メインメニューを開く
テイクツー・インタラクティブ > ロックスター・ゲームス

Rockstar Games(和訳:ロックスター・ゲームス、ろっくすたー・げーむす)とは、米国の大手ゲームメーカーであり、 Take-Two Interactive Software の1つのブランド(傘下)である[1][2]。また、主に『グランド・セフト・オートシリーズ』や『L.A.ノワール』、『レッド・デッド・リデンプションII』で知られている。

ロックスター・ゲームス
Rookstar Games.inc.
Rockstar Games Logo.svg
種類 エンターテインメント
略称 米国:ロックスターNYK
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州
設立 1998年12月 (20年前)
業種 ゲーム
事業内容 オフライン・オンライン向けのゲーム制作
代表者 Sam Houser, Dan Houser
従業員数 2,000人 (2018年)
所有者 テイクツー・インタラクティブ
主要株主 テイクツー・インタラクティブ
主要部門 ロックスター・ノース
主要子会社 多数あり
外部リンク https://www.rockstargames.com/jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

主にオープンワールドクライムアクションゲームを開発(販売)することが多い。

世界で2億5000万本以上売り上げ、世界的有名な『Grand Theft Auto』シリーズを生み出したことで名が知れ渡ることになった。

ロックスター・ゲームス』といっても、実際は複数のロックスターブランドを冠する会社からなる。

ロックスターのゲームの起動時に何か色違いの同じをロゴが、2回出てくるのは、それぞれ最初のロゴがロックスター・ゲームス全体としてのロゴ、次に出てくるのがロックスターの中でもどこの会社が関連したかを示すロゴである。

作品内容に暴力性的表現、反社会的内容やタブーが豊富に盛り込まれているため、日本などの国によっては大幅な表現規制をかけられたり、タイでは全GTAシリーズ発売禁止になっている事も多い[3]

また過激な表現が多いため、市民団体や規制団体、銃規制団体、『グランド・セフト・オートIV』では、飲酒運転撲滅団体から反感を買い、訴訟問題にまで発展した事例もある[4]

その有名なものが、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』の「ホットコーヒー問題」。

また日本では、神奈川県が『グランド・セフト・オートIII』を有害図書に指定し、CEROが新しいレーティング「CERO: Z(18才以上のみ対象)」を製作するきっかけともなった。

ただ、会社としては過激な表現のゲームを作るだけで、リアリスティックで大人向けな脚本や風刺、他社のゲームが影響を受けるほどのゲームシステムや、高い技術力で表現される映像美についてはゲーム界から高い評価を獲得し、世界でも屈指の実力を持つゲーム開発会社とも言える。

制作された短編映画編集

・1999年に公開 「GTA 2:ザ・ムービー」 ジャンル:犯罪ドラマ

・2004年に公開「サッカー工場」ジャンル:ドラマ

・2005年に公開「日曜日の運転手」ジャンル:ドキュメンタリー

子会社編集

制作ゲームスタジオ一覧編集

代表作品一覧表編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集