ROCKIN'ON JAPAN』(ロッキング・オン・ジャパン)は、ロッキング・オン社が発行する邦楽ロックポップス専門の音楽雑誌である。通称はジャパン、ロキノン、ロキノンジャパン、ロッキン、ロッキンジャパンなど。

ROCKIN'ON JAPAN
ジャンル 音楽雑誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 ロッキング・オン
発行人 渋谷陽一
刊行期間 1986年 -
ウェブサイト https://rockinon.com/
テンプレートを表示

概要編集

洋楽誌『rockin'on』の増刊として1986年9月に創刊[1]。毎月30日発売。毎回、40組以上のアーティスト (歌手、バンド) のインタビュー記事が掲載される。取材記事については、ロッキング・オン側がギャランティを支払うのではなく、アーティスト側がロッキング・オン側に広告費を支払うことにより記事を掲載するという手法を採っている。この雑誌の大きな特徴の一つとして、アーティストの幼少時代や音楽的な芽生えのきっかけなどのさまざまな経歴を問うた記事の「○万字インタビュー」(基本的には2万字)などがある。

来歴編集

初代編集長はロッキング・オン創始者の渋谷陽一。かねてから「邦楽雑誌を作るなら彼を表紙にする」と言い続けていた佐野元春が創刊号の表紙を飾った。「シリアスなロックをシリアスに語る」をコンセプトに掲げるとともに、単なる情報誌・批評誌としてだけでなく、若く意欲的なカメラマンのパフォーマンスの場になる「ビジュアル雑誌」を目指し、洋楽誌『rockin'on』とは全く違う判型(A4変型)と紙質での立ち上げとなった[1]。第4号から隔月刊化[2]。第8号を発行した後、版型の変更など一部リニューアルを加え1988年3月に月刊化[3]。佐野元春、RCサクセションTHE STREET SLIDERS尾崎豊THE BLUE HEARTSCOMPLEX米米CLUBなど名だたるアーティストが毎号のように登場したが、部数は伸び悩んだ[4]

90年代に入って80年代終盤から続くバンドブームがさらに過熱する中、『ROCKIN'ON JAPAN』編集部では、フリッパーズギターニューエスト・モデルなどのいわゆる「硬派」なアーティストを取り上げる山崎洋一郎と、XBUCK-TICKなどのあとに「ビジュアル系」と呼ばれるアーティストを取り上げる市川哲史が、熾烈なページ争奪戦を繰り広げていた。当時の『ROCKIN'ON JAPAN』は、まだマイナーな存在で、部数的には『PATiPATi』『GB』『B-PASS『R&R NewsMaker』といったメジャー誌の3分の1にも満たない状況が続いた[4][5][6]

1991年10月、山崎が二代目編集長に就任。1993年に市川が退社し、同年11月にシンコーミュージック社から『音楽と人』を創刊(創刊後も洋楽誌『rockin'on』では特別嘱託ライターとして2年間ほど活動)[7][8][6]。山崎の独裁体制となった『ROCKIN'ON JAPAN』は、小沢健二[9]Cornelius[10]ソウル・フラワー・ユニオン[11]ORIGINAL LOVE[12]といった山崎担当のアーティストが次々と表紙巻頭を飾り、12月には創刊以来初めてとなる大幅リニューアルを敢行[5][6][13][14]。スタッフの数を減らし、定価を2割(600円から480円に)値下げ。制作費抑制のため判型を縮小(A4判からA5判に)し、時間と予算をしっかりかけたスタジオでの撮影をロケ中心のカジュアルな撮影スタイルに変更[15]。掲載アーティストを半分に絞り、雑誌のスタンスを明確にした[16][4][5][6]

