メインメニューを開く

SL北びわこ号(SLきたびわこごう)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が北陸本線米原駅 - 木ノ本駅間で運行している、蒸気機関車 (SL) 牽引による臨時列車[1]である。

SL北びわこ号
SLkitabiwako.C56.jpg
米原 - 木ノ本間を運行するSL北びわこ号
概要
種類 普通列車[1]
現況 運行中
地域 滋賀県
運行開始 1995年8月19日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 米原駅
終点 木ノ本駅
使用路線 JR西日本:北陸本線琵琶湖線
技術
車両 12系客車網干総合車両所宮原支所
D51 200梅小路運転区
C57 1(梅小路運転区)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 非電化
テンプレートを表示

滋賀県湖北地域観光振興とSLの動態保存運転を目的とした列車で、1995年平成7年)8月19日に運行を開始した。運行開始から2010年(平成22年)までの乗車人数は25万人にのぼり、米原市の弁当屋「井筒屋」で記念弁当も発売された[2][3]

目次

運行概況編集

2月10月および11月日曜日祝日ゴールデンウイークなどに運行されている[4]。なお、運行時季によってヘッドマークのデザインは変更されている。

1995年の運行開始当初から1997年(平成9年)11月24日までは米原 - 木ノ本間を2往復または、3・4号のみの1往復運行をしていたが、1998年(平成10年)5月3日から2003年(平成15年)8月までは下り米原発木ノ本行きが2本、上り木ノ本発米原行きが1本の運行となっていた。同年11月8日より下り列車のみ2本運行[5]となった。なお、2018年(平成30年)のD51 200投入の影響により、3号は廃止され、下り1号のみの運転となることが発表された。

木ノ本駅に転車台がないため、上下列車が運行されていた当時は、上り列車はSLが同駅で機回しを行ない、バック運転(逆機)で客車を牽引していた。しかし、最高速度が45km/h(正方向時は75km/h)に制限され、定期列車の本数の多い北陸本線ではダイヤ上の制約が大きく、定期列車への影響が出やすいために[6]、2003年(平成15年)11月8日からは機回しを行わず、宮原総合運転所DD51形ディーゼル機関車を米原方に連結し、SLを木ノ本方に連結した状態で米原駅へ回送する運行形態に変更した。2007年(平成19年)10月21日からは下関車両管理室EF65形電気機関車を使用して回送している[7]。また、2016年度の春季運行初日である5月8日には、「トワイライトエクスプレス」色のEF65 1124が回送で牽引した[8]

2016年(平成28年)3月6日、SL北びわこ3号の回送を利用して、クラブツーリズムの団体臨時貸切列車「石田三成号」が運行された。EF65 1128の牽引で、SL北びわこ3号を牽引していたC57 1は逆機で運行した[要出典]



停車駅編集

米原駅 - 長浜駅 - 虎姫駅 - 河毛駅 - 高月駅 - 木ノ本駅

※運行開始当初は、坂田駅および田村駅にも停車をしていた。

使用車両編集

牽引機関車は、通常、梅小路運転区所属のC56 160が使用されたが、同機が検査や故障などのために使用不可能だった場合、冬季運行の3月初旬に運行がある場合には、同じ梅小路運転区所属で「SLやまぐち号」を牽引するC57 1が牽引することがあった。かつて、1996年(平成8年)・1997年(平成9年)・1998年(平成10年)の冬季運行時期にこの2両で重連運転されたこともあった。また、C57 1牽引での2015年(平成27年)2月17日の試運転中に不都合が生じ運行が危ぶまれていたが、修理完了により同年3月1日に運行されたこともある[9]。C56 160による牽引は、2018年(平成30年)5月27日をもって終了した。同年夏以降はD51 200による牽引に変更される予定[10][11][12]だったが、平成30年7月豪雨などの影響により、同月15日以降同年内の運行はすべてC57 1による牽引に変更された[13]2019年(平成31年)3月10日にD51 200による牽引が開始された[14]

客車は、網干総合車両所宮原支所(旧宮原総合運転所)所属の12系客車5両編成(2010年(平成22年)3月22日付で京都総合運転所(現・吹田総合車両所京都支所)から転属)が用いられる。かつてSLやまぐち号で使用されていた「レトロ客車」と異なり、オリジナル仕様の12系客車である。全車座席指定席となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 通過駅があるが、時刻表ではSL列車・全席指定のみで「快速」マークが付されていない(『全国小型時刻表』(交通新聞社)2018年7月号、「夏の臨時列車案内」付録 p.58。)。
  2. ^ 2010SL北びわこ号の運行計画”. 交通政策課. 滋賀県. 2010年7月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月11日閲覧。
  3. ^ ">“SL北びわこ乗客25万人へ 米原駅で記念駅弁発売”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2013年9月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ukM7s 2016年10月11日閲覧。 
  4. ^ 春季運行は5月の日曜日、夏季運行は7月下旬と8月の日曜日、秋季運行は10月の中旬と11月の日曜日、冬季運行は3月の日曜日となっている。
  5. ^ 「SL北びわこ1号」米原駅(10時9分)発、木ノ本駅(10時52分)着/ 「SL北びわこ3号」米原駅(13時16分)発、木ノ本駅(14時)着
  6. ^ 一部のウェブサイトや文献では、木ノ本駅の構内配線が変更された(機回しに使用できる線路が撤去された)ため、機回しが行えなくなったといった記述があるが、誤りである。
  7. ^ “SL北びわこ号”上り回送列車のけん引機が変更”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2007年11月28日). 2016年5月10日閲覧。
  8. ^ EF65 1124が"SL北びわこ号"の回送をけん引”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年5月9日). 2016年5月10日閲覧。
  9. ^ "SL北びわこ号をC57 1がけん引”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2015年3月1日). 2016年5月6日閲覧。
  10. ^ “C56形蒸気機関車の最終運転について(SL北びわこ号)” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年3月19日), オリジナルの2018年3月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180320143846/http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/03/page_12102.html 2018年3月21日閲覧。 
  11. ^ JR西日本,5月27日でC56形160号機による“SL北びわこ号”のけん引を終了”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年3月20日). 2018年3月21日閲覧。
  12. ^ “SL北びわこ号”,C56による最終運転”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年5月28日). 2018年5月29日閲覧。
  13. ^ “「SLやまぐち号」、豪雨の影響で当面運休 C57形は「SL北びわこ号」に充当 - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」” (日本語). トラベルメディア「Traicy(トライシー)」. (2018年7月10日). https://www.traicy.com/20180710-slyamaguchi 2018年7月12日閲覧。 
  14. ^ D51 200が“SL北びわこ号”をけん引”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2019年3月12日). 2019年3月16日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集