メインメニューを開く

Rebirth (Gacktのアルバム)

GACKTのアルバム

Rebirth』(リバース)は、2001年4月25日に発表されたGacktの2枚目のフルアルバム。後の同年6月27日には「Gacktの心臓」を象ったとされる特殊パッケージ仕様で、同音源にて発売している。

Rebirth
Gacktスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル 日本クラウン
プロデュース Gackt
チャート最高順位
  • 3位(オリコン
  • 2001年度年間100位(オリコン)
Gackt アルバム 年表
MARS
(2000年)
Rebirth
(2001年)
MOON
(2002年)
『Rebirth』収録のシングル
  1. 鶺鴒 〜seki-ray〜
    リリース: 2000年3月8日
  2. Secret Garden
    リリース: 2001年11月16日
  3. 君のためにできること
    リリース: 2001年3月14日
テンプレートを表示

概要編集

コンセプトアルバムとして構成されており、第二次世界大戦前後のヨーロッパを舞台とし、Gacktは一度命を絶たれた後に、謎の古代遺跡から発掘された「オーパーツ」を心臓として埋め込まれサイボーグとして再生するという物語になっている。

活動を再開した後にリリースされながら、前作『MARS』に収録されていなかった5thシングル「鶺鴒 〜seki-ray〜」をはじめ、8thシングル「君のためにできること」までの3曲(各シングルのカップリング曲は、本作には収録されていない。)と、他8曲を収録(1曲目の「4th・・・」はインストゥルメンタル)。なお、6thシングル「再会 〜Story〜」は本作に収録されていない。

本作発売後にアルバムツアー『Gackt Live Tour 2001 Requiem et Réminiscence 〜鎮魂と再生〜』が開催された。

続編として2009年発売の『RE:BORN』があり、これらの楽曲は、2008年から2009年に行われたアルバムツアー『GACKT VISUALIVE TOUR 2008-2009 Requiem et Réminiscence -再生と邂逅-』とその追加公演である『GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 Requiem et RéminiscenceII Final -鎮魂と再生-』にて上演された。

収録曲編集

全曲 - 作詞: Gackt.C、作曲: Gackt.C、編曲: Gackt.C, chachamaru

  1. 4th… (3:21)
    インスト曲アドルフ・ヒトラーの肉声が使用されている。ヴァイオリンみたいに聴こえるのはGacktがファルセットで歌ったものをコンピューターで処理したもの。
    ライブ・ビデオ『Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜 特別編』のメニュー画面や、オープニング映像の一部に、本楽曲が使われている。
  2. Secret Garden (4:39)
    7thシングルの表題曲。表記がされていないものの、本作にはアルバムバージョンとして収録されていて、出だしのギターの音のカットがなされている。
  3. Maria (4:20)
    2006年に行ったファンクラブ限定ツアー『GACKT TRAINING DAYS D.R.U.G. PARTY』で久し振りに演奏された。
  4. uncontrol (4:14)
    後に、38thシングル「EVER」にて、ライブバージョンで収録された。
    2006年に行ったファンクラブ限定ツアー『GACKT TRAINING DAYS D.R.U.G. PARTY』で久し振りに演奏された他、『GACKT VISUALIVE TOUR 2008-2009 Requiem et Réminiscence -再生と邂逅-』と『GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 Requiem et RéminiscenceII Final -鎮魂と再生-』でも演奏された。
  5. 鶺鴒 〜seki-ray〜 (ЯR ver.) (5:01)
    5thシングルの表題曲。本作にはアルバムバージョンとして収録されていて、1番の曲構成が大きく変更されている。本作に収録されているシングル曲の中で最も古い楽曲。
  6. Kalmia (4:53)
    ライブ・ビデオ『Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜 特別編』のオープニング映像のメイキング映像で、本楽曲が使われている。
    2006年に行ったファンクラブ限定ツアー『GACKT TRAINING DAYS D.R.U.G. PARTY』で久し振りに演奏された。
  7. Sayonara (5:19)
    後に、28thシングル「Jesus」には、リミックスバージョンが、ベストアルバム『BEST OF THE BEST vol.1 -WILD-』には表記はないが、再録バージョンがそれぞれ収録された。
  8. marmalade (4:07)
  9. Papa lapped a pap lopped (3:45)
    三菱電機「DVDカーナビV7000」CMソング。
    2001年5月31日放送のうたばんにてテレビで初めて演奏された他、CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ 2004→2005でも演奏された。
    ベストアルバム『THE SEVENTH NIGHT 〜UNPLUGGED〜』にてアコースティックバージョンで収録された。
    2004年に開催されたライブツアー『Gackt Live Tour 2004 THE SIXTH DAY & THE SEVENTH NIGHT』で久し振りに演奏され、その後も度々演奏されている(2006年、2008年-2009年、2013年)。
  10. seven (4:05)
    ライブ・ビデオ『Requiem et Réminiscence 〜終焉と静寂〜 特別編』のオープニング映像のメイキング映像で、本楽曲が使われている。
    2006年に行ったファンクラブ限定ツアー『GACKT TRAINING DAYS D.R.U.G. PARTY』で久し振りに演奏された。
  11. 君のためにできること (ЯR ver.) (5:09)
    8thシングルの表題曲。本作にはアルバムバージョンとして収録されていて、イントロとアウトロが追加されている。ライブや、テレビで歌う時は、こちらのバージョンで歌うことが多い(2001年4月22日放送のHEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPや、同年5月25日放送のMUSIC STATIONなどがそれにあたる)[1]

参加ミュージシャン編集

脚注編集

  1. ^ ただし、テレビで披露する時に限り、イントロがアルバムバージョンで、アウトロがシングルバージョンになっている。