S・M散

S・M散(エスエムさん)は、胃薬のひとつ。炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウムを主剤とし、カンゾウオウレンケイヒウイキョウなど生薬を含む薬。第一三共エスファから調剤用胃腸薬「S・M配合散」として製造販売している。

概要編集

制酸薬消化薬などの複合薬で、健胃薬のひとつ。慢性胃炎、胃もたれ、食欲不振胸やけ、吐き気などの胃腸症状にごく一般的に広く処方されてきた。速効性のある炭酸水素ナトリウムおよび、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウムなどの胃酸を中和する制酸薬、タカジアスターゼなどの消化薬、生薬などを複合的に調合している。機能性胃腸症に伴う不定愁訴のほか、鎮痛薬など他の薬の摂取に伴う胃腸症状を予防するために用いられる。苦味成分があるが、これが食欲中枢に作用する。

適応症編集

  • 慢性胃炎
  • 食欲不振
  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 胃カタル
  • 胃酸過多

注意事項編集

  • 以下の持病のあるものには、処方に注意が必要。
心臓病腎臓病
人工透析を受けている人。
高カルシウム血症
甲状腺機能低下症
副甲状腺機能亢進症
  • 当薬が塩分を含有するため、塩分摂取制限を行っているもの。
  • 飲み合わせに注意:
テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌薬。(以上は薬効を減弱させる作用があるため、時間を置く)
ビタミンD3製剤 (高カルシウム血症を起こす可能性あり、腎臓の悪い人は注意を要する)

副作用編集

  • 副作用は少ないが、まれに便秘、むかつきや長期服用時に血圧上昇、むくみなどが確認されている。腎臓病患者や高齢者は、高マグネシウム血症や尿路結石にも注意する。

外部リンク編集