SANSA航空32便墜落事故

SANSA航空32便墜落事故: SANSA Flight 32)とは、1990年1月15日にSANSA航空32便(CASA C-212 アヴィオカー)がサンホセフアン・サンタマリーア国際空港を離陸後パルマ・スール空港英語版へ向かう途中にコスタリカの山、セロ・セドラル英語版へ墜落した事故である。

SANSA航空32便
SMAC IPTN NC-212-100 Aviocar MRD-1.jpg
事故機と同型のCASA/IPTN NC-212
事故の概要
日付 1990年1月15日
概要 CFIT
現場 コスタリカの旗 コスタリカセロ・セドラル英語版
乗客数 20
乗員数 3
負傷者数 0
死者数 23(全員)
生存者数 0
機種 CASA C-212 アヴィオカー
運用者 コスタリカの旗 SANSA航空
機体記号 TI-SAB
出発地 コスタリカの旗 フアン・サンタマリーア国際空港
目的地 コスタリカの旗 パルマ・スール空港英語版
テンプレートを表示

事故の経過編集

SANSA航空32便は現地時間8時25分にフアン・サンタマリーア国際空港から離陸し、5500フィートへの上昇を許可された。間もなく乗員は8500フィートへ上昇という別の指示を受けた。事故機は上昇の途中に7200フィートでセロ・セドラルに墜落し、搭乗していた乗客20人と乗員3人の全員が死亡した[1]

当時、この事故はCASA C-212 アヴィオカーが起こした事故の中で最悪のものであり、現在では5番目に最悪の事故である。この事故は現在、コスタリカで2番目に最悪な事故でもある[2]

調査編集

調査の結果、事故の主な原因は、航空交通管制と話し合って提示された飛行計画に従わなかったことであり、これにより航空機がVFRではなくIMCの条件の下で飛行することになったのであろうということがわかった。 補助要因には対地接近警報装置の欠如、パイロットの疲労、SANSA航空における飛行安全プログラムの欠如が含まれる[3]

脚注編集