RCDマジョルカ

スペインのサッカークラブ
RCDマヨルカから転送)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • RCDマジョルカ
  • RCDマヨルカ

RCDマジョルカ(RCD Mallorca)は、スペインバレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカに本拠地を置くサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くサッカークラブの中でもっとも歴史が古い。プリメーラ・ディビシオン所属。フルネームでは、レアル・クルブ・デポルティーボ・マジョルカS.A.D.スペイン語: Real Club Deportivo Mallorca, S.A.D., スペイン語: [reˈal ˈkluβ ðepoɾˈtiβo maˈʎoɾka], カタルーニャ語: Reial Club Deportiu Mallorca, [rəˈjal ˈklub dəpuɾˈtiw məˈʎɔɾkə])となる。RCDマヨルカと表記されることもある。

RCDマジョルカ
Escudo de RCD Mallorca.png
原語表記 Real Club Deportivo Mallorca, S.A.D.
愛称 Los Bermellones (The Vermilions)
Els Barralets (The Barralet)
La Ensaimada Mecánica (The Mechanical Ensaimada)
クラブカラー     赤・   
創設年 1916年
所属リーグ ラ・リーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン バレアレス諸島の旗 バレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカ
ホームスタジアム Mallorca0-2Leganes.jpg
エスタディ・デ・ソン・モイシュ
収容人数 23,142人
代表者 アメリカ合衆国の旗 ロバート・サーバー
監督 スペインの旗 ルイス・ガルシア・プラサ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

クラブ名編集

1916年の創設時はスペイン国王のアルフォンソ13世に因んでフンタ・ディレクティーバ・デル・アルフォンソ13世FBC(Junta Directiva del Alfonso XIII FBC)と命名されたが、1917年にはレアル・ソシエダ・アルフォンソ13世 (Real Sociedad Alfonso XIII)とクラブ名を変え、この名称は1931年に政治的な理由でクルブ・デポルティーボ・マジョルカ(Club Deportivo Mallorca)に改名するまで続いた。1949年には国王の庇護を受けてクラブ名にレアル(Real)の単語が冠され、現在のレアル・クルブ・デポルティーボ・マジョルカ(RCDマジョルカ)となった。

歴史編集

その歴史はバレアレス諸島のサッカークラブで最も古く、1916年にエンジニアのアドルフォ・バスケスによって設立された。最初期に使用したスタジアムはブエノス・アイレス(Buenos Aires)と呼ばれ、同年3月25日にFCバルセロナとの間で行われた落成試合は0-8で敗れた。1931年にリーガ・エスパニョーラに初参戦し、テルセーラ・ディビシオン(当時3部)でプレーした。1945年9月22日には新スタジアムのエス・フォルティが落成した。1959年にはセグンダ・ディビシオン(2部)に初昇格し、1年後の1959-60シーズン終了後にはプリメーラ・ディビシオン(1部)初昇格を決めた。1970年代半ばまではプリメーラ・ディビシオンとセグンダ・ディビシオンを行ったり来たりしたが、1970年代後半にはテルセーラ・ディビシオンやセグンダ・ディビシオンB(現3部)に低迷した。

1990年代と2000年代の黄金期編集

1990-91シーズン、マジョルカはベスト8でバレンシアCFを、準決勝でスポルティング・デ・ヒホンを下してアトレティコ・マドリードとのコパ・デル・レイ決勝に進出した。クラブとしては史上初めての決勝進出となったが、延長111分のアルフレド・サンタエレナの決勝ゴールによってタイトル獲得を逃した[1]

