メインメニューを開く

ロイヤル・スポルティング・クラブ・アンデルレヒト (フランス語: Royal Sporting Club Anderlecht) は、ベルギーブリュッセル首都圏地域アンデルレヒトを本拠地とするサッカークラブチーム。

RSCアンデルレヒト
原語表記 Royal Sporting Club Anderlecht
愛称 Les Mauves(仏語),
Paarswit (蘭語)
クラブカラー 紫・白
創設年 1908年
所属リーグ ジュピラー・プロ・リーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ブリュッセル
ホームスタジアム コンスタン・ヴァンデン・ストック
収容人数 28,063[1][2][3]
代表者 ベルギーの旗 ロジャー・ファンデン・ストック
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

ベルギーでもっとも大きな成功を収めたクラブである。ジュピラー・プロ・リーグでは32回、ベルギー・カップでは9回、ベルギー・リーグカップでは1回、ベルギー・スーパーカップでは10回優勝している。ジュピラーリーグでは1963-64シーズンから1967-68シーズンまで5連覇しており、これはリーグの最多連覇記録である。UEFAカップで1回、UEFAカップウィナーズカップで2回、UEFAスーパーカップで2回優勝しており、欧州カップ戦で計5個のトロフィーを獲得している。これは欧州サッカー連盟 (UEFA) 加盟クラブ中第12位の獲得数であり、国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) によって「20世紀におけるヨーロッパのサッカークラブランキング」の第10位に選出されている。2012年のUEFAチームランキングは第41位である[4]。1986年にはユヴェントスFC(イタリア)と並んで第1位に輝いた[5]

1908年創立。1921-22シーズンにトップリーグに初昇格し、1935-36シーズン以降は継続してトップリーグに在籍している。第二次世界大戦後の1946-47シーズンに初のリーグ優勝を果たし、それ以来7位以下でシーズンを終えたことがない。歴史的に、クラブ・ブルッヘスタンダール・リエージュFCブルッヘとはライバル関係にある。1993年、ブリュッセル・D71がRSCアンデルレヒト・レディースに名称変更され、クラブ組織に女子チームが新設された。アンデルレヒト・レディースファースト・ディヴィジョン・レディース(女子1部)で3回、ベルギー・カップ・レディースで5回優勝している。

歴史編集

黎明期 (1908年 - 1930年代)編集

1908年5月27日、アンデルレヒト地区のRue d'Aumale/Aumalestraatを本拠地とし、コンコルディア・カフェにてSCアンデルレヒト(Sporting Club Anderlecht)として創設された[6]。Institut Saint-Georgesとの間で行なわれた初試合には11-8で勝利した。

公式大会に初参加したのは1909-10シーズンである。地域3部リーグからスタートし、1912-13シーズンには全国2部リーグ昇格を決めた。2部で1シーズン戦った後、ベルギーリーグは第一次世界大戦のために中断され、1919-20シーズンに再開された。クラブの人気が増したため、1917年にAstrid ParkのStade Emile Verséに移転した。1920-21シーズン終了後、クラブ史上初のトップリーグ昇格を果たした。その後の14シーズンの間には4回の降格(1923年、1926年、1928年、1931年)と4回の昇格(1924年、1927年、1929年、1935年)を経験し、ローカル・ライバルのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズDCブリュッセルからは「リフトクラブ」(エレベータークラブ)と揶揄された。

国内リーグでの成功 (1940年代 - 1960年代)編集

創設から25年目の1933年、クラブ名に「ロイヤル」を冠したRSCアンデルレヒト (Royal Sporting Club Anderlechtois) に名称変更した。1935年にトップリーグに昇格すると、その後は一度も降格することなくトップリーグの地位を保ち続けている。1942年にはK Tubantia FCに12万5000ベルギーフランの大金を支払ってストライカーのジェフ・メルマンスを獲得。1946-47シーズンには国内リーグ初優勝を飾った。1949-50シーズンから1955-56シーズンの間には6回のリーグ優勝を果たし、1958-59・1961-62シーズンにもリーグ優勝した。1960年代にはフランス人のPierre Sinibaldi監督やハンガリー人のAndreas Beres監督に率いられ、1963-64シーズンから1967-68シーズンにかけて5連覇を達成した。これは現在でもリーグ最多連覇記録となっている。この時期のチーム最高のスター選手はポール・ヴァン・ヒムストであり、リーグ得点王を3回(1964-65・1966-67・1968-69シーズン)、ベルギー年間最優秀選手賞を4回(1959-60・1960-61・1964-65・1973-74シーズン)獲得した。

