東方神起 > 楽曲 > Reboot (東方神起の曲)
東方神起 > ディスコグラフィ > Reboot (東方神起の曲)

Reboot」(リブート)は、東方神起の楽曲である。2017年12月20日に日本での44枚目のシングルとしてavex traxから発売された[9]

Reboot
東方神起シングル
初出アルバム『TOMORROW
B面 Begin 〜Again Version〜
リリース
規格
ジャンル
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲
  • H.U.B.(作詞)
  • Obi Mhondera、Christopher Wortley、DWB、Hide Nakamura(作曲)
プロデュース DWB
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン[2]
  • 週間2位 (Top Singles Sales)[3]
  • 週間3位 (Japan Hot 100)[4]
  • 週間5位 (Download Songs)[5]
  • 2018年度年間45位(オリコン)[6]
  • 2018年度年間59位 (Japan Hot 100)[7]
  • 2018年度年間61位 (Top Singles Sales)[8]
  • 東方神起 日本の旗 日本 年表
    • Reboot
    • (2017年)
    テンプレートを表示

    概要

    編集

    兵役による約2年半の活動休止から再始動を経た東方神起による初のシングルであり[10]、そのタイトルは"再始動"を意味する[9]

    初回盤(CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー)、通常盤(CD+スマプラミュージック)の2形態に加え、東方神起オフィシャルファンクラブ“Bigeast”会員限定販売のBigeast盤(CD+VR) を販売[11]

    発売初週で12.4万枚の売上を記録し、12月25日付のオリコン週間シングルランキングで初登場2位を獲得。同日のデジタルシングルランキングでは、1.7万ダウンロードを記録して初登場4位を獲得した[12]

    発売形態

    編集
    CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー
    • 品番 : AVCK-79416/B(初回限定盤)、AVCK-79417/B(通常盤)
    • DVDに収録曲2曲のビデオ・クリップを収録。
    • 初回限定特典 : ジャケットサイズカード(6種のうち1枚をランダムで封入)、DVDにオフショット映像を収録
    CD+スマプラミュージック&ムービー
    • 品番 : AVCK-79148
    • 初回限定特典 : ジャケットサイズカード(6種のうち1枚をランダムで封入)、ブックレットを封入
    CD+VR
    • 品番 : AVC1-79419
    • VRコンテンツとして「Begin 〜Again Version〜 -VR Video Clip-」を収録しており、「東方神起 オリジナルVRビューアー」を同梱。
    • 封入特典 : ジャケットサイズカード(6種のうち1枚をランダムで封入)

    収録内容

    編集

    [CD+スマプラミュージック]

    編集
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Reboot」H.U.B.
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    2.Begin 〜Again Version〜」小山内舞Jin Nakamura柿崎洋一郎
    3.「Reboot」(Long Version)H.U.B.
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    4.「Reboot」(Less Vocal)   
    5.「Begin 〜Again Version〜」(Less Vocal)   
    合計時間:

    [CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー]

    編集
    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Reboot」H.U.B.
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    2.Begin 〜Again Version〜」小山内舞Jin Nakamura柿崎洋一郎
    3.「Reboot」(Less Vocal)   
    4.「Begin 〜Again Version〜」(Less Vocal)   
    合計時間:
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.タイトルなし(Video Clip)  二宮“NINO”大輔
    2.「Begin 〜Again Version〜」(Video Clip)  須永秀明
    3.「Reboot-Video Clip- Off Shot Movie」(初回限定盤のみ)  Kenta Tanoue
    4.「Begin 〜Again Version〜-Video Clip- Off Shot Movie」(初回限定盤のみ)  Kenta Tanoue

    [Bigeast盤(CD+VR)]

    編集
    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Reboot」H.U.B.
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    • Obi Mhondera
    • Christopher Wortley
    • DWB
    • Hide Nakamura
    2.Begin 〜Again Version〜」小山内舞Jin Nakamura柿崎洋一郎
    3.「Reboot」(Less Vocal)   
    4.「Begin 〜Again Version〜」(Less Vocal)   
    5.「Begin 〜Again Version〜 -VR Video Clip-」(VRコンテンツ)    
    合計時間:

    曲の解説

    編集
    1. Reboot
      プログレッシヴ・ロックを彷彿させるダンスナンバー[13]
      関西テレビフジテレビ系ドラマ『明日の約束』主題歌で、同ドラマのプロデューサーの河西秀幸は「“躍動感のあるメロディー”と“命をテーマにした力強いメッセージ”がドラマに合っている」とコメントしている[10]
      このアレンジはアルバム未収録となっている。
    2. Begin 〜Again Version〜
      6thシングルを再録した音源[14]
    3. Reboot -Long Version-
      [CD+スマプラミュージック]に収録。イントロがオリジナルバージョンよりも長くなっており、アルバム『TOMORROW』には、この音源が収録された。

    演奏参加者

    編集

    Begin 〜Again Version〜

    脚注

    編集

    出典

    編集
    1. ^ GOLD DISC 2017年12月度」『The Record』第699巻、日本レコード協会、2018年2月13日、14頁。 
    2. ^ Reboot | 東方神起”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年3月28日閲覧。
    3. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2018年1月1日). 2020年3月28日閲覧。
    4. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2018年1月1日). 2020年3月28日閲覧。
    5. ^ Billboard Japan Top Download Songs | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2018年1月1日). 2021年1月12日閲覧。
    6. ^ オリコン年間 シングルランキング 2018年度 41〜50位”. ORICON NEWS. オリコン. 2021年1月12日閲覧。
    7. ^ Billboard Japan Top Singles Sales Year End | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2018年). 2020年3月28日閲覧。
    8. ^ Billboard Japan Top Singles Sales Year End | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2018年). 2020年3月28日閲覧。
    9. ^ a b “東方神起、4万人が「おかえり〜」 兵役終え2年半ぶりステージ復帰”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2017年11月12日). オリジナルの2017年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171112095233/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017111202000182.html 2020年3月28日閲覧。 
    10. ^ a b “東方神起フジ連ドラ主題歌“再起動”2年半ぶり新曲”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年10月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710090000081.html 2017年11月29日閲覧。 
    11. ^ 2017.12.20 Release東方神起 NEW SINGLE『Reboot』ジャケット写真を大公開!!”. INFOMATION (東方神起オフィシャルウェブサイト) (2017年). 2017年11月29日閲覧。
    12. ^ “「CD」「ダウンロード」「サブスク」3形態の楽曲ランキング比較”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年12月28日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50578/ 2020年3月28日閲覧。 
    13. ^ 東方神起 2018年9月19日発売 『TOMORROW』SPECIAL WEBSITE”. エイベックス. 2020年3月28日閲覧。
    14. ^ “東方神起、GYAO!にて「Reboot」MVを先行無料配信&「Begin 〜Again Version〜」MVを先行独占無料配信”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2017年11月24日). https://okmusic.jp/news/226896 2017年11月29日閲覧。