syudou

日本のシンガーソングライター (1995 - )

syudou(しゅどう、1995年9月27日 - )は、日本シンガーソングライター音楽プロデューサーボカロP山梨県出身、栃木県育ち[3]

syudouしゅどう
生誕 (1995-09-27) 1995年9月27日(27歳)[1][2]
出身地 日本の旗 日本山梨県
学歴 大学卒業[注釈 1][1]
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2012年 -
レーベル U&R Records
(2019年)
syudou商店
(2020年 - )
共同作業者 ヤスタツ(映像製作)
公式サイト https://www.syudou.com
syudou
YouTube
チャンネル
活動期間 2011年 -
ジャンル
登録者数 66.5万人
総再生回数 2億3455万4582回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年2月1日時点。
テンプレートを表示

2021年現在はVOCALOID楽曲、本人歌唱楽曲の発表やセルフカバー[4][注釈 2]、ラジオ動画の投稿を多数行っている。代表曲に「うっせぇわ」「ビターチョコデコレーション」「コールボーイ」「キュートなカノジョ」「爆笑」など。

来歴・活動編集

家族の影響で音楽を聴き始め、2012年からインターネット上でドラムの「演奏してみた」の動画投稿等の活動をはじめ、2012年後期にはボカロPとして活動を始めた[5]。syudouが音楽活動を始めた2012年の動画は削除されており[注釈 3]、現存する最古の楽曲はYouTubeでは2013年投稿の「ふなっしーの歌」[6] である。このせいか、ファンからは「ふなっしーの男」などと呼ばれる。ニコニコ動画では2015年投稿の「ガラクタ通り四番地」[7] である。2012年以前はニコニコ動画にてMAD動画を投稿していた[8]。2016年頃には他者の楽曲のカバーなどを行っていた時期もあった[9][注釈 4]。就職後も活動はそのまま続け、2018年1月に投稿した楽曲「邪魔」がヒットし、同年、syudou自身初となる楽曲提供をアイドルグループのじゅじゅに行った。その後も多くのヒット作を発表し、2019年には、syudou初のアルバム『最悪』を発売した。その後、2020年1月、会社を辞めて音楽家に転身した[3]。2021年1月からsyudou個人の企画であるラジオ動画「syudouの孤独なラジオ」を投稿、更新している。

2019年に投稿した楽曲「ビターチョコデコレーション」がヒットしてからは作詞、作曲者として楽曲提供を積極的に行うようになり、2020年10月に女性歌手であるAdoに楽曲「うっせぇわ」を提供し、大きな反響を生んだ[10][11]。2021年になるとAdoだけでなく、作詞・作曲者であるsyudou自身も注目されることとなり、メディアで取り上げられることが多くなる[12]

2021年3月30日にsyudou初のオリジナル歌唱曲「へべれけジャンキー」が発表されたが[13]、syudouは自身のブログで「ボカロ活動を辞める気もさらさらありませんし、活動内容が大きく変わることもない」としている[14]。ニコニコ動画ではボカロ版も投稿している。

2022年2月25日、syudou初となるライブ公演「狼煙」のティーザー動画がYouTubeにて公開された[15]。その後の同年4月29日に、ライブ名と同名の楽曲である「狼煙」が発表された。その後の5月3日にオンラインライブという形でPIA LIVE STREAMで配信がされた。ライブ配信終了後まもなく、3ヶ月後となる8月8日にsyudou初となる有観客でのライブ公演「加速」を中野サンプラザで行うと告知がなされた[16]。初ライブを中野サンプラザにした理由は、syudouは生まれは山梨県、育ちは栃木県で、故郷といえる場所が2箇所あり、両県を行き来する途中、新宿経由で中野駅をよく通過しており、その際に車両の窓から見えるのが中野サンプラザであったことや、学生時代にライブイベントでよく足を運んでいた会場であり、思い入れが深かったこと[17]、また、中野サンプラザが2023年7月2日を持って閉館することが決まり、閉館の前に思い入れのある中野サンプラザでライブをしてみたかったからだと語っている[18]

