メインメニューを開く

RCAドームRCA Dome)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスにあった多目的ドームである。

RCAドーム
"RCA Dome"
RCAドーム
施設情報
所在地 100 South Capitol Avenue
Indianapolis, Indiana 46225
起工 1982年5月27日
開場 1984年5月3日
閉場 2008年
取り壊し 2008年12月20日(爆破・解体)
所有者 Capital Improvement Board
グラウンド 人工芝(AstroTurf:1984年 - 2004年、
FieldTurf:2005年 - 現在)
建設費 7750万ドル
設計者 HNTB
旧称
フージャー・ドーム(1984年 - 1994年)
使用チーム、大会
インディアナポリス・コルツNFL)(1984年 - 現在)
収容能力
57,890人

1983年NFLインディアナポリス・コルツの本拠地として建設された。当初はフージャー・ドームHoosier Dome)という名称であったが、1994年RCA命名権を10年1000万ドルで買い取り、RCAドームと改名された。

2008年にはルーカス・オイル・スタジアムがRCAドームの南側に完成し、インディアナポリス・コルツの新本拠地となる。それに伴い、RCAドームは12月20日午前9時36分に爆破解体され[1]、現在隣接しているコンベンションホールが拡張された。

1985年にはNBAオールスターゲームが、1992年にはレッスルマニアVIIIが、1991年、1997年、2000年、2006年にはNCAA男子バスケットボールトーナメントのファイナル4が、2002年にはバスケットボール世界選手権が開催された。

脚注編集