S・P・バーラスブラマニアム

S・P・バーラスブラマニアム(S. P. Balasubrahmanyam、1946年6月4日[1] - 2020年9月25日)は、インドテルグ語映画タミル語映画カンナダ語映画ヒンディー語映画マラヤーラム語映画で活動したプレイバックシンガー音楽監督俳優[2]。「SPB」「Balu」の別名でも知られていた。これまで16の言語で10万曲以上のレコーディングを行っており[3]ナショナル・フィルム・アワードナンディ賞タミル・ナードゥ州映画賞フィルムフェア賞フィルムフェア賞 南インド映画部門などインド各地の映画賞を数多く受賞した[4][5][6][7]

S・P・バーラスブラマニアム
S. P. Balasubrahmanyam
S. P. Balasubrahmanyam at the 'Gurkha' Audio Launch.jpg
S・P・バーラスブラマニアム(2019年)
基本情報
出生名 Sripathi Panditaradhyula Balasubrahmanyam
生誕 (1946-06-04) 1946年6月4日
出身地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 マドラス管区ネルール
死没 (2020-09-25) 2020年9月25日(74歳没)
インドの旗 インド タミル・ナードゥ州チェンナイ
職業 プレイバックシンガー
活動期間 1965年 - 2020年

彼は「世界で最も多く映画の曲を歌った男性歌手」としてギネス世界記録に認定されている[1][8]。2012年にNTRナショナル・アワード[9]インディアン・フィルム・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞しており[10][11][12][13]インド政府からパドマ・シュリー勲章(2001年)、パドマ・ブーシャン勲章(2011年)を授与されている[14]

2020年9月25日、2019新型コロナウイルス(COVID-19)により死去した[15]

生涯編集

生い立ち編集

1946年にネルールで生まれる[16][17][18]。父はハリカタ英語版のアーティストで、舞台俳優としても活動していた[19]。バーラスブラマニアムにはS・P・サイラージャー英語版を含め2人の兄弟と5人の姉妹がいる[20][21][22]

バーラスブラマニアムは幼少期に音楽に興味を抱き、記譜法を学んだ。彼が音楽に興味を抱いたのは母の影響が大きかったといわれている[23]。成長後、彼はエンジニアを目指してジャワハルラール・ネルー工科大学英語版に進学したが、腸チフスを患い研究を中断し、マドラスのエンジニア協会の準会員となった[3][24]。彼は工学研究の合間に音楽を学び、音楽コンクールで賞を受賞している。1964年にテルグ文化団体が主催するアマチュア向けの音楽コンクールで最優秀賞を受賞した。彼はアニルッター(ハーモニウム)、イライヤラージャ英語版(ギター→ハーモニウム)、バースカル(パーカッション)、ガンガイ・アマラン英語版(ギター)が参加する軽音楽グループのリーダーだった[25][26][27]。また、S・P・コーダンダパニ英語版ガンタサーラ英語版が審査員を務めた音楽コンペティションではベストシンガーに選ばれている。彼は音楽家になる機会を得るため「Nilave Ennidam Nerungadhe」を作曲して音楽監督の元を訪れて回り、P・B・スリーニヴァス英語版からの支援を受けて活動していた[28]

キャリア編集

プレイバックシンガー編集

1960年代 - 1970年代編集

1966年12月15日、バーラスブラマニアムは師であるS・P・コーダンダパニが音楽監督を務めたテルグ語映画『Sri Sri Sri Maryada Ramanna』(1967年公開)のレコーディングに参加し、プレイバックシンガーとしてデビューした[29][30]。8日後にはカンナダ語映画『Nakkare Ade Swarga』(1967年公開)のレコーディングに参加し[31]、続いてタミル語映画『Hotel Ramba』の曲「Athaanodu ippadi irundhu eththanai naalaachu」のレコーディングに参加したが、同作は製作が中断されたため公開されなかった。この他にキャリア初期の曲としてP・スシェーラ英語版とデュエットした『Shanti Nilayam』の「Iyarkai Ennum Ilaya Kanni」、『Adimai Penn』の「Aayiram Nilavae Vaa」がある[32]。「Pournami Nilavil Pani vizhum Iravil」ではS・ジャーナキ英語版と初めてデュエットを組み、『Kadalppalam』では音楽監督のG・デーヴァラージャン英語版に起用され、初めてマラヤーラム語映画の曲のレコーディングに参加した[33]

