SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010(シュートボクシング・ワールド・トーナメント ガールズ・エスカップ2010)は、シュートボクシングの大会の一つ。2010年8月29日東京都千代田区紀尾井町グランドプリンスホテル赤坂・クリスタルパレスで開催された。

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT
Girls S-cup 2010
イベント詳細
シリーズ シュートボクシング
主催 シュートボクシング協会
開催年月日 2010年8月29日
開催地 日本の旗 日本
東京都千代田区紀尾井町
会場 グランドプリンスホテル赤坂・クリスタルパレス
開始時刻 本戦開始15:00
試合数 全14試合
入場者数 1,368人[1]

大会概要編集

前年に続き、Girls S-cup(契約体重は51kg[2][3])が開催され、RENA渡辺久江ケイト・マルチネス高橋藍に勝利し、2年連続の優勝を果たした。

現役から引退していた風香高橋奈苗とのSBスペシャルエキシビションマッチで一試合限りの復帰を果たした[4]。また、「風香プロデュース〜女子キッズスペシャルマッチ」が2試合行なわれた。

唯一のJEWELSルールの試合では、HIROKOサンディ・ファーナーに前腕チョークで一本勝ちを収めた。当初、HIROKOは北京オリンピック女子レスリング63kg級銅メダリストであるランディ・ミラーと対戦予定であったが[5]、腰の負傷による欠場のため対戦相手が変更となった[6]

試合結果編集

第1試合 54kg契約 2分3R・延長2分1R
  岡加奈子 vs.   正木純子 ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、30-27)
第2試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 1回戦 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  RENA vs.   渡辺久江 ×
2R 1:50 TKO(2ダウン:左膝蹴り)
※RENAが準決勝進出。
第3試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 1回戦 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  ケイト・マルチネス vs.   サーサ・ソーアリー ×
3R 1:12 KO(スタンディング肩固め)
※マルチネスが準決勝進出。
第4試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 1回戦 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  V一 vs.   サマンタ・ヴァン・ドール ×
3R 1:45 KO(スタンディングチョークスリーパー)
※V一が準決勝進出。
第5試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 1回戦 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  高橋藍 vs.   クリスティーナ・ジャルジェビック ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-28、30-29)
※高橋が準決勝進出。
第6試合 Girls S-cup 2010 トーナメント リザーブマッチ 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  市井舞 vs.   山田純琴 ×
3R終了 判定2-0(30-30、30-28、30-28)
第7試合 風香プロデュース〜女子キッズスペシャルマッチ 2分1R
  古川桃花 vs.   藤田梨乃 ×
判定
第8試合 風香プロデュース〜女子キッズスペシャルマッチ 2分1R
  熊谷夢 vs.   植村風香 ×
判定
第9試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 準決勝 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  RENA vs.   ケイト・マルチネス ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-27)
※RENAが決勝進出。
第10試合 Girls S-cup 2010 トーナメント 準決勝 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  高橋藍 vs.   V一 ×
延長R終了 判定3-0(10-9、10-9、10-9)
3R終了 判定1-0(30-28、29-29、30-30)
※高橋が決勝進出。
第11試合 SBスペシャルエキシビションマッチ
  高橋奈苗 vs.   風香
勝敗なし
第12試合 SBレディースマッチ 59kg契約 3分3R・延長3分2R
  AZUMA vs.   超弁慶 ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-25、30-26)
第13試合 セミファイナル JEWELS特別ルール(パウンドあり) 65kg契約 5分2R
  HIROKO vs.   サンディ・ファーナー ×
1R 1:45 前腕チョーク
第14試合 メインイベント Girls S-cup 2010 トーナメント 決勝 51kg契約 2分3R・延長2分1R
  RENA vs.   高橋藍 ×
再延長R終了 判定3-0(10-9、10-9、10-9)
延長R終了 判定1-0(10-9、10-10、10-10)
3R終了 判定1-0(30-30、30-29、29-29)
※RENAが2年連続優勝。

トーナメント表編集

 
1回戦準決勝決勝
 
          
 
 
 
 
  RENATKO
 
 
 
  渡辺久江
 
  RENA判定
 
 
 
  ケイト・マルチネス
 
  ケイト・マルチネスKO
 
 
 
  サーサ・ソーアリー
 
  RENA判定
 
 
 
  高橋藍
 
  V一KO
 
 
 
  サマンタ・ヴァン・ドール
 
  V一
 
 
 
  高橋藍判定
 
  クリスティーナ・ジャルジェビック
 
 
  高橋藍判定
 

脚注編集

外部リンク編集