メインメニューを開く

SPARK」(スパーク)は、1996年7月10日に発売されたTHE YELLOW MONKEYの10作目のシングル。発売元は日本コロムビア・トライアドレーベル。

SPARK
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『TRIAD YEARS actI〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY
B面 MOONLIGHT DRIVE
リリース
ジャンル ロック
レーベル TRIAD / 日本コロムビア
プロデュース 吉井和哉
宗清裕之
ゴールドディスク
Platinum disk.png プラチナ (日本レコード協会 1996年7月)
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1996年度年間42位(オリコン)
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
JAM/Tactics
1996年
SPARK
(1996年)
楽園
(1996年)
ミュージックビデオ
SPARK - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

  • 前作「JAM」がロングヒットし、勢いに乗っている中でのリリースとなった。初のトップ3入りを果たし、累計55万枚を売り上げた。シングルでは、13thシングル「BURN」、前作「JAM」に次いで自身3番目の売り上げを記録している。
  • 日本コロムビアから発売された最後のシングル。後にTHE YELLOW MONKEYはファンハウス(現・アリオラジャパン)への移籍を発表。そのため「JAM」同様、権利面の関係もあり次作アルバムSICKS』には未収録となった。その後、バンド解散後の2004年に発売された公式ベスト・アルバムMOTHER OF ALL THE BEST』に初収録された。
  • 2016年7月2日放送の『THE MUSIC DAY』に出演して披露した「SPARK」は、バンド再結成後の最初のテレビ出演において披露した楽曲となった[1]

制作背景編集

  • 前作をリリースした後、「次はアッパーな曲を作るから」という口約束をディレクターと交わして作られた曲である。吉井は「きっちりとヒットシングルを作るんだという思いがあった」と語っている[2]。ディレクターに曲を渡す際、リリース候補として次シングルの「楽園」も聴かせたが、「SPARK」のほうがキャッチーだという理由で選ばれた[3]
  • 本楽曲の歌詞に関して、吉井は「セックスを違う表現でと、最初から意図して作った」と語っている[4]。また、「(移籍する)コロムビアっていうか、過去への決別の意味も歌詞に含まれている」と語っている[5]
  • 1996年の「TOUR '96 FOR SEASON “野性の証明”」ではツアーのオープニング曲として披露されたが、吉井は「1曲目に披露する曲をいつも迷っていたため、1曲目用として作った側面もある」と語っているほか、「(ライブが)静かな曲から始まる構想は今までもあったため、そこからガーッと変えられるのは『SPARK』だろうと思った」と語っている[6]
  • 制作段階では「SPARK」と「MOONLIGHT DRIVE」のどちらをA面にするか決めておらず、ジャケット写真撮影の際にも決定していなかった[* 1]。当時のディレクターである宗清裕之は「SPARK」をA面として推していたが、メンバーからは「『MOONLIGHT DRIVE』のほうがいい」という意見もあり、最終決定までには時間を要した[7]。吉井は「SPARK」と「MOONLIGHT DRIVE」のどちらがシングルになっても良いというスタンスであったという[8]

収録曲編集

全曲 作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY

  1. SPARK
    TBS系COUNT DOWN TV』96年7月度エンディングテーマ。2009年7月からパチンコ『CR忍術決戦 月影』に使用された。2013年に行われた『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票で9位を獲得し、収録が決定した。
    2017年の「TATERU」CMタイアップ(本田圭佑出演)に使用された「SPARK」は、再結成後の2017年・新録バージョン(アルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』収録)[9]
  2. MOONLIGHT DRIVE
    TRIAD COMPLETE BOX』のDISC6にはオリジナルカラオケが収録されている。2013年にベスト盤『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』の特設サイトで行われた「私のTHE YELLOW MONKEY『この1曲』」という企画において、9mm Parabellum Bulletのボーカルである菅原卓郎と、THE YELLOW MONKEYのカメラマンを担当した有賀幹夫がこの曲を投票している[10]。また、再集結後初となる2017年12月28日ヤフオク!ドームで約21年ぶりの披露となった。
  3. SPARK (TV-MIX)

影響編集

女性アイドルグループBiSHの楽曲「スパーク」は[* 2]、THE YELLOW MONKEYの「SPARK」の歌詞に似せたフレーズがあることをBiSHのプロデューサーで作詞者である渡辺淳之介(JxSxK)が語っている[12]。また、BiSH「スパーク」の作曲者松隈ケンタはBiSHの姉妹グループBiSにおいて「プライマル。」のカバーを編曲した。

