メインメニューを開く

SMAP 007 〜Gold Singer』(スマップ ゼロゼロセブン ゴールドシンガー)は、SMAPの7枚目のオリジナルアルバム1995年7月7日ビクターエンタテインメントから発売された。

SMAP 007 〜Gold Singer
SMAPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1995年度年間44位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • SMAP アルバム 年表
    Cool
    (1995年)
    SMAP 007 Gold Singer
    (1995年)
    BOO
    (1995年)
    『SMAP 007 〜Gold Singer』収録のシングル
    1. たぶんオーライ
      リリース: 1994年12月21日
    2. KANSHAして
      リリース: 1995年3月3日
    3. しようよ
      リリース: 1995年6月6日
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    SMAP 006〜SEXY SIX〜から1年後にリリースされた。アルバムタイトルは、「007 ゴールドフィンガー」にちなんだタイトルとなっており、アルバムの最後には「ジェームズ・ボンドのテーマ」も収録されている。

    前作でも数曲で展開された海外ミュージシャンの参加が本格化し、ドラムスにオマー・ハキム、ベースにウィル・リーなど、ポップスジャズフュージョンまで世界の第一線で活躍している超一流の演奏家が数多く起用された。このアルバムでのセッションはミュージシャン達にとっても刺激になり、そのサウンドはオマー・ハキムにより「Smappies」と称され、後にSmappies名義でのオリジナル・アルバムが2枚制作されるまでに至った。一方で歌唱に関しては今までと変わらず、後に木村拓哉がインタビューで、「この演奏に収録されているボーカルについて罪を問われたら、自分達は終身刑もの」と語っている。また、本人達がニューヨークでのレコーディング現場を初めて訪れた際にはミュージシャンに対する認知度が皆無であり、マイケル・ブレッカーを「誰?あのハゲ」や「上手いじゃん」などと言い、スタッフに軽く叱責された。

    ロッキング・オン発行の雑誌「H」に稲垣吾郎が取材を受けた際に「至上初の、オルタナティブ・アイドル」と記載されたが[要出典]それを決定付けたアルバムで、楽曲の歌詞の多くは、後ろ向きで自堕落な感じの歌詞が多い。

    CDジャケットアートディレクター信藤三雄を起用。信藤はこのCDジャケットのプレゼンテーションの際「アイドルとしてギリギリのところを提案した。没になるかもしれないと思ったけど、ギリギリのところが一番面白い」と、このCDジャケットを製作した際のエピソードを語っている。

