ロナルド・グラハム

Ronald Grahamから転送)

ロン・グラハム(Ron Graham)ことロナルド・ルイス・グラハム(Ronald Lewis Graham、1935年10月31日[1] - )は、アメリカ合衆国数学者である。スケジューリング理論、計算幾何学ラムゼー理論準ランダムネス英語版の分野において重要な研究をしており[2]、「近年における世界的な離散数学の急速な発展の主要な立案者の1人」であるとアメリカ数学会から認められた[3]

ロナルド・グラハム
Ronald graham writing.jpg
ロナルド・グラハム(1998年)
生誕 (1935-10-31) 1935年10月31日(84歳)
カリフォルニア州タフト英語版
研究分野 数学計算機科学
研究機関 ベル研究所AT&T研究所英語版
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
博士課程
指導教員
デリック・ヘンリー・レーマー英語版
主な業績 組み合わせ数学情報科学グラフ理論スケジューリング理論
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ジャグリングをするロナルド・グラハム(1986年)

彼は、カリフォルニア通信情報技術研究所英語版(Cal-(IT)2)の主任科学者であり、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の計算機科学・工学のアーウィン=ジョアン・ジェイコブス教授である。

生涯編集

グラハムはカリフォルニア州タフト英語版で生まれた。1962年にカリフォルニア大学バークレー校で数学のPh.D.を取得し、同年よりベル研究所(後のAT&T研究所英語版)に勤務した[4]。同所に37年間勤務して、最終的に情報科学部門の管理者となり、1999年に退職した。

彼の1977年の論文は、ラムゼー理論に関する未解決問題について考察したもので、その解の推定値の上限として巨大数を与えた。この数は「グラハム数」と呼ばれており、数学的証明において使用された最大の数として、かつてギネス世界記録に掲載されていた。現在では、TREE(3)英語版などのそれよりも大きな数が知られている。

グラハムは、「エルデシュ数」の概念を普及させた。これは、生涯で大量の論文を発表し、その多くが共著であったハンガリーの数学者ポール・エルデシュに因んで名付けられたものである。ある科学者のエルデシュ数は、共著の出版物で科学者同士を結びつけたときに、エルデシュまでたどり着く最小の科学者の数と定義される。グラハムのエルデシュ数は1である。グラハムはエルデシュと30件以上の論文を共同で発表しており、良い友人でもあった。エルデシュはしばしばグラハムの元に留まり、数学論文や収入の管理さえグラハムに任せていた。グラハムとエルデシュは、若くして脳腫瘍で入院した数学者ジョン・フォークマン英語版を、2人で何度も見舞いに行っている[5]。エルデシュの死後は、グラハムが「エルデシュの問題」の懸賞金の管理を行っている。

1993年から1994年まで、グラハムはアメリカ数学会の会長を務めた。グラハムは、「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!英語版」で、「世界有数の数学者」であるとともに、「高度に熟練したトランポリン選手およびジャグラー」でもあり、国際ジャグラー協会英語版の元会長としても紹介されている。ハンガリー人数学者ピーター・フランクルは、グラハムに会ったことでジャグリングを始めた[6]

 
左からポール・エルデシュ、ロナルド・グラハム、グラハムの妻の金芳蓉英語版(1986年、日本にて)

彼は約320の論文と5つの本を出版した。その中にはドナルド・クヌースオーレン・パタシュニクとの共著のConcrete Mathematicsもある[7]

彼は、カリフォルニア大学サンディエゴ校のインターネット数学のアカマイ教授である金芳蓉英語版と結婚している。

賞と栄誉編集

2003年、グラハムはアメリカ数学会のスティール賞生涯業績部門を受賞した。この賞は、同年1月16日にメリーランド州ボルチモアで開催された合同数学会議で授与された。1999年、彼はAssociation for Computing Machineryのフェローに就任した。グラハムは長年にわたって他にも多くの賞を受賞している。彼は応用数理学会のポリヤ賞の最初(1971年)の受賞者の一人であり、Institute of Combinatorics and its Applications英語版のオイラーメダルの最初(1993年)の受賞者の一人でもある。

著書編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ O'Connor, John J.; Robertson, Edmund F., “ロナルド・グラハム”, MacTutor History of Mathematics archive, University of St Andrews, http://www-history.mcs.st-andrews.ac.uk/Biographies/Graham.html .
  2. ^ Horgan, J. (1997). “Profile: Ronald L. Graham  – Juggling Act”. Scientific American (Nature Publishing Group) 276 (3): 28 – 30. doi:10.1038/scientificamerican0397-28. 
  3. ^ “2003 Steele Prizes” (PDF). Notices of the AMS (American Mathematical Society) 50 (4): 462 – 467. (April 2003). オリジナルの26 December 2010時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5vFmrGx82?url=http://www.ams.org/notices/200304/comm-steele.pdf 2014年7月2日閲覧。. 
  4. ^ Larry Rabiner (2000年2月4日). “Ron Graham – A Biographical Retrospective”. 2020年1月22日閲覧。
  5. ^ Hoffman, Paul (1998), The man who loved only numbers: the story of Paul Erdős and the search for mathematical truth, Hyperion, pp. 109 – 110, ISBN 978-0-7868-6362-4 .
  6. ^ 【プロフィール】ピーター・フランクル [official web site]”. 2020年1月22日閲覧。
  7. ^ Butler, Steve (2008年7月23日). “Papers of Ron Graham”. UCSD Mathematics. 2014年7月2日閲覧。
  8. ^ Faudree, Ralph (1982). “Review: Ramsey Theory, by Ronald L. Graham, Joel H. Spencer, and Bruce L. Rothschild”. Bull. Amer. Math. Soc. (Providence, RI: American Mathematical Society) 6 (1): 113 – 116. doi:10.1090/S0273-0979-1982-14982-5. http://www.ams.org/journals/bull/1982-06-01/S0273-0979-1982-14982-5/S0273-0979-1982-14982-5.pdf 2014年7月2日閲覧。. 

外部リンク編集