欧州カップ戦での躍進 (1960年代 - 1980年代)編集

1955-56シーズンにはUEFAチャンピオンズカップに初出場したが、初戦でヴェレシュ・ロボゴーSE(ハンガリー)に敗れた。1956-57シーズン、1959-60シーズンの同大会では予選で敗れたが、1962-63シーズンの同大会では予選でレアル・マドリード(スペイン)に2試合合計4-3で勝利し、欧州カップ戦初勝利を挙げた。2回戦ではCDNAソフィア(ブルガリア)に勝利したが、準々決勝でダンディーFC(スコットランド)に敗れた。1969-70シーズンのインターシティーズ・フェアーズカップでは決勝に進出したが、決勝でアーセナル(イングランド)に敗れた。1975年から1984年には、リーグ優勝こそ1回だけだったが、欧州カップ戦で大きな成功を収めた。1975-76シーズンと1977-78シーズンのUEFAカップウィナーズカップでは、決勝でそれぞれウェストハム・ユナイテッドFC(イングランド)とアウストリア・ウィーン(オーストリア)を下して優勝した。1976年と1978年にはUEFAスーパーカップも制している。1982年、選手時代にアンデルレヒトのアイドルだったヒムストが監督に就任し、この時期にはスタジアムの完全改修工事が始まった。1982-83シーズンのUEFAカップでは決勝でベンフィカ(ポルトガル)を下して優勝したが、国内リーグではスタンダール・リエージュに次ぐ2位に終わった。1983-84シーズンのUEFAカップでは、決勝でトッテナム・ホットスパー(イングランド)に敗れた。準決勝のノッティンガム・フォレスト戦(イングランド)には2試合合計3-2で勝利したが、同点で迎えた延長に与えられたPKで勝ち上がりを決めたため、試合後に議論が起こった。後には、決勝進出を保証してもらうために、2万7000ポンド分の賄賂を審判に贈ったことが明らかとなった[7]。1981-82・1982-83・1983-84シーズンは3シーズン連続で2位だったが、1984-85シーズンには2位のクラブ・ブルッヘに勝ち点11の大差を付け、18回目のタイトルを獲得した。1985-86シーズンのリーグ戦ではプレーオフでクラブ・ブルッヘを破り、19回目のリーグ優勝を果たした。1986-87シーズンは最終節で20回目のリーグ優勝を決めた。1987年夏には主力選手のフランキー・ベルコーテレンエンツォ・シーフォが退団し、フアン・ロサーノKSVワレヘム戦で重傷を負って長期離脱した[8]レイモン・ゲタルスが弱体化したチームを率いたが、1987-88シーズンはクラブ・ブルッヘ、KVメヘレンロイヤル・アントワープに次ぐ4位にとどまった。しかし、ベルギー・カップではスタンダール・リエージュとの決勝に進出し、ルク・ニリスとEddie Krnčevićが得点して6回目の優勝を飾った。1988-89シーズンのベルギー・カップ決勝でもスタンダールと顔を合わせ、今度はKrnčevićとヤンコヴィッチが得点して2連覇を決めたが、リーグ戦では2位に終わった。このシーズン終了後、ゲタルス監督はボルドー(フランス)監督に転任した。

