メインメニューを開く

SONS OF ALL PUSSYS(サンズ オブ オール プッシーズ)は、L'Arc〜en〜Cielギタリスト kenを中心に結成された3人組インディーズバンド。所属事務所MAVERICK D.C. GROUPレコード会社DANGER CRUE。通称および略称はS.O.A.P.(ソープ)。

SONS OF ALL PUSSYS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル インディー・ロック
活動期間 2002年 - 2006年
レーベル DANGER CRUE RECORDS
公式サイト www.bubble-star.com
メンバー Ken(ボーカル・ギター)
Ein(ボーカル・ベース)
Sakura(ドラムス)

メンバー構成・担当パート編集

概略編集

2002年に札幌KRAPS HALLでのライヴで活動を開始。翌2003年ミニアルバムGRACE」をリリースし活動を本格化する。開催するフェスにはHYDEacid android清春黒夢SADS)など有名アーティストが参加している。

結成のいきさつは、L'Arc〜en〜Cielのメンバーたちのソロ活動期間中に、自分も活動をしようと考えたkenが、L'Arc〜en〜Cielの前ドラマーであったsakuraと音楽性から人間性に至るまで話し合った事がきっかけである。そこに、個人的な友人であり何度かL'Arc〜en〜Cielのミュージックビデオにも出演経験のあるEinをkenがベーシストとして誘い、演奏経験のない彼が練習した上で加わった。kenは「ラルクでできないことをする」という観点をもって活動を始めたと言う。

結成日については本人達曰く、「本当にゆる〜く始めたバンドだから結成日なんかは全くわかりません。」と語っている。そして何故か11月26日(いい風呂の日)がSONS OF ALL PUSSYSの記念日となっている。

S.O.A.P.のライヴでは必ず前説とコンセプトがあり、前説をやっているのは通称巨泉さん(S.O.A.P.のマネージャー。別名スーさん)が担当。そして、前説の内容を考えているのは全てドラマーのsakuraであり、内容詳細は公式サイトのDiealleyに記載されている。コンセプトについては地方ネタが多く、登場SEもそれにちなんでいることが多い(例:納豆ショー、放水ショー)。

2002年の札幌KRAPS HALLでのライヴで、「ドイツから輸入してきました」と紹介するなど、Einがさも外国人であるかのような演出をする事が多い。特に主催でないライヴでは、対バン相手のファンを当惑させるため、わざと片言の日本語を喋ったりする(Einは本来は流暢な日本語を喋る)。

SONS OF ALL PUSSYS関連の表記について編集

S.O.A.P.の「ライヴ」の呼び名として、必ず「リサイタル」と呼んでおり、「第●回 (地方)FESTiVAL」や、S.O.A.P.=石鹸にちなみ、「BUBBLE FESTiVAL」と表記される。 また、S.O.A.P.の女性ファンのことは「S.O.A.P.嬢」「ソープ嬢」と呼ばれている。

冬将軍2004ツアーでは、寒い地方に行くのを嫌がったkenを慰めるためhydeから花束が贈られたお返しに、 同時期に行われていたHYDEのソロツアー「HYDE 2004 FIRST TOUR 666」の和歌山GATEのライヴにて、「呪(×して祝と書き直されている)! 凱旋帰国 第一回 WAKAYAMA HYDE FESTiVAL」とメンバーの直筆であろう墨文字で記載された花輪がS.O.A.P.から届いた。hyde本人は「最初ハムスターとかを贈るって言われたんだけど、さすがに生き物はねぇ。花輪でよかったです」と語っている。なお、その花輪の画像はHYDE公式FCサイトHydeist内のpaparazziで見る事ができる。

また、所属レーベルであるDANGER CRUE主催の年末恒例ライヴイベント「天嘉-DANGER」では、翌年の干支に関連性の有るものを演奏の際に着用したり、設置したりすることがある。ちなみに申年を控えていた2003年の「天嘉-弐- DANGER II」では猿のコスチュームを着て登場、亥年を控えていた2006年の「天嘉-伍- DANGER V」ではステージ上の左右に猪の子供であるウリ坊のオブジェを設置した。またチケットの半券を抽選券とし、そのオブジェの片方を当選者にプレゼントした。

バイオグラフィー編集

2002年

  • 8月9日、 札幌KRAPS HALLでのライヴで活動を開始。
  • 12月29日、所属レーベル主催のライヴイベント「天嘉-DANGER」に出演。

2003年

2004年

2005年

  • 12月25日、所属レーベル主催のライヴイベント「天嘉-四- DANGER IV」に出演。

2006年

  • 12月25日、所属レーベル主催のライヴイベント「天嘉-伍- DANGER V」に出演。

作品編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 2004年7月7日 Paradise CD+DVD(初回盤)
CD+DVD(通常盤)
DCCA-9014~9015
DCCA-26~27
11位

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 2003年2月6日 GRACE 12cmCD
アナログ盤
DCCA-9011
DCCA-19
DCCA-1
23位
2nd 2003年4月26日 gimme A guitar 12cmCD
アナログ盤
DCCA-9012
DCCA-21
DCCA-2
25位
3rd 2003年11月26日 high 12cmCD
アナログ盤
DCCA-9013
DCCA-23
DCCA-3
31位

映像作品編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番
ライブビデオ 2003年10月20日(ネット販売)
2004年3月26日(一般販売)
BUBBLE FESTiVAL 2003-春 DVD DCBA-5
ミュージックビデオ 2004年7月7日 ICHIBAN-BLOW DVD DCCA-6~7
ライブビデオ 2004年12月25日(「天嘉-参-」会場およびネット販売)
2005年3月26日
S.S.J.B.F. in 武道館 DVD DCCA-10/12

ライヴ編集

2002年

2003年

2004年

BUBBLE FESTiVAL「冬将軍2004」

2005年

2006年

関連項目編集