メインメニューを開く

SUMMER LOVE」(サマラブ[3])は、日本の男性グループ・MAG!C☆PRINCEの楽曲。7作目のシングルとして2018年6月20日ユニバーサルミュージックのレーベル・ZEN MUSICからリリースされた。

SUMMER LOVE
MAG!C☆PRINCEシングル
初出アルバム『Bel!ever
B面 「Magic Dragons」
リリース
規格 CDシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル ZEN MUSIC
作詞・作曲 ワイルドアニマルズ
ゴールドディスク
ゴールド(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
MAG!C☆PRINCE シングル 年表
Best My Friend
(2018年)
SUMMER LOVE
(2018年)
ゴメン、、離したくない
(2019年)
ミュージックビデオ
「SUMMER LOVE」 - YouTube
テンプレートを表示

制作、音楽性編集

作詞・作曲・編曲はデビュー曲「絶対☆アイシテル!」をはじめ1年目の楽曲の大半を手掛けたワイルドアニマルズで、シングル表題曲を担当したのはセカンド・シングル「Spin the Sky」(2016年5月)以来になる。「SUMMER LOVE」はMAG!C☆PRINCEがはじめて夏にリリースした楽曲であり、グループの公式サイトではこの曲を「アッパーで爽快なラブソング」と紹介した[3]。メンバーの大城光は「聴きどころは最初から最後までひとつの物語のように楽しめるところです」とコメントしている[4]

楽曲の調はロ短調(Bm)、2番の途中からハ短調(Cm)に転調する[5]。コーラスを含むイントロからはじまり、ソロパートが中心のAメロ、2〜3人ずつでの歌唱が中心のBメロ、サビのCメロ、と進む[6]。イントロと同じ間奏が入り、2番のAメロはラップになる。この曲でははじめて全員でのラップを披露している[4]。Bメロで1番と同じメロディに戻り、大城の「もう一度」[6]というブレイクから、転調したCメロに入り、イントロ・間奏と同じアウトロで締められる。大城はこの曲は「1番と2番がまったく別のもの」であり、2番のサビ部分がこの曲の大サビである、と解説している[4]

リリース、プロモーション編集

2018年2月リリースの「Best My Friend」に続くシングルである。はじめは7月4日にリリースすると発表していたが、5月にリリース日がそれより2週間早くなったことを発表している[3][7]。この曲はグループがCMキャラクターを務める「イモトのWiFi」(エクスコムグローバル)のCMの新シリーズ「タイ編」のCMソングに使用された[8]

3月14日にMAG!C☆PRINCEの公式サイト上で今作の情報を公開し、4月7日からリリースイベントを開催した[3]。4月7日に開催したイベントで「SUMMER LOVE」を初披露し[9]、9日放送の冠ラジオ番組『MAG!C☆PRINCEのCheerラジ』(Radio NEO)で楽曲をオンエアした[10]。5月26日にミュージック・ビデオとジャケット写真を公開する[11]。6月、タワーレコードがボーイズグループをプッシュする企画『BOYS POP!』の第10弾アーティストに決定し、店舗でのコラボポスター掲出などの企画がおこなわれた[12]。6月25日(24日深夜)放送の冠番組『本気プリ』(CBC)では、「『SUMMER LOVE』のアルファベットが頭文字に付くメニューがある店にポスターを貼る」という企画を放送した[13]

CDシングルは、通常盤・初回限定盤・メンバー個人絵柄盤5種の7つのタイプでリリースされた。CDの収録トラックはすべて同じで、初回限定盤は「SUMMER LOVE」のミュージック・ビデオとそのメイキング映像を収録したDVDが付属する。カップリングに収録された「Magic Dragons」は、CBCテレビの野球中継『燃えよドラゴンズ』のテーマソングであり[14]、前作「Best My Friend」に続いてSPYAIRが書き下ろした、MAG!C☆PRINCEによる中日ドラゴンズの応援ソングである[15]

ミュージック・ビデオ編集

「SUMMER LOVE」のミュージック・ビデオはタイで撮影された。MAG!C☆PRINCEにとってはじめての海外ロケによるビデオである。ロケーションはパタヤビーチバンコク市街地などで、クルーザーを使っての撮影、ビーチでのダンスシーンなどで構成される[11]

チャート成績編集

MAG!C☆PRINCEは今作で初のチャート首位を獲得した。オリコンチャートでは、リリース初日のデイリーシングルランキングで初登場1位を記録[16]。初週に8.5万枚を売り上げ、7月2日付けの週間ランキングにおいて1位を獲得した[17]。ビルボード・ジャパンのチャートでは、週間シングル・セールス・チャートで1位を獲得するも、総合チャートBillboard Japan Hot 100においては同日リリースのGOT7「THE New Era」に次ぐ2位となった[18][19]