欧州カップ戦での地位低下 (1990年代 - )編集

1989-90シーズンのUEFAカップウィナーズカップでは決勝に進出したが、サンプドリア(イタリア)に敗れて準優勝に終わった。1990年代には欧州カップ戦での地位が低下し、1990-91シーズンと1996-97シーズンのUEFAカップでベスト8となったのが最高成績である。国内に目を向けると10シーズンで4回のリーグ優勝とカップ優勝を果たした。2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、大会名称変更後初めて2次リーグに進出した。レアル・マドリード、リーズ・ユナイテッド(イングランド)、ラツィオ(イタリア)と同組となり、レアル・マドリードとリーズに次ぐ3位で敗退となった。2006-07シーズンには29回目のリーグ優勝を果たした。2009-10シーズンには30回目のリーグ優勝を果たした。2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグ・グループリーグではロコモティフ・モスクワシュトゥルム・グラーツAEKアテネと同組となった。6戦全勝で勝ち点18(グループリーグ出場クラブ中最高)を獲得し、欧州カップ戦のグループリーグで最多勝ち点を獲得したベルギー初のクラブとなった。同大会グループリーグではスタンダール・リエージュ、クラブ・ブルッヘも首位通過を果たし、ベルギーから3クラブが決勝トーナメントに進出した。アンデルレヒトは決勝トーナメント1回戦でウディネーゼ(イタリア)に敗れた。2011-12シーズンには31回目のリーグ優勝を果たした[9]。2012年にはベルギー・スーパーカップで10回目の優勝を果たした[10]

サポーター編集

2000年代にはほとんどのシーズンでリーグ最高の1試合平均観客数を誇っており、2002-03シーズン(KRCヘンクが1位)と2004-05シーズン(クラブ・ブルッヘが1位)に1位を逃しただけである。サポーターはベルギー全土に存在し、ブリュッセルに住むアンデルレヒトサポーターは少数派である。77のファンクラブがあり、そのうち5つはベルギー国外(フランス、ポーランド、アメリカのテキサス州、カナダのモントリオール、イングランドのサンダーランド)にある。

クラブカラーとエンブレム編集

アンデルレヒトのクラブカラーは紫色と白色である。ホーム用ユニフォームは一般に紫色の装飾が施された白色であるが、2005-06シーズンは紫色の装飾が施された黒色であり、2007-08シーズンは灰色だった。クラブ創設当初は紫色主体のユニフォームだった。クラブのモットーは「Mens sana in corpore sano」であり、旧クラブ名称 (Sporting Club Anderlechtois) の頭文字である「SCA」の3文字とともにエンブレムに刻みこまれている。1933年にはクラブ名称にロイヤルが付与された (Royal Sporting Club Anderlechtois) ため、エンブレムにも王冠が追加された。アンデルレヒトのクラブカラーはアル・アインFCのクラブカラーの由来となっている。

スタジアム編集

1917年以前は、Rue Démosthènestraat地区(旧名称 : Rue Verheydenstraat地区)にあるグラウンドで試合を行なっていた[11]。1917年、Astrid ParkにホームスタジアムのStade Emile Verséが建設された。クラブ初の大規模後援者であり資本家のEmile Verséの名が冠されている。Stade Emile Verséは1983年に完全改築され、当時の会長名を冠したコンスタン・ヴァンデン・ストック・スタディオンに名称変更された。現在の収容人数は28,063人であり、このうちの約6,900席は立見席であるため、欧州カップ戦開催時の収容人数は21,845人である。収容人数を30,000人(全席固定座席)まで拡張する計画がある[12]

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

親善タイトル編集

成績編集

過去の成績編集

シーズン リーグ レギュラーシーズン プレーオフ 国内カップ 欧州カップ その他
試合 得点 失点 勝ち点 順位
2002-03 JL 32 23 2 7 72 33 71 2位 導入前 準々決勝敗退 UCベスト16
2003-04 JL 34 25 6 3 77 27 81 1位 準決勝敗退 CL グループリーグ敗退
2004-05 JL 34 23 7 4 75 34 76 2位 ベスト16 CL グループリーグ敗退 BSC準優勝
2005-06 JL 34 20 10 4 72 27 70 1位 6回戦敗退 CL グループリーグ敗退
2006-07 JL 34 23 8 3 75 30 77 1位 準決勝敗退 CL グループリーグ敗退 BSC優勝
2007-08 JL 34 22 7 6 59 31 70 2位 優勝 CL 予選3回戦敗退
UC ベスト16
BSC優勝
2008-09 JPL 34 24 5 5 75 30 77 2位[13] ベスト16 CL 予選2回戦敗退 BSC準優勝
2009-10 JPL 28 22 3 3 62 20 69 1位 1位 準々決勝敗退 CL 予選プレーオフ敗退
EL ベスト16
2010-11 JPL 30 19 8 3 58 20 65 1位 3位 ベスト16 CL 予選プレーオフ敗退
EL ベスト32
BSC優勝
2011-12 JPL 30 20 7 3 61 26 67 1位 1位 ベスト16 EL ベスト32
2012-13 JPL 30 20 7 3 69 27 67 1位 1位 準決勝敗退 CL グループリーグ敗退 BSC優勝
2013-14 JPL 30 18 3 9 61 31 57 3位 1位 7回戦敗退 CL グループリーグ敗退 BSC優勝
2014-15 JPL 30 16 9 5 51 30 57 3位 3位 準優勝 CL グループリーグ敗退
EL ベスト32
BSC優勝
2015-16 JPL 30 15 10 5 51 29 55 3位 2位 7回戦敗退 EL ラウンド16
2016-17 JPL 30 18 7 5 67 30 61 1位 1位 7回戦敗退 CL 予選3回戦敗退
EL 準々決勝敗退
2017-18 JPL 30 16 7 7 49 42 55 2位 3位 7回戦敗退 CL グループリーグ敗退 BSC優勝
2018-18 JPL 30 15 6 9 49 34 51 4位 6回戦敗退 EL グループリーグ敗退

