ST-Vエスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した[1]

ST-V

基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame systemセガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり[2]、「タイタン」は開発当時のコードネームである[3]土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ[1][2]。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく[3]、移植されたゲームも多い[注釈 1]

CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった[3]ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない[3]。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMIドリームキャスト互換)にも受け継がれた。

部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した[4]

主なタイトル編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ セガサターンに移植されたST-V基板の作品は、サターンのソフトのパッケージに「ST-V」のロゴが描かれていたのもある。

出典編集

  1. ^ a b 株式会社インプレス (2016年5月23日). “「GAME ON」トークイベント「セガハードの歴史を語り尽くす」レポート 歴代セガハードの生みの親が集結した夢のキャスティングが実現!” (日本語). GAME Watch. 2021年2月15日閲覧。
  2. ^ a b “あそぶ!ゲーム展 ステージ3”がいよいよ本日(2018年10月6日)開催! 1990年代の興奮が蘇る企画展の見どころを紹介】”. KADOKAWA (2018年10月6日). 2021年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 「32ビット 家庭用『サターン』と共通仕様の業務用『タイタン』 セガ社低価格CG基板システムとして開発」, 『ゲームマシン 471号』, p.1.
  4. ^ 弊社製品保守対応の終了についてセガ・インタラクティブ、セガ・ロジスティクスサービス 2016年11月
  5. ^ 『サンダーフォースAC』は敵だった? 元テクノソフト現タイトーの外山氏が語る“1990年のあのころ”【ゲームの思い出談話室・第1夜】”. KADOKAWA (2020年6月1日). 2021年2月15日閲覧。
  6. ^ a b c 株式会社インプレス (2019年9月25日). “「SEGA AGES イチダントアール」インタビュー AC版、メガドラ版が両方遊べて、初心者向け「ヘルパー機能」でボリュームもアップ!” (日本語). GAME Watch. 2021年2月15日閲覧。
  7. ^ 「『ぷよぷよ』開発、コンパイル破綻」, 『ゲームマシン 563号』, p.1.
  8. ^ 「レイディアントシルバーガン」のアナログレコードがイギリスのData Discsから登場。12月8日4:00に予約受付を開始”. www.4gamer.net. Aetas (2019年12月6日). 2021年2月15日閲覧。

参考文献編集

新聞・業界紙など
  • ゲームマシン 471号”. アミューズメントプレス (1994年5月1日). 2020年3月20日閲覧。
    • 「32ビット 家庭用『サターン』と共通仕様の業務用『タイタン』 セガ社低価格CG基板システムとして開発」、1ページ
  • ゲームマシン 563号”. アミューズメントプレス (1994年10月1日). 2020年3月20日閲覧。
    • 「『ぷよぷよ』開発、コンパイル破綻」、1ページ