メインメニューを開く

R盤あ〜るばんアールばん)とは、日本コロムビア[1]により2001年3月から2008年11月まで提供されていたオンデマンド形式でのCD販売サービスである[2]。2008年12月以降はサービス名称を「オンデマンドCD」と変更し継続されている。現在ではコロムビア以外のメーカーから販売されるオンデマンドCDを指しても総称として「R盤」の呼称が使われる[3]

本項では、メーカー製オンデマンドCDの他、自主制作およびメーカー製CD-R製品についても記述する。

概要編集

元々は2000年代に日本コロムビアにより開始された、オンデマンド生産方式の簡易装丁CD販売サービスである。その後2009年には、ミュージックグリッドにより、オンデマンドCD販売サービスMEG-CDが開始され[4]、以降はそうしたオンデマンド販売形式のCD-R製品全般を指し、便宜的にR盤と呼称されている。

ディスクメディアにはCD-Rが使用され、レコード会社が所有するオリジナル音源そのものを複製し、またブックレットについてもオリジナルを元に再現、もしくは必要によりリデザインされた簡易装丁の復刻版であり、CD未発売のシングル盤、LP盤や需要の高い廃盤商品がラインナップされている。これによりメーカーは廃盤製品をオリジナルにごく近い音質で、安価にユーザーに提供する事ができる。

CD-R製品のバリエーション編集

前述のオンデマンドCDとは別に、生産が容易なCD-Rメディアはインディーズ同人音楽といった自主制作分野の商品にて国内外でよく使われている。なお、需要に応じ再生産がなされる点がオンデマンドCDと共通するが、これらは本項で扱う意味のR盤には含まれない。 また、メーカー製プレスCDの店舗特典ディスクのような少数生産品や、ライブ会場で演奏された音源をその場でマスタリングし販売する「お持ちかえりCD」[5]といった商品にCD-Rが用いられるが、これらも同様である。

脚注編集

関連項目編集

  • MEG-CD - R盤同様、廃盤CDのオンデマンド復刻販売サービス

外部リンク編集