メインメニューを開く

概要編集

上翼の方が下翼より幅の狭い複葉機で、翼間支柱は前面から見てM型に配置された。操縦席のほぼ真上に支柱で支えられた300馬力のAnsaldo San Giorgio 4E-14 エンジンが配置され、推進式の4翅のプロペラが駆動された。極めて操縦が難しい機体であり、パイロットのグイド・ジャンネッロ専用として製作されている。そのため、彼が急病の際、代わりに操縦できるパイロットがおらず、1921年のシュナイダー・トロフィー・レースは棄権する羽目となった。

スペック編集

  • 全長:7.62m
  • 全幅:7.69m
  • 出力:300HP
  • 最大速度:290km/h

登場作品編集

映画編集

紅の豚
主人公の愛機としてサボイアS.21という名称の飛行艇が登場する。しかし、作中に登場する機体は単葉機であり、実際にはマッキ M.33をモデルにしていると言われる。