Sammy (歌手)

Sammy(サミー、1969年10月26日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の歌手ボーカリストミュージシャン。座椅子JOPLIN(ざいすじょぷりん)の異名を持つ。またイラストレーターとしても活動している(活動名=うばじゅびん)。好きなものは、エビオランジェットビートルズジョニ・ミッチェル

Sammy(サミー)
出身地 鹿児島市北九州市福岡市
学歴 鹿児島大学中退
ジャンル J-POPロックアカペラ
職業 歌手パフォーマンス作詞家作曲家イラストレーター
担当楽器 ボーカルピアノ
レーベル ‪パイオニアLDC‬(1997年 - 2000年)
UBA MUSIC&ART(2012年 - )
事務所 パイオニアミュージックワークス(1996年 - 2000年)
オリエンタルランド(2006年 - 2008年)

目次

来歴編集

鹿児島県鹿児島市で誕生。生まれてすぐに福岡県北九州市へ移動。

幼少時からものを作ったり何かを表現したりすることが大好きで、工作、絵画、ピアノ、また読書感想文や童話暗唱など、多種多様なコンクールに出場(出品)していた。小学校では合唱部(担当パート:アルト、ソプラノ)と演劇部に所属。小学校5年生の時に福岡県福岡市へ移動。

小学校6年生のとき、TNCテレビ西日本主催の勝ち抜きのど自慢大会に出場して見事優勝、グランプリ大会では準優勝を果たす。 そのとき審査員だった三浦友和に「歌がうまいですね」とほめられ、将来は歌手になろうと決心する。

中学校1年生のとき、両親の離婚調停がはじまり九州各地の親戚の家を転々とする。最終的に鹿児島県鹿児島市の母方の祖父母の家に落ち着く。

1988年鹿児島県立甲南高等学校を卒業、鹿児島大学(理学部数学科)へ入学。大学ではフォークソング同好会へ入部、九州を拠点にバンド活動を展開する。MBC南日本放送テレビ番組「どーんと鹿児島」で中継ADをしていたときに番組ディレクターからリポーターに抜擢され、そのなりゆきリポート具合が好評だったため番組終了時までリポーターとして活躍することになる。

1991年イギリスボーンマスへ語学留学。翌年、アート留学のためイタリアベロナへ移動。帰国後は鹿児島大学に退学届を提出、東京でひとり暮らしを始めている。1992年4月イギリス留学前に勤労学生として契約入社歴のあった日本アイ・ビー・エム六本木アイラス事業部に社員として正式入社するが同年12月に退社、シンガーソングライターとして音楽活動を開始。

六本木のナイトクラブでピアノの弾き語りをしていた時、極度に露出度の高い衣装の着用を強要され、拒否をしてクビになる。そのときお店の常連だったお客さんの紹介で、淡谷のり子事務所のスカウトを受け松田聖子のモノマネを仕込まれるが、本人の顔に似せるために整形手術をしろと要求され、拒否をしてクビになる。その後はしばらくゲーム音楽やカラオケのガイドボーカル、CMなどの歌入れの仕事で生計をたてながら、自身のオリジナルバンド活動に勤しむ[1]

1993年「Sammy」として1st.アルバム「Monday Night」を制作、発表。この頃から野外ステージに力を入れるようになる。全国のバイク乗り達がスキー場やサーキットなどに集結して開催されるGODSPEED主催のオールナイトイベント「SHINYA DAY」や関東三大七夕祭りの一つである湘南ひらつか七夕まつりのステージなど、大小含め年間120本以上のライブステージをこなす。

またこの頃からジャニス・ジョプリンのトリビュートシンガーとして「座椅子ジョプリン」を始動している。当時のコピーバンドブームに乗っかり数々のテレビ番組に出演。コピーバンドイベント「アートロックナイト」の立ち上げに主要メンバーとして参加し、1996年日清パワーステーションで開催された「アートロックナイト2days」では初日のトリをつとめている。