1997年、クラブの監督にまだ欧州での指導経験が皆無だったアルゼンチン人のエクトル・クーペルを招聘した。クーペルは前年にアルゼンチンのCAラヌースコパCONMEBOL優勝を果たしていたことを買われての就任だった。就任1シーズン目のコパ・デル・レイでは、クラブ2度目となる決勝進出を果たしたものの、PK戦の末FCバルセロナの前に敗戦し、またもメジャータイトルに手が届かなかった。リーグ戦では好調を維持し続け、5位でフィニッシュした。また、コパ準優勝により出場権を得たスーペルコパ・デ・エスパーニャでは因縁の相手バルセロナに2戦合計3-2で勝利し、クラブ創設以降初めてとなるメジャータイトルを獲得した[2]。翌1998-99シーズン、バルセロナがリーグ戦とカップ戦の2冠を達成した影響を受け、リーグ戦5位だったマジョルカにUEFAカップウィナーズカップ出場権が回ってきた。この大会では、KRCヘンクチェルシーFCを下して決勝に進み、SSラツィオとの試合に臨んだ。7分にクリスティアン・ヴィエリのゴールで失点するも、直後の11分にダニ・ガルシアのゴールで試合を振り出しに戻した。同点のまま試合終了と思われた81分、ラツィオの中心選手だったパベル・ネドベドのゴールを許し、1-2で敗戦を喫した[3]。しかし、この1998-99シーズンはクーペルがラヌースから連れてきたカルロス・ロアサモラ賞を受賞したことや、クーペルが手がけた堅守がベースのチーム作りが功を奏し、史上最高成績となるリーグ戦3位という成績を収めた。1999-00シーズンはフェルナンド・バスケス新体制でスタートしたものの、リーグ戦10位でシーズンを終えるなどクーペル期ほどの成功は見られなかった。2000年5月27日、すでにラ・リーガでの実績があったルイス・アラゴネスを新監督に据えたマジョルカは、サミュエル・エトオなどの活躍もあってリーグ戦で史上最高となる勝ち点73を稼いで一昨シーズンと同じくリーグ戦3位に輝いた。しかし、シーズン終了後にアラゴネスは、セグンダに降格し低迷していた選手時代の古巣アトレティコ・マドリードに監督として復帰したため、マジョルカは13シーズンぶりに外国籍監督であるドイツ人のベルント・クラウスを招聘した。クラウスを迎えてのマジョルカだったが、リーグ序盤から勝ちきれない試合が多く、4月にトメウ・ジョンパール、シーズン終了後にグレゴリオ・マンサーノと監督交代が続く不安定な期間を送った。しかし、マンサーノはリーグ戦こそ不出来だったが、コパ・デル・レイでは優勝を飾った。2000年代後半はリーグ中位以下を彷徨うシーズンが10シーズン近く続き、2010年代を迎えた。また、この2000年代はクラブ初となる日本人プレーヤーが誕生した。2005年1月にセレッソ大阪からマジョルカにやって来た大久保嘉人である。デビュー戦は、当時ラ・リーガで上位争いをしていたデポルティーボ・ラ・コルーニャ相手だったが、デビュー戦にして1ゴール1アシストという強烈なインパクトを残した。しかし、デポルティーボ戦以降は、その試合で膝に負った怪我の影響もあり、満足いく結果を残せず、2005-06シーズン終了後に日本へ帰国した[4]

2010年代 : 降格と復帰編集

2012-13シーズン、リーグ最終節のバジャドリード戦で4-2で勝利したものの、17位のセルタに勝ち点1及ばず、リーグ最終節にしておよそ17シーズンぶりのセグンダ・ディビシオン降格が決定した[5]。セグンダ降格後のマジョルカは資金難に苦しんでおり、2015-16シーズンは満足いく補強が出来ずにいたため、セグンダ・ディビシオンB降格の危機が迫っていた。2016年1月6日、NBAに所属するフェニックス・サンズのオーナーでもあるユダヤ人実業家ロバート・サーヴァーがマジョルカの株式を購入し、正式にマジョルカのオーナーとなった。買い取り額は2000万ユーロと報じられ、株式保有者には元NBAプレーヤーでカナダ代表選手だったスティーブ・ナッシュらがいる[6]

