メインメニューを開く
水樹奈々 > 水樹奈々の作品 > SUPERNAL LIBERTY

SUPERNAL LIBERTY』(スパーナル・リバティ)は、水樹奈々の10枚目のオリジナルアルバム2014年4月16日キングレコードから発売された。

SUPERNAL LIBERTY
水樹奈々スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP / アニメソング
レーベル キングレコード
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2014年4月度月間3位(オリコン)
  • 2014年度年間45位(オリコン)
  • 1位(ビルボード・ジャパン)[2]
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会[3]
  • 水樹奈々 アルバム 年表
    ROCKBOUND NEIGHBORS
    2012年
    SUPERNAL LIBERTY
    (2014年)
    SMASHING ANTHEMS
    (2015年)
    『SUPERNAL LIBERTY』収録のシングル
    1. Vitalization
      リリース: 2013年7月31日
    テンプレートを表示

    概要編集

    前作『ROCKBOUND NEIGHBORS』から約1年4ヶ月ぶりのリリースとなるオリジナルアルバム

    販売形態はCD+Blu-ray、CD+DVD、CDの3種リリースで、Blu-rayおよびDVDにはジャケット写真及び初回特典のブックレットの撮影の様子が収められたメイキング映像、オリジナルドキュメンタリー「なつのカケラ~水樹奈々 2013夏の出来事」-SPECIAL EDITION-[4]の模様が収録される。

    2014年4月15日付オリコンデイリーチャートで初登場1位を記録、アルバム通算3作目のデイリー1位となり、以後5日連続でデイリー1位となった。同年4月28日付週間チャートでも初週7.6万枚を売り上げ、『ULTIMATE DIAMOND』以来4年10ヶ月ぶりとなるアルバム通算2作目の週間1位となった[5]

    収録曲編集

    1. VIRGIN CODE
      作詞:Hibiki、作曲:上松範康Elements Garden)、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
    2. GUILTY
      作詞:SAYURI、作曲:藤末樹・Ramon Riu、編曲:角田崇徳
    3. アパッショナート
      作詞・作曲:水樹奈々、編曲:藤間仁(Elements Garden)
      「解放」をテーマとした曲。
    4. 笑顔の行方
      作詞:吉田美和、作曲:中村正人、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
      DREAMS COME TRUEのカバーで、『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』にも収録されている。
    5. アンティークナハトムジーク
      作詞:藤林聖子、作曲・編曲:古川貴浩
      「本当は怖いグリム童話」をテーマとした曲。
    6. Fun Fun★People
      作詞:菜穂、作曲・編曲:h-wonder
    7. FATE
      作詞:水樹奈々、作曲・編曲:陶山隼
      「時と共に学ぶ愛」をテーマとした曲。
    8. Vitalization-Aufwachen Form-
      作詞:水樹奈々、作曲:上松範康(Elements Garden) 、編曲:上松範康・菊田大介(Elements Garden)
    9. 哀愁トワイライト
      作詞:水樹奈々、作曲・編曲:宇佐美宏
    10. セツナキャパシティー
      作詞・作曲:丸田 新、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
    11. Ladyspiker
      作詞:しほり、作曲・編曲:中野領太
      『NANA WINTER FESTA 2014』で初披露された。
    12. Rock you baby!
      作詞:水樹奈々、作曲:遠藤直弥、編曲:角田崇徳
      • 「animeloLIVE!」TV-CMソング
    13. Million Ways=One Destination
      作詞:前山田健一、作曲:伊藤賢治・前山田健一、編曲:伊藤賢治
      • iOS/Android版『乖離性ミリオンアーサー』主題歌
    14. 僕らの未来
      作詞・作曲・編曲:矢吹俊郎
    15. 愛の星 -two hearts-
      作詞:水樹奈々・吉木絵里子、作曲:吉木絵里子、編曲:藤間仁(Elements Garden)・上松美香

    クレジット編集

    NANA MIZUKI PRESENTS
    producer AKIO MISHIMA(KING RECORDS)
    art direction & design KENJI KIYAMA(PERMANENT)
    photography YASUO AWANE(PERMANENT)
    styling MICHIYO ISHIGE
    hair & make up MIKAMI(3rd)
    location coordinate EISAKU TOMATSU(NAGOYA CONVENTION & VISITORS BUREAU)
    location service KENICHI TAMADA(Loca Bus inc.)
    visual coordinate TOMOKA KONAGAYA(KING RECORDS)
    artist management HIROAKI MASUKO(SIGMA SEVEN)
    promotion ASUKA NODA(KING RECORDS)
    YUKIKO OHNO(KING RECORDS)
    MASANOBU INAO(KING RECORDS)
    KEIJI MOGI(KING RECORDS)
    sales promotion NATSUKO MORO(KING RECORDS)
    desk promotion TOMOKO KOGURE(SIGMA SEVEN)
    MARIKO KOBAYASHI(KING RECORDS)
    production administrator TOSHIAKI SATO(KING RECORDS)
    a&r YUSUKE MORII(KING RECORDS)
    supervisor ISAMU TANAKA(KING RECORDS)
    executive producer ETSUTARO URABE(SIGMA SEVEN)
    HIROFUMI SHIGEMURA(KING RECORDS)
    special thanks to dwango,XING,HAKUHODO,ARIA entertainment,onetrap
    P.M CREATORS,Rock Field,SCOOP Music,ZAZA,JCM,SEVEN SEAS MUSIC
    TOKYO FM MUSIC ENTERTAINMENT,NICHION,BUNKA HOUSOU,TOKYO FM,USEN
    RADIO OSAKA,TOKAI RADIO,NANKAI HOUSOU,KYUSHU ASAHI HOUSOU
    STV RADIO,SHINETSU HOUSOU,HOKURIKU HOUSOU,NAGASAKI HOUSOU
    YAMANASHI HOUSOU,RADIO FUKUSHIMA,PROJECT SYMPHOGEAR G,SQUARE ENIX
    MAMA,PAPA,S.C.NANA NET STAFF,S.C.NANA NET MEMBERS


    オリジナルドキュメンタリー「なつのカケラ〜水樹奈々 2013夏の出来事」-SPECIAL EDITION-
    directed by YOSHINORI OSAWA
    produces by YOSHIHITO TAKAHASHI
    KEISUKE NAKAGAWA
    thanks to TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION
    YASUHIRO MIYAMOTO
    TAKASHI SAWA


    「SUPERNAL LIBERTY」PHOTO SHOOTING
    directed by URARA SATO
    thanks to THE WESTIN NAGOYA CASTLE
    SEATRAINLAND
    Higashiyama Zoo and Botanical Gardens
    Nagoya Castle
    Shonai Park Green Plaza
    Noritake Garden
    YOKISO

    脚注編集

    1. ^ SUPERNAL LIBERTY”. ORICON STYLE. 2015年3月25日閲覧。
    2. ^ Top Albums”. Billboard JAPAN. ビルボード (2014年4月28日). 2015年3月25日閲覧。
    3. ^ ゴールド等認定作品一覧 2014年4月”. 日本レコード協会(RIAJ). 2014年5月10日閲覧。
    4. ^ フジテレビNEXTで放送された番組を編集したもの
    5. ^ 【オリコン】水樹奈々、4年10ヶ月ぶりアルバム首位”. ORICON STYLE (2014年4月22日). 2015年3月25日閲覧。

    外部リンク編集