1995年フジパシフィック音楽出版主催のオーディション「一曲千金」にて最優秀賞を受賞。1996年フジパシフィック音楽出版と歌唱・ライター契約を結ぶ。年間300曲〜400曲の仮歌(ガイドボーカル)を歌唱。

1997年1月、「恵比寿3丁目」の交差点を自転車で横断中にひき逃げ事故に遭い右側の全肋骨を骨折するなどして歌唱活動休止を余儀なくされる[2]。 自宅での療養期間中はオリジナル曲づくりに専念し、同年8月、「Sammy」として2nd.アルバム「Tuesday Night」と3rd.アルバム「Wednesday Night」を同時制作、発表。

1997年9月フジパシフィック音楽出版の専属作家、山崎燿(山崎利明)と音楽ユニット「ef collage」を結成。(当初はユニット名を「Maria」としている時期もある。)その後パイオニア・ミュージック・ワークス株式会社とアーティスト契約。メジャーデビューに向けての準備のため同年10月に27歳を迎えたタイミングで「座椅子ジョプリン」からの引退宣言をしている。(本家のジャニス・ジョプリンがちょうど27歳のときに亡くなっているため。) またこの頃より他のアーティストのライブサポートやレコーディングにも参加するようになる。(BONNIE PINK、Tyler、HEATHX JAPAN)、吉村由美PUFFY)など。)

1998年9月、1st.シングルCD「Today / I can see your smile!!」にてパイオニアLDCよりメジャーデビュー。

タイトル曲である「Today」は田口浩正戸田恵子出演の映画「報告書」のエンディングテーマ曲として起用され、カップリング曲の「I can see your smile!!」は元プロ野球選手原辰徳がキャスターを務めていたNHKサンデースポーツのエンディングテーマ(「Maria」として番組へ提供していた)曲であったため、当時ダブルタイアップシングルとして話題を呼びTSUTAYAの1998年度年間レンタルCDランキング:シングル(総合)において第1位を獲得している。

1st.シングル発売後は全国的にテレビ、ラジオでのキャンペーンを展開、その勢いにのって同年11月には2nd.シングル「星 / Happy your special day」を発売している。 ちょうどこの頃、日本にしし座流星群の観測ブームが到来していたこともあり、しし座流星群を眺めながらカラオケで「星」を歌うというオールナイトニッポンの中継企画に呼ばれるのだが、本番当日、集合場所へ向かう途中で突然の腹痛に襲われ救急車で病院へ運ばれる。病院で「急性虫垂炎」と診断されそのまま入院してしまう。オールナイトニッポンの企画はもちろん、その次の日に予定していたMXテレビ出演もできなくなる。このときの心労が原因で多発型円形脱毛症となり、メジャーシーンでの音楽活動を縮小することとなった。

1999年「座椅子ジョプリン」時代のメンバーらとオリジナルバンド「Sammy with Electric Lady Band(通称:elb)」を結成。またこの頃から「座椅子JOPLIN」としての活動も再開しており「shibuya duo MUSIC EXCHANGE」や「サマーソニック(マリンステージ)」等で行われるコピーバンドイベント「Legend of Rock」にも多数参加している。

そんな中、刑務所の慰問ライブに誘われ1999年5月大阪刑務所の敷地内の施設ステージで慰問デビューをする。以来約6年間、全国の刑務所で慰問活動を続けることになる。(慰問先は大阪刑務所福島刑務所黒羽刑務所市原刑務所高知刑務所東京拘置所高松刑務所千葉刑務所水戸少年刑務所川越少年刑務所富山刑務所など。) その独特な「空間」において当初はどんな気持ちで歌っていいのかよく分からなかったのだが回を重ねるごとに徐々に何らかの「手応え」を覚えるようになっていったとのちにエフエム東京のラジオ番組で語っている[3]。またこの頃、慰問仲間らとトリオバンド「pussYbone」を結成。2002年頃からは老人ホームなどにも慰問活動の幅を広げている。