2017年6月4日、リーグ戦1試合を残して1981年以来となるセグンダB降格が決定した[7]。2017-18シーズン、新たにビセンテ・モレノを招聘したマジョルカはセグンダ昇格を賭けたプレーオフでCFラージョ・マハダオンダを下し、1シーズンでのセグンダ復帰を決めた[8]。翌2018-19シーズンには続投したモレノ監督の下、躍進を続けて2部2位でシーズンを終えた。2位で終えたことでデポルティーボ・ラ・コルーニャとの昇格プレーオフに臨み、2戦合計3-2で2シーズン連続の昇格を成し遂げた[9]。ラ・リーガ残留を目標に掲げて参戦した2019-20シーズンだったが、その願いも虚しくわずか1シーズンで再びセグンダへと降格した[10]。2020-21シーズン、再びセグンダに降格したマジョルカはクラブの監督をルイス・ガルシアに据え、リーグ最終節にUDアルメリアFCカルタヘナに敗れたことで1シーズンでのラ・リーガ復帰を成功させた[11]

日本との関わり編集

大久保嘉人家長昭博が以前所属しており、また2021年時点で久保建英が在籍しているなど日本人にとって馴染みが深く、2021年11月5日には日本語による公式Twitterが開設された[12]

ユニフォームの変遷編集

 
 
 
 
1922-1933
 
 
 
 
1933-1968
 
 
 
 
1968-1969
 
 
 
 
1969-1976
 
 
 
 
1976-1977
 
 
 
 
1977-2012
 
 
 
 
2012-

タイトル編集

国内タイトル編集

2002-03
1998
1959-60, 1964-65
1980-81

記録編集

クラブ編集

個人編集

個人賞

過去の成績編集

シーズン ディビジョン 順位 国王杯
1931-32 テルセーラ 4位
1932-33 地域リーグ
1933-34 地域リーグ
1934-35 地域リーグ
1935-36 地域リーグ
1939-40 セグンダ 7位
1940-41 地域リーグ
1941-42 地域リーグ
1942-43 地域リーグ
1943-44 テルセーラ 1位
1944-45 セグンダ 11位
1945-46 セグンダ 8位
1946-47 セグンダ 5位
1947-48 セグンダ 13位
1948-49 テルセーラ 3位
1949-50 セグンダ 11位
1950-51 セグンダ 12位
1951-52 セグンダ 6位
1952-53 セグンダ 8位
1953-54 セグンダ 16位
シーズン ディビジョン 順位 国王杯
1954-55 テルセーラ 1位
1955-56 テルセーラ 2位
1956-57 テルセーラ 1位
1957-58 テルセーラ 1位
1958-59 テルセーラ 1位
1959-60 セグンダ 1位
1960-61 プリメーラ 9位
1961-62 プリメーラ 11位
1962-63 プリメーラ 13位
1963-64 セグンダ 3位
1964-65 セグンダ 1位
1965-66 プリメーラ 15位
1966-67 セグンダ 5位
1967-68 セグンダ 4位
1968-69 セグンダ 3位
1969-70 プリメーラ 15位
1970-71 セグンダ 9位
1971-72 セグンダ 12位
1972-73 セグンダ 10位
1973-74 セグンダ 11位
シーズン ディビジョン 順位 国王杯
1974-75 セグンダ 17位
1975-76 テルセーラ 9位
1976-77 テルセーラ 3位
1977-78 セグンダB 18位
1978-79 テルセーラ 13位
1979-80 テルセーラ 1位
1980-81 セグンダB 1位
1981-82 セグンダ 6位
1982-83 セグンダ 3位
1983-84 プリメーラ 17位
1984-85 セグンダ 7位
1985-86 セグンダ 3位
1986-87 プリメーラ 6位
1987-88 プリメーラ 18位
1988-89 セグンダ 4位
1989-90 プリメーラ 10位
1990-91 プリメーラ 15位
1991-92 プリメーラ 20位
1992-93 セグンダ 4位
1993-94 セグンダ 5位
シーズン ディビジョン 順位 国王杯
1994-95 セグンダ 12位 準々決勝敗退
1995-96 セグンダ 3位 2回戦敗退
1996-97 セグンダ 3位 2回戦敗退
1997-98 プリメーラ 5位 準優勝
1998-99 プリメーラ 3位 準々決勝敗退
1999-00 プリメーラ 10位 2回戦敗退
2000-01 プリメーラ 3位 準々決勝敗退
2001-02 プリメーラ 16位 ラウンド16
2002-03 プリメーラ 9位 優勝
2003-04 プリメーラ 11位 3回戦敗退
2004-05 プリメーラ 17位 3回戦敗退
2005-06 プリメーラ 13位 3回戦敗退
2006-07 プリメーラ 12位 ラウンド16
2007-08 プリメーラ 7位 準々決勝敗退
2008-09 プリメーラ 9位 準決勝敗退
2009-10 プリメーラ 5位 準々決勝敗退
2010-11 プリメーラ 17位 ラウンド16
2011-12 プリメーラ 8位 準々決勝敗退
2012-13 プリメーラ 18位 ラウンド16
2013-14 セグンダ 17位 2回戦敗退
シーズン ディビジョン 順位 国王杯
2014-15 セグンダ 16位 2回戦敗退
2015-16 セグンダ 17位 2回戦敗退
2016-17 セグンダ 20位 3回戦敗退
2017-18 セグンダB 1位 2回戦敗退
2018-19 セグンダ 5位 ラウンド32
2019-20 プリメーラ 19位 ラウンド32
2020-21 セグンダ 2位

