メインメニューを開く

STS-98は、スペースシャトルアトランティスによって行われた国際宇宙ステーション (ISS) への飛行ミッションである。このミッションでは、デスティニー実験モジュールが ISS へ運搬された。12日の飛行期間のうち6日間を ISS とドッキングしていたシャトルは、2月20日に再突入して無事にエドワーズ空軍基地へ着陸し、全てのミッションを完了した。

STS-98
徽章
Sts-98-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-98
シャトル アトランティス
発射台 39-A
打上げ日時 2001年2月7日 18:13 EST
着陸または着水日時 2001年2月20日 15:33 EST
エドワーズ空軍基地 22番滑走路
ミッション期間 12日21時間21分0秒
高度 173 海里 (320 km)
軌道傾斜角 51.6 度
航行距離 5,300,000 mi (8,500,000 km)
乗員写真
STS-98 crew.jpg
年表
前回 次回
STS-97 STS-97 STS-102 STS-102
打ち上げ後の STS-98

乗員編集

括弧内の数字は今回を含めたフライト回数を表す。

ミッション・パラメータ編集

ISS とのドッキング編集

船外活動編集

  • ジョーンズとカービーム - EVA 1
  • EVA 1 開始: 2001年2月10日 - 15:00 UTC
  • EVA 1 終了: 2月10日 - 23:24 UTC
  • 期間: 7時間34分
  • ジョーンズとカービーム - EVA 2
  • EVA 2 開始: 2001年2月12日 - 15:59 UTC
  • EVA 2 終了: 2月12日 - 22:49 UTC
  • 期間: 6時間50分
  • ジョーンズとカービーム - EVA 3
  • EVA 3 開始: 2001年2月14日 - 14:48 UTC
  • EVA 3 終了: 2月14日 - 20:13 UTC
  • 期間: 5時間25分

ミッションのハイライト編集

 
クローラ・トランスポータに載せられ39-A発射台に運ばれてゆくアトランティス

このミッションでは、国際宇宙ステーションの組み立てと拡充を進めるために、米国のデスティニー実験モジュールが取り付けられた。この取り付け作業の間、シャトルは6日間 ISS にドッキングし、船外活動が3回実施された。この時 ISS には、最初の長期滞在乗組員 (Expedition 1) が常駐していた。

外部リンク編集