欧州カップ戦での成績編集

2017年12月7日
大会 勝率
UEFAチャンピオンズカップ / UEFAチャンピオンズリーグ 200 70 44 86 282 320 −38 035.00
UEFAカップウィナーズカップ 44 29 3 12 86 34 +52 065.91
UEFAカップ / UEFAヨーロッパリーグ 148 73 35 40 253 173 +80 049.32
インターシティーズ・フェアーズカップ 18 13 0 5 51 27 +24 072.22
UEFAスーパーカップ 4 2 0 2 9 6 +3 050.00
総通算 414 187 82 145 681 560 +121 45.17
シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 スコア UEFA
ポイント
1955-56 CC 1回戦   ヴェレシュ・ロボゴーSE 3-6, 1-4 0.0
1956-57 CC 予選   マンチェスター・ユナイテッド 0-2, 0-10 0.0
1959-60 CC 予選   レンジャーズ 2-5, 0-2 0.0
1962-63 CC 予選   レアル・マドリード 3-3, 1-0 7.0
ラウンド16   CDNAソフィア 2-2, 2-0
準々決勝   ダンディー 1-4, 1-2
1964-65 CC 予選   ボローニャ 1-0, 1-2, 0-0 2.0
1回戦   リヴァプール 0-3, 0-1
1965-66 CC 予選   フェネルバフチェ 0-0, 5-1 8.0
1回戦   デリー・シティ 9-0, w/o
準々決勝   レアル・マドリード 1-0, 2-4
1966-67 CC 1回戦   ハカ 10-1, 2-0 4.0
2回戦   デュクラ・プラハ 1-4, 1-2
1967-68 CC 1回戦   カール=マルクス=シュタット 3-1, 2-1 5.0
2回戦   スパルタ・プラハ 2-3, 3-3
1968-69 CC 1回戦   グレントラン 3-0, 2-2 5.0
2回戦   マンチェスター・ユナイテッド 0-3, 3-1
1969-70 IF 1回戦   ヴァルル 6-0, 2-0 19.0
2回戦   コールレーン 6-1, 7-3
ラウンド16   ダンファームリン・アスレティック 1-0, 2-3
準々決勝   ニューカッスル・ユナイテッド 2-0, 1-3
準決勝   インテル 0-1, 2-0
決勝   アーセナル 3-1, 0-3
1970-71 IF 1回戦   ジェリェズニチャル 4-3, 5-4 10.0
2回戦   AB 3-1, 4-0
3回戦   ヴィトーリア・セトゥーバル 2-1, 1-3
1971-72 UC 1回戦   ボローニャ 1-1, 0-2 1.0
1972-73 CC 1回戦   ヴェイレBK 4-2, 3-0 4.0
2回戦   スパルタク・トルナヴァ 0-1, 0-1
1973-74 CWC 1回戦   チューリッヒ 3-2, 0-1 2.0
1974-75 CC 1回戦   スロヴァン・ブラチスラヴァ 2-4, 3-1 5.0
2回戦   オリンピアコス 5-1, 0-3
準々決勝   リーズ・ユナイテッド 0-3, 0-1
1975-76 CWC 1回戦   ラピド・ブカレスト 0-1, 2-0 16.0
2回戦   ボラツ・バニャ・ルカ 3-0, 0-1
準々決勝   レクサム 1-0, 1-1
準決勝   ザクセンリンク・ツヴィッカウ 3-0, 2-0
決勝   ウェストハム・ユナイテッド 4-2
1976 SC 決勝   バイエルン・ミュンヘン 4-1, 1-2
1976-77 CWC 1回戦   ローダJC 2-1, 3-2 15.0
2回戦   ガラタサライ 5-1, 5-1
準々決勝   サウサンプトン 2-0, 1-2
準決勝   ナポリ 0-1, 2-0
決勝   ハンブルガーSV 0-2
1977-78 CWC 1回戦   ロコモティフ・ソフィア 6-1, 2-0 18.0
2回戦   ハンブルガーSV 2-1, 1-1
準々決勝   ポルト 0-1, 3-0
準決勝   トゥウェンテ 1-0, 2-0
決勝   アウストリア・ウィーン 4-0
1978 SC 決勝   リヴァプール 3-1, 1-2
1978-79 CWC 1回戦   バルセロナ 3-0, 0-3 (PK 1-4) 2.0
1979-80 UC 1回戦   ダンディー・ユナイテッド 0-0, 1-1 2.0
1980-81 UC 1回戦   カイザースラウテルン 0-1, 3-2 2.0
1981-82 CC 1回戦   ヴィジェフ・ウッチ 4-1, 2-1 14.0
2回戦   ユヴェントス 3-1, 1-1
準々決勝   レッドスター・ベオグラード 2-1, 2-1
準決勝   アストン・ヴィラ 0-1, 0-0
1982-83 UC 1回戦   Koparit 3-0, 3-1 22.0
