メインメニューを開く

RP-46ロシア語: РП-46)とは、ソビエト連邦軽機関銃である。

RP-46軽機関銃
DM-ST-89-01130.JPEG
RP-46軽機関銃
概要
種類 軽機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
性能
口径 7.62mm
銃身長 605mm
使用弾薬 7.62mm×54R
装弾数 200発 / 250発
非分離式ベルトリンク
作動方式 ガス圧利用
全長 1,270mm
重量 13kg
発射速度 600発/分
銃口初速 840m/s
有効射程 800m
テンプレートを表示

概要編集

RP-46は1946年に設計され、同年から製造・配備が開始されたソビエト連邦軽機関銃であり、DPM軽機関銃の給弾機構をパンマガジン式からベルトリンク式に変更したものである。

DP28軽機関銃およびその改良型のDPM軽機関銃は、もともと歩兵分隊に配備される軽機関銃(分隊支援火器)として設計されたが、第二次世界大戦後の赤軍歩兵の主力小銃は7.62x54mmR弾を使用するボルトアクション方式モシン・ナガンから7.62x39mm弾を使用するSKSカービンAK-47カラシニコフ自動小銃)に更新されていったため、分隊支援火器も7.62x39mm弾を使用する新規設計のRPD軽機関銃に更新されることになった。

残存のDPM軽機関銃は7.62x54mmR弾を使用可能なPM1910SG-43などの重機関銃よりも軽量な点を生かして、歩兵中隊の機関銃小隊に配備して運用することになったが、47連発パンマガジンでは連射時間が少なすぎたので、給弾機構をベルトリンク式に改修することとなった。この機構はDPMに後付けされたユニットであり、取り外して従来型のパンマガジンを使用することもできた。

RP-46はSGM重機関銃とともに1950年代を通じて使用されたが、1961年からはPK汎用機関銃に更新されて退役した。

関連項目編集