    収録曲編集

    1. KANSHAして(wah wah version)
      作詞:戸沢暢美 作曲:林田健司 編曲:岩田雅之
      • 16thシングルのアルバムバージョン
      マーヴィン・ゲイハービー・ハンコックらの作品に参加したワウ・プレイの名手、Wah Wah Watsonフィーチャーしているので「wah wah version」と名付けられている。ヴィニー・カリウタのタイトなドラミングと共にファンキーなグルーヴを生み出している。
    2. ルーズなMorning - 森且行香取慎吾
      作詞:戸沢暢美 作曲・編曲:CHOKKAKU
      1stインストゥルメンタルアルバム「SMAPPIES - Rhythmsticks」にも収録されている。
      CHOKKAKUによる16ビートカッティングが使用されているフュージョンナンバー。2008年現在、インストゥルメンタルバージョンがフジテレビSMAP×SMAP内の歌のコーナーにおいて使用されている。
    3. 雨がやまない - 木村拓哉・森且行
      作詞:久和カノン 作曲:寺田一郎 編曲:長岡成貢
      1stインストゥルメンタルアルバム、2ndベストアルバム「Wool」にも収録されている。
    4. しようよ(Let's do it)
      作詞:森浩美 作曲:Jimmy Johnson 編曲:CHOKKAKU
      • 17thシングル
      記載は無いが、アルバムバージョンである。
      間奏のギターソロが、テナーサックスのソロになったバージョン。ちなみに、後に発売された2ndベストアルバムでは神保彰の壮絶なドラミングをフィーチャーしたバージョンが聴ける。
    5. 切なさが痛い - 中居正広・木村拓哉
      作詞:久保田洋司 作曲・編曲:ZAKI コーラスアレンジ:松下誠
      1stインストゥルメンタルアルバムにも収録されている。
      キング・カーティスのバンドの屋台骨を支えたバーナードとチャックによるグルーヴに、デイヴィッド・Tのギターとジェイのサックスソロが楽曲を彩る。
    6. 感じやすい不機嫌 - 木村拓哉・草彅剛・香取慎吾
      作詞:戸沢暢美 作曲・編曲:長岡成貢 コーラスアレンジ:松下誠
    7. たぶんオーライ
      作詞:小倉めぐみ 作曲・編曲:庄野賢一 コーラスアレンジ:岩田雅之
      • 15thシングル
      記載は無いが、アルバムバージョンである。
      曲調はモダンなR&B調だが、デニス・チェンバースのファンキーでパワフルなドラミングにより、ジャズ・ファンクっぽく仕上がっている。間奏では「手数王」や「世界最強」との異名を持つ彼のソロが聴ける。
    8. 君がいない
      作詞:森浩美 作曲:安田信二 編曲:長岡成貢 コーラスアレンジ:松下誠
      2ndベストアルバムにも収録されている。
      サビの「忘れない」や「会いたくて」といった言葉のリフレインを活かし、当時のコンサートでのクロージングナンバーだった。
    9. 人知れずバトル - 木村拓哉・森且行
      作詞:戸沢暢美 作曲・編曲:岩田雅之
      • SMAP出演 ワニブックス「SMAP YEAR BOOK 1994-1995〜Revival & Evolution〜」CMソング
      2ndベストアルバムにも収録されている。
    10. A Day in the Life
      作詞:日々安里 作曲・編曲:ZAKI コーラスアレンジ:岩田雅之
      2ndベストアルバムにも収録されている。
      ラップの部分を中居、稲垣、草彅、香取が担当し、サビの部分は全員で歌われているナンバー。この曲は全演奏打ち込みによるものであり、海外ミュージシャンは参加していない。
    11. Alone in the Rain - 稲垣吾郎・草彅剛
      作詞:森浩美 作曲:谷本新 編曲:Rob Mounsey コーラスアレンジ:松下誠
    12. それが僕の答え
      作詞:日々安里 作曲:谷本新 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:松下誠
      ロック調のこの曲も全演奏打ち込みによるものであり、海外ミュージシャンは参加していない。
    13. Theme of 007 (James Bond Theme) (inst.)
      作曲:Monty Norman 編曲:CHOKKAKU Additional Arrangement & Orchestra Scoring:Rob Mounsey
      • 映画「007」のジェームズ・ボンドのテーマ曲のカバー
      1stインストゥルメンタルアルバムにも収録されている。
      基本的にアルバム・テーマ曲となるインストゥルメンタル曲は、アルバム収録において最初に収録されているのが殆どであるが、このアルバムでは最後に収録されている。ちなみに各アルバムにインストゥルメンタル・ナンバーが収録されるのは、彼らのダンス・ナンバーとするためである。
      ウィル・リーのスラッピングとヴィニー・カリウタのタイトなドラミングが生み出すグルーヴ、四十余名の管弦楽団によるゴージャスなオーケストレイション、ブレッカー・ブラザーズデイヴ・バレンティンらによるサックス、フルートのソロ回しなどが曲を彩る。

    レコーディング・メンバー編集

    KANSHA して(wah wah version)編集

    • Drums: Vinnie Colaiuta
    • Guitar: Wah Wah Watson
    • Trumpet Solo: Eric Miyashiro
    • Chorus: Masayuki Iwata
    • Horn Section
      • Trumpet & Flugelhorn: John Allmark, Joeseph Giorgianni
      • Trombone: John Wheeler
      • Alto, Tenor & Baritone Sax: John Scarpulla
      • Horn Section Arranged by John Wheeler
    • The other Instruments: Masayuki Iwata

    ルーズな Morning編集

    • Drums: Omar Hakim
    • Bass: Will Lee (appears courtesy of Go Jazz Records)
    • Guitar: Chokkaku
    • Alto Sax Solo: Jay Beckenstein (appears courtesy of GRP Records)
    • Horn Section
      • Trumpet & Flugelhorn: John Allmark, Joeseph Giorgianni
      • Trombone: John Wheeler
      • Alto, Tenor Sax: John Scarpulla
    • Chorus: Takatomo Nozawa
    • The other Instruments: Masayuki Iwata

    雨がやまない編集

    • Drums: Omar Hakim
    • Bass: Will Lee (appears courtesy of Go Jazz Records)
    • Guitar: Nick Morock
    • Piano: Philippe Saisie
    • Chorus: Takatomo Nozawa
    • The other Instruments: Seiko Nagaoka

    しようよ (Let's do it)編集

    • Tenor Sax Solo: Bob Berg (appears courtesy of STRETCH Records)
    • Chorus: Masayuki Iwata
    • All Instruments: Chokkaku

    切なさが痛い編集

    感じやすい不機嫌編集

    • Drums: Omar Hakim
    • Piano: Philippe Saisie
    • Slide Guitar Solo: John Paris
    • Chorus: Makoto Matsushita
    • The other Instruments: Seiko Nagaoka

    たぶんオーライ編集

    • Drums: Dennis Chambers
    • Guitar: Michael Campbell
    • Tenor Sax Solo: Bob Berg (appears courtesy of STRETCH Records)
    • Chorus : Masayuki Iwata
    • The other Instrument: Kenichi Shono

