メインメニューを開く

RITM-200OKBMアフリカントフが開発・設計している原子力砕氷船向け加圧水型軽水炉で、電気出力55MWを発揮する。濃縮度20%のウラン燃料を使用して燃料交換周期を7年とし、炉心寿命は40年となっている[1]

砕氷航海の際には船体が大きく動揺するため、それに対応すべく±45°のローリングと±15°のピッチングの中でも正常に動作するよう設計されている[2]LK-60Ya級原子力砕氷船に採用される。

参考文献編集

  1. ^ Small nuclear reactors for power and icebreaking”. 2014年11月11日閲覧。
  2. ^ Ural icebreaker passes construction milestone”. World Nuclear News. World Nuclear Assosication (2018年8月1日). 2018年8月2日閲覧。

外部リンク編集