RNAポリメラーゼII

RNAポリメラーゼIIによる転写。ポリメラーゼ(青)はDNA鎖(赤)を読み取り、RNA鎖(緑)を合成する。

RNAポリメラーゼII: RNA polymerase II、略称: RNAP II、Pol II)は複数のタンパク質からなる複合体で、真核生物細胞核に存在する3つのRNAポリメラーゼのうちの1つである[1]DNA転写を触媒し、mRNA前駆体snRNAの大部分とmiRNAを合成する[2][3]。12種類のサブユニットからなる 550 kDaの複合体で、真核生物のRNAポリメラーゼのうちで最もよく研究が行われている。遺伝子の上流のプロモーターに結合して転写を開始するには、ポリメラーゼの他にさまざまな転写因子が必要である。

発見編集

 
12のサブユニットから構成される、出芽酵母 Saccharomyces cerevisiae のRNAポリメラーゼII[4]

初期の研究からは、少なくとも2種類のRNAポリメラーゼが存在することが示唆されており、1つは核小体rRNAを合成し、もう1つは核質で他のRNAを合成すると考えられていた[5]。1969年、ロバート・ローダーウィリアム・J・ラター英語版はある種のRNAの転写を担う、さらに別のRNAポリメラーゼが核質に存在することを決定的に示した。このことはDEAE-Sepahdexによるイオン交換クロマトグラフィーによって発見され、この技術によってRNAポリメラーゼはI、II、IIIという3つの画分へと分離された。それぞれクロマトグラフィーカラムからの溶出の順序に従って、RNAポリメラーゼI、II、IIIと名付けられた[1]。この発見によって核質に複数の酵素が存在することが示され、RNAポリメラーゼIIとIIIが区別されることとなった。

サブユニット編集

 
出芽酵母 Saccharomyces cerevisiae のRNAポリメラーゼII[6][7]RPB3 – 橙色RPB11 – 黄色RPB2 – 小麦色RPB1 – 赤色RPB6 – 桃色、残りの7つのサブユニットは灰色で示されている。

真核生物のRNAポリメラーゼIIのコア酵素は転写アッセイによってはじめて精製された[8]。精製されたコア酵素は10から12種類のサブユニット(ヒトと酵母では12種類)を含んでおり、特定のプロモーターを認識する能力は持たない[9]。多くのサブユニット間相互作用が知られている[10]

  • RPB1POLR2A英語版)– ヒトではPOLR2A遺伝子、酵母ではRPO21遺伝子にコードされている。RPB1はRNAポリメラーゼIIの最大のサブユニットである。ポリメラーゼ活性に必須な、最大52個のヘプタペプチドリピート配列(YSPTSPSの7アミノ酸からなるリピート配列)から構成されるC末端ドメイン(CTD)を含んでいる[11]。CTDはトロント大学のC. J. Inglesの研究室とジョンズ・ホプキンズ大学のJ. L. Cordenによって最初に発見された。RPB1は他のいくつかのサブユニットとともにポリメラーゼのDNA結合ドメインを形成し、DNAの鋳型がRNAへ転写される溝を形成する。RPB8と強く相互作用する[10]
  • RPB2POLR2B英語版)– 2番目に大きなサブユニットであり、少なくとも2つの他のサブユニットとともにポリメラーゼ内部の構造を形成し、酵素の活性部位でDNA鋳型と新生RNAとの接触を維持する。
  • RPB3POLR2C英語版)– 3番目に大きなサブユニット。他のサブユニットRPB11とのヘテロ二量体として存在し、組み立ての際のコアとなる。RPB3はRPB1–5、7、10–12と強く相互作用する[10]
  • RPB4POLR2D英語版)– POLR2D遺伝子にコードされる[12]4番目に大きなサブユニットで、ストレスからの保護機能を持つ可能性がある。
  • RPB5POLR2E英語版)– ヒトではPOLR2E遺伝子にコードされる。RNAポリメラーゼIIにはこのサブユニットが2分子存在している[13]。RPB5はRPB1、3、6と強く相互作用する[10]
  • RPB6POLR2F英語版)– 少なくとも2つの他のサブユニットとともに、DNA鋳型を転写しているポリメラーゼを安定化する構造を形成する[14]
  • RPB7POLR2G英語版)– POLR2G遺伝子にコードされ、転写開始や伸長中のポリメラーゼの安定化する機能を持つと考えられている[15]。RPB7はRPB1、5と強く相互作用する[10]
  • RPB8POLR2H英語版)– RPB1–3、5、7と相互作用する[10]
  • RPB9POLR2I英語版)– DNAの鋳型がRNAへ転写される溝はRPB9とRPB1から構成されている。
  • RPB10POLR2L英語版)– POLR2L遺伝子の産物である。RPB1–3、5と相互作用し、中でもRPB3と強く相互作用する[10]
  • RPB11 – ヒトではRBP11サブユニットは3種類存在する。POLR2J英語版 (RPB11-a)、POLR2J2英語版 (RPB11-b)、そしてPOLR2J3[16] (RPB11-c) である。
  • RPB12POLR2K英語版)– RPB3と相互作用する[10]

