メインメニューを開く

RUNNING BOY スター・ソルジャーの秘密

RUNNING BOY スター・ソルジャーの秘密』(ランニングボーイ スター・ソルジャーのひみつ)は、フィルムリンク・インターナショナル制作の日本アニメ1986年7月20日から東宝系で公開された。

概要編集

当時のファミコンブームに便乗し、ハドソンの企画により制作された、ゲーム『スターソルジャー』を題材にした作品である。『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』と同時上映された。夏休みに合わせ、早朝に公開されるも、興行的には失敗に終わり、早々に打ち切られた[1]。劇場公開終了後は早々にビデオ化され発売。当時のレンタルビデオ店にも並んでいた。サブタイトルの「スターソルジャーの謎」とある通り、公開前の宣伝では映画内でゲームのスターソルジャーの裏技が明かされるともアピールされていた[2]

あらすじ編集

げん太は将来プログラマーになることを夢見る小学6年生。HUSON社の野本プログラマーと知り合い、究極のシューティングゲーム『スターソルジャー』の開発に関わるようになるが、そのゲームアイデアを親友であった秀樹に盗まれる。秀樹は盗んだアイデアを雑誌に投稿して採用される。対立するげん太と秀樹は友人たちとHUSONに潜入し、『スターソルジャー』のシミュレータ「ハチの巣」で対決することになる。

スタッフ編集

  • 製作 - 山本又一朗
  • 企画 - 工藤裕司、大里幸夫
  • プロデューサー - 山川紀生、林大三郎
  • 脚本 - 石原純一、岡かすみ
  • アニメーションディレクター - 窪秀巳
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 鈴木大司
  • メカ作監 - 中村悟
  • テクニカルコーディネーター - 湖川友謙
  • 美術監督 - 千葉康之
  • 撮影監督 - 高橋明彦
  • 音響監督 - 松浦典良
  • 音楽 - 高橋洋一
  • 監督 - 小華和ためお

登場人物編集

篠山げん太
声 - 山田栄子
東園寺秀樹
声 - 藤田淑子
野本勝彦
声 - 塩沢兼人
高橋名人
声 - 田中秀幸
北海まきば
声 - 柴田由美子
近藤
声 - 龍田直樹
佐伯
声 - 田中真弓
細井先生
声 - 福士秀樹
げん太の父
声 - 藤本譲
げん太の母
声 - 川島千代子
篠山小百合
声 - 室井深雪
社長
声 - 筈見純
企画室長
声 - 大滝進矢
秀樹の母
声 - 梨羽由紀子
司会者
声 - 高田由美

主題歌編集

オープニングテーマ「ランナー」
作詞 - 麻尾るみこ / 作曲 - 鈴木康博 / 編曲 - 国吉良一 / 歌 - 高橋名人
エンディングテーマ「青春惑星」
作詞 - 岡かすみ / 作曲 - 石川鷹彦 / 編曲 - 石川鷹彦 / 歌 - 高橋名人
挿入歌「スターソルジャーのテーマ」
作詞 - 岡かすみ / 作曲 - 笹路正徳、ハニービー / 編曲 - 笹路正徳 / 歌 - 高橋名人

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『劇場アニメ70年史』 p119 徳間書店
  2. ^ この謎は本作のラストに発動する黄金の指モードがそれに該当する。ただ映画内でゲームで使用する正確な発動コマンドを公開といったものではなく、作中の展開の中でそういう技があるというのを見せるというもの。発動条件も実際のゲームとは少し違っており、発動効果も作中ではオート連射・バリア・8方向ショットでほぼ無敵になったが、ゲームではショットがオート連射になるだけというものである。