人物編集

楽器等について学び始めたのは、中学校で吹奏楽部に入部したことがきっかけ。その後、ドラムの「演奏してみた」を動画サイトで公開するようになる。高校生時代にバンドを結成するもうまくいかず解散。その頃にDTMを開始した。作曲家を目指すようになったのは大学に入学したあたりから。パソコンやDAWを購入し、レコード会社にデモテープを送りながらボカロPとしての活動を本格的に始めるも当時は全く上手くいかず、そのまま就職する[5]。しかし、就職後も並行してボカロPとしての活動を続けていたところ、2019年に投稿した「ビターチョコデコレーション」が注目される。2020年、音楽関係だけで生活できるようになったことから務めていた会社退社[3]

ハチ(米津玄師)の大ファンであり、アルバムの解説配信でもそのことを語っている。またスマホゲーム「プロジェクトセカイ」への提供曲「ジャックポットサッドガール」はハチの「砂の惑星」へのアンサーソングである[19]

お笑い好きであることを公言しており、芸人の粗品がsyudouの提供曲である「うっせぇわ」の替え歌カバーを公開し、そのときsyudouがそのことを取り上げ、両者はネット上で交流し、粗品がsyudouを指名する形で二人の対談インタビューが行われ、2021年3月31日に公開された[19]

楽曲の「爆笑」はある芸人のお笑い人生を描いたものとsyudou自身が発表しており、芸人のマヂカルラブリーはこの楽曲は自分達のお笑いの人生を描いているのではないかということを楽曲発表後のラジオで話し[20]、そのうえ、当楽曲の元になっている芸人はマヂカルラブリーではないかと考察がなされていたため、ネットを中心に当時、話題となった。約1年後となる2022年4月11日に公開された、syudouとマヂカルラブリーの野田クリスタルとの対談で、syudouは本楽曲をマヂカルラブリーを題材とした曲だと宣言した[21]

ディスコグラフィ編集

syudouのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 3
ミュージック・ビデオ 35
配信限定シングル 12
楽曲提供 18

アルバム編集

[22][23]

  発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 2019年4月28日 最悪
全13曲
  1. アイソトープ
  2. 邪魔
  3. 馬鹿
  4. コールボーイ
  5. ビターチョコデコレーション
  6. ねこと文鳥
  7. フラミンゴ
  8. キャラバン
  9. 魔王
  10. 灯火
  11. 死生活
  12. 今日
  13. アンチテーゼ貴様
「アンチテーゼ貴様」以外はVOCALOID楽曲。

「アイソトープ」「ねこと文鳥」「魔王」「今日」「アンチテーゼ貴様」[注釈 5]は、書き下ろし楽曲。

2nd 2020年4月21日 其の場凌ぎEP
全6曲
  1. コールボーイ
  2. ビターチョコデコレーション
  3. 孤独の宗教
  4. フラミンゴ
  5. 灯火
  6. 笑え
全てsyudou自らのセルフカバー、「笑え」は書き下ろし楽曲。
3rd 2020年11月25日 必死
全13曲
  1. アカシア
  2. 悪い人[注釈 6]
  3. 孤独の宗教[注釈 7]
  4. ボニータ
  5. キモい
  6. ワードワードワード[注釈 8]
  7. ゆらゆら
  8. いい国夢気分
  9. ジャックポットサッドガール
  10. 着火[注釈 9]
  11. 邪魔
  12. 馬鹿
  13. 必死
「邪魔」「馬鹿」はセルフカバー[注釈 10]となっており、「必死」は書き下ろし楽曲。その他はボーカロイド楽曲。

配信限定シングル編集

  配信日 タイトル 規格 レーベル 収録アルバム
2021年3月31日 へべれけジャンキー デジタル・ダウンロード syudou商店 未収録
2021年5月28日 爆笑
2021年7月7日 ギャンブル
2021年7月16日 キュートなカノジョ
2021年9月3日 カレシのジュード
2021年10月20日 取扱注意
2022年2月25日 たりねぇ
2022年4月29日 狼煙
2022年6月4日 デイバイデイズ
2022年7月29日 いらないよ
2022年9月28日 アンチテーゼ貴様 -改-
2022年11月9日 インザバックルーム[24]
2023年1月10日 笑うな!