現所属メンバー編集

2022年1月21日現在[13]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   マノロ・レイナ  
3 DF   ブライアン・オリバン
4 MF   イニゴ・ルイス・デ・ガラレタ
5 DF   フランコ・ルッソ ( )
7 FW   ジョルディ・ムブラ ( )
8 MF   サルバ・セビージャ
9 FW   アブドン・プラツ
10 MF   アントニオ・サンチェス
11 FW   マシュー・ホッペ
12 MF   イドリス・ババ
13 GK   ドミニク・グレイフ
14 MF   ダニ・ロドリゲス
15 DF   パブロ・マフェオ
No. Pos. 選手名
16 MF   ロドリゴ・バタグリア ( )
17 MF   久保建英
18 DF   ハウメ・コスタ
19 MF   李康仁
20 DF   アレクサンダル・セドラル
21 DF   アントニオ・ライージョ
22 FW   アンヘル
23 FW   アマト・エンディアイエ
24 DF   マルティン・ヴァルイェント
25 GK   セルヒオ・リコ
26 FW   フェル・ニーニョ
31 GK   レオ・ロマン

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手枠を示す。

監督

リザーブチーム編集

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
27 MF   パブロ・ガルベス
28 DF   マルク・カルモナ
29 DF   ジョゼップ・ガヤ
30 GK   フェラン・ケトグラス
No. Pos. 選手名
32 MF   トーマス・ジャキント
33 GK   ペレ・ガルシア
34 FW   ハビ・ジャブレス

ローン選手編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
15 DF   パブロ・マフェオ (シュトゥットガルト)
17 MF   久保建英 (レアル・マドリード)
No. Pos. 選手名
25 GK   セルヒオ・リコ
26 FW   フェル・ニーニョ (ビジャレアル)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF   ブライアン・クフレ (マラガ)
-- DF   アレックス・アレグリア (ブルゴス)
-- MF   アレックス・フェバス (マラガ)
No. Pos. 選手名
-- MF   ラゴ・ジュニオール (ウエスカ)
-- FW   アレクサンダル・トライコフスキ (オールボー)