2000年後半から2001年前半にかけて声帯ポリープが悪化し、一切の歌唱活動を休止している期間がある。(このとき手術はせず薬物療法による治療を行っているが、抗生物質による胃炎が悪化して胃潰瘍を引き起こしている。)

療養期間中は作家事務所「VOICE-H」に契約入社、作家「河野比呂」のマネージメントや雑誌掲載用のイラスト作成、編集業務などに携わる。 担当雑誌は小学館女性セブン光文社Gainerなど。(Gainerの企画では脚本家の「小山薫堂」や女優の水野裕子等にインタビューをしテープ起こしやページ作成、そして文章校正に至るまでの一連の編集業務を経験している。) メディアファクトリー発行の「谷村新司ふらり流〜粋づくし「旅」手引き」においては、撮影アシスタントとして全国各地の取材に同行。さらに「片平なぎさの全国ゴールデンワイド旅劇場」(片平なぎさファンクラブ情報誌)では、片平なぎさが健康グッズを紹介するコーナーで足モデルを務めている[4]

2001年夏東映アニメデジモンテイマーズ・冒険者たちの戦い」挿入歌「トモダチの海」を歌唱をきっかけに音楽ワークを再開する。

2006年11月にオリエンタルランドと歌唱契約。東京ディズニーランド・ディナーショー「ミッキーとミニーのポリネシアンパラダイス」にMC&シンガーとして契約出演(~'08) 。

またこの頃よりテレビドラマや舞台の出演者たちへのサポート業務(歌唱指導、及びレコーディングディレクション)を始めている。

2012年 ef collage の山崎燿が音楽を担当していたフジテレビドラマカエルの王女さま において、主演女優の天海祐希をはじめ、石田ゆり子大島優子AKB48)、濱田マリらドラマ出演者が歌う劇中使用楽曲の全ガイドボーカルを担当している。ドラマの打ち上げの際に撮った岸部一徳とのツーショット写真をしばらく携帯の待ち受け画像にしていた[5]

2013年10月、ef collage デビュー15周年記念シングルとして、未発表曲「Tell me」と「異国の街では」を当時の音源のまま配信リリース。

2015年3月「pussYbone」時代に制作したアルバムのリアレンジ盤として「テイク・ゼロ/Sammy」をiTunesにて配信リリース。 また「UBA MUSIC&ART」を設立。一般公開型のボイスカウンセリング&実践スタジオ「サミコの部屋」をスタートさせる。



受賞歴編集

  • 1989年 コカコーラフレッシュサウンズコンテスト南九州大会:審査員特別賞
  • 1990年 ヤマハ BAND EXPLOSION:審査員特別賞


リリース等編集

Sammy編集

  • Monday Night(全10曲 + ボーナストラック)/ Sammy (VAm-002)
  • Tuesday Night(全10曲)/ Sammy (VAm-011)
  • Wednesday Night(全8曲)/ Sammy (VAm-009)
  • テイクゼロ(全5曲 + ボーナストラック)/ Sammy (UBA-001)

ef collage編集

  • Today / ef collage (PIDL-1254)- 1998.09.23 発売 -
    • 歌 - Sammy、作詞 - 山田ひろし、作曲・編曲 - 山崎利明
      • (CW / I can see your smile!!(作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎利明)
  • 星 / ef collage (PIDL-1270)- 98.11.26発売 -
    • 歌 - Sammy、作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎利明
      • (CW / Happy your special day(作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎利明)
  • Tell Me / ef collage - 2013.10.23 配信開始 -
    • 歌 - Sammy、作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎燿(山崎利明)
  • 異国の街では / ef collage - 2013.10.23 配信開始 -
    • 歌 - Sammy、作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎燿(山崎利明)


その他バンド作品編集

  • DENKA NIGHTS/Sammy with DENKA
  • Third Eye/Sammy with Electric Lady Band
  • pussYbone0(全3曲)*九州限定発売盤
  • pussYbone1(全3曲)/pussYbone (pYe-001)
  • pussYbone2(全3曲)/pussYbone (pYe-002)
  • pussYbone3(全3曲)/pussYbone (pYe-003)
  • pussYbone4(全3曲)/pussYbone (pYe-004)
  • pulatina(全6曲)/pussYbone (pYe-005)


