SUPER BEST (THE BLUE HEARTSのアルバム)

SUPER BEST』(スーパー・ベスト)は、日本ロックバンドTHE BLUE HEARTSのメルダック在籍時のベストアルバム。

SUPER BEST
THE BLUE HEARTSベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル メルダック
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 登場回数266回(オリコン)
THE BLUE HEARTS 年表
EAST WEST SIDE STORY
1995年
SUPER BEST
1995年
THE BLUE HEARTS BOX
1999年
テンプレートを表示

解説編集

1987年7月4日日比谷野外音楽堂などで演奏された「ブルーハーツより愛をこめて」と1985年12月24日のクリスマスライブなどで演奏され、それ以降全く演奏されなかった楽曲、「1985」が収録されている。

前述のクリスマスライブの来場者全員に、「1985」が入った初の自主作成ソノシートが配布され、そのソノシートにはプレミアムがついている。 ブルーハーツデビュー当初のキャッチコピーで、1stアルバムの帯にも書かれている「僕たちを縛り付けて、一人ぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します」はこの曲の歌詞。クリスマスライブでのアンコールの掛け声は「アンコール」ではなく「1985」と客が叫んでいる。
この曲を1985年で封印することはメンバーは以前から決めていたという。なお1986年に加入した梶原は演奏したことがなく「ぜひ演奏したかった」と残念そうに語っている。

しかし、1986年12月28日ATOMIC CAFE FESTIVAL FINAL'86のオープニングではソノシート音源をフルで流し、甲本が一部(「放射能に!」や「一人ぼっち~ブルーハーツ」)歌ったり、真島が一部(「1985 今この空は~そして」)ギターを合わせたり、梶原がたった2秒程ドラムを合わせる場面もあり、甲本はオープニング後に「懐かしいな」と語っていた。

1985の「僕たちを縛り付けて、一人ぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します」は後から付けたされたもので最初のうちは「日本代表!ブルーハーツ!」だけだった。

またかつてはビデオでしか視聴できなかった「ブルーハーツより愛を込めて」が収録されている。 しかし新規録音ではなく、同ビデオ音源をそのまま収録している。1985年の「世界一のクリスマス」で初披露されたが、当初は「たった一つの 小さな夢」以降の歌詞は無かった。メジャーデビュー後もしばらくライブやイベントで演奏された。

収録曲編集

  1. リンダ リンダ(3:13)
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  2. 人にやさしく(3:16)
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  3. シャララ(4:03) - 「ブルーハーツのテーマ」カップリング曲
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  4. ロクデナシ(3:18) - 「YOUNG AND PRETTY」収録曲
    作詞・作曲:真島昌利
  5. ラブレター(3:28)
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  6. 平成のブルース(9:57) - 「青空」カップリング曲
    作詞・作曲:真島昌利
  7. キスしてほしい(3:15)
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  8. ハンマー(2:04) - 「人にやさしく」カップリング曲
    作詞・作曲:真島昌利
  9. チェインギャング(5:58) - 「キスしてほしい」カップリング曲
    作詞・作曲:真島昌利
  10. TRAIN-TRAIN(3:48)
    作詞・作曲:真島昌利
  11. ラインを越えて(6:39) - 「YOUNG AND PRETTY」収録曲
    作詞・作曲:真島昌利
  12. 僕はここに立っているよ(3:39) - 「リンダリンダ」カップリング曲
    作詞・作曲:真島昌利
  13. 英雄にあこがれて(3:49) - 「YOUNG AND PRETTY」収録曲
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  14. 青空(4:47)
    作詞・作曲:真島昌利
  15. 終わらない歌(3:04) - 「THE BLUE HEARTS」収録曲
    作詞・作曲:真島昌利
  16. ブルーハーツより愛をこめて(2:10) - 初音源化
    作詞・作曲:甲本ヒロト
  17. 1985(3:24) - メジャーデビュー後初音源化
    作詞・作曲:本ヒロト
    甲本は1985年11月30日に新宿ロフトで行われたライブで「1985年には大きな事件がたくさんあって、一つ、飛行機が落ちたな(日本航空123便墜落事故)地震があったな(メキシコ地震)、それからハレー彗星が来る、1985という曲ができた(笑)」と曲紹介をしていた。