メインメニューを開く

ROBO☆ROCK』(ロボ☆ロック)とは、2007年11月23日公開の日本映画塩谷瞬主演の青春SFコメディ。監督は須賀大観。ストーリーは監督オリジナルによるもの。

ROBO☆ROCK
監督 須賀大観
脚本 竹内利光
渡辺雄介
原案 須賀大観
音楽 日比野則彦
主題歌 ザ・クロマニヨンズ
「東京ジョニー ギター」
撮影 末廣健治
編集 原正之
配給 アステア
公開 2007年11月23日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年3月にGDHの実写映画領域への進出第1弾『ロング・アームド・モンキーズ』(仮題)として制作発表された作品。

実制作は、GDHの立ち上げたVFX制作会社ゲネロ・スタジオが担当した。

ストーリー編集

天才便利屋を自称するマサルだが、請け負う仕事はしょぼく、毎日が失敗続き。 同棲中の彼女、キリコはタトゥー・ショップを経営していて、稼ぎのないマサルにいらいらしっぱなし。そんな時、ニラサワという区役所勤務の男から、とある依頼が舞い込んだ。ランドツェッペリンという50年前に開発された巨大ロボットを復活させるため、マサルの声が必要だというのだ。ランドツェッペリンは、土星人の侵略から地球を守る切り札だとニラサワは力説する。もちろん、マサルは相手にしない。だが、マサルはニラサワに追い回されるうち、忘れかけていた自分の夢を少しずつ思い出していく。

キャスト編集

23歳。ロックシンガーになることが夢だったが挫折。現在は便利屋稼業で働いている。自称「天才便利屋」。彼女はキリコで、コウの親友。
公務員で、50年前につくられた巨大ロボット「ランドツェッペリン」の実在を信じている。その復活のため、マサルを追い回す。
マサルの彼女。彫り師。
無口で、ヤバイ仕事もこなしてきた。顔に似合わず、ペルー人の娘に片思い中。
マサルに仕事を回す斡旋屋。
コウに危険な仕事ばかり回す悪名高き斡旋屋。
aトムの弟。

主題歌編集

スタッフ編集

主な評価編集

公開時はムービーウォーカー試写ランキングで2位、ぴあ満足度で『ミッドナイトイーグル』に続き2位、映画生活ランキングでは『ヘアスプレー』に続き3位を記録、同時期に公開された映画群の中で高い評価を残した。漫画家の永井豪、ミュージシャンのL'Arc〜en〜Cielほか、『スタートレック』の脚本家であるデヴィッド・B・カレンやアニメーション監督の河森正治などから賞賛を得ている。

外部リンク編集