SlimDXは、.NET Frameworkの下でDirectXプログラミングを可能にするためのオープンソースAPIである。SlimDX は、.NET言語(共通言語ランタイムすなわちCLR対応の言語)で使用することができる。

SlimDX
Slimdx-logo.svg
開発元 SlimDX Group
最新版
2012年1月 (13.43) [1]
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS Microsoft Windows
ライセンス MIT license[リンク切れ]
公式サイト slimdx.org[リンク切れ]
テンプレートを表示

SlimDXは、マルチメディアとインタラクティブアプリケーション(例:ゲーム)の開発で使われる。.NET Frameworkアプリケーションにおける高性能グラフィック表示を可能にし、プログラマが近代的なグラフィックスハードウェアを直接利用することを可能にする。

SlimDXの初版は、2007年6月30日に公開された。それ以来、急速に成長し、2015年4月時点での最新版である2012年1月版において、マイクロソフトにより提供されている主要なDirectX APIをカバーするが、その後の更新はなく、またDirectX 11.1以降はサポートしていない。

SlimDXは、以下のAPIをフルサポートしている[1]:

脚注編集

関連項目編集