2回戦   ポルト 4-0, 2-3
3回戦   サラエヴォ 6-1, 0-1
準々決勝   バレンシア 2-1, 3-1
準決勝   ボヘミアンズ・プラハ 1-0, 3-1
決勝   ベンフィカ 1-0, 1-1
1983-84 UC 1回戦   ブリンFK 3-0, 1-1 18.0
2回戦   FCバニーク・オストラヴァ 2-0, 2-2
3回戦   ランス 1-1, 1-0
準々決勝   スパルタク・モスクワ 4-2, 0-1
準決勝   ノッティンガム・フォレスト 0-2, 3-0
決勝   トッテナム・ホットスパー 1-1, 1-1 (PK 3-4)
1984-85 UC 1回戦   ヴェルダー・ブレーメン 1-0, 1-2 7.0
2回戦   フィオレンティーナ 1-1, 6-2
準々決勝   レアル・マドリード 3-0, 1-6
1985-86 CC 準々決勝   オモニア 1-0, 3-1 10.0
準決勝   バイエルン・ミュンヘン 1-2, 2-0
決勝   ステアウア・ブカレスト 1-0, 0-3
1986-87 CC 1回戦   グールニク・ザブジェ 2-0, 1-1 7.0
2回戦   ステアウア・ブカレスト 3-0, 0-1
準々決勝   バイエルン・ミュンヘン 0-5, 2-2
1987-88 CC 1回戦   マルメFF 1-0, 1-1 10.0
2回戦   スパルタ・プラハ 2-1, 1-0
準々決勝   ベンフィカ 0-2, 1-0
1988-89 CWC 1回戦   メス 3-1, 2-0 4.0
2回戦   KVメヘレン 0-1, 0-2
1989-90 CWC 1回戦   バリーメナ・ユナイテッド 6-0, 4-0 16.0
ラウンド16   バルセロナ 2-0, 1-2
準々決勝   アドミラ・ヴァッカー 2-0, 1-1
準決勝   ディナモ・ブカレスト 1-0, 1-0
決勝   サンプドリア 0-2
1990-91 UC 1回戦   ペトロルル・プロイェシュティ 2-0, 2-0 10.0
2回戦   オモニア 1-1, 3-0
3回戦   ボルシア・ドルトムント 1-0, 1-2
準々決勝   ローマ 0-3, 2-3
1991-92 CC 1回戦   グラスホッパー 1-1, 3-0 14.0
2回戦   PSVアイントホーフェン 0-0, 2-0
グループリーグ   パナシナイコス 0-0, 0-0
  レッドスター・ベオグラード 2-3, 3-2
  サンプドリア 3-2, 0-2
1992-93 UC 1回戦   ハイバーニアン 2-2, 1-1 8.0
2回戦   ディナモ・キエフ 4-2, 3-0
3回戦   パリ・サンジェルマン 0-0, 1-1
1993-94 CL 1回戦   HJKヘルシンキ 3-0, 3-0 14.0
2回戦   スパルタ・プラハ 1-0, 4-2
グループリーグ   ミラン 0-0, 0-0
  ヴェルダー・ブレーメン 3-5, 1-2
  ポルト 1-0, 0-2
1994-95 CL グループリーグ   ステアウア・ブカレスト 0-0, 1-1 5.0
  ベンフィカ 1-3, 1-1
  ハイドゥク・スプリト 1-2, 0-0
1995-96 CL Q   フェレンツヴァーロシュ 0-1, 1-1 1.0
1996-97 UC 1回戦   アラニア・ウラジカフカス 1-2, 4-0 9.0
2回戦   ヴィトーリア・ギマランイス 1-1, 0-0
3回戦   ヘルシンボリIF 0-0, 1-0
準々決勝   インテル 1-1, 1-2
1997-98 UC 予選2回戦   ヴォルスクラ・ポルタヴァ 2-0, 2-0 6.0
1回戦   アウストリア・ザルツブルク 3-4, 4-2
2回戦   シャルケ04 0-1, 1-2
1998-99 UC 予選1回戦   ティリグル=ティラス・ティラスポリ 1-0, 5-0 4.0
予選2回戦   オシエク 1-3, 2-0
1回戦   グラスホッパー 0-0, 0-2
1999-00 UC 予選   KF 6-1, 3-0 8.0
1回戦   オリンピア・リュブリャナ 3-1, 3-0
2回戦   ボローニャ 2-1, 0-3
2000-01 CL 予選2回戦   アノルトシス 4-2, 0-0 16.0
予選3回戦   ポルト 1-0, 0-0
1次リーグ   マンチェスター・ユナイテッド 1-5, 2-1
  PSVアイントホーフェン 1-0, 3-2
  ディナモ・キエフ 0-4, 4-2
2次リーグ   ラツィオ 1-0, 1-2
  レアル・マドリード 1-4, 2-0
  リーズ・ユナイテッドAFC 1-2, 1-4
2001-02 CL 予選2回戦   シェリフ・ティラスポリ 4-0, 2-1 7.5
予選3回戦   ハルムスタッズBK 3-2, 1-1
1次リーグ   ロコモティフ・モスクワ 1-1, 1-5
  ASローマ 0-0, 1-1