楽曲提供編集

[25] [26] [27] [28] [29]

楽曲 提供
Melian じゅじゅ
原罪
孤独の宗教 ゆきむら。
蜜ノ味 Rain Drops
真夜中コンツェルト VALIS
着火 いゔどっと
悪い人 ななもり。
悪夢のララバイ 宮下遊
うっせぇわ Ado
アサルトラブ さとみ
バットオンリーユー 超学生
最深 ACCAMER
荒波 となりの坂田。
自己採点 そらる
前進宣言 ROF-MAO
努力賞 ジャニーズWEST
SHOWレース Nexus-Cry
はこね DANCING TRIBE はこね男子

ミュージックビデオ編集

以下の表はsyudouの楽曲のミュージックビデオを作成した人とタイトル、年を表している。

公開年 タイトル 映像作成
2016年 酔いどれ生娘 つそら
リストバンドベイビー
2017年

懺悔の季節

蒙昧地獄絵図
狂乱ピエロ
コールガール
私だけを見てて
純愛感染経路
アタシを愛しているのなら
2018年 邪魔 ヤスタツ

(当時は あまづ名義)

馬鹿
フラミンゴ
死生活 壇上大空
2019年 ビターチョコデコレーション ヤスタツ
コールボーイ
ボニータ
ワードワードワード しきみ
2020年 孤独の宗教 ヤスタツ
着火 ligton
悪い人 ヤスタツ
ジャックポッドサッドガール りゅうせー
アサルトラブ mokoppe
2021年 キュートなカノジョ くろうめ
へべれけジャンキー ヤスタツ
爆笑
ギャンブル りゅうせー
カレシのジュード くろうめ
取扱注意 ヤスタツ
孤独毒毒 くろうめ
2022年 たりねぇ sakiyama
狼煙 ヤスタツ
デイバイデイズ くろうめ
いらないよ りゅうせー
アンチテーゼ貴様 -改- sakiyama
インザバックルーム ヤスタツ
2023年 笑うな! りゅうせー

ライブ編集

タイトル 日付 会場 備考
syudou Online Live 2022「狼煙」 2022年5月3日 未公開 新型コロナウイルスの影響により無観客で配信
syudou Live 2022「加速」 2022年8月8日 中野サンプラザ 有観客での本人初ライブ
syudou Live 2023「我武者羅」[30] 2023年4月8日 幕張イベントホール

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本人は配信にて「大学は浪人せずに卒業している」と語っているが、どの大学かは不明。
  2. ^ 「ビターチョコデコレーション」のほかにも数曲をカバーしており、2020年4月にはセルフカバーアルバムを発表。
  3. ^ 最初に投稿されたのは「白い部屋、独り」という楽曲である。ほかにも同年に数曲投稿しているがそれらも削除されている。
  4. ^ 現在は全て削除されており、閲覧することはできない。
  5. ^ 過去に同名の楽曲を発表していたが、歌詞リズムが少し異なっており、syudouも全楽曲解説生配信にて、「アンチテーゼ貴様といったらこちら(このアルバムに入っている版)の事と思って下さい」と話していた。
  6. ^ ななもり。すとぷり)提供楽曲。
  7. ^ ゆきむら。提供楽曲。
  8. ^ SEGA/maimai提供楽曲。
  9. ^ いうどっと提供楽曲。
  10. ^ 音源は初音ミク版とは異なる。

