RFB ファントレーナー

RFB ファントレーナー

ファントレーナー 400(ドンムアン空港)

ファントレーナー 400(ドンムアン空港

  • 用途:練習機
  • 製造者:ライン航空機製造
  • 運用者:タイ王国空軍
  • 初飛行1977年10月27日
  • 生産数:50機

RFB ファントレーナーRFB Fantrainer)は、1970年代西ドイツライン航空機製造英語版(Rhein-Flugzeugbau GmbH (RFB) )で製造された練習機。

推進システムにダクテッドファンを採用しており、ジェット機に近い操縦特性を持つ。ドイツタイ王国空軍で使用された。

概要編集

 
前方から見たファントレーナー 400

エンジンはターボシャフトエンジンを搭載しているが、排気による推進力は用いずに軸出力でファンを駆動して推進力を得ている。この方式の採用により、操縦特性は戦闘機の主流であるターボファンエンジンに近いものの出力が小さいことから速度は遅く、訓練生にも扱いやすい機体となった。

試作機が初飛行したのは1977年10月27日であり、1982年8月にはタイ王国空軍はRFBと47機(31機のモデル400と16機のモデル600)の購入の契約をした。最初の2機はドイツで製造され、残りはRFBから出荷されたキットをタイ国内で組み立てた。初期運用の後、タイ王国空軍はグラスファイバー製の主翼を国内で製造したアルミニウム製に交換することにした[1]

既に退役済みであるが、2010年からFanJet Aviationが関連事業を引き継いでおり、名称を『ファンジェット』に変更し軍用だけでなく民間向けにも売り込みを図っている。

このほかに実用機にダクテッドファンが採用された例としてはエジレイ オプティカがある。

派生型編集

  • AWI-2
最初の試作機
  • ATI-2
2番目の試作機
  • ファントレーナー 400
ATI-2から胴体を延長し主翼をアルミニウム製に変更。
エンジンはAllison 250-C20Bを搭載。
  • ファントレーナー 600
エンジンをAllison 250-C30に換装した改良モデル。
ファントジェット 600に名称を変更。
  • ファントレーナー 800/1000/1200/1500
アップグレードモデル
アメリカ空軍アメリカ海軍統合基本航空機訓練システム計画に応じるために、ロックウェル・インターナショナルがファントレーナーの機体を利用した基本練習機。ピラタス PC-9 Mk.IIを基にしたビーチクラフトT-6テキサンIIに敗れ落選した。

導入国編集

 
ファントレーナー 400(タイ王立空軍博物館)

退役済み。

退役機はドンムアン空港やタイ王立空軍博物館に展示されている。

要目編集

Data from Jane's Aircraft Recognition Guide [2]

  • 全長:9.20 m
  • 全幅:9.70 m
  • 全高:3.20 m
  • 空虚重量:1,114 kg
  • 最大離陸重量:1,800 kg
  • エンジン:Allison 250-C30 ターボシャフトエンジン, 650 hp (484.5 kW)
  • 最大速度:288 mph (463 km/h)
  • 航続距離:2,316 km (1,250 nm)
  • 巡航高度:3,750 m (12,300 ft)
  • 乗員:2名
  • 武装:無し

出典編集

  1. ^ Aircraft Production in Thailand from Aeroflight
  2. ^ Rendall, David (1995). Jane's Aircraft Recognition Guide. Glasgow, UK: HarperCollinsPublishers. pp. 505. ISBN 0-00-4709802 

外部リンク編集