オムニバスアルバム等編集

  • 「ART ROCK NIGHT~vol.1」(VAm-011)(*「Magid Island Way/Sammy」で参加)
  • 「Positive Tower 001」(*pussYboneとして「No Answer」、「ママ!!」の2曲で参加)
  • レディオ湘南「湘南Peace!しらすGroove?」(*「flower ice/Sammy」で参加)


デジモンミュージック編集


ジングル・テーマソング編集

  • 「アイドルプロジェクトシリーズ2」サントラ挿入曲歌唱 - Sammy - 1993年 -
  • 「大塚家具・迫田家具・川村家具」TVCM ジングル歌唱 - Sammy - 1994年 -
  • CDドラマ「僕のセクシャルハラスメント」主題歌「硝子の都会/ Sammy」歌唱 - 1996年発売 -
  • 東京ゲームショウ テーマ曲「東京ゲームショー音頭/ Sammy」歌唱・パフォーマンス - 1996年 -
  • フジテレビポンキッキーズCD-ROMシリーズ収録曲「いっぽんでもにんじん」声参加- Sammy - 1996年発売 -
  • NHKサンデースポーツエンディングテーマ曲『I can see your smile!』 - 1997-1998年放送 -
    • 歌 - Sammy、作詞 - 有馬寿美、作曲・編曲 - 山崎燿(山崎利明)
  • フジテレビ「花さか天使テンテンくん」オープニングテーマ曲「クラスで一番スゴイやつ」 - 1998-1999年放送 -
    • 歌 - ブラブラブラボーズとして歌唱参加
  • 味よしTVCMテーマ曲「平成ええじゃないか節」コーラス参加 - 1999年発売 -
  • ニューギン CR懐メロのど自慢「帰ってこいよ」歌唱 - Sammy - 2004年 -
  • サンセイR&DCRフェラーリ「NAMIのテーマ」Sammy歌唱 - 2006年 -
  • フジテレビ「わかってちょーだい!」オープニングテーマ曲歌唱 - 2007年放送 -
  • Kao花王バブ だるい疲れにバブクール篇 TVCM ジングル歌唱 - 2008年放送 -
  • ルナYBF サプリポケット「New Style篇」「Good Taste篇」山田優出演TVCM ジングル歌唱 - 2009年放送 -
  • リーバイス09年春夏コレクション「Levi's JOURNEY TO SOUTH」ロードムービーテーマ曲歌唱 - 2009年放送 -
  • avex教育DVD「お江戸でひらがなあそび/監督:吉良敬三」DVD+CD 音楽制作・音響 - 2011年発売 -
  • Kao花王マジックリン「レンジフード篇」沢村一樹出演TVCM ジングル歌唱 - 2013年放送 -
  • UBA MUSIC&ART「吉田松陰」のテーマボイス(アカペラ)制作・歌唱 - 2015年 -
  • UBA MUSIC&ART「天国での会談」テーマ曲 - 作詞・作曲・演奏・歌唱 - 2016年 -

ステージ・アピアランス等編集

  • MBC南日本放送ラジオ番組「うねちゃんのチェストいけヤング」/ ポニーメイツとして出演
  • NHK西日本「硫黄島の旅」/ 中継リポーター / 1991年放送
  • BONNIE PINK Heaven's Kitchen Tour / コーラスサポート / 1996-1997年
  • 東京ディズニーランド「ミッキーとミニーのポリネシアン・パラダイス」 / シンガー&MC 2006-2008年
  • サマーソニック'08 Side Show マリンステージ / 座椅子JOPLIN 2008年
  • dビデオ「太田と上田」(#13-#15) / ボイストレーナーSammyとして出演 / 2014年8月配信開始
  • KIEHL'S Calendula&AloeMasque 2017 at LUMINE0 / シンガーSammyとして出演 / 2017年2月


脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集