ミュージック・ビデオ編集

「SPARK」のミュージック・ビデオ(PV)は、THE YELLOW MONKEYのPVを手掛ける高橋栄樹が初めて監督を務めた作品[7]。このPVは、デヴィッド・ボウイや彼をリスペクトするTHE YELLOW MONKEYが思い入れを持っている作品『時計じかけのオレンジ』が関係する[* 3]。バンドメンバーと高橋の打ち合わせではしきりにUFOの話をしていた[7]。PVに出て来るUFOは、当初プラモデルを用意していたが、もっとイメージに合うものにするため東急ハンズで材料を調達して製作した。メンバー4人全員が上半身に白、下半身に黒を基調とした衣装をまとい、吉井は白いジャケットの下にユニークなプリントのシャツを着ている。

2017年の新録(新演奏)アルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』のミュージック・ビデオ『TYM's hacking movie』で2017年版「SPARK」が収録された。全体がヘアーで覆われたアルバムキャラクター「TYM」(声: 美輪明宏)のナレーション後、「SPARK」の最初のサビ1つほぼ全部が流れる。

収録CD編集

SPARK
MOONLIGHT DRIVE
  • 『TRIAD COMPLETE BOX』(1997年12月10日)※DISC6にはカラオケバージョン
  • 『MOTHER OF ALL THE BEST』(2004年12月8日)※初回版DISC3

カバー編集

SPARK

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ジャケット写真を撮影したのはローリング・ストーンズのオフィシャルフォトグラファー・有賀幹夫。1995年からTHE YELLOW MONKEYのオフィシャルも務めている有賀によるTHE YELLOW MONKEYのジャケット撮影としては「SPARK」が最初の作品[7]
  2. ^ この楽曲は2015年3月に「オトトイ」、「SoundCloud」にて無料配信を開始[11]、後にアルバム『Brand-new idol SHiT』(2015年5月)に収録された。
  3. ^ デヴィッド・ボウイは『時計じかけのオレンジ』への皮肉交じりに[13]、「ジギー・スターダスト」のショーを1970年代に行った。THE YELLOW MONKEYが「SPARK」の前に発表した「JAM」(1996年)は、「ジギー・スターダスト」の物語上にあるデヴィッド・ボウイ作詞作曲「すべての若き野郎ども」(1972年)を題材に制作された。

出典編集

  1. ^ “イエモン、15年半ぶりテレビ出演 吉井和哉「日本のバンドの“国宝”でありたい」”. ORICON NEWS. (2016年7月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2074470/full/ 
  2. ^ 吉井和哉 2007, p. 155
  3. ^ 吉井和哉 2007, p. 157
  4. ^ 『PATi PATi』(1997年/ソニー・マガジンズ
  5. ^ BURN 2000, p. 156
  6. ^ 『15YEARS』(ぴあ
  7. ^ a b c d 森朋之 『徹底座談会で明かされる真実とそれぞれの1曲』 ナタリー、2013年7月31日http://natalie.mu/music/pp/theyellowmonkey03 
  8. ^ TRIAD COMPLETE BOX ブックレット
  9. ^ “イエモンの“SPARK”が起用されたCMで「二人の本田圭佑」共演”. ロッキング・オン・ドットコム. (2017年8月3日). http://rockinon.com/news/detail/165119 
  10. ^ “私のTHE YELLOW MONKEY「この1曲」!”. 日本コロムビア. (2013年). http://web.archive.org/web/20131130104224/http://columbia.jp:80/theyellowmonkey/vote/artist.html  オリジナルの2013-11-30時点によるアーカイブ
  11. ^ “BiSH本人が歌う「スパーク(本物)」の無料配信がスタート”. Musicman-NET. (2015年3月25日). http://www.musicman-net.com/artist/45672.html 
  12. ^ “BiSH、幕張メッセイベントホールワンマンへの軌跡 ターニングポイントからの快進撃を辿る”. リアルサウンド. (2017年7月20日). http://realsound.jp/2017/07/post-92930.html 
  13. ^ Doggett 2011, p. 169
  14. ^ “「EMI ROCKS」大トリで吉井×9mmがBOØWYセッション”. ナタリー. (2012年2月20日). http://natalie.mu/music/news/64785 

参考文献編集

  • 『BURN』ロッキング・オン、2000年12月15日。ISBN 4-94-759985-5
  • 吉井和哉『吉井和哉自伝 失われた愛を求めて』ロッキング・オン、2007年12月21日。ISBN 978-4-86052-071-7
  • Doggett, Peter (2011). The Man Who Sold The World: David Bowie And The 1970s. Random House. ISBN 978-1-40904-139-9. http://books.google.com/books?id=X7v7e3NRuSoC. 

外部リンク編集