SCHON(ショーン、本名:森下志音、1982年1月11日 - )は日本のギタリストミュージシャン作曲家東京都出身。血液型AB型。

SCHON
出生名 森下志音
別名 Siyon Morishita
生誕 (1982-01-11) 1982年1月11日(38歳)
出身地 東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1996年
レーベル GIZA studioNaifu)2010年まで
ZAIN RECORDS(ソロ及びMR.ORANGE)2010年まで
事務所 ビーイング(2005年 〜 2010年)
共同作業者 Naifu
ガンズ・アンド・ローゼズ

略歴編集

  • 1982年 東京都で生まれる。名前は“志音”という漢字があてられるが、ショーンと読む。ジャーニーのギタリストであるニール・ショーンが彼の名付け親。
  • 1992年ガンズ・アンド・ローゼズの東京ドーム公演に衝撃を受け、その翌日から、それまで習っていたクラシックピアノからギターに転向。
  • 1996年 パンクバンドMR.ORANGEで15歳でデビュー。プライベートレーベル「HOME MADE」を立ち上げる。
  • 2002年 Sony Music Entertainmentからメジャーデビュー。フルアルバム「JAMBALAYA」をリリース、同アルバムを引っさげての全国ツアーに出るも、メンバー間の不和や方向性の違いなどによりMR.ORANGEは解散。
  • 2003年 3ピースバンドCRAVEを結成し、フルアルバム「CRAVE」をポリスターからリリース。MR.ORANGE時代のようなキャッチーな曲調やポップセンスを含みながらも、驚異的なテクニックを盛り込んだ楽曲を披露。その後、アルバムからのリカットシングルを2枚、2004年にはミニアルバム「星に願いを」をそれぞれリリースするがCRAVEとしての活動は不定期になる。
  • 2006年 SCHON名義で活動を再開。「Frame of Portrait」「Useful will be Useless」を立て続けにリリースし、それまでとは違う、スクリーモメタルに影響を受けた音楽性を披露。また、この頃から自身の音楽活動に並行して、ビーイング系アーティストへの楽曲提供やプロデュースなど、プレイヤーのみならずコンポーザーとしての活動も始める。
  • 2007年 9月には、ZARDの追悼ライブ「What a beautiful memory」にギタリストで全公演参加をし、『第58回NHK紅白歌合戦』でのZARDフィルムコンサートにも参加。
  • 2008年 1月20日にMR.ORANGEのベストアルバムをリリースし、歴代のPV集や現メンバーのインタビュー、解散に至った裏話までが語られるDVDが付属された。そして同年4月のPUNKSPRING2008にて、MR.ORANGEとして解散時のメンバーで一夜限りの再結成ライブを行った。
  • 2008年 1月からスタートした「ZARD LIVE What a beautiful memory 2008」ツアーにバンドメンバーとして参加。
  • 2008年 4月23日にNaifuに加入。その後の活動はNaifuの項目を参照。
  • 2009年 12月31日にNaifuを解散。
  • 2010年 GIZA及びビーイングを離脱し、楽曲提供やプロデュース業を展開し始める。
  • 2011年HOME MADE」を再始動し楽曲提供、プロデュースを中心に活動。
  • 2014年 HIGH SPEED BOYZギタリストとしてGReeeeNライヴ『エレグリトリカルパレードへようこそ!』ツアーに参加。
  • 2015年 T-BOLAN 森友嵐士ゴールデンボンバー 鬼龍院翔のユニットmorioni 「サヨナラは歩き出す」のアレンジを担当し、平成27年度クラウンヒット賞を受賞。
  • 2016年 咲-saki TVドラマ 劇場版ともに多数楽曲を提供、またFUJIPACIFIC MUSIC LIBRARYへ数多くのサウンドトラックを提供。
  • 2017年 OLDCODEXのサポートギタリストとして加入しツアーやレコーディングを務める。OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?” 全15公演に参加。
  • 2018年 OLDCODEX Tour “GROWTH TO BE ONE” 国内外を含めた全17公演に参加。

音楽性編集

使用機材編集

  • Fender Telecaster Deluxe
  • Gibson Les Paul Custom, Gibosn LP Pro Deluxe
  • Paul Reed Smith Custom24, Single Cut, CE24
  • Ibanez RG-SCHON1他、RGシリーズ
  • Mesa boogie Triple Rectifire Solo Head
  • Custom Audio Japan RS-616
    • フロイド・ローズなどのいわゆるロック式ブリッジは苦手であると公言し、所有しているギターでロック式ブリッジが搭載されているものはすべて、穴を埋めてフィクスドブリッジ仕様にしているか、木片を挟み込んで固定していたが2008年以降のプレイではアーミングプレイも多彩に取り入れられている。またMR.ORANGE時代のボディーカラーはRG-SCHON1を含め派手なスパークリングカラーが目立っていたが、その後使用しているギターのカラーリングはブラック色系で統一されている傾向がある。)

逸話編集

  • 音楽業界関係者の父を持ち、「子供の頃、家にいる時、家族でテレビを観ていて、日本のアーティストが出てくるとチャンネルを変えられた」と語る。
  • 小学校の授業で、自分が気に入っている本を持ち寄って発表する、という課題を出され、メタリカのバンドスコアを持っていったことがある。
  • 音楽活動以外では、洋服ブランドRUDE GALLERYACQUIESCE等でモデルとして起用されていた事がある。
  • 趣味はバイクファッションなど多彩。

提供作品編集

  • ここには実質的に同じアーティストであるためSCHON名義のもの、森下志音名義の作品を区別なく記載する。

作曲・編曲・プロデュース編集

  • U-KISS「Love To Go」「Inside Of Me」「Play Back」「Real Love」「Rock Me」「Face Off」他多数
  • Eric Martin「BREAK OUT」「THE HEART OF A CHAMPION」
  • ZARD「愛は暗闇の中で featuring Aya Kamiki, Siyon Morishita (All instrument), Naoki Ko-jin (Chorus)」
  • 上木彩矢「I Sing This Song For You」「夏のある日」「Cant stop fallin' in LOVE」「UNREAL」「V/S」他多数
  • PINC INC「デンジャラス・ラブ」「キミにHUGされていたい」「So faraway」他多数
  • morioni「サヨナラは歩き出す」

脚注編集

  1. ^ http://www.youtube.com/watch?v=Usa4vGLuzV0
  2. ^ http://www.anemo.co.jp/art/nijiiro/2008/0130.html

関連項目編集

外部リンク編集