  レアル・マドリード 1-4, 0-2
2002-03 UC 1回戦   スターベク 0-1, 2-1 11.0
2回戦   ミッティラン 3-1, 3-0
3回戦   ボルドー 2-0, 2-2
4回戦   パナシナイコス 0-3, 2-0
2003-04 CL 予選2回戦   ラピド・ブカレスト 0-0, 3-2 9.5
予選3回戦   ヴィスワ・クラクフ 3-1, 1-0
グループリーグ   リヨン 0-1, 1-0
  バイエルン・ミュンヘン 1-1, 0-1
  セルティック 1-0, 1-3
2004-05 CL 予選3回戦   ベンフィカ 0-1, 3-0 4.0
グループリーグ   バレンシア 0-2, 1-2
  インテル 1-3, 0-3
  ヴェルダー・ブレーメン 1-2, 1-5
2005-06 CL 予選2回戦   ネフチ・バクー 5-0, 0-1 8.0
予選3回戦   スラヴィア・プラハ 2-1, 2-0
グループリーグ   チェルシー 0-1, 0-2
  レアル・ベティス 0-1, 1-0
  リヴァプール 0-1, 0-3
2006-07 CL グループリーグ   リール 1-1, 2-2 7.0
  AEKアテネ 1-1, 2-2
  ミラン 0-1, 1-4
2007-08 CL 予選3回戦   フェネルバフチェSK 0-1, 0-2 12.0
UC 1回戦   SKラピード・ウィーン 1-1, 1-0
グループリーグ   ハポエル・テルアビブFC 2-0
  オールボーBK 1-1
  トッテナム・ホットスパー 1-1
  ヘタフェ 1-2
3回戦   ボルドー 2-1, 1-1
4回戦   バイエルン・ミュンヘン 0-5, 2-1
2008-09 CL 予選2回戦   BATEボリソフ 1-2, 2-2 0.5
2009-10 CL 予選3回戦   スィヴァススポル 5-0, 1-3 13.0
プレーオフ   リヨン 1-5, 1-3
2009-10 EL グループA   アヤックス 1-1, 3-1
  ディナモ・ザグレブ 2-0, 0-1
  ポリテフニカ・ティミショアラ 0-0, 3-1
2回戦   アスレティック・ビルバオ 1-1, 4-0
3回戦   ハンブルガーSV 1-3, 4-3
2010-11 CL 予選3回戦   ザ・ニュー・セインツ 3-1, 3-0 5.0
プレーオフ   パルチザン 2-2, 2-2 (PK 2-3)
2010-11 EL グループG   ゼニト・サンクトペテルブルク 1-3, 1-3
  AEKアテネ 3-0, 1-1
  ハイドゥク・スプリト 0-1, 2-0
2回戦   アヤックス 0-3, 0-2
2011-12 EL プレーオフ   ブルサスポル 2-1, 2-2 12.0
グループL   AEKアテネ 4-1, 2-1
  ロコモティフ・モスクワ 2-0, 5-3
  シュトゥルム・グラーツ 2-0, 3-0
2回戦   AZ 0-1, 0-1
2012-13 CL 予選3回戦   エクラナス 5-0, 6-0 7.0
プレーオフ   AELリマソール 1-2, 2-0
グループC   ミラン 0-0, 1-3
  マラガ 0-3, 2-2
  ゼニト・サンクトペテルブルク 0-1, 1-0
2013-14 CL グループC   SLベンフィカ 0–2, 2–3 5.0
  パリ・サンジェルマン 0–5, 1–1
  オリンピアコス 0–3, 1–3
2014-15 CL グループD   アーセナル 1–2, 3–3 10.0
  ボルシア・ドルトムント 0–3, 1–1
  ガラタサライ 1–1, 2–0
2014-15 EL ラウンド32   ディナモ・モスクワ 0–0, 1–3
2015-16 EL グループJ   トッテナム・ホットスパー 2–1, 1–2 11.0
  モナコ 1–1, 2–0
  カラバフ 2–1, 0–1
ラウンド32   オリンピアコス 1–0, 2–1 (a.e.t.)
ラウンド16   シャフタール・ドネツク 1–3, 0–1
2016-17 CL 予選3回戦   ロストフ 0-2, 2-2
2016-17 EL プレーオフ   スラヴィア・プラハ 3-0, 3-0
グループC   サンテティエンヌ 2-3, 1-1
  マインツ05 6-1, 1-1
  ガバラ 3-1, 3-1
ラウンド32   ゼニト・サンクトペテルブルク 2-0, 1-3
ラウンド16   APOEL 1-0, 1-0
準々決勝   マンチェスター・ユナイテッド 1-1, 1-2 (a.e.t.)
2017-18 CL グループB   バイエルン・ミュンヘン 0-3, 1-2
  セルティック 0-3, 1-0
  パリ・サンジェルマン 0-4, 0-5
2018-19 EL グループD   フェネルバフチェ 2-2, 0-2
  スパルタク・トルナヴァ 0-0, 0-1
  ディナモ・ザグレブ 0-2, 0-0