バーラスブラマニアムは大半の場合、楽曲のレンダリングを1日で終わらせる。1981年2月8日に行ったレコーディングでは、ウペンドラ・クマール英語版が作曲したカンナダ語曲のレコーディングを午前9時から午後9時までの間に行い、同時にタミル語曲19曲、ヒンディー語曲16曲のレコーディングも行っている[2]。彼はレコーディング作業について、「1日に15曲から20曲をレコーディングすることもありますが、それまでこうした曲数をレコーディングをするのはアナンド=ミリンド英語版だけでした。そして、私は最後のフライトでチェンナイに帰っています」と語っている[34][35]。1970年代はM・S・ヴィシュワナーダン英語版が音楽監督を務める作品で、M・G・ラーマチャンドラン英語版シヴァージ・ガネーシャン英語版のために曲を手掛けた。この時期にはP・スシェーラ、S・ジャーナキ、ヴァーニー・ジャイラーム英語版L・R・イーシュワリ英語版とデュエットしている。

1980年代編集
 
S・P・バーラスブラマニアム(1985年)

1980年公開の『Sankarabharanam』で国際的な知名度を上げた。同作はテルグ語映画史上最高の映画の一つに挙げられており[36]K・V・マハデヴァン英語版が作曲したサウンドトラックはテルグ語映画でカルナータティック音楽英語版を取り入れる契機となった。また、彼は伝統的な訓練を受けた歌手ではなく映画音楽の要素をサウンドトラックに取り入れた[37]。バーラスブラマニアムはナショナル・フィルム・アワード 最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版を受賞し、1981年にも『Ek Duuje Ke Liye』で同賞を受賞している[5]。この時期はイライヤラージャが作曲した曲をS・ジャーナキとデュエットすることが多く、この3人の組み合わせは1970年代から1980年代にかけてタミル語映画で大きな成功を収めた。代表作には『Sagara Sangamam』『Swati Mutyam』『Rudraveena』のサウンドトラックがあり、バーラスブラマニアムはイライヤラージャと共にナショナル・フィルム・アワードを受賞している[38]

1989年にスーラジ・バルジャーティヤの『私は愛を知った英語版』でサルマン・カーンのプレイバックシンガーを務めた[39]。同作のサウンドトラックも成功を収め、バーラスブラマニアムは「Dil Deewana」でフィルムフェア賞 最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版を受賞した。これ以降、彼はサルマン・カーン主演作で「ロマンティック・シンギング・ボイス」を務めるようになった[40]。この中で最も知られているのは『Hum Aapke Hain Koun..!』である。同作はボリウッド映画歴代興行成績の上位にランクインし[41]ラタ・マンゲシュカルとデュエットした「Didi Tera Devar Deewana」は人気を集めた。同作の成功により、バーラスブラマニアムの「インド最高のプレイバックシンガー」としての地位はより強固なものになった[42]。また、キショール・クマールが1970年代に「ラジェシュ・カンナー英語版の声」と認識されたのと同様に、バーラスブラマニアムは1990年代に入ると「サルマン・カーンの声」として認識されるようになった[43][44]

1990年代以降編集
 
第47回インド国際映画祭英語版でインディアン・フィルム・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞するバーラスブラマニアム(左端)

1990年代はヴィディヤーサーガル英語版M・M・キーラヴァーニS・A・ラージクマール英語版デーヴァ英語版の楽曲に参加し、特にA・R・ラフマーンとの仕事で大きな成功を収めた。ハムサレーカ英語版とは『Premaloka』で仕事を共にして以来コンビを組むようになり、バーラスブラマニアムがカンナダ語映画で歌う曲の多くはハムサレーカが作曲した曲になった。ハムサレーカが音楽監督を務めた『Sangeetha Sagara Ganayogi Panchakshara Gavai』にも参加し、ナショナル・フィルム・アワード最優秀男性プレイバックシンガー賞を受賞した[38]。A・R・ラフマーンの音楽監督デビュー作『ロージャー』では3曲のレコーディングに参加し、これ以降ラフマーンとコンビを組む機会が多くなった。この他の代表作にはアヌパマー英語版とデュエットした『Pudhiya Mugam』の「July Matham」、『Kizhakku Cheemayile』の「Mannoothu Manthayilae」、『Minsara Kanavu』の「Thanga Thaamarai」があり、『Duet』では大半の曲を歌っている。

2013年に『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』の「Chennai Express」を歌い、15年振りにヒンディー語映画のレコーディングに参加した[45]

