Su-27とその派生型に関連する作品の一覧

ウィキメディアの一覧記事
Su-27 フランカー

Su-27とその派生型に関連する作品の一覧は、ロシアスホーイ社が開発した戦闘機Su-27 フランカーとその派生型を題材とした商品および登場作品の一覧である。本項では、それに該当するSu-27UBM1 フランカーCSu-30 フランカーF1Su-32 フルバックSu-33 フランカーDSu-34 フルバックSu-35 フランカーE1Su-35 フランカーESu-37 フランカーE2そして、中国で運用されているJ-11J-15などについて記述する。

映画・テレビドラマ編集

BEST GUY
作品中盤でSu-27が領空侵犯機として登場する。
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
Su-33が防衛空軍戦闘爆撃機F-7J」として登場する。厚木航空隊所属機がレーザー誘導爆弾丹沢山地を進攻するゴジラを攻撃するが効果はなく、逆に放射熱線による反撃を受け全滅する。
ステルス
Su-37がロシア空軍機として登場する。ただし、複座型のSu-37は実在しない。カラーリングはカーキ色を基調としたデザート迷彩
ロシア国内の重要拠点の防衛任務に就いており、領空内に侵入した新型戦闘機「タロン」を迎撃すべく出撃する。最初に2機、続いてさらに2機が飛来するので、登場機数は計4機である。なお、劇中では「ターミネーター」と呼称されている。
『ステルスX』
ロシア空軍のSu-27がTu-160 ブラックジャックの護衛機として2機登場。
大統領のカウントダウン
犯罪捜査官ネイビーファイル
アメリカ海軍のハーモン・ラブ少佐が、ベトナム戦争中に北ベトナム軍捕虜になった父を探すためロシアへ渡航した際、スパイ騒動に巻き込まれてしまい、同僚であるアメリカ海兵隊のサラ・マッケンジー少佐と共にSu-27複座型を奪って逃げるも、ミサイル撃墜される。
『レッド・スカイ』
テロ組織の手に渡った大量破壊兵器を破壊するため、ロシア製戦闘機に乗ったアメリカ人パイロットによる秘密作戦が計画される。アメリカ映画だが航空機の主役がSu-27。シナリオの都合か、出てくる戦闘機はほとんどが複座型になっている。

アニメ・漫画編集

黄金勇者ゴルドラン
作中に登場する黄金将軍レオンのモチーフがSu-33。
ガサラキ
Su-27系の機体が中央アジア某国の戦闘機として登場。
『レディイーグル』
原作・鳴海章、作画・千葉きよかず中国人民解放軍機として、日本の航空自衛隊と対峙。
空母いぶき
第1話での尖閣諸島上陸事件の際に中国海軍空母遼寧」にて艦載運用されているJ-15が登場し、海上自衛隊が不法上陸者捕縛のために魚釣島近辺に派遣していた護衛艦あたご」「てるづき」に対して威嚇爆撃を行う。
第15話の最後のコマにて空母「広東」の飛行甲板上に翼を折り畳んだJ-15が3機搭載されている。
第31話にて早期警戒機KJ-500の護衛としてJ-15が2機登場しており、「いぶき」から飛び立ったF-35JB 3機編隊空中戦を行い、KJ-500の撃墜によってデータリンクを失いながらも連携でもって圧倒するなど、J-20と比較して性能が下回る機体であっても運動性能もそれなりに高く(劇中世界での中国海軍パイロットでは)、使い慣れている機体のため、第5護衛隊群も含む自衛隊にとっては油断のならない存在であると評価された。
また、これを原作とする実写映画版では東亜連邦海軍空母の艦載機としてSu-33似の戦闘機(カナード翼が無い)が登場している。
新世紀エヴァンゲリオン
Su-33が国連軍艦隊の空母艦載機として登場するが、第6の使徒ガギエルに襲撃されて機首部分が真っ二つになったりするなどして空母共々大破する。
トランスフォーマー ギャラクシーフォース
デストロンに所属するサンダークラッカーがSu-35に変形する。
なるたる
主人公の父親がロシアにて機種転換訓練時、帰国後に民間用に納入されたSu-30に搭乗。異形の存在、「竜の子」ハイヌウェレとの空中戦を繰り広げる。
マクロス ゼロ
作中に登場する可変戦闘機SV-51のモチーフがSu-27。
やわらか戦車
49話と50話に領空侵犯機として洋上迷彩のSu-27が登場。作中では露助ピロシキ野郎と呼ばれているため、ロシア軍機と思われる。
ヨルムンガンド
漫画版とアニメ版にSu-37が登場する。アニメ版では2K22 ツングースカに対して空対地ミサイルを発射し、撃破するシーンがあるが、漫画版にはない。