リニューアルと同時のタイミングで起こった渋谷系ブームもあり、小沢健二、Cornelius、電気グルーヴ、ORIGINAL LOVE、スチャダラパーなどを積極的に取り上げ、部数を伸ばす[4][5][6]スピッツTHE YELLOW MONKEYウルフルズなどメジャー・デビュー以来、密にフォローし続けていたアーティストが次々とブレイク。音楽シーンの変化も追い風となった[4]。またデビュー当時からプッシュを続けてきたエレファントカシマシが1994年にレコード会社と契約を切られた上、所属事務所が解散してしまったときにはエレカシ復活のため一役かい、ブレイクのきっかけを作る。90年代後半のヴィジュアル系ブームを殆ど無視し、THE YELLOW MONKEY、thee michelle gun elephantくるり中村一義SUPERCARナンバーガールなどを積極的に取り上げた。

2000年4月、鹿野淳が三代目編集長に就任。同年8月に大型野外イベント『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』を初開催[17][18]。2002年4月には鹿野と兵庫慎司の2編集長2編集部体制で月2回(10日・25日)の発行となったが、売り上げの伸び悩みやスタッフの不足などでわずか1年で月刊に戻している。2003年4月からの再月刊化にともなうリニューアルでロゴと判型を一新[19]。このリニューアル時のロゴと判型は現在まで続く。

2004年に鹿野が退社し、古河晋が編集長に就任。

2006年4月、山崎が編集長に復帰。

2009年4月、古河が編集長に復帰。2009年5月号から2011年5月号まで総編集長・山崎、編集長・古河によるW編集長体制。

2010年4月、山崎が洋楽誌『rockin'on』の編集長を兼任。

2015年4月、小栁大輔[20]が編集長に就任。2015年6月号から2019年5月号まで総編集長・山崎、編集長・小栁によるW編集長体制。

コーナー編集

JAPAN TIMES編集

  • 市川哲史の酒飲み日記(1989年8月号 - 1992年7月号)
  • カールスモーキー石井の電話でりんりん(1990年6月号 - 1993年12月号)
  • 吉井和哉の(秘)おセンチ日記(1992年11月号 - 1996年5月号)
  • 激刊! 山崎(1993年7月号 - 現在)
  • 鹿野淳の食獣日誌(1994年1月号 - 1998年3月号、2001年2月号 - 2002年4月号)
  • それ行け! ちんちんシスターズ!!(1994年1月号 - 1996年1月号)
  • 恭一の時事放談(1994年5月号 - 1997年2月号)
  • 中込智子の死して屍拾う者なし(1994年10月号 - 2001年6月号)
  • 電気グルーヴのメロン牧場(1997年1月号 - 現在)
  • この人に訊く!(2006年6月号 - 現在)
  • くるり・岸田繁の石、転がっといたらええやん。(2006年6月号 - 現在)
  • ポルカ雫のサントラ大草原(2019年11月号 - 現在)

イベント編集

ROCKIN'ON JAPAN PRESENTS THE YELLOW MONKEY THREE DOG NIGHT編集

会場:日清パワ-ステーション[21][22][23]

  • 1993年8月17日 出演:THE YELLOW MONKEY

激突! トライアングル MAGAZINE BATTLE編集

会場:渋谷ON AIR[21][24][25][26]

  • 1993年8月30日 出演:THE YELLOW MONKEY(ROCKIN'ON JAPAN選出)、HARRY JANE(R&R NewsMaker選出)、CUTEMEN(PATiPATi ROCK'N'ROLL選出)

JAPAN ACT'96編集

会場:新宿リキッドルーム[27][28]

  • 1996年8月29日 出演:dip、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

スタッフ編集

編集長編集

  • 渋谷陽一(1986年10月号 - 1991年10月号)
  • 山崎洋一郎(1991年11月号 - 2000年5月号、2006年6月号 - 現在)
  • 鹿野淳(2000年6月号 - 2004年5月号)
  • 兵庫慎司(2002年5月25月号 - 2003年4月10日・25日合併号)
  • 古河晋(2004年6月号 - 2006年5月号、2009年5月号 - 2011年5月号)
  • 小栁大輔(2015年6月号 - 2019年5月号)

