メインメニューを開く

概要編集

ソロシンガーとして同人音楽アニソンシーンで活動してきたAnnabelを中心に、彼女のバックバンド(Annabel Band)のメンバーとしてライブをサポートしていたミュージシャンたちによって結成された[1][2][3]。メンバーには、元School Food Punishmentの蓮尾理之(キーボード)と山崎英明(ベース)、ロックバンドハイスイノナサの照井順政(ギター)、Mop of HeadやAlaska Jamで活動する山下賢(ドラムス)など、技巧派として知られるバンドマンたちが名を連ねている[1]。またライブではVJとして齊藤雄磨が参加している[2]

結成のきっかけは、2014年のAnnabelのソロ・アルバム『TALK』のレコ発ワンマンライブ[注 2][2][4]。その後、一夜限りでは勿体ないということで引き続きサポートを頼むことになり、Annabel Bandとして活動するようになる[注 3][4]。その中でAnnabelは次第に「より彼らのプレイヤーとしての個性を生かした曲を演奏したい」「このメンバーで新しい曲を作っていきたい」と思うようになっていった[2][4]。またメンバーたちも、せっかくそれぞれバンドシーンで活躍してきたミュージシャンが集まったのだから、ただサポートするだけではなくライブパフォーマンスやレコーディングなどでもっとバンドらしい活動をやりたいと望むようになった[2]

ポストロックエレクトロニカをベースにした緻密かつ多彩な楽曲群とVJを含む映像表現が特徴[2][4]

来歴編集

2014年、母体となるAnnabelのバンドセットのメンバーが集められる[5]

2015年、バンドのメンバーによる音源制作を開始[5]

2016年、結成[1][3]。5月に初の流通盤となる1stミニアルバム『siraph』をリリース[注 4]

2017年1月、1stシングル「quiet squall」をリリース。TVアニメ「Bloodivores」のエンディングテーマに採用された「quiet squall」など全3曲を収録。

メンバー編集

サポート編集

  • 齊藤雄磨
    • VJを担当

作品編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年12月21日 quiet squall GNCA-0448 quiet squallはTVアニメ「Bloodivores」ED主題歌

デモシングル編集

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2016年4月24日 current mood vol.1
2nd 2016年9月6日 current mood vol.2
3rd 2017年4月30日 current mood vol.3

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年5月18日 siraph VMAN-9 タワーレコード全店およびamazon限定販売

ライブ編集

主なライブ活動編集

公演日 公演名 会場
2016年10月14日 siraph presents "current drift vol.1" 福岡ユーテロ
2016年11月11日 current drift vol.1-東京編- 恵比寿CreAto
2017年5月14日 siraph presents "current drift vol.2 -京都編-" UrBANGUILD
2017年7月22日 siraph ONE MAN LIVE 青山月見ル君想フ

出演編集

配信番組編集

  • siraph TV - インターネット生配信番組。2016年6月24日から開始。基本的に隔週で行われ、高円寺amp cafeにて公開収録が行われている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ インディーズレーベル。
  2. ^ ドラムの山下以外は現行のメンバー。この時は元the cabsplentyの中村一太がドラムを担当していた。
  3. ^ 2回目からは山下がサポートに入る。
  4. ^ タワーレコード全店とAmazonのみの取り扱い[6]

出典編集

  1. ^ a b c 同人音楽の歌姫Annabelが新バンド「siraph」結成 技巧派が集結”. KAI-YOU (2016年4月27日). 2017年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Annabel×照井順政×蓮尾理之が語る「siraph」 同人音楽とポストロックの邂逅”. KAI-YOU (2016年6月30日). 2016年9月21日閲覧。
  3. ^ a b Annabel. “まずは本日Annabelバンドは解散となり新バンド結成となりました!!”. Annabel Twitter 2016年4月23日. 2016年10月14日閲覧。
  4. ^ a b c d siraph (2016年12月20日). 「quiet squall」インタビュー (1/3). インタビュアー:須藤輝. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/siraph 2017年9月12日閲覧。 
  5. ^ a b siraph (2016年6月11日). SFP×ハイスイ×Annabelら実力派たちの初期衝動、siraph本格始動. インタビュアー:沖さやこ. ONE TONGUE MAGAZINE.. http://one-tongue.net/2016/06/11/2486/ 2017年9月12日閲覧。 
  6. ^ siraph、トレーラー映像を公開”. BARKS (2016年5月18日). 2017年9月12日閲覧。

外部リンク編集