小説編集

『イージス戦艦「大和」2007』(文庫名:『イージス戦艦「大和」』)
航空自衛隊日米安全保障条約の破棄に伴う兵器体系の多様化という要求により、Su-37をライセンス生産しSu-37Jと命名する。
また、中国海軍ウクライナから購入した空母ヴァリャーグ」を「鎮遠」と命名し、Su-33を運用する。
『極東愚連艦隊』
Su-27が中国空軍機として登場。輸送艦おおすみ」に空対艦ミサイルによる攻撃を行う。
『第三次世界大戦』
マラッカ海峡海上自衛隊F-35B ライトニングIIと交戦し、数十機を撃墜される。
『中国完全包囲作戦』(文庫名:『中国軍壊滅大作戦』)
紅軍戦闘機としてJ-10 ファイヤーバードと共にJ-11が登場し、F-22 ラプターと交戦する。
『天空の富嶽』
中国海軍空母「天安」のSu-33が自衛隊の警戒をすり抜け仙台空襲するも、翌日の東京湾沖で海上自衛隊空母「飛鳥」のF-14 トムキャットの迎撃を受け、全滅する。
『日中尖閣戦争』
中国空軍のJ-11が台湾を攻撃し、台湾空軍F-CK-1と交戦するが、全機を撃墜する。
『ネオ・ゼロ』
『香港独立戦争』
Su-37が中国空軍機として登場。奇策を用いてイギリスが送り込んだシーハリアーを蹴散らす。
要塞シリーズ
第1作「ニセコ要塞1986」にて、スミノフ空軍の戦闘機として登場。
ガーリー・エアフォース
6巻にてロシアのアニマ「Su-27M-ANM ジュラーヴリク」として登場。