アートディレクター&デザイナー編集

  • The Garden(VOL.1 - VOL.3)
  • 大類信+Fiction inc.(VOL.4 - VOL.5)
  • ONE DIME(VOL.6 - VOL.8)
  • 清水正己(1988年4月号 - 1990年6月号)
  • 大路浩実(1990年7月号 - 1991年10月号)
  • 福士昌明(1991年11月号 - 1992年10月号)
  • 中島英樹(1992年11月号 - 1995年8月号)
  • 山本知香子[29](1995年9月号 - 2000年10月号)
  • 関万葉[29]
  • 田中力弥[29]
  • 高橋剛
  • 大橋麻里奈

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『rockin'on』通巻139号 1986年9月号 52-53頁(株式会社ロッキング・オン)
  2. ^ 『rockin'on』通巻147号 1987年3月号 52-53頁(株式会社ロッキング・オン)
  3. ^ 『rockin'on』1988年4月号 通巻167号 48-49頁(株式会社ロッキング・オン)
  4. ^ a b c d e 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻298号 2006年6月号(株式会社ロッキング・オン)
  5. ^ a b c d 元「アイスクリーム」編集長による食雑誌の常識を覆した「ライス」はいかにして生まれたか” (日本語). WWDJAPAN.com (2019年4月27日). 2021年4月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e カルチャー雑誌/音楽雑誌は死んだ? 雑誌天国の90年代から20年、何が変わったのか?~90年代『ロッキング・オン』編” (日本語). www.fuze.dj. 2021年4月1日閲覧。
  7. ^ 沿革〜詳細”. シンコーミュージック・エンタテイメント | 楽譜[スコア]・音楽書籍・雑誌の出版社. 2021年3月26日閲覧。
  8. ^ Doshite hevi metaru o suki ni naranakattandaro.』Tetsushi Ichikawa, 哲史 市川、Shinkomyujikkuentateimento、2018年4月、13.21頁。ISBN 978-4-401-64584-8OCLC 1035563398
  9. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻75号 1993年8月号(株式会社ロッキング・オン)
  10. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻76号 1993年9月号(株式会社ロッキング・オン)
  11. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻77号 1993年10月号(株式会社ロッキング・オン)
  12. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻79号 1993年12月号(株式会社ロッキング・オン)
  13. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻79号 1993年12月号 148頁(株式会社ロッキング・オン)
  14. ^ 『rockin'on』通巻257号 1994年1月号 104-105頁(株式会社ロッキング・オン)
  15. ^ 『月刊MdN』通巻272号 2016年12月号 67-68頁[1](株式会社エムディエヌコーポレーション)
  16. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻84号 1994年5月号 169頁(株式会社ロッキング・オン)
  17. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻187号 2000年5月号 18頁(株式会社ロッキング・オン)
  18. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻193号 2000年10月号 18-103頁(株式会社ロッキング・オン)
  19. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻244号 2003年4/10・25合併号 230頁(株式会社ロッキング・オン)
  20. ^ 第152回 株式会社ロッキング・オン・ジャパン 『ROCKIN’ON JAPAN』編集長 小栁大輔 氏【前半】 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年4月1日閲覧。
  21. ^ a b 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻74号 1993年7月号 126-127頁(株式会社ロッキング・オン)
  22. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻75号 1993年8月号 81頁(株式会社ロッキング・オン)
  23. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻77号 1993年10月号 142-143頁(株式会社ロッキング・オン)
  24. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻75号 1993年8月号 142-143頁(株式会社ロッキング・オン)
  25. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻76号 1993年9月号 130-131頁(株式会社ロッキング・オン)
  26. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻78号 1993年11月号 148-149頁(株式会社ロッキング・オン)
  27. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻118号 1996年8月号 18-19頁(株式会社ロッキング・オン)
  28. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』通巻121号 1996年10月号 52-59頁(株式会社ロッキング・オン)
  29. ^ a b c 株式会社ロッキングオン その企業活動全体 [企業活動:企業経営におけるデザインマネージメントの実践]”. Good Design Award. 2021年3月23日閲覧。

外部リンク編集