メインメニューを開く

Someday/春の歌」(サムデイはるのうた)は、2017年3月29日に発売された藤原さくらの2枚目のシングルである[2]

Someday/春の歌
藤原さくらシングル
初出アルバム『PLAY
A面 Someday
春の歌
B面 walking on the clouds (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124)
Ellie (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124)
BABY (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124)
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル カントリー
J-POP
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
作詞・作曲 藤原さくら(作詞・作曲、#1)
草野正宗(作詞・作曲、#2)
チャート最高順位
藤原さくら シングル 年表
Soup
2016年
Someday/春の歌
(2017年)
 -
テンプレートを表示

解説編集

前作「Soup」以来約10ヶ月ぶりのシングルで、初の両A面シングル[3]

カップリング曲には、前年に開催された初の全国ワンマンライブツアー「ワンマンツアー2016「good morning」〜second verse〜」から3曲のライブ音源を収録[3]

本作発売を記念して、2017年4月1日にラゾーナ川崎プラザ、2017年4月2日、あべのキューズモールナディアパークの計3ヶ所でフリーライブが開催された[4]

収録曲編集

CD編集

  1. Someday (3:55)
    作詞・作曲:藤原さくら 編曲:永野亮
    歌詞は藤原が地元である福岡県に帰省した際に、藤原の祖母から聞いた藤原の祖母と祖父の馴れ初めがモチーフとなっている。藤原は、「偶然の重なりのように見えるけど、自分たちが結ばれたのも、父と母が出会って自分が生まれたのもすべて運命だからと、いつか自分も将来大切な人と出会って子供や孫が生まれたときに、そんな風に感じられたらいいなと思って書いた。いろんなメロディが激しく展開していく疾走感のある構成だけど根っこにあるのはそんなシンプルな気持ち」とコメントしている[5]
    ミュージック・ビデオが制作されており、立体紙芝居やトイシアターを連想させる幻想的な作品になっている。監督は大喜多正毅[6]。このミュージック・ビデオは2ndアルバム『PLAY』初回限定盤に付属のDVDに収録された。
  2. 春の歌 (4:15)
    作詞・作曲:草野正宗 編曲:永野亮
    スピッツのカバー曲。
    原曲と趣が異なり、アコースティックギターの弾き語りから曲が始まり、サビに近づくにつれて音が増えていくというアレンジになっている。藤原は、「自分は1人ではないと気付いた雫への、祝福の気持ちを込めてほしい」という映画の監督である大友啓史の要望を取り入れたとしている[7]
  3. walking on the clouds (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124) (5:12)
    作詞・作曲:藤原さくら
    スタジオ音源は1stEP『à la carte』に収録。
  4. Ellie (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124) (5:03)
    作詞・作曲:藤原さくら
    スタジオ音源はインディーズ盤『full bloom』に収録。
  5. BABY (Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124) (4:26)
    作詞・作曲:藤原さくら
    スタジオ音源は1stアルバム『good morning』に収録。

DVD編集

藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」〜second verse〜"Live at EX THEATER ROPPONGI 20161124

  1. We are You are
  2. I wanna go out
  3. maybe maybe
  4. Give me a break
  5. Oh Boy!
  6. Cigarette butts
  7. 好きよ 好きよ 好きよ
  8. Station

参加ミュージシャン編集

Someday

春の歌

  • 藤原さくら:Vocal
  • Yuma Ito:Violin
  • 山口彊:Violin
  • 幸孝紘:Cello
  • 髙荒海:Trumpet
  • 半田信英:Trombone
  • 永野亮:Chorus & Other Instruments

収録アルバム編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Someday/春の歌|藤原さくら”. ORICON NEWS. 2018年9月18日閲覧。
  2. ^ 藤原さくら、新曲「Someday - 春の歌」詳細発表&全国3箇所でフリーライブ開催決定 Musicman-NET”. Musicman-NET (2017年3月15日). 2017年4月4日閲覧。
  3. ^ a b 藤原さくら、新シングル『Someday / 春の歌』リリース カップリングに初ワンマンツアー音源収録”. Real Sound (2017年2月6日). 2018年8月3日閲覧。
  4. ^ 藤原さくら、シングル携えフリーライブツアー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年3月15日). 2018年9月19日閲覧。
  5. ^ “藤原さくら「PLAY」インタビュー (2/4)”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/fujiwarasakura04/page/2 2019年5月8日閲覧。 
  6. ^ 藤原さくら×大喜多正毅が描く「Someday」の不可思議な世界”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年3月29日). 2018年9月19日閲覧。
  7. ^ “藤原さくら「PLAY」インタビュー (3/4)”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/fujiwarasakura04/page/3 2019年5月8日閲覧。