出典編集

  1. ^ a b 1stAlbum「最悪」全曲解説配信”. YouTube. 2020年3月16日閲覧。
  2. ^ syudou [@tikandame] (2019年9月27日). "誕生日です、今後もよろしく" (ツイート). Twitterより2020年2月23日閲覧
  3. ^ a b c syudouの孤独なラジオ~自己紹介編~”. 2021年1月16時閲覧。
  4. ^ ビターチョコデコレーション/syudou(selfcover)”. YouTube. 2020年3月4日閲覧。
  5. ^ a b syudou 抜群の描写力と“らしさ”あるサウンドで描くダークな世界さ”. media.muevo.jp. 2020年3月27日閲覧。
  6. ^ ふなっしーの歌”. YouTube. 2020年3月27日閲覧。
  7. ^ ガラクタ通り四番地”. YouTube. 2020年3月27日閲覧。
  8. ^ 投稿動画”. ニコニコ動画. 2021年3月5日閲覧。
  9. ^ 一人遊び”. niconico. 2020年3月27日閲覧。
  10. ^ これぞ2021年型ヒット?! 「うっせえわ」と叫ぶAdoの衝撃”. 2020年3月5日閲覧。
  11. ^ “小学生以下にも流行のAdo『うっせぇわ』 連呼される親は困惑”. (2021年2月13日) 
  12. ^ syudou“ギャンブル”がテレビアニメ『月が導く異世界道中』OP主題歌に”. 2021年6月8日閲覧。
  13. ^ syudou初のオリジナル歌唱曲「へべれけジャンキー」配信”. 2021年4月1日閲覧。
  14. ^ 2021.3 ボトルアタッカー”. 2021年4月1日閲覧。
  15. ^ (日本語) syudou Online Live 2022「狼煙」Teaser, https://www.youtube.com/watch?v=jLIx_c-AUKI 2022年9月28日閲覧。 
  16. ^ syudou Live 2022「加速」開催決定”. 2022年9月28日閲覧。
  17. ^ syudou、 さらなる“加速”を予感させた初の有観客ライブ 孤独を脱した音楽活動への幸せ”. Real Sound. 2022年9月28日閲覧。
  18. ^ syudouが初の有観客ライブ完遂、満員の中野サンプラザで見せた大迫力のパフォーマンス”. 音楽ナタリー. 2022年9月28日閲覧。
  19. ^ a b 粗品「乱数調整のリバースシンデレラ」特集 粗品×syudou対談”. 2021年6月9日閲覧。
  20. ^ マヂカルラブリー syudou『爆笑』を語る”. 2021年6月9日閲覧。
  21. ^ 野田クリスタル × syudouが語り合う 「爆笑」とお笑い&音楽をめぐる二人の創作論”. 2022年4月11日閲覧。
  22. ^ syudouセルフカバーミニアルバム”. BOOTH. 2020年4月21日閲覧。
  23. ^ syudou [@tikandame] (2020年4月20日). "先程セルフカバーミニ アルバムがBOOTHにて販売開始致しました!チェックの程よろしくお願いします!" (ツイート). Twitterより2020年4月21日閲覧
  24. ^ Eaton, Harry (2023年1月9日). “Changing The Industry: The Music of Chainsaw Man”. Boolin Tunes. 2022年1月9日閲覧。
  25. ^ 孤独の宗教”. YouTube. 2020年3月27日閲覧。
  26. ^ ワードワードワード”. YouTube. 2020年3月27日閲覧。
  27. ^ syudou [@tikandame] (2020年4月17日). "にじさんじのRain Drops様に「蜜ノ味」という楽曲を書かせて頂きました。クロスフェードで少し聴けます!" (ツイート). Twitterより2020年4月24日閲覧
  28. ^ syudou [@@tikandame] (2020年7月25日). "新曲投稿しました、よろしくお願いします。 【初音ミク】着火【syudou】" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  29. ^ syudou [@@tikandame] (2020年8月25日). "新曲投稿しました、よろしくお願いします【初音ミク】悪い人【syudou】" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  30. ^ “syudou、自身最大規模のライブ「我武者羅」幕張イベントホールで開催”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年11月9日). https://natalie.mu/music/news/500744 2022年11月9日閲覧。 

外部リンク編集