メインメニューを開く

ROPPONGI VICE(ロッポンギ・ヴァイス)は、ロッキー・ロメロバレッタプロレスラータッグチーム六本木をフィーチャーしたタッグ名でもあり、略称として「RPG VICE」が使われている。

六本木ヴァイス
Roppongi Vice
 
タッグチーム
メンバー ロッキー・ロメロ
バレッタ
名称
  • 六本木ヴァイス
デビュー 2015年3月13日 (2015-03-13)
団体

概要編集

結成経緯 - デビュー戦編集

タッグチーム結成以前、ロメロはアレックス・コズロフとのタッグチームであるフォーエバー・フーリガンズとして活動していた。しかし、コズロフが内臓疾患の薬の副作用から来る体調不良が長引いていたことから1月10日、コズロフは自身のTwitterで引退を発表した[1]。1月25日、AWS(オルタネイティブ・レスリング・ショー)とWCA(レスリング・ケアーズ・アソシエーション)の合同興行に参戦したのを最後にフーリガンズとしての活動を停止した。

その後、ロメロはバレッタに白羽の矢を立てると、3月1日に開催されたROH創立13周年記念興行において新たなるタッグチーム「ROPPONGI VICE(ロッポンギ・ヴァイス)」を結成した。ROHのConquest Tourに参戦し3月13日に同タッグとして出場し、対戦相手のディケイドB.J.ホイットマー&ジミー・ジェイコブス組)を下しデビュー戦を勝利で飾った。

略歴編集

2015年
2016年
  • 4月10日、IWGPジュニアタッグ王座戦としてリコシェマット・サイダル組と対戦、ストロング・ゼロでリコシェをマットに沈め第46代王者組となった。
  • 11月5日、石森太二ACH組をストロング・ゼロで下し、SUPER Jr. TAG TOURNAMENTを制覇。
2017年
  • 1月4日、IWGPジュニアタッグ王座戦でヤング・バックスと対戦、ロメロがマットから十字架固めで3カウントを奪取し第49代王者組となった。
  • 2月7日、TAKAみちのく&タイチ組を下し、ロッポンギ・ヴァイスとして初めて王座防衛に成功。
  • 3月6日、金丸義信&タイチ組に敗れ、王座から陥落。
  • 4月27日、金丸&タイチ組とのリマッチに勝利し王座奪還、第51代王者組となる。
  • 6月11日、ヤング・バックスに敗れ王座陥落。
  • 7月2日、ヤング・バックスとのリマッチに挑むも敗戦。試合後、マイクを握ったロメロはバレッタのヘビー級転向及びロッポンギ・ヴァイスのタッグ解散を発表した。

合体技編集

ストロング・ゼロ
バレッタのデュードバスター(アックス・ギロチン・ドライバー)とロメロのミサイルキックを同時に食らわせるフィニッシュ・ホールド。
ダブルジャンピングニーキック
相手が走り込んできた所を迎え撃つ形で行う。体格差がある為、ロメロがバレッタに合わせる形で大きくジャンプする必要がある。

獲得タイトル歴編集

ROPPONGI 3K編集

ROPPONGI 3K
 
SHO(左)、YOH(右)
タッグチーム
メンバー SHO
YOH
ロッキー・ロメロ
名称
  • ROPPONGI 3K
デビュー 2017年10月9日 (2017-10-09)
団体

ROPPONGI 3Kは、SHOYOHロッキー・ロメロからなる新日本プロレスタッグチームである。

概要編集

後のSHO&YOH組となる田中翔小松洋平は、新日本プロレスの2012年2月同期入門組であり、ヤングライオン時代から度々タッグを結成していた。2016年1月から田中・小松は共に海外武者修行に旅立ち、「風神・雷神」(CMLL)、「テンプラボーイズ」(ROH)のチーム名でタッグチームとして活躍した[2]


2017年9月16日新日本プロレス広島大会にて、IWGPジュニアタッグ王座を防衛した田口隆祐リコシェ組に対し、同日にROPPONGI VICEラストマッチを戦ったロッキー・ロメロが「ROPPONGI 3K」なるタッグチームを連れてくると挑戦表明する[3]。しかしロッキーはこのタッグチームの詳細を明かさず、同王座防衛戦が決定するも挑戦者組はどちらも「X」と発表される[4]

10月9日両国国技館大会にて、IWGPジュニアタッグ選手権試合が行われる。登場した挑戦者組である「X」はかつての田中・小松であるSHO&YOH組であった。試合では華麗なタッグワークを披露し試合を展開。最後は合体技3Kで王者組の田口&リコシェ組から王座奪取。初挑戦ながら初戴冠を果たし、第54代王者に輝いた[5]。その後もジュニアタッグ戦線で活躍し、IWGPジュニアタッグ王座を計3度戴冠、SUPER Jr. TAG TOURNAMENTを2連覇するなどの戦績を収めている。

タイトル歴編集

新日本プロレス

合体技編集

 
3K
3K
SHOがフラップジャックで相手を持ち上げたところに、YOHが飛びついてコンプリートショットを決める、合体のフェイスバスター
ダブルジャンピングニー
ROPPONGI VICEから継承。

脚注編集

  1. ^ 新日参戦アレックス・コズロフ電撃引退”. デイリースポーツ online. 2015年1月11日閲覧。
  2. ^ SHO” (日本語). 新日本プロレス公式サイト. 2019年9月10日閲覧。
  3. ^ DESTRUCTION in HIROSHIMA – 広島・広島サンプラザホール –第5試合終了後” (日本語). 新日本プロレス公式サイト. 2019年9月10日閲覧。
  4. ^ 【10月9日(月・祝)両国の全カード決定!】KUSHIDAvsオスプレイ! 棚橋が飯伏とタッグ戦! 噂の“ROPPONGI 3K”がJr.タッグ挑戦! Cody、スカル、ザックも参戦!” (日本語). 新日本プロレス公式サイト. 2019年9月10日閲覧。
  5. ^ KING OF PRO-WRESTLING – 東京・両国国技館 – 第3試合” (日本語). 新日本プロレス公式サイト. 2019年9月10日閲覧。

関連項目編集