組み立て編集

RPB3はRNAポリメラーゼIIの組み立てに関与している[17]。RPB2とRPB3のサブコンプレックスはサブユニットの合成の直後に出現する[17]。この複合体はその後RPB1と相互作用する[17]。RPB1が複合体に取り込まれると、RPB5やRPB7などの他のサブユニットが取り込まれる。RPB5はRPB6とRPB8と結合し、RPB3はRPB10、RPB11、RPB12を取り込む[10]。RPB4とRPB9は複合体の大部分が組み立てられてから取り込まれる。RPB4はRPB7と複合体を形成する[10]

α-アマニチンによる阻害編集

 
RNAポリメラーゼIIとα-アマニチン(赤)との相互作用。

RNAポリメラーゼIIはα-アマニチンや他のアマトキシンによって阻害される[18]。α-アマニチンは多くのキノコに存在する、極めて毒性の高い物質である[5]。キノコ毒は各RNAポリメラーゼに異なる影響を与える。RNAP Iはこの物質に全く反応せず通常に機能し、RNAP IIIは軽度の感受性を示す。しかし、RNAP IIはこの毒素によって完全に阻害される。α-アマニチンはRPB1サブユニットの"funnel"、"cleft"、"bridge α-helix"と呼ばれる領域と強く相互作用し、阻害を行う[19]

ホロ酵素編集

RNAポリメラーゼIIホロ酵素とは、生細胞内でタンパク質をコードする遺伝子のプロモーターに呼び寄せられた、RNAポリメラーゼIIの一形態である[9]。RNAポリメラーゼIIと一群の基本転写因子、そしてSRBタンパク質と呼ばれる調節因子から構成される。

組み立てられたホロ酵素の一部は、転写開始前複合体と呼ばれる。それは、この組み立てが転写開始の前に遺伝子のプロモーター領域で起こるためである。メディエーター英語版複合体は、RNAポリメラーゼIIと転写因子の間のブリッジとして機能する。

転写の機構編集

RNAポリメラーゼのCTD編集

RPB1のC末端領域はC末端ドメイン(CTD)を形成する。RNAポリメラーゼIIのCTDは、一般的にはTyr-Ser-Pro-Thr-Ser-Pro-Serのリピート配列からなり、最大52個のリピート配列から構成される[20]。CTDはRNAポリメラーゼIIのコアからRNAの出口となるexit channelへと伸び、RNAのプロセシング装置の構成要素と直接的・間接的な相互作用を介してRNAのプロセシング反応を誘導するために効率的な配置となっている[21]。CTDはRNAポリメラーゼIやRNAポリメラーゼIIIには存在しない[1]。CTDはトロント大学のC. J. Inglesの研究室とジョンズ・ホプキンズ大学のJ. Cordenの研究室において、それぞれ酵母とマウスのRPB1サブユニットをコードするDNAのシーケンシングの過程で発見された。CTDには他のタンパク質がしばしば結合し、ポリメラーゼの活性を活性化する。このドメインは、転写開始、RNA転写産物への5'キャップの付加、RNAスプライシングのためのスプライソソームの結合などに関与している[11]