声優編集

バーラスブラマニアムはK・バーラチャンダル英語版の『Manmadha Leelai』テルグ語吹替版に声優として参加した[46]。これ以降、複数の映画でカマル・ハーサン英語版ラジニカーントヴィシュヌヴァルダン、サルマン・カーン、K・バーギャラージ英語版モハン英語版アニル・カプールギリシュ・カルナド英語版ジェミニ・ガネーシャン英語版アルジュン・サルジャ英語版ナゲーシュ英語版カールティク英語版ラグヴァラン英語版などの吹き替えを務めた。この中でカマル・ハーサン主演作のテルグ語吹替版では専属で彼の吹き替えを担当するようになり、『Dasavathaaram』では彼が演じた10役のうち7役の吹き替えを担当している[47]。『Annamayya』と『Sri Sai Mahima』ではナンディ賞 最優秀吹替男優賞英語版を受賞した[48]。この他に『Sri Rama Rajyam』タミル語吹替版ではナンダムーリ・バーラクリシュナ英語版[49]、『ガンジー』テルグ語吹替版版ではベン・キングズレーの吹き替えを担当した[50]

死去編集

2020年8月5日、COVID-19の検査で陽性反応が示され、チェンナイ市内の病院に入院[51]。その後、容態が悪化し、集中治療室に移送され、人工呼吸器体外式膜型人工肺(ECMO)による治療を必要とした。息子のチャランはソーシャルメディア上で定期的に更新情報を提供し、タミル映画業界のメンバーは8月20日にZoomを介して大規模な祈りを行い、病院の外ではファンによるキャンドル・ビギルが行われた[52]。9月7日、人工呼吸器とECMOを使用したままであったが、コロナウイルスの検査では陰性であった。彼は軽い発話や身体活動など回復の兆しを見せ始めたが、病院は9月24日、「極めて重篤な状態」となり、「最大生命維持装置」にかかっているとする声明を発表した。バーラスブラマニアムは1か月以上入院した後、2020年9月25日午後1時4分(IST)に心肺停止のため死去した[53]

家族編集

バーラスブラマニアムはバラモンの出身で、妻サヴィトリとの間に生まれた娘パッラヴィ、息子S・P・B・チャラン英語版はそれぞれプレイバックシンガー、映画プロデューサーとして活動している[54][55][56][57]