    君がいない編集

    • Drums: Bernard Purdie
    • Bass: Chuck Rainey
    • Guitar: Ira Siegel
    • Piano: Philippe Saisie
    • Harmonica: William Galison
    • Chorus: Makoto Matsushita
    • The other Instruments: Seiko Nagaoka

    人知れずバトル編集

    • Drums: Vinnie Colaiuta
    • Bass: Will Lee
    • Guitar: David T. Walker
    • Tenor Sax Solo: Bob Berg
    • Chorus: Masayuki Iwata
    • Horn Section
      • Trumpets: John Allmark, Joeseph Giorgianni
      • Trombone: John Wheeler
      • Alto, Tenor Sax: John Scarpulla
      • Horn Section Arrangement: John Wheeler
    • The other Instruments: Masayuki Iwata

    A Day in the Life編集

    • Chorus: Masayuki Iwata
    • All Instrument: Masatoshi Nozaki

    Alone in the Rain編集

    • Drums: Vinnie Colaiuta
    • Bass: Will Lee (appears courtesy of Go Jazz Records)
    • Guitar: Hiram Bullock
    • Piano: Jim Beard
    • Tenor Sax Solo: Michael Brecker (appears courtesy of GRP Records)
    • Chorus: Makoto Matsushita
    Brass & Sections
    • 1st Alto Sax/Flute: Jerome Richardson
    • 2nd Alto Sax/Flute: Jerry Dedgion
    • 1st Tenor Sax: Michael Brecker (appears courtesy of GRP Records)
    • 2nd Tenor Sax/Flute: Danny McCaslin
    • Baritone Sax: Ronnie Cuber
    • Trumpets & Flugelhorns
      Roger Ingram, Randy Brecker (appears courtesy of GRP Records), Byron Stripling, Tony Kadleck
    • Trombones
      Jim Pugh, John Wheeler, Slide Hampton, Douglas Purviance
    • Strings & Other Orchestra Sections Contractor: David Nadian
    • Concertmaster: David Nadian
    • Violins
      Jan Mullen, Charles Libove, Barry Finclair, Matthew Raimondi, Richard Sortomme, Elena Barere, Marti J. Sweet, Maura A. Giannini, Laura J. Seaton, Marilyn Wright, Joyce Flissler, Regis landiorio, Jean Ingraham, Paul Peabody, Abraham A. Appleman
    • Violas
      Lamar Alsop, Jean R. Dane, Sue Pray, Julien C. Barber Olivia Koppell, Carol Landon
    • Cellos: Mark Orrin Shuman, Richard Locker, Jeanne LeBlanc, Jesse Levy
    • French Horns: Kaitilin B. Mahony, Peter J. Gordon, Robert H. Carlisle
    • Harp: Ruth Negri Armato
    • Mallet Percussions: Sue Evans

    それが僕の答え編集

    • Chorus: Makoto Matsushita
    • All Instrument: Chokkaku

    Theme of 007 (James Bond Theme)編集

    • Drums: Vinnie Colaiuta
    • Bass: Will Lee (appears courtesy of Go Jazz Records)
    • Guitar: Hiram Bullock
    • Piano: Jim Beard
    Brass & Sections
    • 1st Alto Sax/Flute: Jerome Richardson
    • 2nd Alto Sax/Flute: Jerry Dedgion
    • 1st Tenor Sax: Michael Brecker (appears courtesy of GRP Records)
    • 2nd Tenor Sax/Flute: Danny McCaslin
    • Baritone Sax: Ronnie Cuber
    • Trumpets & Flugelhorns
      Roger Ingram, Randy Brecker (appears courtesy of GRP Records), Byron Stripling, Tony Kadleck
    • Trombones
      Jim Pugh, John Wheeler, Slide Hampton, Douglas Purviance
    • Flute Solo: Dave Valentin
    • Sax Solo: Michael Brecker (appears courtesy of GRP Records)
    • Trumpet Solo: Randy Brecker (appears courtesy of GRP Records)
    • Strings & Other Orchestra Sections Contractor: David Nadian
    • Concertmaster: David Nadian
    • Violins
      Jan Mullen, Charles Libove, Barry Finclair, Matthew Raimondi, Richard Sortomme, Elena Barere, Marti J. Sweet, Maura A. Giannini, Laura J. Seaton, Marilyn Wright, Joyce Flissler, Regis landiorio, Jean Ingraham, Paul Peabody, Abraham A. Appleman
    • Violas
      Lamar Alsop, Jean R. Dane, Sue Pray, Julien C. Barber Olivia Koppell, Carol Landon
    • Cellos: Mark Orrin Shuman, Richard Locker, Jeanne LeBlanc, Jesse Levy
    • French Horns: Kaitilin B. Mahony, Peter J. Gordon, Robert H. Carlisle
    • Harp: Ruth Negri Armato
    • Mallet Percussions: Sue Evans

    関連項目編集