欧州カップ戦での好成績編集

ベスト8以上の成績を残した欧州カップ戦の一覧である

現所属メンバー編集

2018-19シーズン 基本フォーメーション

 


2019年2月1日現在
No. Pos. 選手名
1   GK フランク・ブックス
2   DF ムボジ・カラ
3   DF ジェームズ・ローレンス
4   DF ブバカル・サネ
5   MF イェブヘン・マカレンコ
7   DF アンディ・ナハル
8   MF ピーター・ゲルケンス
9   FW ランドリー・ディマタ
11   MF ヤニク・ボラシエ
12   DF デニス・アッピアー
15   MF ケニー・サイエフ
16   GK トマ・ディディヨン
17   MF ルカ・アジッチ
19   FW イヴァン・サンティニ
20   MF スヴェン・クムス
22   DF エリアス・コボー
25   MF アドリエン・トレベル
No. Pos. 選手名
27   MF ペテル・ジュリ
30   GK ボイ・デ・ヨング
37   DF イヴァン・オブラドヴィッチ
39   MF エド・カイェンべ
40   MF フランシス・アムズ
41   DF エマニュエル・ソワー
42   DF ハネス・デルクロイクス
44   DF アントニオ・ミリッチ
45   DF セバスチャン・ボルナウワ
47   DF アブドゥル・ダンテ
48   MF アルベール・サンビ・ロコンガ
52   GK イリアス・モウザ=セブタオウイ
55   DF オグニェン・ヴラニェシュ
56   DF アレクシス・サレマーカーズ
77   MF クリスタル・アバザイ
99   MF ザカリア・バカリ