ディスコグラフィー編集

出典編集

  1. ^ a b “Wish singersinguer SPB on his birthday today”. The Times of India. (2013年6月4日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-06-04/news-interviews/39740041_1_playback-singer-guinness-book-spb 2014年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b S P Balasubramaniam”. FilmiBeat. 2020年4月17日閲覧。
  3. ^ a b “Singer S.P. Balasubrahmanyam honoured”. The Hindu. (2012年6月11日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-tamilnadu/singer-sp-balasubrahmanyam-honoured/article3513621.ece 2013年7月22日閲覧。 
  4. ^ SPB to be honoured”. Sify.com (2009年3月24日). 2011年5月1日閲覧。
  5. ^ a b “Entertainment Hyderabad / Events : In honour of a legend”. The Hindu. (2006年2月3日). http://www.hindu.com/fr/2006/02/03/stories/2006020301430200.htm 2011年5月2日閲覧。 
  6. ^ Pehla Pehla Pyar by S.P. Balasubramaniam Songfacts”. 2020年4月17日閲覧。
  7. ^ “Friday Review Hyderabad / Events : The stars shimmered bright”. The Hindu. (2008年8月8日). http://www.hindu.com/fr/2008/08/08/stories/2008080850380200.htm 2011年5月1日閲覧。 
  8. ^ S.P. Balasubramanyam – The Man Who Broke The Guiness Book Of Records”. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ Correspondent, Special (2017年4月5日). “S.P. Balasubrahmanyam, Hema Malini bag NTR awards”. The Hindu. http://www.thehindu.com/news/national/andhra-pradesh/spb-hema-malini-bag-ntr-awards/article17821614.ece 2020年4月17日閲覧。 
  10. ^ Who will be the Indian Film Personality of the Year at IFFI 2017?” (2017年11月8日). 2020年4月17日閲覧。
  11. ^ Waheeda receives Indian Film Personality of the Year award at IFFI” (2013年11月20日). 2020年4月17日閲覧。
  12. ^ India, Press Trust of (2016年11月20日). “SP Balasubrahmanyam honoured with centenary award”. Business Standard India. http://www.business-standard.com/article/pti-stories/sp-balasubrahmanyam-honoured-with-centenary-award-116112000607_1.html 2020年4月17日閲覧。 
  13. ^ Have lost count of songs sung, says record holder S.P. Balasubrahmanyam” (2016年11月20日). 2020年4月17日閲覧。
  14. ^ 26 January 2011 DC Correspondent New Delhi (2011年1月26日). “SPB wins Padma Bhushan, no Bharat Ratna this year”. Deccan Chronicle. 2011年5月2日閲覧。
  15. ^ “‘Paadum Nila’ S.P. Balasubrahmanyam no more” (英語). The Hindu. (2020年9月25日). https://www.thehindu.com/news/national/tamil-nadu/paadum-nila-sp-balasubrahmanyam-no-more/article32693844.ece 2020年9月26日閲覧。 
  16. ^ IndiaGlitz – Happy birthday to Balu – Hollywood Movie News”. 2020年4月19日閲覧。
  17. ^ The Maestro Comes to Town”. 2020年4月19日閲覧。
  18. ^ Dr.S.P.Balu's News”. 2020年4月19日閲覧。
  19. ^ Suganthy Krishnamachari (2010年8月26日). “Arts / Music : Motivating, musically”. The Hindu. http://www.thehindu.com/arts/music/article595994.ece 2011年5月2日閲覧。 
  20. ^ “Kerala / Thiruvananthapuram News : S.P.Balasubramaniam shares memories with music buffs”. The Hindu. (2005年12月5日). http://www.hindu.com/2005/12/05/stories/2005120501970200.htm 2011年5月2日閲覧。 
  21. ^ Tamil Cinema news – Tamil Movies – Cinema seithigal”. 2020年4月17日閲覧。
  22. ^ Rumours Rife on SPB Health” (2017年9月8日). 2020年4月17日閲覧。
  23. ^ SP Balasubrahmanyam loses his mother”. The Times of India. 2020年4月17日閲覧。
  24. ^ SP.Balasubrahmanyam's 67th Birthday” (2013年6月4日). 2013年7月22日閲覧。 “Today, S.P. Balasubrahmanyam is celebrating his 67th birthday. He was born on 4 June 1946 into a Brahmin family in Nellore. Balasubrahmanyam started singing from a very young age. After dropping out from an engineering program in JNTU, SPB got his first break in 1966, when he sang for Sri Sri Sri Maryada Ramanna and he has sung over 40,000 songs. The State Government of AP presented the Nandi Award to Balasubrahmanyam 25 times. The Govt. of India honoured him with a Padma Bhushan award in 2011 and also presented him with six National Awards.”
  25. ^ Dinathanthi, Nellai Edition, 11 August 2006, p. 11.
  26. ^ SP Balasubrahmanyam”. Artistopia.com. 2011年5月1日閲覧。
  27. ^ S. P. Balasubramanyam – Photos and All Basic Informations”. Networkbase.info. 2011年5月1日閲覧。
  28. ^ “Arts / Music : An unsung genius”. The Hindu. (2010年9月23日). http://www.thehindu.com/arts/music/article786498.ece 2011年6月12日閲覧。 
  29. ^ Andhra Pradesh / Ongole News : Telugu will thrive forever, says Balu”. The Hindu (2011年4月14日). 2011年5月2日閲覧。
  30. ^ “Andhra Pradesh / Hyderabad News : Raja-Lakshmi award for S.P. Balasubrahmanyam”. The Hindu. (2006年8月15日). http://www.hindu.com/2006/08/15/stories/2006081505050400.htm 2011年6月12日閲覧。 
