Project Engineプロジェクト炎神、プロジェクトエンジン)はNECゲーミングパソコン開発プロジェクト。

概要編集

近年eスポーツの人気が高まってきたことから、NECでもゲーミングパソコンの開発が行われることになり、以前から展開している「LAVIE」のプロフェッショナル向け、教育現場向け、家庭向けの分野に加え、「ゲーミング」を新たに加えるとして、PC-8001の発売から40年となる2019年令和元年)8月5日に当プロジェクトが発表された[1]

1979昭和54)年に発売されたPC-8001もゲームがプレイできるマシンであったことから、NECは古くからゲーム用パソコンの開発に取り組んできたとして、その事業の「復活」を目指すとした[2]

資本関係のあるレノボのゲーミングパソコンブランド「Legion」とは別の独自プラットフォームとして[1]中華民国台湾)のベンダーとNECの協業により、ミドルレンジユーザーをターゲットに開発される[3]

ロゴやネーミングはNECが発売したテレビゲーム機PCエンジンに由来し[4]、同社のゲーミングパソコン事業の「復活」とかけたフェニックス(不死鳥)が描かれている[3]

なお、同じく日本の競合する大手パソコンメーカーで、NEC同様レノボと資本関係のある富士通も、eスポーツの流行を受け「FMV-ESPRIMO」ブランドからワークステーションをベースとしたデスクトップ型ゲーミングパソコン「WD-G/D1」を2019年2月に発売[5][6]、続けて7月にも「WD-G/D2」を[7]、翌2020年10月にも「WD-G/E2」を発売している[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “NECがゲーミングPCを投入か 「Project 炎神」稼働中 - ITmedia PC USER”. ITmedia. (2019年8月5日). https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1908/05/news131.html 2020年4月13日閲覧。 
  2. ^ “NEC PC、ゲーミングPC市場に参入 「Project Engine(炎神)」始動 - ITmedia NEWS”. ITmedia. (2019年8月5日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/05/news136.html 2020年4月13日閲覧。 
  3. ^ a b “NECのゲーミングPC「プロジェクト炎神」総合プロデューサー森部浩至氏直撃レポート - GAME Watch”. Impress Watch. (2019年8月5日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/kikaku/1200240.html 2020年4月13日閲覧。 
  4. ^ “【速報】NECパーソナルコンピュータ、ゲーミングPCブランド立ち上げに向け「プロジェクト炎神」を始動 - GAME Watch”. Impress Watch. (2019年8月5日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1200129.html 2020年4月13日閲覧。 
  5. ^ “富士通のゲーミングPCは「RTX 2080決め打ち」。直販専用ミニタワーWD-G/D1に注目 - Engadget 日本版”. Engadget. (2019年2月12日). https://japanese.engadget.com/2019/02/11/pc-rtx-2080-wd-g-d1/ 2020年4月13日閲覧。 
  6. ^ ESPRIMO WD-G/D1”. 富士通WEB MART (2019年2月発売). 2020年4月13日閲覧。
  7. ^ ESPRIMO WD-G/D2”. 富士通WEB MART (2019年7月発売). 2020年4月13日閲覧。
  8. ^ ESPRIMO WD-G/D2”. 富士通WEB MART (2020年10月発売). 2020年10月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集