Socket 3は、各種のx86マイクロプロセッサ向けの、CPUソケットの形式である。一般的には、Socket 3は数値演算コプロセッサ(この場合は487)向けの第二のソケットの近くに存在する。インテルが低電圧マイクロプロセッサを開発したことにより、Socket 3が作られる事となった。Socket 2に対するアップグレードであり、3VのCPUを古い5V単一電源のソケットに挿入出来ないように、ピン配列を変更し1本のピンを廃止した。

Socket 3
Socket 3.jpg
ソケット形式 PGA-LIF/ZIF
コンタクト数 237
FSB 25~50 MHz
電圧範囲 3.3 V / 5 V
採用プロセッサ 486SX
486DX
486DX2
486DX4
Pentium OverDrive

Socket 3は、237ピンのLIF / ZIFPGA (19x19) ソケットであり、3.3 Vと5 V、25〜50 MHzの、486SX486DX486DX2486DX4Pentium OverDriveに対応している。

486 CPUは168ピンであり、Socket 3よりも一回り小さい。486を挿入するときは、ソケットの中央部に合うように挿入し、外周1列のピンが余るようになっている。一方、486用PentiumODP(P24T)は、CPUソケットと同じサイズとなり、すべてのピンを使うようにできている。この点は、Socket 2と同じである。