PC2-4200 DDR2 SDRAM
FSB 133MHz(12")

167MHz(17")

133MHz(12")

167MHz(15"、17")

167MHz
光学ドライブ Combo drive もしくは SuperDrive(12")
SuperDrive(17")
Combo drive もしくは SuperDrive(12"、15")
SuperDrive(17")
SuperDrive
スロットローディング
有線接続 10/100 BASE-T (12")
10/100/1000 BASE-T (17")
10/100 BASE-T (12")
10/100/1000 BASE-T (15"、17")
10/100/1000 BASE-T
56k V.92
AirMacExpress
802.11b/g(オプション)
802.11b/g(標準装備)
初期導入OS 10.2.3(12") 10.2.4(17") 10.2.7 10.2.7(12") 10.3.3(15"、17") 10.3.7 10.4.2
最終サポートOS 10.5.8
重さ
2.1 kg(12")
2.5 kg(15")
3.1 kg(17")
サイズ
27.7cm × 21.8cm × 3cm (12")
34.8cm × 24.1cm × 2.8cm (15")
39.1cm × 25.9cm × 2.5cm (17")

自主回収・無償交換編集

2005年と2006年に、PowerBook G4シリーズとiBook G4シリーズの一部で、LG Chem製と、ソニー製のリチウムイオンバッテリーに不具合が見つかり、Appleはそれらのバッテリーを自主回収・無償交換している[11][12][13]。 このうちソニー製バッテリーは、素材に紛れ込んだ細かな金属粉が、稀にセルをショートさせることで、動作不良、異常過熱、発火などの危険性があるとされており、数件であるが実際に発火事故が起きている[14][15]

ソニー製(2006年発表分)
機種名 バッテリーのモデル 該当シリアルナンバー(上5桁)
12インチ iBook G4 A1061 ZZ338 - ZZ427
3K429 - 3K611
6C519 - 6C552(最後がS9WA、S9WC、S9WDのいずれか)
PowerBook G4 A1079 ZZ411 - ZZ427
3K428 - 3K611
15インチ A1078
A1148
3K425 - 3K601
6N530 - 6N551(最後がTHTA、THTB、THTCのいずれか)
6N601(最後がTHTC)
LG Chem製(2005年発表分)
機種名 バッテリーのモデル 該当シリアルナンバー(上5桁)
15インチPowerBook G4 A1045 HQ404 - HQ408
LG Chem製(2005年発表分)
機種名 バッテリーのモデル 該当シリアルナンバー(上5桁)
12インチ iBook G4 A1061 HQ441 - HQ507
PowerBook G4 A1079 3X446 - 3X510
15インチ A1078 3X446 - 3X509

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 快進撃・アップル社支える「日の丸工場」の底力【1】” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2012年2月13日). 2021年8月18日閲覧。
  2. ^ Fan編集部, Mac『Mac Fan 2016年6月号』マイナビ出版、2016年4月28日(日本語)。
  3. ^ アップル、チタニウム製厚さわずか1インチのPowerBook G4を発表
  4. ^ アップル、チタニウム製のPowerBook G4を大変お求めやすい新価格で提供
  5. ^ アップル、チタニウム製ボディのPowerBook G4に新しいG4プロセッサを搭載、さらにパワーアップ
  6. ^ アップル、新しいチタニウム製ボディのPowerBook G4を発表
  7. ^ アップル、DVD作成が可能なSuperDriveを搭載した新しいチタニウム製ボディのPowerBook G4を発表
  8. ^ アップル、世界初の17インチノートブックを発表
  9. ^ アップルのポータブル製品として最小のノートブックを発表
  10. ^ アップル、ディスプレイを高解像度化し、バッテリー駆動時間を強化したPowerBook新モデルを発表
  11. ^ Apple、15インチPowerBook G4のバッテリーをリコール
  12. ^ iBook G4とPowerBook G4のバッテリーリコール
  13. ^ アップルがPowerBook G4とiBook G4のバッテリーを再リコール
  14. ^ アップル、iBookとPowerBookのバッテリーの自主回収について 事故/被害:アップルはこれまでにバッテリーの過熱に関する報告を全世界で6件受けています。
  15. ^ 『PowerBook G4』バッテリー発火事件レポート|WIRED.jp