  31. ^ Of soulful strains”. Deccan Herald (2011年10月29日). 2020年4月17日閲覧。
  32. ^ Tamil Cinema news – Tamil Movies – Cinema seithigal”. 2020年4月17日閲覧。
  33. ^ Metro Plus Kochi / Columns : KADALPAALAM 1969”. The Hindu (2010年7月12日). 2011年6月12日閲覧。
  34. ^ Thakkar, Mehul S (2013年5月24日). “Salman's voice now belongs to Shah Rukh”. Mumbai Mirror. http://www.mumbaimirror.com/entertainment/bollywood/Salmans-voice-now-belongs-to-Shah-Rukh/articleshow/20236261.cms 2013年7月22日閲覧。 
  35. ^ T. Krithika Reddy (2010年1月8日). “Life & Style / Metroplus : Swinging sixties”. The Hindu. http://www.thehindu.com/life-and-style/metroplus/article77605.ece 2011年5月2日閲覧。 
  36. ^ Directorate of Film Festival”. Iffi.nic.in. 2013年1月1日閲覧。
  37. ^ Dalmia, edited by Vasudha; Sadana, Rashmi (5 April 2012). The Cambridge companion to modern Indian culture. Cambridge: Cambridge University Press. p. 248. ISBN 978-0-521-73618-3. https://books.google.com/?id=1hyIWIe4T0YC&pg=PA248&dq=Balasubramaniam+singer#v=onepage&q=Balasubramaniam%20singer&f=false 
  38. ^ a b “Metro Plus Visakhapatnam / Music : Balu live and lively”. The Hindu. (2010年3月6日). http://www.hindu.com/mp/2010/03/06/stories/2010030652600300.htm 2011年5月2日閲覧。 
  39. ^ Kadam, Prachi (2010年2月25日). “I knew Rahman as a toddler: SP Balasubrahmanyam”. DNA India. http://www.dnaindia.com/entertainment/1352465/report-i-knew-rahman-as-a-toddler-sp-balasubrahmanyam 2013年7月22日閲覧。 
  40. ^ HindustanTimes-Print”. Hindustan Times (2007年4月26日). 2011年6月12日閲覧。
  41. ^ The Biggest Blockbusters Ever in Hindi Cinema”. Box Office India. 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月4日閲覧。
  42. ^ “The Beat”. The Beat (University of California: Bongo Productions) 11: 71. (1992). https://books.google.com/?id=FAk5AQAAIAAJ&q=playback+Balasubrahmanyam&dq=playback+Balasubrahmanyam. 
  43. ^ B'day Jukebox: SP Balasubrahmanyam Was Salman Khan's 90s Voice”. The Quint (2015年6月4日). 2020年4月19日閲覧。
  44. ^ S P Balasubramanyam: The voice that made Salman Khan sing – Nishad N”. saddahaq.com. 2020年4月19日閲覧。
  45. ^ Balasubramaniam returns with Chennai Express title track”. India Today (2013年5月23日). 2013年7月19日閲覧。
  46. ^ sales@andhravilas.net (2009年3月26日). “Chit chat with S. P. Balasubramaniam – Andhravilas.com -Telugu Cinema, Telugu Movies, India News & World News, Bollywood, Songs”. Andhravilas.com. 2011年5月2日閲覧。
  47. ^ Chit chat with S. P. Balasubramaniam – Andhravilas.com -Telugu Cinema, Telugu Movies, India News & World News, Bollywood, Songs :. Andhravilas.com (26 March 2009). Retrieved 7 January 2012.
  48. ^ Telugu Cinema Etc – Idlebrain.com”. 2020年4月19日閲覧。
  49. ^ SPB and Chinmayi voice for Balakrishna and Nayanthara in Sri Rama Rajyam movie – Tamil Cinema News – Latest News on Kollywood” (2012年4月2日). 2020年4月19日閲覧。
  50. ^ “SPB, naturally”. The Hindu. (2009年3月27日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-features/tp-fridayreview/SPB-naturally/article15937688.ece 2017年4月4日閲覧。 
  51. ^ “Renowned Singer SP Balasubrahmanyam's Health Deteriorates; Moved To ICU On Life Support” (英語). Mumbai Live. Mumbai Live. (2020年8月14日). https://www.mumbailive.com/en/music-dance/renowned-indian-singer-sp-balasubrahmanyam-health-critical-due-to-coronavirus-covid19-infection-54102?utm_campaign=daily&utm_medium=whatsapp-ml&utm_source=social 2020年9月26日閲覧。 
  52. ^ “Tamil Nadu comes together, prays for singer SP Balasubrahmanyam's recovery” (英語). New India Express. (2020年8月20日). https://www.newindianexpress.com/states/tamil-nadu/2020/aug/20/tamil-nadu-comes-together-prays-for-singer-sp-balasubrahmanyams-recovery-2186125.html 2020年9月26日閲覧。 
  53. ^ “Legendary singer SP Balasubrahmanyam dies at 74 in Chennai” (英語). India Today. (2020年9月25日). https://www.indiatoday.in/movies/regional-cinema/story/legendary-singer-sp-balasubrahmanyam-dies-at-74-in-chennai-1725054-2020-09-25 2020年9月25日閲覧。 
  54. ^ “Unnai Charan Adainthaen”. The Hindu. (2003年9月19日). http://www.hindu.com/fr/2003/09/19/stories/2003091901160200.htm 2011年5月2日閲覧。 
  55. ^ Tamil Cinema news – Tamil Movies – Cinema seithigal”. 2020年4月17日閲覧。
  56. ^ “The cup of joy called friendship”. The Hindu. (2004年1月13日). http://www.hindu.com/lf/2004/01/13/stories/2004011300950200.htm 2011年5月2日閲覧。 
  57. ^ “Metro Plus Madurai / Events : A medley of sorts”. The Hindu. (2009年11月26日). http://www.hindu.com/mp/2009/11/26/stories/2009112651250400.htm 2011年6月12日閲覧。 

外部リンク編集