メインメニューを開く

RWDモレンベーク (オランダ語: Racing White Daring Molenbeek) は、2002年まで存在したベルギーサッカークラブである。略称はRWDM

RWDモレンベーク
原語表記 Racing White Daring Molenbeek
愛称 De BXL-Boys
クラブカラー 白・黒・赤
創設年 1973年
解散年 2002年
ホームタウン ブリュッセル
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1909年にホワイトスター・クラブ・ブリュッセル (White Star Club de Bruxelles) として創設された。その後、ホワイト・スターAC(White Star Athletic Club)としてベルギーサッカー協会のメンバーとなり、登録番号47を与えられた。

ホワイトスターAC編集

当初はホワイトスター・ウォルウェAC (White Star Woluwé A.C.) 、その後ロイヤル・ホワイトスターAC (Royal White Star A.C.) として、1部リーグに1924-25シーズンおよび1934-35から1946-47シーズンのあいだ所属した。現存するホワイトスター・ウォルウェFCの名前はここから採られたが、それ以上の関連性はない。

ラシン・ホワイト編集

1963年にラシン・ブリュッセル (Racing de Bruxelles、1894年創設) と合併し、ロイヤル・ラシン・ホワイト (Royal Racing White) となった。1965年から1973年まで1部リーグに所属し、その後の2シーズンは2部リーグで過ごした。ホームグラウンドはブリュッセルのウォルウェ=サン=ランベールにあるスタッド・ファロンを使用していた。1973年7月に有名クラブのダーリン・クラブ・ブリュッセル(Daring Club de Bruxelles、1895年創設)と合併して、RWDモレンベーク (R.W.D. Molenbeek) となった。合併の主たる要因はリーグ戦での観客動員数の低さにあった。

RWDモレンベーク編集

クラブはその成立から10シーズンにわたって1部リーグに所属し、1974-75シーズンには優勝した。頻繁にヨーロッパの大会への出場権を獲得し、1977年にはUEFAカップで準決勝へ進出した。クラブはRラシン・ホワイトの登録番号47を引き継いだことにより当初から1部リーグに参加できたが、ダーリン・クラブとしての栄誉は失われた。クラブはブリュッセルのモレンベーク=サン=ジャンでプレーした。

1984年以降、クラブはさまざまな難問に直面するようになり、2002年の破産へといたった。

その後クラブはブリュッセル近郊にあったKFCストロンベーク(K.F.C. Strombeek、1932年創設)と合併し、FCモレンベーク・ブリュッセル・ストロンベーク (F.C. Molenbeek Brussels Strombeek) 、通称FCブリュッセルとなった。この新クラブ(登録番号はKFCストロンベークの1938を引き継いだ)は2002-03シーズンこそ2部リーグからのスタートになったが、2004年にジュピラーリーグに昇格した。

これに前後して、クラブの名前を生き残らせるため奮闘したファンたちによって、2003年にRWDモレンベークという名前の新チーム(登録番号は新規)が作られた。チームはベルギーのサッカーリーグ構成において底辺であるブラバント地方ディビジョン4(8部相当)からのスタートとなったが、他のブラバント州のチームを吸収して2006年にはブラバント州1部(5部相当)に昇格した。

タイトル編集

歴代所属選手編集