メインメニューを開く

S&W M686は、アメリカ銃器メーカーS&W社が1980年に開発した回転式拳銃である。

S&W M686
S&W 686 flickr szuppo.jpg
S&W M686(4インチモデル)
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 S&W
性能
口径 .357/.38(約9mm)
銃身長 2.5インチ
3インチ
4インチ
6インチ
ライフリング 6条/右回り
使用弾薬 .357マグナム弾
.38スペシャル弾
装弾数 6発
7発(プラスモデル)
作動方式 シングルアクション/ダブルアクション
全長 244mm(4インチモデル)
303mm(6インチモデル)
重量 1,134g(4インチモデル)
1,247g(6インチモデル)
有効射程 約25m
テンプレートを表示

材質をスチールとしたモデルもあり、そちらはM586の製品名が与えられている。

目次

特徴編集

 
S&W M586-7(4インチモデル)
2006年に限定発売された7発装弾モデル

S&W社の拳銃としてモデル名の先頭に「6」のナンバーが与えられていることから判るようにステンレス製で、1998年以降はスチールモデルのM586は限定的にしか生産されていないため、2000年代以降、このシリーズはM686の方が一般的なモデルとなっている。

M686およびM586は「ディスティングイッシュド・コンバットマグナム(Distinguished Combat Magnum:「コンバットマグナムと区別された」の意)」という愛称を付けられているが、この名称はあまり有名ではない。

外見に関しては、M19の競合製品であったコルト・パイソンによく似たエジェクターロッドハウジングを持ち、全体的にはM19よりもパイソンに近いフルラグバレルが特徴的なデザインとなっている。又、連射してもへの負担が少ないチェッカリングのない幅の細いトリガーや雷管の技術が発達した事で破裂する心配もなくなったため、カウンターボアードではなくフラットな形状とする事でメンテナンスを容易化したシリンダーの後端、手へのフィット感、反動の軽減効果の高いラバーグリップ(M586は木製グリップ)等、全体的な完成度はパイソンよりも高いと言える。

バリエーション編集

M581/M681編集

照星、照門は共に引っ掛かる部分が少ない抜き撃ちに適したデザインで、照星は斜体形状のランプタイプ、照門はフレームトップの溝がそのままサイトとなる一体型の固定式とした安価なモデルで素材はM581がスチールモデル及びM681がステンレスモデルである。

M686 プラス編集

1996年以降の製品の一つで、シリンダーに強化ステンレスを使用することによってシリンダー自体を肉薄にし、M686の装弾数を7発に増やした通称「マグナム・プラス」。シリンダーの回転度数が60°から51.43°と少なくなった事で理論上トリガープルが向上している。又、ラウンドバットのブラック、もしくはシルバーの.357カスタムウッドグリップ、耐久性に長けたノンフルーテッドシリンダーを特徴とする3-5-7マグナムシリーズも登場している。

M686 デラックス編集

スクエアバットのテクスチャーウッドグリップを備えたクラシカルな外観のモデルで、装弾数7発のプラスモデルも存在。[1]

PC M686編集

カスタム部門であるパフォーマンスセンターより発表されたモデルで、全く同名の二つのモデルが存在し、SKU170346のモデルは黒いランプタイプフロントサイト、2.5インチのプレシジョンクラウンバレルを備え、シリンダーはムーンクリップを使用するためのカットが入れられたノンフルーテッドシリンダー、グリップは木製となっている。SKUが11759のモデルはバレルトップにベンチレーテッドリブを備え、シリンダーは同じくノンフルーテッドシリンダー、フロントサイトは視認性の高いオレンジカラーのパートリッジタイプとなっており、サムピースを押し下げるだけでシリンダーが自動でリリースされるスピードリリースサムピースが搭載されている。SKU 11759のPC M686のみプラスモデルが存在し、装弾数、銃身長はM686ではそれぞれ6発、4インチ、M686 プラスでは7発、5インチとなっている。[2][3]

PC プロシリーズ M686 プラス編集

パフォーマンスセンターのプロシリーズより発売されたモデルで、5インチのクラウンバレル、パートリッジタイプフロントサイト、ムーンクリップを使用するためカットが設けられたシリンダー等を備えている。

PC プロシリーズ M686 SSR編集

同じくプロシリーズより発売され、4インチのクラウンバレル、ホールド性の高いエルゴノミックウッドグリップを備えたモデル。[4]

PC M686 コンペティター6 ウェイティッドバレル編集

微調整の容易なアジャスタブル・リアサイト、パートリッジダブテイル・フロントサイトに加え、バレル下部に最大5つまで装着出来る筒型のインナーウェイトによってを重量を調節可能なマウントレール付きの6インチブルバレル等による射撃競技用モデル。[5]

M686/586ともに、銃身長や仕様によるバリエーションのほか、製造時期によって仕様が異なっており、それらは「M@86-*」のように、ダッシュの後のナンバーで分類されている。

開発編集

M19は、.357マグナム弾を使用する拳銃でありながら、Kフレームの採用によりサイズがNフレームより小さく軽量であるため、携行性に優れていた。しかし、Kフレームは元々は.38スペシャル弾用のフレームであるために耐久性に問題があり、.357マグナム弾を多用すると歪みや破損などを起こすことがあった。

M27/M28のようにNフレームを採用したモデルならば耐久性に問題はなかったが、Nフレームはマグナム弾で壊れないことを重視したこともあってサイズが大型であり、しかも重く、携行性が良いとは言えなかった。

そこでS&W社は、Kフレームより大きく、かつNフレームより小さいLフレームを新規開発した。このLフレームを採用したことによって、携行性と耐久性を両立したのがM686、およびM586である。

登場作品編集

映画・テレビドラマ編集

CSI:科学捜査班
第12シーズン「殺人兵器」に登場。隠し部屋の壁に掛けてある。
あぶない刑事
タカこと鷹山刑事が4インチ銃身のM586(デイビスグリップ仕様)を使用する。また、『まだまだあぶない刑事』ではユージこと大下勇次が、3インチの特殊モデルであるキャリーコンプモデルに酷似した外観を持つカスタムモデル「ユージカスタム」を使用する。『あぶない刑事リターンズ』『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』では町田透がM586のノーマルタイプの4インチモデルを使用する。
ガンヘッド
主人公のブルックリンが6インチ銃身のM586(デイビスグリップ仕様)を使用。
太陽にほえろ
ラガー刑事がM586の4インチモデルを使用。
ベイシティ刑事
山崎班長が6インチモデルを使用。
リーサル・ウェポン2/炎の約束
LAPDのエディ・エスタバンが使用。

漫画・アニメ編集

GUNSLINGER GIRL
アニメ第2期第10話でユーロポール時代のヒルシャーがM586を使用。
ゴルゴ13
ルパン三世 1$マネーウォーズ
次元大介が紛失してしまったS&W M19の代わりに使用。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ > firearms Model 686 Deluxe | Smith & Wesson”. Smith&Wesson. 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ > firearms PERFORMANCE CENTER Model 686 | Smith & Wesson”. Smith&Wesson. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ > firearms Performance Center Model686 | Smith & Wesson”. Smith&Wesson. 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ > firearms Performance Center Pro Series Model 686 SSR | Smith & Wesson”. Smith&Wesson. 2019年4月10日閲覧。
  5. ^ > firearms PERFORMANCE CENTER Model 686 Competitor 6 Weighted Barrel | Smith & Wesson”. Smith&Wesson. 2019年4月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集