収録トラック編集

CD
  1. 「SUMMER LOVE」(作詞・作曲・編曲: ワイルドアニマルズ) – 3:00[20]
  2. 「Magic Dragons」(作詞: MOMIKEN・作曲・編曲: UZ) – 4:09[20]
  3. 「SUMMER LOVE (instrumental)」
  4. 「Magic Dragons (instrumental)」
DVD(初回限定盤)
  • 「SUMMER LOVE (Music Video)」
  • 「SUMMER LOVE (Making Video)」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本レコード協会 ゴールドディスク認定:月次認定作品 認定年月:2018年7月”. 2019年1月17日閲覧。
  2. ^ オリコン年間 シングルランキング 2018年度 71位〜80位”. oricon ME. 2019年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 7月4日(水)7th Single「SUMMER LOVE」リリース&リリースイベント決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE. ワタナベエンターテインメント (2018年3月14日). 2018年6月27日閲覧。
  4. ^ a b c 【今週のオリコン】けやき坂46、初アルバム『走り出す瞬間』が首位獲得! シングルはマジプリが初の1位に”. M-ON!MUSIC (2018年6月26日). 2018年6月27日閲覧。
  5. ^ 「SUMMER LOVE」MAG!C☆PRINCE ギターコード譜”. 楽器.me. MusicMaster Inc.. 2018年6月27日閲覧。
  6. ^ a b 『BOSS』と呼ばれてます(プロデューサー・大澤剛) (2018年4月6日). “サマラブの歌詞です”. Twitter. 2018年6月27日閲覧。
  7. ^ MAG!C☆PRINCE ニューシングル「SUMMER LOVE」発売日変更のご案内”. MAG!C☆PRINCE. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2018年5月16日). 2018年6月27日閲覧。
  8. ^ MAG!C☆PRINCEがタイを満喫!”. TVLIFE (2018年6月11日). 2018年6月27日閲覧。
  9. ^ HMV イオンモール木曽川 (2018年4月7日). “【MAG!C☆PRINCE】新曲「SUMMER LOVE」の初披露もあり… (以下略)”. Twitter. 2018年6月27日閲覧。
  10. ^ 4月9日から13日のチアラジ!”. MAG!C☆PRINCEのCheerラジ. Radio NEO (2018年4月16日). 2018年6月27日閲覧。
  11. ^ a b MAG!C☆PRINCE、初海外撮影のニューシングル「SUMMER LOVE」のMVを公開”. SPICE (2018年5月26日). 2018年6月27日閲覧。
  12. ^ BOYS POP!第10弾はMAG!C☆PRINCEに決定!!”. TOWER RECORDS ONLINE (2018年6月16日). 2018年6月27日閲覧。
  13. ^ 6月24日の本気プリ”. 本気プリ. CBC. 2018年6月27日閲覧。
  14. ^ CBCテレビ制作でも、『SAMURAI BASEBALL』の番組名で放送される中日対巨人戦のTBS系列地上波全国中継、TBSテレビとの2局ネット中継、BS-TBSTBSチャンネルへの裏送り(地上波と別のアナウンサーと解説者が担当)では、テーマ曲に2018年は「明日へ」(小山翔吾)を、2019年は「BRAND NEW DAY」(シクラメン)を使用する。
  15. ^ マジプリ×SPYAIR、CBC野球中継テーマソングでドラゴンズを応援”. 音楽ナタリー (2018年3月25日). 2018年6月27日閲覧。
  16. ^ マジプリ、念願のオリコン週間1位に向け好発進「夢をかなえるため全力で頑張ります」”. ORICON NEWS (2018年6月20日). 2018年6月27日閲覧。
  17. ^ 【オリコン】MAG!C☆PRINCE、7枚目シングルで念願の初首位 西岡健吾「達成感!!」”. ORICON NEWS (2018年6月26日). 2018年6月27日閲覧。
  18. ^ 【ビルボード】MAG!C☆PRINCE『SUMMER LOVE』が84,954枚を売上げて週間シングル・セールス首位”. Billboard Japan (2018年6月25日). 2018年6月27日閲覧。
  19. ^ 【ビルボード】GOT7「THE New Era」がシングル差を覆し逆転で総合首位 DA PUMP「U.S.A.」は総合3位に再浮上”. Billboard Japan (2018年6月27日). 2018年6月27日閲覧。
  20. ^ a b MAG!C☆PRINCE/SUMMER LOVE〈通常盤〉”. TOWER RECORDS ONLINE. 2018年6月27日閲覧。

外部リンク編集