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
9   FW ランドリー・ディマタ (VfLヴォルフスブルク)
No. Pos. 選手名
11   MF ヤニク・ボラシエ (エヴァートンFC)
out
No. Pos. 選手名
--   DF ジョズエ・サ (カスムパシャ)
--   MF レアンデル・デンドンケル (スパルタ・プラハ)
--   MF アレクサンドル・キプチュ (ウルヴァーハンプトン)
--   MF ナレッジ・ムソナ (スポルティング・ロケレン)
No. Pos. 選手名
--   FW シルヴェル・ギャンブラ (VfLボーフム)
--   FW イサーク・キーセ・テリン (バイエル・レバークーゼン)
--   FW 森岡亮太 (シャルルロワSC)
--   FW モハメド・ダウダ (フィテッセ)

歴代会長編集

  • Charles Roos 1908-1910
  • Théo Verbeeck 1911-1951
  • Albert Roosens 1951-1971
  • コンスタン・ヴァンデン・ストック 1971-1996
  • ロジャー・ファンデン・ストック 1996-

歴代監督編集

1920年にSylva Brébartが初代監督に就任して以来、2012年までに37人の監督(加えて3人の暫定監督)がアンデルレヒト監督を経験した。1946-47シーズン、フランス人のGeorges Perinoはクラブを初タイトル(リーグ優勝)に導いた。歴代最長の在任期間を誇ったのは、1950年から1959年まで(9シーズン)在任したイングランド人のBill Gormlieである。監督を2度経験したのは7人であり、Ernest Churchill Smith、Pierre Sinibaldi、Urbain Braems、レイモン・ゲタルスアリー・ハーン、Johan Boskamp、フランキー・ベルコーテレンである。

歴代主将編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ 欧州カップ戦では21,845人
  2. ^ Stadium history” (Dutch). RSCアンデルレヒト公式サイト. 2010年10月30日閲覧。
  3. ^ UEFA EUROPA LEAGUE | Season 2011/12 | Group I UEFA.com
  4. ^ UEFA coefficient”. 2012年8月28日閲覧。
  5. ^ UEFA coefficient”. 2010年11月1日閲覧。
  6. ^ RSCアンデルレヒト公式サイト”. 2010年10月24日閲覧。
  7. ^ “Forest sues Anderlecht over '84 bribery scandal”. BBC News. (1997年12月24日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/sport/football/42383.stm 
  8. ^ Gallez, Marcel & Serkijn Johan (2008). Le dictionnaire du RSC Anderlecht (tome 2). Magnad. pp. 122. ISBN 978-2-9600723-3-4. 
  9. ^ “Anderlecht crowned champions of Belgium By Berend Scholten”. Berend Scholten on UEFA.com (UEFA.com). (2012年5月6日). http://www.uefa.com/memberassociations/association=bel/news/newsid=1793740.html 
  10. ^ “Anderlecht edge Lokeren to lift Belgian Super Cup By Berend Scholten”. Berend Scholten on UEFA.com (UEFA.com). (2012年7月22日). http://www.uefa.com/memberassociations/association=bel/news/newsid=1842818.html 
  11. ^ Histoire 1908-2005” (French). RSCアンデルレヒト公式サイト. 2010年11月1日閲覧。
  12. ^ Stade: le RSCA restera à Anderlecht et il a opté pour un troisième anneau” (French). RSCアンデルレヒト公式サイト. 2010年11月1日閲覧。
  13. ^ 同勝ち点・同勝利数のスタンダール・リエージュとの間で優勝決定プレーオフが行なわれたが、2試合合計1-2で敗れた

外部リンク編集