メインメニューを開く

SATOち(さとち、本名:高安悟史(たかやす さとし)1979年8月12日 - )は、日本ロックバンドMUCCドラマー茨城県水戸市出身。愛称はヤス、さとー等。

SATOち
生誕 (1979-08-12) 1979年8月12日(39歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県水戸市
ジャンル ロック
職業 ドラマー
活動期間 ジュリアス (1995年〜1997年〜)
MUCC(1997年〜)
共同作業者 MUCC

目次

概要編集

高校の時、同級生だった逹瑯の誘いもあり以前組んでいたバンドが解散の為、ムックに加入。当初ギタリストを目指していたがギターが難しいといった理由からあまり練習せず中学校からバンドを組んでいた親友と喧嘩になり「おれは、ドラムがやりたい」と半ば無理やりドラムに転向。

しかしながらそれが功を奏しドラムに対してはかなり熱心で、メジャー以降は変則的なドラムプレイも多用している。影響を受けたアーティストは THE BLUE HEARTS等。

同じ事務所の先輩バンドであるL'Arc〜en〜Ciel等と交友は深く、「JACK IN THE BOX 2007」ではサポートドラマーを務めた経験もある。

作曲した作品は「前へ」「夕紅」等のアップテンポなものが多い。また『極彩』に収録された「キンセンカ」で初めて作詞を行った。

ドラムセットは年を追うごとにパーツが増えていき、現在はツーバス体制となっている。「歳を取ったらドラムセットはシンプルになるって聞いてたけど、俺の場合増えちゃった」とのことである。

大相撲力士高安晃は従兄弟にあたる。

連載編集

関連項目編集

外部リンク編集