CTDドメインのリン酸化編集

RNAポリメラーゼIIは非リン酸化状態(IIA)とリン酸化状態(IIO)の2状態で存在する[1][5]。2状態間の転換によって、転写の異なる機能が促進される。CTDのリン酸化は6つの基本転写因子のうち1つ、TFIIH英語版によって触媒される。TFIIHの機能の1つは転写開始部位のDNAの巻き戻しであり、もう1つはリン酸化である。転写開始前複合体に加わるのはIIA型のRNAポリメラーゼIIであり、このことは基本転写因子TFIID英語版のサブユニットTBP(TATA結合タンパク質)に対し、IIA型はIIO型よりも高い親和性で結合することから示唆される。IIO型はRNA鎖の伸長を促進する[5]。伸長の開始はTFIIHを介したリピート配列の5番目のセリン残基(Ser5)のリン酸化によって行われる。新たにリン酸化されたSer5は新生RNA鎖の5'末端へキャップを付加する酵素や3'末端のポリ(A)化部位のプロセシングを行う因子をリクルートする[21]。リピート配列の2番目のセリン残基(Ser2)がリン酸化されると、伸長反応が活性化される。伸長を終結させるためには、脱リン酸化が起こる必要がある。CTDが完全に脱リン酸化されると、RNAポリメラーゼIIは「リサイクル」され、他の転写開始部位で同様の過程を触媒する[21]

転写と共役した組換え修復編集

DNAの酸化損傷はRNAポリメラーゼIIによる転写の障壁となり、DNA鎖の切断を引き起こす可能性がある。RNAを鋳型とした、転写と関係した組換え過程は、DNA損傷からの保護を行う可能性がある[22]細胞周期G1/G0の間、細胞は活発な転写領域内部の二本鎖切断部位へ相同組換え因子を集合させる。この過程は、転写がRNAを鋳型とした相同組換えによる二本鎖切断修復と共役しているようである。この修復過程では、RNAポリメラーゼIIによって活発に転写されている遺伝子内の二本鎖切断が効率的かつ正確に再結合される。