ゲーム編集

ArmA: Armed Assault
バージョン1.08以降でサーラニ解放軍(作中に登場する架空の軍隊)の装備として登場する。プレイヤー・AI共に操縦可能。
ARMA 2
ロシア軍がSu-34を使用。プレイヤー・AI共に操縦可能。
Flanker 2.0
ソフト単体でプレイヤーが使用可能な航空機として登場し、Su-27やSu-30(戦闘爆撃機)・Su-33(艦載機)が使用可能。
Just Cause
「Rage-Johnston F6 Comet」の名称でSu-27とF-15 イーグルMiG-29 ファルクラムを混ぜた外見の戦闘機が登場する。
Just Cause 2
「F-33 DragonFly Jet Fighter」の名称でSu-34とF-16 ファイティングファルコンが混ざった外見の戦闘機が登場する。
Lock On: Modern Air Combat
ソフト単体でプレイヤーが使用可能な航空機の1つとして登場する。
エースコンバットシリーズ
Su-27・32・33・34・35(初代と2代目)・37・30M2・30SMの内のいずれか、またはいくつか(作品ごとに異なる)が登場する。ちなみに、『エースコンバット』に登場するSu-27にはカナード翼がついているため、実際にはSu-27では無くその派生型(Su-27Mに相当)である。なお、『エースコンバット2』ではSu-35(初代)が、『エースコンバット3』ではSu-37改修機がパッケージに描かれている。
『エースコンバット3』に登場するSu-37は、コックピットコフィン化・機体の軽量化・空母運用能力の付与・空中給油装置の改修・カナード翼の左右独立稼動化・アビオニクス換装などの改修を行ったという設定の架空機である。また、ヒロインである紘瀬玲名の専用機も存在し、オプトニューロンに対応した仕様になっている。
エースコンバット04
エルジア空軍のエース部隊黄色中隊」の所属機として、5機のSu-37が登場する。
エースコンバット5
ユークトバニア空軍のベルカ人アグレッサー部隊オヴニル隊」の所属機として、4機のSu-35(初代)が登場。
エースコンバットZERO
ベルカ空軍のエース部隊「ゲルプ隊」の所属機として2機のSu-37が登場する。
エースコンバット6
エストバキア空軍のエース部隊「シュトリゴン隊」の主力機として複数のSu-33が登場。
エースコンバットAH
反政府軍のエース・パイロットであるマルコフの愛機としてSu-35(2代目)が登場する他、プレイヤーが操縦可能な攻撃機としてSu-34が登場する。
エースコンバット∞
プレイヤーが操縦可能なファイターとして、エースコンバットAHからSu-33とSu-34とSu-35(2代目)とSu-37が続投し、新たにSu-27が登場する。
エースコンバット7
Su-33とSu-34とSu-35(S(2代目)とSu-37が引き続き登場し、新たにエルジア実験飛行隊のエースパイロットであるミハイの乗機としてSu-30SM(カナード翼が付いているもの)および彼の護衛機としてSu-30M2(カナード翼が付いていない、Su-30MKKの派生)が登場する。Su-33のスペシャルスキンには、中華人民解放空軍のJ-15に類似する塗装のものが実装されている。
エアロダンシング4
迷彩タイプ・ノーマルタイプの2種類が登場。
エナジーエアフォース エイムストライク!
敵軍機としてSu-27・Su-34・Su-37が登場。
凱歌の号砲 エアランドフォース
日本を占拠したロシア軍の機体として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
空戦乙女☆ヴァージンストライク
機体そのものではなく、擬人化したSu-27の空乙女が複数登場している。
大戦略シリーズ
RS国の兵器としてSu-27・Su-33・Su-34などが登場する。
バトルフィルドシリーズ
BF2
「J-13」の名称でSu-30MKKがCHINAの戦闘機として登場する。また、MECの戦闘機としてSu-34が登場する。
BF3
ロシア軍の戦闘機としてSu-35(2代目)が登場。
BF4
マルチプレイのマップ「Flood Zone」の上空をSu-35(2代目)がランダムに飛行していく。
フィクショナルトルーパーズ
エストビア連邦軍のランク3として選択可能。制空・爆撃双方に高い能力を発揮する高性能機。ただし、シルエットはSu-27ではなく、試作型のT-10である。
萌え萌え大戦争☆げんだいばーん
ソ連(およびSOLEN)の鋼の乙女「イリューシン」のモデルとなっている。また、敵やサポートのユニットとしても登場。

DVDおよびビデオ、LDなどの映像集編集

これが傑作戦闘機だ8 SUKHOJ Flanker(注:タイトルのまま) Su-27〜ロシアの最強戦闘機〜
発売元:オールウェーブ出版局
販売元:株式会社星雲社
メディア:VHS
パーヴェル・スホーイの経歴とスホーイ設計局の実績、そして、Su-27の開発と配備・派生型までを紹介したもの。
Su-27 ロシアの最強戦闘機
発売元:ワック
メディア:DVD
上記ビデオと同じ内容のDVD。
隔週刊ファイティング・エアクラフトDVDコレクション第24号『Su-27/-30/-32/-35/-37“フランカー”』
発売元:デアゴスティーニ・ジャパン
メディア:DVD
Su-27シリーズについての紹介・解説。

模型(プラモデルやバキュームキットなど)編集

キットは複数のメーカーから発売されているため、サイズやメーカーを問わなければ入手は容易であるが、西側メディアへの詳細公開に先行して発売されたため、形状などに問題がある(ツクダホビーハセガワのSu-27、イタレリのSu-33)、メーカーの熱意に開発技術が追いついていない(ナコトネ(各型)、価格と内容が釣り合っていない(レベルにOEM供給されているイタレリのSu-34)[1]、スケールモデルとして問題点が許容できる範囲であるが、入手困難(エレール/エアフィックスのSu-27(UB)[2]アカデミーの1/48Su-27(UB)など、何らかの問題を抱えている。

実機の生産数も少ないSu-33フランカーDは、ハセガワではアイドルマスタープロジェクトの星井美希機が先行発売されたが、アイドルマスタープロジェクトがなければ商品化困難だったとされる。

脚注編集

  1. ^ カナード付きのフランカーのキットとして、唯一マトモなキットと評されている
  2. ^ 全て1/72