歴代監督編集

名前
2000-2001   ルイス・アラゴネス
2001   ベルント・クラウス
2001-2002   セルギイェ・クレシッチ
2002   トメウ・ジョンパルト
2002-2003   グレゴリオ・マンサーノ
2003   ジャイメ・パシェコ
2003   トメウ・ジョンパルト (暫定)
2003-2004   ルイス・アラゴネス
2004   ベニート・フローロ
2004   トメウ・ジョンパルト (暫定)
2004-2006   エクトル・クーペル
2006-2010   グレゴリオ・マンサーノ
2010-2011   ミカエル・ラウドルップ
2011   ミゲル・アンヘル・ナダル (暫定)
2011-2013   ホアキン・カパロス
2013   グレゴリオ・マンサーノ
2013-2014   ホセ・ルイス・オルトラ
2014   ジュイス・カレーラス
2014   ハビエル・オライソラ (暫定)
2014   ミケル・ソレール
2014-2015   ヴァレリー・カルピン
2015   ミケル・ソレール
2015   アルベルト・フェレール
2015-2016   ペペ・ガルベス
2016-2017   フェルナンド・バスケス
2017-2020   ビセンテ・モレノ
2020-   ルイス・ガルシア・プラサ

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ “Atlético 1-0 Mallorca: Al Mallorca se le escapó su primera Final” (スペイン語). RCD Mallorca. (2011年6月29日). https://muckrack.com/livemallorca-vs-barcelona-live-stream-2/bio 2020年2月27日閲覧。 
  2. ^ “Supercopa de España 1998: el club estrena la vitrina” (スペイン語). Diario de Mallorca. (2016年3月7日). https://z-upload.facebook.com/events/1202757840068832/ 2020年2月7日閲覧。 
  3. ^ “Freeze frame Villa Park May, 1999: Lazio win the last ever UEFA Cup Winners' Cup final”. The Scotsman. (2009年5月23日). https://mk-mk.facebook.com/events/862886064197886/ 2020年2月7日閲覧。 
  4. ^ 大久保嘉人が「喧嘩腰」で挑んだリーガ。相手の態度が許せなかった”. Sportiva (2020年5月22日). 2021年12月2日閲覧。
  5. ^ “Celta Vigo defy odds as four becomes relegated three in La Liga finale”. The Guardian. (2013年6月3日). https://www.theguardian.com/football/blog/2013/jun/03/celta-vigo-la-liga-relegation 2020年2月27日閲覧。 
  6. ^ Corrigan, Dermot (2016年1月5日). “Phoenix Suns owner Robert Sarver, Steve Nash seal Mallorca takeover”. ESPN FC. https://www.espn.co.uk/football/mallorca/story/2780431/suns-robert-sarver-and-steve-nash-seal-mallorca-takeover 2020年2月27日閲覧。 
  7. ^ Dunne, Robbie (2017年6月4日). “Former NBA star Steve Nash's Mallorca relegated to Spanish third tier, Girona promoted”. Diario AS. https://en.as.com/en/2017/06/04/football/1496608867_719924.html 2020年2月27日閲覧。 
  8. ^ “Mallorca champions of Segunda B”. Majorca Daily Bulletin. (2018年6月10日). https://www.majorcadailybulletin.com/sports/sports/2018/06/10/52183/mallorca-champions-segunda-b.html 2020年2月27日閲覧。 
  9. ^ “Mallorca return to La Liga after stunning turnaround over Deportivo”. Euronews. (2019年6月24日). https://www.euronews.com/2019/06/24/mallorca-return-to-la-liga-after-stunning-turnaround-over-deportivo 2020年2月27日閲覧。 
  10. ^ “Real Mallorca are relegated”. Majorca Daily Bulletin. (2020年7月16日). https://www.majorcadailybulletin.com/sports/sports/2020/07/16/69783/real-mallorca-are-relegated.html 2020年7月16日閲覧。 
  11. ^ Real Mallorca are promoted to La Liga” (英語). www.majorcadailybulletin.com (2021年5月18日). 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ マジョルカが日本語版Twitterを開設! 久保も登場「フォローよろしくお願いします」. サッカーキング(2021年11月5日). 2022年1月2日閲覧
  13. ^ www.rcdmallorca.es

外部リンク編集