出典編集

  1. ^ a b c d Young, Richard A. (2003-11-28). “RNA Polymerase II” (英語). Annual Review of Biochemistry 60 (1): 689–715. doi:10.1146/annurev.bi.60.070191.003353. PMID 1883205. 
  2. ^ “Eukaryotic transcriptional control”. Trends in Cell Biology 9 (12): M46–9. (December 1999). doi:10.1016/S0962-8924(99)01679-7. PMID 10611681. 
  3. ^ “Recent highlights of RNA-polymerase-II-mediated transcription”. Current Opinion in Cell Biology 16 (3): 263–71. (June 2004). doi:10.1016/j.ceb.2004.04.004. PMID 15145350. 
  4. ^ “Phasing RNA polymerase II using intrinsically bound Zn atoms: an updated structural model”. Structure 14 (6): 973–82. (June 2006). doi:10.1016/j.str.2006.04.003. PMID 16765890. 
  5. ^ a b c d 1942-, Weaver, Robert Franklin (2012-01-01). Molecular biology. McGraw-Hill. ISBN 9780073525327. OCLC 789601172 
  6. ^ Cramer, P.; Meinhart, A.; Mitterweger, S.; Armache, K.-J. (15 April 2019). “Structures of Complete RNA Polymerase II and its Subcomplex,Rpb4/7”. J. Biol. Chem. 280: 7131. doi:10.2210/pdb1wcm/pdb. https://www.rcsb.org/structure/1WCM 2019年4月15日閲覧。. 
  7. ^ “Structures of complete RNA polymerase II and its subcomplex, Rpb4/7”. J Biol Chem 280 (8): 7131–34. (2005-02-25). doi:10.1074/jbc.M413038200. PMID 15591044. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=15591044. 
  8. ^ “RNA polymerase B (II) and general transcription factors”. Annual Review of Biochemistry 59: 711–54. (1990). doi:10.1146/annurev.bi.59.070190.003431. PMID 2197989. 
  9. ^ a b “RNA polymerase II holoenzymes and subcomplexes”. The Journal of Biological Chemistry 273 (43): 27757–60. (October 1998). doi:10.1074/jbc.273.43.27757. PMID 9774381. 
  10. ^ a b c d e f g h i j “Interactions between the human RNA polymerase II subunits”. The Journal of Biological Chemistry 272 (27): 16815–21. (July 1997). doi:10.1074/jbc.272.27.16815. PMID 9201987. 
  11. ^ a b “Functional studies of the carboxy-terminal repeat domain of Drosophila RNA polymerase II in vivo”. Genetics 140 (2): 599–613. (June 1995). PMC: 1206638. PMID 7498740. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1206638/. 
  12. ^ “Analysis of the interaction of the novel RNA polymerase II (pol II) subunit hsRPB4 with its partner hsRPB7 and with pol II”. Molecular and Cellular Biology 18 (4): 1935–45. (April 1998). doi:10.1128/mcb.18.4.1935. PMC: 121423. PMID 9528765. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC121423/. 
  13. ^ POLR2E RNA polymerase II subunit E [Homo sapiens (human) - Gene - NCBI]”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2019年6月3日閲覧。
  14. ^ POLR2F RNA polymerase II subunit F [Homo sapiens (human) - Gene - NCBI]”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2019年6月3日閲覧。
  15. ^ POLR2G RNA polymerase II subunit G [Homo sapiens (human) - Gene - NCBI]”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2019年6月3日閲覧。
  16. ^ POLR2J3 RNA polymerase II subunit J3 [Homo sapiens (human) - Gene - NCBI]”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2019年6月3日閲覧。
  17. ^ a b c “Mutations in the three largest subunits of yeast RNA polymerase II that affect enzyme assembly”. Molecular and Cellular Biology 11 (9): 4669–78. (September 1991). doi:10.1128/mcb.11.9.4669. PMC: 361357. PMID 1715023. http://mcb.asm.org/cgi/reprint/11/9/4669?ijkey=9d60d05ed32981de57ecc990796689311e8f86a0. 
  18. ^ “The RNA polymerase II trigger loop functions in substrate selection and is directly targeted by alpha-amanitin”. Molecular Cell 30 (5): 547–56. (June 2008). doi:10.1016/j.molcel.2008.04.023. PMC: 2475549. PMID 18538653. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2475549/. 
  19. ^ Gong, Xue Q.; Nedialkov, Yuri A.; Burton, Zachary F. (2004-06-25). “α-Amanitin Blocks Translocation by Human RNA Polymerase II” (英語). Journal of Biological Chemistry 279 (26): 27422–27427. doi:10.1074/jbc.M402163200. ISSN 0021-9258. PMID 15096519. 
  20. ^ “Recognition of RNA polymerase II carboxy-terminal domain by 3'-RNA-processing factors”. Nature 430 (6996): 223–6. (July 2004). doi:10.1038/nature02679. PMID 15241417. 
  21. ^ a b c Egloff, Sylvain; Murphy, Shona (2008). “Cracking the RNA polymerase II CTD code”. Trends in Genetics 24 (6): 280–288. doi:10.1016/j.tig.2008.03.008. PMID 18457900. 
  22. ^ “Transcription-coupled homologous recombination after oxidative damage”. DNA Repair (Amst.) 44: 76–80. (2016). doi:10.1016/j.dnarep.2016.05.009. PMID 27233112. 

関連項目編集

外部リンク編集